「にかくでスッシー」の編集履歴(バックアップ)一覧に戻る

にかくでスッシー - (2013/07/20 (土) 09:22:16) の編集履歴(バックアップ)


にかくでスッシー

【にかくですっしー】

ジャンル 二角取りパズル
対応機種 ニンテンドー3DS(ダウンロード専用)
発売元 アークシステムワークス
開発元
配信開始日 2013年2月13日
価格 400円
プレイ人数 1人
セーブデータ 1箇所
レーティング CERO:A(全年齢対象)
ポイント スタンダードな二角取りパズル
本当に「ニ角取り」としかいい様のない内容

概要

アークシステムワークが定期的にリリースしている3DSダウンロードソフトの一角。2012年9月にリリースされた『くるりんスッシー』の続編にあたる作品だが、ゲーム内容は全く別物である。
公式サイトでは『ARK STYLEシリーズ』の1タイトルとして紹介されているが、ゲームタイトルにはシリーズの冠が付けられていない。
前作(『くるりんスッシー』)にて念願の寿司店店長となったスッシーが、かつての師匠であるロボ店長から店舗繁盛の指南を受けながらも成長していくというストーリー設定。
オートセーブ方式。

主なルール

共通ルール

  • ゲームの流れ・ゲームオーバー条件について。
    • 本作のゲーム内容はずばり「四川省(二角取りパズル)』そのものである。
      • 「接触・もしくはニ角の線が引ける状態における同種類のネタ(牌)2つを順々に消していき、すべてのネタを完全消滅させる」のがクリア目的となる。
        このゲームにおけるネタとは「魚介類などの寿司ネタ」の事を示す。それらが麻雀牌と同じ感覚で並べられる形となる。
      • 間を置かずに連続でネタを消していくと、「コンボ」がカウントされる。これを蓄積すればスコアボーナスなどの恩威が受けられる。
    • 各モードのステージに設定された制限時間が0になるか、どうあがいても取れないネタが残ってしまう(詰み状態)とゲームオーバー。
  • 操作系統。
    • 本作はタッチペンと十字キー / ボタンの各操作に対応している。
      • 「タッチペン操作の場合」…選択したいネタをタッチすればそれを決定できる。
      • 「十字キー / ボタン操作の場合」…十字キーでネタ選択、Aボタンでネタ決定ができる。
      • 「それ以外の操作」…Xボタンを押すと途中メニュー画面に移項できる。
  • ネタの種類について。
    • メインとなるネタは以下の12種類がある。
      • 「マグロ」「イカ」「タコ」「エビ」「アナゴ」「タマゴ」「ウニ」「イクラ」「タイ」「サケ」「鉄火巻き」「かっぱ巻き」
      • 同じネタでも皿の色が違うとペア対象として見なされない*1。皿には「赤い皿」と「青い皿」があり、それぞれのネタが違う皿で分かれているステージもある。
        よって、実質的なメインネタの種類は「12ネタ × 2皿」で24種類、下記の特殊ネタも含めると総計で27種類のネタが存在する事になる。
    • ネタの中には、以下の「消すと特殊な効力を及ぼす」ものがある。
      • 「赤だし」…制限時間が約10秒間停止する降下。
      • 「アガリ」…湯のみの周囲にある特定のネタを一斉消滅させる効果。
      • 「ケーキ」…一定時間の間、ヒント機能が付く効果。機能中は消せるネタ同士に光の印が現れる。

このページは書きかけです。完成にはそれなりに時間がかかるかもしれません。執筆者