貞操の重要性

10代で処女を失うと “離婚率” が顕著に高まる

http://news.livedoor.com/article/detail/5641227/
10代で処女を失った女性は、顕著に離婚率が高くなるそうです。これは、米国・アイオワ大学の発表で明らかになりました。
この大学の調査結果(※3793人の成人女性を対象に調査)によれば、10代の時に処女を失った女性の31%は、 結婚5年以内に離婚し、さらに47%の女性が10年以内に離婚したとのこと。
これは、性経験をしなかった女性に比べて約2倍も高かったそうです。
さらに、16歳以前に処女を失ってしまうと、離婚率は極端に高まるとのことでした。

性的経験のなかった女性と比較して、1人から3人の男性と性的経験のあった女性では4倍、4人以上の性的経験のある女性では8.5倍,浮気をする危険性があると報告しています。

出典:著書『離婚の心理学 パートナーを失う原因とその対処』

婚前交渉と離婚率は相関性がある。要約すると性経験の多い女性は言わずもがな離婚率が高く、 また意外なことに経験人数が少ない女性でも処女でなかった場合は離婚率が上がる。 伝統文化や社会規範を守り通す女性のほうが、離婚しにくいことがわかった。

出典:Joan R. Kahn, Kathryn A. London, 'Premarital Sex and the Risk of Divorce', Journal of Marriage and the Family 53 (1991): 845-855 原文http://www.jstor.org/pss/352992

最近では結婚前のSEXが当たり前のようになってきているが、最新の研究によると婚前交渉を行っていたカップルに比べ、SEXを我慢して結婚したカップルの方がよりSEXに満足していることが明らかになった。

出典:Benefits in Delaying Sex Until Marriage
Happier Marriages, More Satisfying Sex Among the Perks, Study Finds
http://www.webmd.com/sex-relationships/news/20101227/theres-benefits-in-delaying-sex-until-marriage

処女が高く評価されることは、父性の確実性と強く関係しています。財産所有があり、父親が子に対して 大きな投資を行い、財産が父から子へと受け継がれるような社会では、結婚する男性にとっては、確実に自分自身の子が生まれることは、適応度上、非常に重要です。そうでなければ、自分の子ではない子に財産がいってしまうことになるでしょう。

出典:著書『進化と人間行動』東京大学出版
最終更新:2013年01月12日 14:13
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。