※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「各種バッチ」の編集履歴(バックアップ)一覧に戻る

各種バッチ - (2008/05/12 (月) 23:51:26) の1つ前との変更点

追加された行は青色になります

削除された行は赤色になります。

 *初期設定用
 &bold(){■61氏のバッチ}
 >61 :名無し~3.EXE:2008/05/11(日) 17:47:56 ID:BMng+huz
 >Readmeを参考にNTFSでフォーマット後、いくつかフォルダを作って、その状態をレジストリに保存し、再起動しても再現できるようにしてみた 
 >
 >RamdiskをZ:ドライブとして1532MB(1.5GB)確保後、何も書き込まない状態で以下のコマンドを実行 
 >
 >FORMAT /FS:NTFS /Q /V:RamDisk /A:512 Z: 
 >CHKDSK /L:2048 Z: 
 >CACLS Z:\ /G BUILTIN\Administrators:F 
 >MKDIR Z:\TEMP 
 >MKDIR Z:\TMP 
 >MKDIR Z:\DESKTOP 
 >MKDIR Z:\SPOOL 
 >MKDIR Z:\LOG 
 >MKDIR Z:\ETC 
 >rdutil Z: registry 
 >@pause 
 >
 >ttp://upp.dip.jp/01/img/6714.gif 
 >再起動後、作ったフォルダが再現されていることを確認 
 >あとはシステムの詳細設定の環境変数や、プリンタとFAXの詳細設定で、TempやプリンタのスプールをRamdiskの該当フォルダに指定してやって移動、インターネットオプションで一時フォルダをRamdiskに指定 
 >
 >C:\WINDOWS\Tempに関しては、環境変数でRamdiskのフォルダを指定してやっても、C:\WINDOWS\Tempに無理やり書き込んでくる行儀の悪いインストーラーがあるので、ジャンクションも作成(作成する前にC:\WINDOWS\Tempを空にしておく) 
 >
 >rdutil link %WINDIR%\Temp TMP 
 >@pause 
 >
 >ttp://upp.dip.jp/01/img/6715.gif 
 >デスクトップもRamdiskに移動したかったので、Administrator等の管理者権限を持つ別のアカウントでログインして同様に 
 >
 >rdutil link "%SystemDrive%\Document and Settings\<ユーザー名>\デスクトップ" DESKTOP 
 >@pause 
 >
 >以上の操作でサクサクになりました
 
 
 &bold(){■FORMAT /FS:NTFS /Q /V:RamDisk /A:512 R:の自動化}
 >188 :名無し~3.EXE:2008/05/11(日) 22:05:25 ID:uOwKCefm
 >RamdiskLoad.bat 
 >FORMAT /FS:NTFS /Q /V:RamDisk /A:512 R: < ramdisky.txt 
 >
 >ramdisky.txt 
 >ramdisk 
 >y 
 >
 >こんなのをファイルを作ってbatファイルをダブルクリックするとあら不思議。 
 >確認作業なしでRディスクがフォーマットされますー 
 
 *バックアップリストア系
 &bold(){■211氏のバッチ}
 >211 :名無し~3.EXE:2008/05/11(日) 22:57:31 ID:dh+lYX7c
 >需要があるかは無視して、WinRAR利用してちょっと圧縮してバックアップ&リストアするバッチをば 
 >差分とってバックアップしたり、HDDへの書き込み減らすので単純にXCOPYよりは早い…はず 
 >●シャットダウン用 
 >@ECHO OFF 
 >SETLOCAL 
 >SET RAMDrive=R 
 >SET BackupFileName="C:\RAMDiskBackup.rar" 
 >SET WinRARDir=C:\Program Files\WinRAR 
 >IF NOT EXIST %RAMDrive%:\ GOTO END 
 >"%WinRARDir%\rar.exe" a -u -as -dh -ep2 -inul -m2 -os -ow -o+ -r -s- -y %BackupFileName% %RAMDrive%: 
 >:END 
 >ENDLOCAL 
 >●スタートアップ用 
 >@ECHO OFF 
 >SETLOCAL 
 >SET RAMDrive=R 
 >SET BackupFileName="C:\RAMDiskBackup.rar" 
 >SET WinRARDir=C:\Program Files\WinRAR 
 >IF NOT EXIST %RAMDrive%:\ GOTO END 
 >IF NOT EXIST %BackupFileName% GOTO END 
 >"%WinRARDir%\rar.exe" x -y %BackupFileName% %RAMDrive%:\ 
 >:END 
 >ENDLOCAL 
-圧縮に時間がかかる人は -m2 の部分を -m1 (最高速)や -m0 (無圧縮) にかえてみるといいかも
+シャットダウン用で圧縮に時間がかかる人はオプションの -m2 の部分を -m1 (最高速)や -m0 (無圧縮) にかえてみるいいかも
 
 &bold(){■>>211の登録方法}homeは無理っぽい。
 >216 :名無し~3.EXE:2008/05/11(日) 23:16:48 ID:RSWxthMx
 >「ファイル名を指定して実行」→「gpedit.msc」 
 >
 >コンピュータの構成 
 >└Windowsの構成 
 >.  └スクリプト(スタートアップ/シャットダウン) 
 >.    └シャットダウン→追加で該当するスクリプトを登録
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。