「攻撃1」の編集履歴(バックアップ)一覧に戻る

攻撃1 - (2007/07/05 (木) 16:19:45) のソース

<blockquote>攻撃1(WD)【SS:イクト 作戦: イラスト:】</blockquote>
<blockquote>「WD部隊、攻撃用意!!」<br>
無線から指揮官―九角アスラの叫ぶような声が響く。<br>
「全員わかっているとは思うが戦闘が避けられなくなった現状は、既に最悪の一歩手前だ。覚悟を決めろ!!生き残ることを最優先に考えろ!!死んでも救助は見込めないぞ!!」<br>
既に全員がわかっている情報の確認。残っている全部隊がここに投入されているため、ここで死ねば静かに骸を晒す他ない。<br>
わかば用の難易度が20以上にいかない復活判定も、死体なしではどうしようもないし、都合よく正義の味方が助けてくれるのに期待するわけには行かない。<br>
<br>
<br>
緊張感が高まっていくなか、今度は安心させるように静かなアスラの声が響く。<br>
「総員、作戦を忘れるな。落ち着いていけ。ここで倒せばいい。そうだろう?」</blockquote>
<blockquote><br>
【作戦を入れる】</blockquote>
<blockquote>「攻撃5秒前、4、3、2、1、オープンコンバット!!」<br>
レーダーを元に敵の位置を確認。即座に姿勢制御。敵に砲口を向ける。<br>
「撃てー!!」<br>
各実働部隊の長たちの勇ましい声に、響き渡る銃声。<br>
その音に重なり合うような誰かの叫び。戦場に響く様はまるで合唱曲。<br>
<br>
そのとき、そこにいた全員が誰かの声が聞こえた。通信ではなくもっとどこか別のところから、耳を抑えたくなるような銃声にも霞むことなく、確かに声が―思いは届いた。<br></blockquote>
<blockquote>【ここに応援を入れてください】</blockquote>
<blockquote><br>
絶対に負けるな、敵を打ち倒せ、頑張れ、生きて帰ってきてください。その声に後押しをされるように、射撃の密度は高まっていく。一発一発に生きて帰るという思いを込めて。</blockquote>
<p> </p>