「グランディアシリーズ」の編集履歴(バックアップ)一覧に戻る

グランディアシリーズ - (2012/07/17 (火) 00:26:41) の最新版との変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 *グランディアシリーズリンク
-#contents(fromehere)
-----
-**本編
-|''機種''|''タイトル''|''概要''|''Wiki''|
-|>|>|>|BGCOLOR(#cccccc):''ナンバリングタイトル''|
-|SS/PS|[[グランディア>http://www23.atwiki.jp/ggmatome/pages/71.html]]|「''忘れられない冒険がそこにある。''」のキャッチコピーに違わない、SS屈指の傑作RPG。|良|
-|DC/PS2|[[グランディアII>http://www23.atwiki.jp/ggmatome/pages/986.html]]|前作に比べストーリーが全体的に重く難解になり、「冒険活劇」色が薄くなった点では賛否両論。&br;ただ、システムは順当に進化しており、ストーリーも悪くない良作。|良|
-|PS2|[[グランディアIII>http://www23.atwiki.jp/ksgmatome/pages/607.html]]|COLOR(red){2005年KOTYノミネート作品。}&br()電波シナリオ・糞バランス・棒読み声優・開発陣の自画自賛でシリーズを零落させてしまった元凶。|ク|
-|>|>|>|BGCOLOR(#cccccc):''外伝''|
-|SS|グランディア ~デジタルミュージアム~|グランディアのファンディスク。しかしファンディスクとは思えないほどの内容の充実ぶりは圧巻。||
-|GBC|グランディア パラレルトリッパーズ|『1』の番外編的な作品。システムはかなり違う。良くも悪くもキャラゲーと言った体である。||
-|PS2|[[グランディア エクストリーム]]|システム重視のRPG。シナリオの評価はあまりよろしくないが、戦闘システムだけならRPG最高峰と謳われている作品。|カ|
-&br
-**その他
-|''機種''|''タイトル''|''概要''|''Wiki''|
-|Win|グランディアオンライン|『I』よりも過去の時代を舞台としたオンラインゲーム。ただしシリーズの面影はあまり無い。||
+|>|''機種''|''タイトル''|''概要''|''判定''|
+|>|>|>|>|BGCOLOR(#cccccc):''本編''|
+|>|SS/PS|[[グランディア]]|「''忘れられない冒険がそこにある。''」のキャッチコピーに違わない、SS屈指の傑作RPG。|BGCOLOR(lightgreen):良|
+//||Win|Grandia HD Remaster|COLOR(red){※2019年発売予定。}||
+|>|DC/PS2|[[グランディアII]]|前作に比べストーリーが全体的に重く難解になり、「冒険活劇」色が薄くなった点では賛否両論。&br;ただ、システムは順当に進化しており、ストーリーも悪くない良作。|BGCOLOR(lightgreen):良|
+||Win|Grandia II Anniversary Edition|海外でのアンケート結果と発売15周年を記念し、高解像度化や新難易度を追加したPC版。&br()日本語が音声だけなのが玉に瑕。||
+|>|PS2|[[グランディアIII]]|COLOR(blue){''2005年KOTY据置機部門次点''}。''悪い意味で「歴史に残るRPG」''。&br()電波シナリオ・糞バランス・棒読み声優・ディレクターの自画自賛でシリーズを零落させた元凶。|BGCOLOR(lightsalmon):ク|
+//↑テンプレによるとKOTY大賞:赤字・次点:青字で表記されているため一応青文字に変更
+|>|>|>|>|BGCOLOR(#cccccc):''外伝・その他''|
+|>|SS|グランディア ~デジタルミュージアム~|『I』のファンディスク。しかしFDとは思えないほどの内容の充実ぶりは圧巻。||
+|>|GBC|グランディア パラレルトリッパーズ|『I』の番外編的な作品。システムはかなり違う。良くも悪くもキャラゲーと言った体である。||
+|>|PS2|[[グランディア エクストリーム]]|戦闘システムはRPG最高峰とも謳われているが、シナリオの評価はあまりよろしくない。|なし|
+|>|Win|グランディアオンライン|『I』よりも過去の時代を舞台としたオンラインゲーム。ただしシリーズの面影はあまり無い。||
+//||Switch|Grandia HD Collection|『1』『2』のHDリマスター移植。COLOR(red){※2019年8月16日発売予定。}||
 &br