「lib-文字列」の編集履歴(バックアップ)一覧に戻る

lib-文字列 - (2008/10/24 (金) 19:14:52) の編集履歴(バックアップ)


クラスライブラリ 文字列

基本ライブラリ-言語とユーティリティのパッケージ:java.lang

1.Stringクラス
リテラリなど可変文字列。内容変更不可。
オブジェクト生成:String str = "Hey!";
主なメソッド
  • char charAt(int index):引数位置にある文字を返す
  • boolean endsWith(String suffix):引数文字列で終わるかどうかを判断
  • boolean equals(Object anObject):引数文字列かどうかを判断
  • boolean equalsIgnoreCase(String anotherString):引数文字列かどうかを大文字・小文字の区別なしに判断
  • int indexOf(int ch):引数文字が最初に出現する位置を返す
  • int indexOf(String str):引数文字列が最初に出現する位置を返す
  • int lastIndexOf(int ch):引数文字が最後に出現する位置を返す
  • int lastIndexOf(String str):引数文字列が最後に出現する位置を返す
  • int length():文字列の長さを返す
  • String substring(int beginIndex):引数位置から最後までの部分文字列を返す
  • String substring(int beginIndex, int endIndex):引数開始位置から終了位置までの部分文字列を返す
  • boolean startsWith(String prefix):引数文字列で始まるかどうかを判断
  • String toLowerCase():文字列を小文字に変換して返す
  • String toUpperCase():文字列を大文字に変換して返す

2.StringBufferクラス
文字列の内容変更可能。
主なメソッド
  • StringBuffer append(char c)
  • StringBuffer append(String str)
  • StringBuffer deleteCharAt(int index)
  • StringBuffer insert(int offset, char c)
  • StringBuffer insert(int offset, String str)
  • int length()
  • StringBuffer replace(int start, int end, String str)
  • StringBuffer reverse()
  • void setCharAt(int index, char ch)
  • String toString()