「ウルトラマン Fighting Evolution 2」の編集履歴(バックアップ)一覧に戻る

ウルトラマン Fighting Evolution 2 - (2013/01/09 (水) 07:47:11) のソース

*ウルトラマン Fighting Evolution2
【うるとらまん ふぁいてぃんぐえぼりゅーしょんつー】
|ジャンル|対戦格闘|&amazon(B00006IQJR)|
|対応機種|プレイステーション2|~|
|発売元|バンプレスト|~|
|開発元|メトロ|~|
|発売日|2002年10月31日|~|
|定価|7,140円|~|
|>|>|CENTER:''[[ウルトラマンゲーム・リンク>http://www26.atwiki.jp/gcmatome/pages/928.html]]''|
*概要
特撮番組「ウルトラマン」シリーズのキャラクターが登場する3D格闘ゲームの第2作。CMが印象的。
*登場キャラクター
-ウルトラヒーロー
--初代マン、ゾフィー、セブン、ジャック(新マン)、エース、タロウ、レオ
-怪獣キャラ
--バルタン星人、ゴモラ、ダダ、ゼットン、キングジョー、ベムスター、エースキラー、タイラント、マグマ星人
*評価点
-[[前作>ウルトラマン Fighting Evolution]]は、ヒーローは初代マン・セブン・タロウのみだったが、本作ではレオまでの兄弟が勢揃いした。
--一方怪獣は、タイラントとベムスターが加わったものの、エレキングとメトロン星人が削られた為、数は変わっていない。削られた2体は、次作『[[ウルトラマン Fighting Evolution 3>http://www23.atwiki.jp/ggmatome/pages/17.html]]』でも復活しなかった。エレキングは『[[Rebirth>ウルトラマン Fighting Evolution Rebirth]]』で復活した。
//前作の問題点をここに書く必要性がない
-通常攻撃で敵の疲労度「ふらふらゲージ」を溜め、それに応じて必殺技を出せるというシステムが導入された。
-ストーリーに沿って戦う「ウルトラモード」が登場した。
-任意のバトルを録画して何度も鑑賞できる「リプレイモード」が追加された。
--これでウルトラゲームの傑作『3』の基本システムがほぼ完成した事になる。
*問題点
-PS1からPS2になったというのに、キャラ数は12体が16体になっただけなので、あまり増えた気がしない。
--しかも隠しキャラはゾフィーとゼットンの2体だけで、その上条件を満たすと2体同時に入手できてしまう。
-ウルトラモードのストーリーが「怪獣殿下(初代マン)」・「ウルトラ警備隊西へ(セブン)」と「大地球侵略作戦(ゲームオリジナル)」の合計3本だけしかない。
*その後
-本作にとって最大の不幸は、2年後にシリーズ最高傑作と呼ばれる『3』が発売されてしまった事だろう。
//ゲームの開発期間で2年は''わずか''ではないだろう
--『3』は本作の完全な発展型であり、キャラは全員続投した上に大幅増加、ウルトラモードのシナリオも20本に増量された。
--これにより、本作は''「PS2ソフトとしての容量を活かしきれていなかった」「『3』が有ればいらない子」''と白眼視される不遇な存在となってしまった。
---これも『Rebirth』と同じく''『3』の神がかりすぎたのが祟った''結果であろう。