ジャンヌ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ジャンヌ

聖戦の系譜に登場するトルバドール
トリスタンの妹で、前半の親世代でラケシスが死亡、
もしくは恋愛未成立の場合に後半、ナンナの代わりとして登場する。
彼女が身に着けているピンクのリボンはレンスター流行物らしい。
ノディオンの三つ子、騎士イーヴの娘で、アグストリア崩壊後、戦災孤児となり孤立。
その後旅の商人に拾われるが、帝国軍の手によりその商人を殺害されてしまう。
そのような状況を経てレンスターの騎士、フィンに拾われリーフと出会うこととなる。
技の伸びが非常に優秀だが個人スキルは無し。力の伸びも低いので回復役以上の活躍は難しい。
しかしながら魔力魔防ともに物理系クラスにしては成長するので、
打撃系の父親を持つナンナより回復役としては優秀になれる可能性はある。
固有イベント(9章左上の集落の左下の村に訪問)はフェミナと二者択一だが、
ナンナとはまるっきり違う生い立ちと終章の恋人会話は聖戦のテーマとして輝きを放っており、
代替キャラの中では優遇されている方といえよう。

また、次回作のトラキア776に登場する予定だったらしい。
その名残として内部データに彼女のフェイスデータが入っている。

関連
竜の盾