「下水処理場」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

下水処理場」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

-作成@FEG・akiharu国
+大部品: 下水処理システム(A&S、akiharu国共作) 
 
 *部品構造
 
 -大部品: 下水処理場 RD:13 評価値:6
 --大部品: 下水道 RD:2 評価値:1
 ---部品: 下水道の定義
 ---部品: 環境対策
 --大部品: 下水処理システム RD:11 評価値:5
 ---部品: 下水管
 ---部品: 沈砂池(下水処理場)
 ---部品: 最初沈殿池
 ---部品: スカム除去装置
 ---部品: 反応タンク
 ---部品: 最終沈殿池
 ---部品: 高度処理
 ---部品: 消毒施設
 ---部品: 汚泥処理施設
 ---部品: 処理水の再利用
 ---部品: 汚泥の再利用
 
 
 
 *部品定義
 
 **部品: 下水道の定義
 雨水や汚水等を集積したのち、公共用水域に排出するための設備。過度の環境汚染を防ぐため、特段の配慮が求められる設備でもある。
 
 **部品: 環境対策
 汚水は下水道を通して処理場へ送り、下水処理を行わなければ環境問題を引き起こす。
 下水道の整備は、周囲環境すべての環境を守ることになるのだ。
 
 **部品: 下水管
 下水管には汚水を流す汚水管と、雨水を流す雨水管がある。
 わざわざ分けるのは、雨天時には雨水も下水処理場に流れてきてしまい、
 下水処理能力の低下を招くからである。
 
 **部品: 沈砂池(下水処理場)
 基本的に浄水場の沈砂池と目的は一緒である。処理の前に大きなゴミや砂を取り除き水を浄化するための準備をする。
 ただし、こちらは汚水を取り扱っているためよりゴミが混じる可能性が高く、排除と衛生面に留意しなければならないだろう。
 粗目スクリーン、沈砂処理設備などが設置されている。
 
 **部品: 最初沈殿池
 汚水内の小さなゴミや砂を取り除くための設備。
 水流が遅くなるように調整されており、
 遅い流れの中で重力の力を借りて汚水は水と沈殿物に分離される。
 
 **部品: スカム除去装置
 最初沈澱池の表面に浮かんでくる油脂や固形分をスカムといい、これをせき止めて除去する装置。
 除去後のスカムは脱水・袋詰めして廃棄処理される。
 
 **部品: 反応タンク
 汚水に空気、活性汚泥と呼ばれる微生物などを混合攪拌することで、
 下水中の有機物・窒素・リンを中心とした汚濁物質を処理する。
 
 **部品: 最終沈殿池
 反応タンクの次に設置されている設備。
 水流を遅くすることで、反応タンクで混合させた活性汚泥を沈殿分離させ、透明な上澄みだけを次に送る。
 
 **部品: 高度処理
 主に処理水の活用や放流先の環境保全を目的とし、さらに行われる処理。
 十分取り除くことができない、窒素やリンを取り除くものである。
 嫌気―好気法や、嫌気―無酸素―好気法などがある。
 オゾンで酸化した上で生物活性炭を行う方式もある。
 
 **部品: 消毒施設
 放流する水を滅菌し、安全性を確保するための施設。
 塩素消毒が一般的である他に、紫外線消毒・オゾン消毒といった消毒方法が取られている、
 
 **部品: 汚泥処理施設
 下水処理場で発生した汚泥を回収し、産業廃棄物として処分するための施設。
 汚泥は腐敗前に適切な処理を行う必要がある。
 この施設ではまず汚泥の脱水を行った上で、焼却処分を行う。
 
 **部品: 処理水の再利用
 処理工程を経て浄化された処理水は、消毒して公共用水域に放流されるか、工業用水等の雑用水として再利用される。
 
 **部品: 汚泥の再利用
 下水処理場で発生する汚泥のうち、活性汚泥は汚水処理のために使用される。
 それ以外の余剰汚泥は処理施設で焼却処分されることが多いが、
 焼却後に肥料やセメント原料に使用されるほか、煉瓦に加工されることもある。
 
 
 
 *提出書式
 
   大部品: 下水処理場 RD:13 評価値:6
   -大部品: 下水道 RD:2 評価値:1
   --部品: 下水道の定義
   --部品: 環境対策
   -大部品: 下水処理システム RD:11 評価値:5
   --部品: 下水管
   --部品: 沈砂池(下水処理場)
   --部品: 最初沈殿池
   --部品: スカム除去装置
   --部品: 反応タンク
   --部品: 最終沈殿池
   --部品: 高度処理
   --部品: 消毒施設
   --部品: 汚泥処理施設
   --部品: 処理水の再利用
   --部品: 汚泥の再利用
   
   
   部品: 下水道の定義
   雨水や汚水等を集積したのち、公共用水域に排出するための設備。過度の環境汚染を防ぐため、特段の配慮が求められる設備でもある。
   
   部品: 環境対策
   汚水は下水道を通して処理場へ送り、下水処理を行わなければ環境問題を引き起こす。
   下水道の整備は、周囲環境すべての環境を守ることになるのだ。
   
   部品: 下水管
   下水管には汚水を流す汚水管と、雨水を流す雨水管がある。
   わざわざ分けるのは、雨天時には雨水も下水処理場に流れてきてしまい、
   下水処理能力の低下を招くからである。
   
   部品: 沈砂池(下水処理場)
   基本的に浄水場の沈砂池と目的は一緒である。処理の前に大きなゴミや砂を取り除き水を浄化するための準備をする。
   ただし、こちらは汚水を取り扱っているためよりゴミが混じる可能性が高く、排除と衛生面に留意しなければならないだろう。
   粗目スクリーン、沈砂処理設備などが設置されている。
   
   部品: 最初沈殿池
   汚水内の小さなゴミや砂を取り除くための設備。
   水流が遅くなるように調整されており、
   遅い流れの中で重力の力を借りて汚水は水と沈殿物に分離される。
   
   部品: スカム除去装置
   最初沈澱池の表面に浮かんでくる油脂や固形分をスカムといい、これをせき止めて除去する装置。
   除去後のスカムは脱水・袋詰めして廃棄処理される。
   
   部品: 反応タンク
   汚水に空気、活性汚泥と呼ばれる微生物などを混合攪拌することで、
   下水中の有機物・窒素・リンを中心とした汚濁物質を処理する。
   
   部品: 最終沈殿池
   反応タンクの次に設置されている設備。
   水流を遅くすることで、反応タンクで混合させた活性汚泥を沈殿分離させ、透明な上澄みだけを次に送る。
   
   部品: 高度処理
   主に処理水の活用や放流先の環境保全を目的とし、さらに行われる処理。
   十分取り除くことができない、窒素やリンを取り除くものである。
   嫌気―好気法や、嫌気―無酸素―好気法などがある。
   オゾンで酸化した上で生物活性炭を行う方式もある。
   
   部品: 消毒施設
   放流する水を滅菌し、安全性を確保するための施設。
   塩素消毒が一般的である他に、紫外線消毒・オゾン消毒といった消毒方法が取られている、
   
   部品: 汚泥処理施設
   下水処理場で発生した汚泥を回収し、産業廃棄物として処分するための施設。
   汚泥は腐敗前に適切な処理を行う必要がある。
   この施設ではまず汚泥の脱水を行った上で、焼却処分を行う。
   
   部品: 処理水の再利用
   処理工程を経て浄化された処理水は、消毒して公共用水域に放流されるか、工業用水等の雑用水として再利用される。
   
   部品: 汚泥の再利用
   下水処理場で発生する汚泥のうち、活性汚泥は汚水処理のために使用される。
   それ以外の余剰汚泥は処理施設で焼却処分されることが多いが、
   焼却後に肥料やセメント原料に使用されるほか、煉瓦に加工されることもある。
   
   
 
 
 *インポート用定義データ
 
   [
     {
       "title": "下水処理場",
       "children": [
         {
           "title": "下水道",
           "children": [
             {
               "title": "下水道の定義",
               "description": "雨水や汚水等を集積したのち、公共用水域に排出するための設備。過度の環境汚染を防ぐため、特段の配慮が求められる設備でもある。",
               "part_type": "part"
             },
             {
               "title": "環境対策",
               "description": "汚水は下水道を通して処理場へ送り、下水処理を行わなければ環境問題を引き起こす。\n下水道の整備は、周囲環境すべての環境を守ることになるのだ。",
               "part_type": "part",
               "expanded": true
             }
           ],
           "expanded": false,
           "part_type": "group"
         },
         {
           "title": "下水処理システム",
           "children": [
             {
               "title": "下水管",
               "description": "下水管には汚水を流す汚水管と、雨水を流す雨水管がある。\nわざわざ分けるのは、雨天時には雨水も下水処理場に流れてきてしまい、\n下水処理能力の低下を招くからである。",
               "part_type": "part",
               "expanded": true
             },
             {
               "title": "沈砂池(下水処理場)",
               "description": "基本的に浄水場の沈砂池と目的は一緒である。処理の前に大きなゴミや砂を取り除き水を浄化するための準備をする。\nただし、こちらは汚水を取り扱っているためよりゴミが混じる可能性が高く、排除と衛生面に留意しなければならないだろう。\n粗目スクリーン、沈砂処理設備などが設置されている。",
               "expanded": true,
               "part_type": "part"
             },
             {
               "title": "最初沈殿池",
               "description": "汚水内の小さなゴミや砂を取り除くための設備。\n水流が遅くなるように調整されており、\n遅い流れの中で重力の力を借りて汚水は水と沈殿物に分離される。",
               "expanded": true,
               "part_type": "part"
             },
             {
               "title": "スカム除去装置",
               "description": "最初沈澱池の表面に浮かんでくる油脂や固形分をスカムといい、これをせき止めて除去する装置。\n除去後のスカムは脱水・袋詰めして廃棄処理される。",
               "part_type": "part",
               "expanded": true
             },
             {
               "title": "反応タンク",
               "description": "汚水に空気、活性汚泥と呼ばれる微生物などを混合攪拌することで、\n下水中の有機物・窒素・リンを中心とした汚濁物質を処理する。",
               "expanded": true,
               "part_type": "part"
             },
             {
               "title": "最終沈殿池",
               "description": "反応タンクの次に設置されている設備。\n水流を遅くすることで、反応タンクで混合させた活性汚泥を沈殿分離させ、透明な上澄みだけを次に送る。",
               "expanded": true,
               "part_type": "part"
             },
             {
               "title": "高度処理",
               "description": "主に処理水の活用や放流先の環境保全を目的とし、さらに行われる処理。\n十分取り除くことができない、窒素やリンを取り除くものである。\n嫌気―好気法や、嫌気―無酸素―好気法などがある。\nオゾンで酸化した上で生物活性炭を行う方式もある。",
               "expanded": true,
               "part_type": "part"
             },
             {
               "title": "消毒施設",
               "description": "放流する水を滅菌し、安全性を確保するための施設。\n塩素消毒が一般的である他に、紫外線消毒・オゾン消毒といった消毒方法が取られている、",
               "part_type": "part",
               "expanded": true
             },
             {
               "title": "汚泥処理施設",
               "description": "下水処理場で発生した汚泥を回収し、産業廃棄物として処分するための施設。\n汚泥は腐敗前に適切な処理を行う必要がある。\nこの施設ではまず汚泥の脱水を行った上で、焼却処分を行う。",
               "part_type": "part",
               "expanded": true
             },
             {
               "title": "処理水の再利用",
               "description": "処理工程を経て浄化された処理水は、消毒して公共用水域に放流されるか、工業用水等の雑用水として再利用される。",
               "part_type": "part",
               "expanded": true
             },
             {
               "title": "汚泥の再利用",
               "description": "下水処理場で発生する汚泥のうち、活性汚泥は汚水処理のために使用される。\nそれ以外の余剰汚泥は処理施設で焼却処分されることが多いが、\n焼却後に肥料やセメント原料に使用されるほか、煉瓦に加工されることもある。",
               "part_type": "part",
               "expanded": true
             }
           ],
           "expanded": false,
           "part_type": "group"
         }
       ],
       "expanded": true,
       "part_type": "group"
     }
   ]