「カービィのきらきらきっず」の編集履歴(バックアップ)一覧に戻る

カービィのきらきらきっず - (2012/05/19 (土) 04:14:24) の1つ前との変更点

追加された行は青色になります

削除された行は赤色になります。

 *カービィのきらきらきっず
 【かーびぃのきらきらきっず】
 |ジャンル|アクションパズル|&amazon(B00005OVAC)|
 |対応機種|ゲームボーイ|~|
 |発売元|任天堂|~|
 |開発元|任天堂、ハル研究所|~|
 |発売日|1997年1月25日|~|
-//VC版、2012年5月23日配信
-|価格|3,000円(税別)|~|
+|価格|3,000円|~|
+|配信|バーチャルコンソール&br()2012年5月23日/400円|~|
 |>|>|CENTER:''[[星のカービィシリーズリンク>星のカービィシリーズ]]''|
 
 ----
 #contents(fromhere)
 ----
 
 **概要
 星のカービィを題材とした落ち物パズルゲーム。
 
 **特徴
 -ルール
 --本作の特徴はブロックを「挟んで消す」こと。星ブロックを同種のお供ブロックで挟み込めば消すことができる。
 --2回以上の連鎖がきまれば、上部から「きらきらぼし」が降ってくる。
 ---接地した瞬間だけ星ブロックと同等の役割を果たすため、さらなる連鎖に繋げることが可能。
 --ゲームモードにもよるが、時間とともに下部からブロックがせり上がってくる((説明だけだとパネポンと似ているが、実際は結構異なるところに注意。時間ではなく、操作しているブロックを一定回数置くとせり上がる。))。
 
 -ブロックの種類
 --''星ブロック''
 ---通常のブロック。消せば星(ポイント)が手に入る。
 
 --''「リック」「クー」「カイン」''
 ---もはやお馴染の3匹のお供のレリーフのブロック。
 ---これらを駆使してブロックを消していく。
 
 --''爆弾ブロック''
 ---消すと横一列に爆風が広がりブロックを消す。
 
 --''岩ブロック''
 ---一度では消えない頑丈なブロック。一度挟むと星ブロックに変化する。
 
 -ゲームモード
 --「ラウンドクリア」「たいせん」「チャレンジ」「タイムアタック」の4種類。
 --難易度はそれぞれ5種類。
 
 **その他
 -本作のサウンドトラックがリリースされている。
 --サントラが滅多に出ない当シリーズにおいて何故他を差し置いてこのマイナースレスレ作のCDが出たのか謎。
 --収録曲はオリジナル音源ではなく、GB音源をベースに音が多少豪華になっている。
 --あと何故か1曲のループ数が異様に多いので長い。
 
 ----
 
 **SFC版
 |ジャンル|アクションパズル|&amazon(B0000645OQ)|
 |対応機種|スーパーファミコン|~|
 |発売元|任天堂|~|
 |開発元|任天堂、ハル研究所|~|
 |発売日|1998年2月1日(NP版)&br()1999年6月25日(ROM版)|~|
 |価格|4,200円(税別)|~|
 |配信|バーチャルコンソール&br()2010年1月5日/800Wiiポイント|~|
 
 リメイク版がニンテンドウパワーで配信され、後にROMカセット版が発売されている。
 
 -主な変更点
 --ゲームモードにストーリーモードにあたる「おはなし」が追加された。
 --おはなしモードではストーリーにそって、コンピュータ相手に対戦を行う。対戦相手は「ワドルディ」 「ポピーブロスJr.」「ラブリー 」「ナックルジョー」「コックカワサキ」「メタナイト」 「デデデ大王」の7人。さらに条件を満たすと隠しラスボスである「グリル」が登場する((一応隠しキャラなのだが、画像を見て分かる通りパッケージに堂々と写っている。))。
 --ストーリー自体は特筆すべきものではないが、このモードにおいてメタナイトがキャラ崩壊しているのは有名。
 --とはいえ、メタナイトの出演自体極めて少なく、台詞があるのはこれ以前だとSDXのみなので厳密に崩壊と呼べるかは謎。単にキャラが安定していないだけかもしれない。
 //「''ほしのかけらを おいてけ~''」「''また、いつか、あおーぞ!!''」と他シリーズのイメージとは異なった台詞を言う。
 
 -ROM版はSFC市場がもう殆ど終わった時期(3より更に後)だったため数が少なく、中古もほとんど見かけない。
 &br