「ゲームブックDS 鋼殻のレギオス」の編集履歴(バックアップ)一覧に戻る

ゲームブックDS 鋼殻のレギオス - (2017/01/30 (月) 00:15:21) のソース

*ゲームブックDS 鋼殻のレギオス
【げーむぶっくでぃーえす こうかくのれぎおす】
|ジャンル|ゲームブック型アドベンチャー|&amazon(B002R59HJ6)|
|対応機種|ニンテンドーDS|~|
|メディア|256MbitDSカード|~|
|発売元|ブロッコリー|~|
|開発元|日本アートメディア|~|
|発売日|2010年1月28日|~|
|定価|5,040円|~|
|判定|BGCOLOR(lightsalmon):''クソゲー''|~|
|ポイント|戦闘は減ったがその代わりに判定が増加、しかもそれに失敗で即ゲームオーバー&br()携帯アプリにも劣る快適さで選択肢の難易度も高め&br()やっとの事でエピローグまで辿り着くとそこで必ずフリーズする&br()あまりにもお粗末なユーザーサポートの対応|~|
|>|>|CENTER:''ゲームブックDSシリーズ''&br()[[ソード・ワールド2.0>ゲームブックDS ソード・ワールド2.0]] / 鋼殻のレギオス / [[アクエリアンエイジ>ゲームブックDS アクエリアンエイジ Perpetual Period]]|

**概要
『[[ゲームブックDS ソード・ワールド2.0]]』に続く、ブロッコリーの『ゲームブックDS』シリーズ第二弾。富士見ファンタジア文庫「鋼殻のレギオス」のゲーム化。
-イラストなどはアニメ版に準じている。
-プレイヤーは主人公・レイフォンとしてツェルニでの日々を過ごす事になる。

**評価点
-原作の「レイフォン無双」ぶりはきちんと再現されている。
--原作では主人公レイフォンは無敵の強さを見せていた。戦闘シーンこそ少ないが、剄技を用いると敵を簡単に撃破できるので問題なく進める。

**問題点
-相変わらず説明書は説明不足である。
--レイフォンが使う「剄技」の効果などについての説明もされていないため混乱を生ずる。

-前作に比べて戦闘の頻度は減ったが、その代わりに判定ポイントが増加し、その判定に失敗するとバッドエンドになる事もざら。
--特に第4章の最後には「判定で8以上の目を出さないとバッドエンド直行」というシーンが3回発生し、クリアするのは選択肢より運が求められる理不尽仕様。

-セーブデータは前作より1つ増え2つになったが、それでも第3章の選択肢地獄を乗り切るには足りなさ過ぎる。

-誤字・脱字・誤変換の嵐。主人公レイフォンの名前も「レンフォン」と間違えられる事は多く、真面目にテストプレイをしていない事が丸分かり。

-そしてこのゲーム最大の問題は''「エピローグまで行くと必ずフリーズして、エンディングに辿り着けない」''という事である。
--エピローグに入ったのも束の間、スタッフロールに至る直前で突然にフリーズして復帰不可能になる。

**総評
「ゲームブックDS」シリーズの中で唯一「エンディングに辿り着く事が出来ない」という致命的なバグを抱えてしまったため、ただでさえ低い評価をさらに貶めてしまった。

----
**余談
-ブロッコリーも公式HPでバグの件について[[コメントは出した>https://www.broccoli.co.jp/game/gamebook/regios/notes.html]]が、「ユーザーサポートにご一報を」とコメントしただけであり、「バグ修正版と無償交換いたします」などとは言っていない為、回収も修正も期待する事は絶望的。

-後に『ゲームブックDS』シリーズの続編として「[[ゲームブックDS アクエリアンエイジ Perpetual Period]]」も出たが…そちらの評価は該当ページを参照。