「サムライスピリッツシリーズ」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

サムライスピリッツシリーズ」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 *サムライスピリッツシリーズリンク
 設定上の時系列は零→令サム→初代→斬→天草→真→ポリサム→アスラ→蒼紅。~
 剣と閃はパラレル作品だが、整合性を無視して時系列順に並べると剣は零と初代の間、閃はアスラの1年後に位置する。~
 また、年表の最初に位置するとされる零も当初はパラレルだったため一部の設定に矛盾が起きている。~
 零SPにはそもそもストーリーがない。
 
 |>|''機種''|''タイトル''|''略称''|''概要''|''判定''|
 |>|>|>|>|>|BGCOLOR(#cccccc):''2Dシリーズ''|
 |>|AC/NG/NCD/&br;SFC/他多数|[[SAMURAI SPIRITS>サムライスピリッツ]]|初代/&br;初サム|彗星の如く現れた異色のチャンバラ格闘ゲーム。&br;当初はあまり注目されていなかったが、斬新なゲームデザインと高い完成度、そして独特の爽快感により大ヒット。|BGCOLOR(lightgreen):良|
 ||MD|[[SAMURAI SPIRITS(MD)>サムライスピリッツ (MD)]]|~|まさかの''斬鉄閃削除''。ついでにアースクェイクも削除。他にも改悪点が多い。|BGCOLOR(khaki):劣化|
 |>|AC/NG/&br;NCD/Win|[[真SAMURAI SPIRITS 覇王丸地獄変>真サムライスピリッツ 覇王丸地獄変]]|真サム|初代の路線はそのままにアクの強さを緩和し、大衆向けへと正統進化。&br;対戦バランスは悪化したものの、丁寧な作り込みと演出の芸の細かさは健在で一時代を築く大ヒット作に。|なし|
 |>|AC/NG/&br;NCD/SS|[[サムライスピリッツ 斬紅郎無双剣]]|斬サム|様々な新要素を取り込み、三作目にしてシリーズの転換を図った意欲作。&br;グラフィック、BGM、演出面は高評価だが、''ゲームバランスは大味''。|BGCOLOR(khaki):不安定|
 ||PS|[[サムライスピリッツ 斬紅郎無双剣(PS)>サムライスピリッツ 斬紅郎無双剣#id_59aef2c0]]|~|あまりにひどい移植度。ただでさえ悪鬼羅刹なゲームなのに、さらに極悪な糞移植。|BGCOLOR(khaki):劣化|
 |>|AC/NG/&br;NCD/SS|[[サムライスピリッツ 天草降臨]]|天サム|カオスすぎた斬サムから軌道修正。旧SNK純正の2Dサムスピとしては最終作。&br;ガンガン繋がる連斬とシステムの複雑化は賛否両論ながら、完成度は大幅に上昇した。|なし|
 ||PS|サムライスピリッツ 天草降臨SPECIAL|~|チャムチャムが参戦ということで「SPECIAL」。PS版斬サムよりはマシとはいえ、移植度は相変わらず低い。||
 |>|AC/NG/PS2|[[サムライスピリッツ零]]|零サム|開発が悠紀エンタープライズに移り、久々に復活した2Dサムスピ。&br;出来は荒削りながら、差し合い・読み合い重視への回帰には成功。|なし|
 |>|AC/NG/PC/&br;PS4/PSV|[[サムライスピリッツ零SPECIAL]]|CENTER:零SP/&br;零スペ|キャラ追加・バランス調整を施した零サムのアッパーバージョン。&br;歴代最高とも評される完成度を誇る良作にもかかわらず、やりすぎた残虐表現で長らく封印されていた。&br;その後、海外DL販売サイトにて突如復活し、待望のネオジオ以外での家庭機移植を果たす。|BGCOLOR(lightgreen):良|
 |>|AC/PS2|[[サムライスピリッツ 天下一剣客伝]]|剣サム|歴代の全キャラに新キャラも加えた、2Dサムスピの集大成にして最終作。&br;前作から一転、明るい雰囲気で普通の格ゲーに近づくが、急激な低火力化やCVの一新に賛否が分かれた。|なし|
 |>|>|>|>|>|BGCOLOR(#cccccc):''3Dシリーズ''|
 |>|AC|SAMURAI SPIRITS ~侍魂~|CENTER:侍魂&br;/ポリサム|MVSの後継基板となる(はずだった)「ハイパーネオジオ64」で作られたサムスピ。&br;3D化の波に乗ったはずが、時代遅れの粗いポリゴンで新基板とともに大コケ。SNKの本格的な迷走の始まり。||
 |>|~|SAMURAI SPIRITS2 ~アスラ斬魔伝~|アスラ|改善の痕跡は見られるものの、基板のパワー不足は如何ともし難く。人気回復には至らず。||
 |>|PS|[[剣客異聞録 甦りし蒼紅の刃&br;サムライスピリッツ新章>剣客異聞録 甦りし蒼紅の刃 サムライスピリッツ新章]]|CENTER:甦サム&br;/蒼紅|『アスラ斬魔伝』から20年後を描いた家庭用オリジナル作品。&br;一応、サムスピのストーリーの完結作にあたるが、全体的に雰囲気ゲー。|なし|
 |>|AC/360|[[サムライスピリッツ閃]]|閃サム|K2スタジオ開発で再び3Dに帰ってきたサムスピ。&br;大斬りのバッサリ感はサムスピのソレであったが、時代遅れのグラフィックに地味な演出と、10年前と同じ失敗を繰り返す結果に。|なし|
-|>|AC/PS4/One|SAMURAI SPIRITS|令サム|久々のシリーズ作品にして令和最初のサムスピ。2.5Dスタイルになった原点回帰的作品。Switch/Steam版も発売予定。&br;COLOR(red){※2019年9月27日以降記事作成可。}||
+|>|AC/PS4/One|SAMURAI SPIRITS|令サム|久々のシリーズ作品にして令和最初のサムスピ。2.5Dスタイルになった原点回帰的作品。Switch/Steam版も発売予定。||
 |>|>|>|>|>|BGCOLOR(#cccccc):''携帯機タイトル''|
 |>|GG|>|サムライスピリッツ|MD版のアースクェイクだけでなく王虎・タムタムも削除。代わりに操作は良好。||
 |>|GB|>|[[熱闘サムライスピリッツ]]|キャラ削除もなく、さらに飛脚が使える唯一のタイトル。…が、何もかもあやふやで、まともに対戦プレイは望めない。|なし|
 |>|~|>|[[熱闘サムライスピリッツ 斬紅郎無双剣]]|ゲームボーイなのに一部音声付き、だがロードは長い。携帯機ながらも、その移植度は賞賛に値する。|なし|
 |>|NGP|>|サムライスピリッツ!|『天草降臨』がベース。キャラは減っているがポリサムから色が参戦。&br()シリーズ特有の残虐表現がコミカルな物に差し替えられているが、とあるキャラクターの技エフェクトが物議を醸す事に…||
 |>|~|>|[[サムライスピリッツ!2]]|カラー対応。『アスラ斬魔伝』がベースで事実上同作唯一の家庭用。壊帝ユガが操作可能。|なし|
 |>|>|>|>|>|BGCOLOR(#cccccc):''カップリング移植''|
 |>|PS|>|サムライスピリッツ 剣客指南パック|初代と『真』のカップリング移植。ロードは長めだが移植度は良好。||
 |>|PS2/Wii|>|[[サムライスピリッツ 六番勝負>サムライスピリッツ 天下一剣客伝#id_aafdeeb3]]|『零SPECIAL』を除く2Dシリーズ6作を収録。『天下一剣客伝』はPS2ベースの改良版、それ以外はネオジオ版のベタ移植。|なし|
 |>|>|>|>|>|BGCOLOR(#cccccc):''格ゲー以外のジャンル''|
 |>|NCD/SS/PS|>|[[真説サムライスピリッツ 武士道烈伝]]|シリーズでは唯一の''RPG''。極悪なロードにあなたは耐えられるか?|なし|
 |>|DC/Win|>|[[ナコルル ~あのひとからのおくりもの~]]|突如見知らぬメーカーから発売された''ギャルゲー''。&br;有料デバッグにミニゲームで失敗すると即BADENDという異常な高難度アドベンチャーゲーム。&br;OVAも発売されたが、結果としてこのゲームは無かったことに…。|BGCOLOR(lightsalmon):ク|
 
 &br
 **関連作品
 -''[[SNKクロスオーバー関連作品シリーズ]]''
 -''[[CAPCOMクロスオーバー関連作品シリーズ]]''
 &br