コットン」の検索結果
コットン Fantastic Night Dreams」 から 次の単語がハイライトされています :


コットン Fantastic Night Dreams

【こっとん ふぁんたすてぃっく ないと どりーむす】

ジャンル シューティング
対応機種 アーケード (セガ・システム16B)
発売元 セガ・エンタープライゼス
開発元 サクセス
稼働開始日 1991年3月
プレイ人数 1~2人(交互交代プレイ)
判定 良作


概要

ホウキに乗った魔法少女コットンを操作し、ステージを突破していく横スクロールSTG。
現在では「萌え系STGの先駆者的作品」と言われているが、見た目と違って硬派な難易度とステージの合間に挟まれるコミカルなデモシーンで人気を獲得した一作である。


ストーリー

ある日突然、闇の波動が光のプリズムを吸い込み始めてしまい、世界は夜の闇に閉ざされ、人々は不安な生活を送っていた。
…が、そんな事には全く無関心な魔法使いナタ・デ・コットンの前に、妖精シルクが現れ、コットンに世界を救ってもらおうとするもコットンは無視。
仕方なくコットンの大大・大好物である妖精界の特産品「WILLOW」*1を餌に、コットンに戦ってくれるよう説得し、まんまと釣られたコットンはシルクと共に旅立つのだった。


主要キャラクター

  • ナタ・デ・コットン
    • 主人公。年齢不詳の(今で言う)魔法少女。魔法使いとしては優秀だが基本的にWILLOW以外には興味がない。
  • シルク
    • コットンの相棒となってしまう妖精。何気にスタイルが良くビキニの様な恰好をしたエロセクシーな小美人。いつもコットンに振り回される苦労人。

特徴

  • 1レバー2ボタン操作。
    • Aでショット、Bで投下型の対地ボム。Aを長押しすると魔法アイテムを消費して使用出来るチャージショット(魔法)が撃てる。更にAとBを同時に長押しすると別の魔法が使える。
    • 妖精がオプションとして付き、『グラディウス』のオプションのようにコットンの後をトレースしながら攻撃する。Bボタンを長押ししてから離すと敵に突進攻撃をしてくれる。耐久力のある敵なら張り付いてダメージを与え続ける。
      • 妖精が石になった妖精石をショットで破壊すると付いてきてくれる。妖精は最大で6体まで装備可能。
      • 残機を失うとショットレベルが下がり、妖精を一体消費して画面内の敵全体にダメージを与えてくれる。ただし最初から付いてくる妖精は消費されない代わりに全体ダメージも与えない。
  • 敵を倒したり、敵が落とす黄色いクリスタルを取ると画面下のEXPゲージが溜まり、ゲージ最大まで溜まるとショットが強化されていく。最大12段階まで強化される。
    • クリスタルは撃ち続けると色が変化し、色によって効果が変化する。濃い黄色はEXPゲージの増加量アップ、赤と青は魔法アイテムのストックを増やす(最高6個まで)。
    • たまに巨大なクリスタルが出現する事もあり、こちらの方が効果が高くなっている。
  • また、敵が落とすボムアイテムを取得するとボムが強化される。
+ 魔法一覧

Aボタンチャージのみで使える魔法

  • 火竜 -FIRE DRAGON-
    • 前方に飛んで行く炎のドラゴンを召喚する。持続時間や範囲が狭い分威力が高い。ストックの先頭が赤魔法アイテムの場合に使用。
  • 雷 -THUNDER-
    • 前方広範囲に広がる雷を放射する。持続時間が長く、使い勝手が良い。ストックの先頭が青魔法アイテムの場合に使用。

A+Bボタンチャージで使える魔法

  • とんでけ~ -FIRE FAIRY-
    • 妖精を炎に包んで発射するホーミング弾。ストックの先頭が赤魔法アイテムの場合に使用。
  • バリア -BARRIOR-
    • バリアを形成して防御する。バリアは一定時間経過か3発攻撃を受けると解除される。敵に重なると高得点なのでハイスコアを狙う時のお供。ストックの先頭が青魔法アイテムの場合に使用。
  • ステージをクリアするとボーナスである「TEA TIME」が始まる。
    • 上から降って来る湯飲みの取得数に応じてボーナススコアを得られる。全ての湯飲みを避けるとシークレットボーナスが発生し、より高いボーナスを得られる。
    • 最終面のみTEA TIMEは発生しない。
  • ステージ中に配置されている「アイタタ地蔵」を攻撃し、画面外に逃がすと妖精を連れてきてくれるが、破壊するとボーナスを得られる。
  • 全7面の2周エンドだが、エンディングは1周目でも発生する。
    • 2周目をプレイする際は追加クレジットが必要。
    • 残機ありならその場復活だが、ボス戦でコンティニューした場合はステージ最初からとなる。代わりにアイタタ地蔵が妖精を運んで来てくれる。

評価点

  • ステージ間のデモシーン。
    • WILLOWに目がないコットンと何としてでもコットンからWILLOWを守ろうとするシルクのやり取りが面白く、これのために先を見たくなる。
    • ストーリーも基本的にギャグ調でコミカル。エンディングのオチも笑わせてくれる。
  • キャラクターのグラフィックや演出はレベルが高い。
    • デモシーンでは主にデフォルメされており、いきいきとアニメーションする。これも面白さに貢献している。
    • 一方、タイトル画面やステージクリア時などはリアル状態で、特にステージクリア時のシルクはとてもセクシーに描かれている。
    • なお、キャラクターデザインやストーリーは元アニメーターの田村英樹氏が担当しており、高クオリティも納得である。
  • 音楽。
    • 印象的で耳に残るBGMが多い他、キャラクターボイスが入っているのも当時のSTGとしては特徴的。
    • 「こいーん」「いっくぽ~ん」などセリフも印象に残りやすい。

賛否両論点

  • 見た目に反して硬派な難易度
    • パターン構築すれば問題なくクリア可能なレベルで、その場復活*2やアイテムが出やすく魔法も撃ち放題など、難易度高めながらゲームバランスは練られている。
      • ラスボス含め一部安全地帯が存在するので、これらを活用すればいくらか難易度は下がる。
    • 敵の配置やボスの攻撃パターンなどは憶えやすい方なので、STG全体の中では中堅くらいであろう。
  • コミカルなストーリーに比べ、全体的にホラーチックなテイスト。敵も不気味な奴が殆ど。
    • 尤も魔法少女と裸同然の小美人が気味悪い怪物と闘う光景に興奮する人も居るかもしれないが。

問題点

  • ステージのグラフィックがやや古め
    • システム16B基板を採用している為、当時の基準からしても少々古臭さは否めない。設定から闇に閉ざされた暗い世界観なのも、これに拍車をかけている。
  • 連射が必須
    • 全体的に敵が硬く、高威力のボムが当てづらい*3事もあってショット連射に頼りがちなゲームとなっているが、連射機能は存在しないため腕に負担がかかりやすい。
    • 序盤はまだいいが、中盤を過ぎた頃には硬い敵の処理が追い付かず、地形の狭さと相まって簡単にミスしやすくなる。地形接触ダメージがないのは救いだが、見えないところから飛び出て来る敵もいるため油断はならない。
      • 実はインストには書かれていないのだが、ショットを押したままボムを適当に撃っていれば超連射できるという隠れた仕様がある。これに気付けば魔法をチャージしながら連射可能になり、いくらか楽になる。

総評

コミカルなデモシーンが非常に印象に残りやすく、横STGとしても歯ごたえのある難易度で、多くのファンを獲得した作品である。


移植・リメイク

  • PCE コットン Fantastic Night Dreams
    • ハドソン発売。見た目の移植度はかなり高い方ではあるが、キャラと背景の比率等がオリジナル版とかなり異なっており、プレイ感覚にやや違和感が出る。また最終ボスの攻撃がオリジナル版と全く異なっている。
    • SUPER CD-ROM2で発売されたためストーリーデモがフルボイスになっており、コットンの声優がちびまる子ちゃんでおなじみのTARAKOに変更されているが、この点はやや賛否両論。
    • なお、テキスト文は日本語の他にも英文と中文にも対応しているが、英文に関してはアーケード版の海外版とも異なる内容になっている。
  • X68k コットン Fantastic Night Dreams
    • エレクトロニックアーツ・ビクター販売。AC版を壱から作り直したフルリメイク作で、後半に進むに従ってステージ構成やボスがオリジナル版とは全く異なる展開になっていく。
    • X68000純正キーボードには一部のキーにLEDランプが付いており、BGMに合わせてリズミカルに点滅する仕組みになっていた。
    • 余談だが、家庭用コットンではお約束の販促物である『湯飲み』はこのX68K版の予約特典が初出である。
    • 2019年5月に秋葉原のレトロゲームショップ、BEEPのゲーム事業参入第一弾となる『コットン リブート(仮題)』の発表に合わせ、X68000版を再パッケージ化した復刻版が発売されることが合わせて発表された。
  • SFC/PS コットン100%
    • データム・ポリスター発売。グラフィックやデモシーンを一新した新作。PS版がゲームアーカイブスで配信中。
    • 魔法が2種類増え、魔法の構成を4種類から選択できるマジックセレクトが追加されている。魔法ボタンが別に用意されたためオートショットになっていたり、オプションがフォーメーション型に、世界観もメルヘンテイストになっているなど変更点多数。
  • PS コットン オリジナル
    • AC版のほぼ完全移植。後にSuperLite1500シリーズで廉価版が発売された。現在はプレミアがついているが、廉価版がゲームアーカイブスで配信中。
  • NGPC コットン -Fantastic Night Dreams Cotton-
    • サクセス直々の移植。再現度は高いが、画面の表示サイズが小さいためやや窮屈。

余談

  • ネームエントリーは5人分表示されていて、初期状態では上から『BIG』『COT』『TON』『PAN』『TSU』となっている。
  • 2017年にはSteamで配信されている魔女っ娘STG『トラブル☆ウィッチーズ Origin!』にDLCキャラとしてゲスト参戦した。
    • 異世界から同作の世界にやってきたという設定で、今回もWILLOW求めてシルクと共に珍道中を繰り広げている。楽曲も『コットン』仕様となり、ボス後のTEA TIMEも用意されている。
  • 2019年5月に秋葉原のレトロゲームショップ、BEEPのゲーム事業参入第一弾として『コットン リブート(仮題)』が発表された。
    • 開発は『トラブル☆ウィッチーズ』のロケットエンジン。X68000版をリファインしたバージョンと現代風アレンジバージョンの2本立て移植の予定。
    • 対応ハードはSwitch/PS4/PC(Steam)/X68000
最終更新: