「ロージーR+ 脚部」の編集履歴(バックアップ)一覧に戻る

ロージーR+ 脚部 - (2011/10/31 (月) 15:39:51) の最新版との変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

+*ロージーR+
+
+#ref(L_ROSIE2.jpg)
+(C)SEGA
+
+|CENTER:BGCOLOR(#EEEEEE):重量|CENTER:BGCOLOR(#EEEEEE):装甲|CENTER:BGCOLOR(#EEEEEE):通常移動|CENTER:BGCOLOR(#EEEEEE):高速移動|CENTER:BGCOLOR(#EEEEEE):加速|CENTER:BGCOLOR(#EEEEEE):重量耐性|CENTER:BGCOLOR(#EEEEEE):積載猶予|CENTER:BGCOLOR(#EEEEEE):チップ容量|
+|CENTER:1310|CENTER:S- (0.68)|CENTER:D (7.80m/s)|CENTER:E (15.12m/s)|CENTER:B (2.46秒)|CENTER:S- (6800)|CENTER:5490|CENTER:2.3|
+
+「避けるとかやらない!」に定評のあるロージーの中でも極めて重装に特化した脚部。
+改修前の[[ロージーR>ロージーR 脚部]]から歩行1ランクダウンと引き換えた性能は積載量310の増強。
+2部位ぐらいの装甲を1ランクづつアップさせることが出来るほどの重量的余裕を確保できる。
+単純な重量余剰はHG3脚に劣るが、僅か1程度。ホバーも相まって、硬くて到着の速い機体に仕上がる。
+
+が、そもそものホバーという性能から、二脚のようなキレのあるゲリラ戦ができない。
+どう考えても撃たれるので、位置取り等をしっかりと予測して動く必要がある。
+そして、歩行が重要な挙動特性なのに肝心の装甲は改修前と変わらず。重量超過しない状態での旨味は無い。
+よって、きちんとした重装備を施してこその脚部であり、それができなければかって軽戦車のようなゴミ屑コース一直線である。
+そういう意味ではテクニカルな脚部である。迷ったら改修前のモデルを採用すべきだろう。
+Ver4.5で加速がD+と前モデルと同等になった。そもそも、R+胴を使用する場合は関係ない話だが。
+4.5Bではロージー加速しようぜキャンペーンが実施され初期型と同率一位のCまで向上している。
 ----
 [[脚部パーツ(性能比較表)]]>&link_anchor(rs,pageid=307){ロージー系}
-[[ロージーR+>ロージーR+ 脚部]]←ロージーR→[[ロージーLM>ロージーLM 脚部]]
+[[ロージーR>ロージーR 脚部]]←ロージーR+→[[ロージーLM>ロージーLM 脚部]]
+[[頭部>ロージーR+ 頭部]] [[胴部>ロージーR+ 胴部]] [[腕部>ロージーR+ 腕部]] 脚部 
 ----