アクトフェンサー」の検索結果
アクトフェンサー」 から 次の単語がハイライトされています :


アクトフェンサー

【あくとふぇんさー】

ジャンル アクションシューティング
対応機種 アーケード
発売・開発元 データイースト
稼動開始日 1989年
判定 なし
ポイント ダーウィンシリーズのACT化

概要

  • 1989年にデータイーストからリリースされたアーケードゲーム。ジャンルとしてはアクションシューティングにあたる。
  • 『進化型電脳兵器(Cybernetic Hyper Weapon)』と呼ばれる自機を操作し、全5面を攻略していく。
  • 交互プレイ。無限ループ。
  • ステージや敵キャラなどは、得体の知れないグロテスクな物がひしめいている。

主なルール

  • 操作系統。
    • 本作はレバーとショット・ジャンプの2ボタン。
      • レバーで自機の移動。下レバーを入れるとしゃがむ。
      • ショットボタンで攻撃。進化形態によってエフェクトが異なる。
      • ジャンプボタンでジャンプ。ジャンプ中はレバー下で、急降下。レバー上で落下速度を遅くできる。
  • 進化システム。
    • アイテムを取る事により進化できる。
      • 青色の玉:自機の形態を1段階進化させる。
      • 赤色の玉:自機の退化を遅延させる。
      • 進化は時間制で、一定時間が経つと一段階落ちる。
    • 進化した状態で被弾・衝突等のダメージを受けた場合、形態に関わらず初期形態に戻る。
    • 各形態。
      • 初期形態『ナッツ』:前方へのショットのみ。この状態でダメージを受けるとミス。
      • 第1形態『シス』:前方へ跳ね返る弾を放射状に発射。
      • 第2形態『シフォン』:地面に着弾すると火柱が発生する弾を発射。
      • 第3形態『イクス』:上方へ着弾すると爆発する弾を扇状に発射。
      • 第4形態『ベネブ』:後方から発射され、前方に一斉に飛んでいく弾を発射。
      • 第5形態『アレス』:斜め方向に飛んだ後8方向に飛び散る弾を発射。
      • 第6形態『ザクロス』:上方に誘導弾を発射し、ロックオンマークの演出も。

評価点

  • オープンングデモの自機の眼が光り出すシーンが映える。
  • 進化に比例して見た目が颯爽としたものとなり、攻撃も派手になる自機。
    • 初期形態ではワラビーかのような縮こまった姿が、進化と共に人型となり、身体も大きく堂々としたものとなる。最終形態はアニメ「聖戦士ダンバイン」を思い起こさせる風貌。
      • 形態の変化も滑らかで、見栄えするもの。
    • 攻撃も範囲が広がり、派手になっていく。溢れる弾で敵の殲滅してく様子は、なかなかの爽快感がある。
  • ミスした場合、初期形態からではなく第1形態からプレイ開始となるのは助かる。

問題点

  • 難易度が高い。
    • ジャンプ中の操作に難がある。落下速度を変化させる操作を多用しないといけないなど、空中での制御にコツが必要。
    • 進化すると攻撃力も上がるが、判定も大きくなり、敵の攻撃をかわすのが難しくなる。しかも一発被弾すれば、最終形態だろうが初期形態に戻ってしまうため、そこからの復帰はなかなか厳しい。
    • 敵自体も大き目で、接触しやすい。
    • 進化に時間制限があるため、常にアイテムを取りに行かねばならない。しかもアイテムは、画面中央から下には降りて来ずジャンプを強いられる。無理にアイテムを取りに行き、ミスと言う状態になりやすい。
    • 中でもラスボスの誘導ミサイルがきつい。長期戦の末に初期形態まで退化してしまう挙句、撃破してもまだ自機の方に飛来してくるミサイル…。自機は戦闘兵器として生み出され、破壊される運命なのだろうか。

総評

アイテムによる進化というパワーアップシステムを装備した本作。見た目が変わり、攻撃力が増し、敵を蹴散らしていく姿は恍惚感すらある。
一方でシステムはかなり癖があり、ミスが起こりやすい要素多数。特に時間制限制の進化は、追い立てられているようなプレイをさせられる。チグハグさを感じるゲームだ。
自機のフォルムは結構スタイリッシュなのだが、前述のようなかなりの難易度でプレイヤーを選んでしまう作品とも言える。


余談

  • 本作の進化システムは同社の『ダーウィンシリーズ』からの流用である。