「判定なしゲーム一覧 (GBA)」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

判定なしゲーム一覧 (GBA)」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 -[[五十音順>判定別ゲーム一覧]](なし)
 --任天堂据置 - [[FC>判定なしゲーム一覧 (FC)]] / [[SFC>判定なしゲーム一覧 (SFC)]] / [[N64>判定なしゲーム一覧 (N64)]] / [[GC>判定なしゲーム一覧 (GC)]] / [[Wii>判定なしゲーム一覧 (Wii)]] / [[WiiU>判定なしゲーム一覧 (WiiU)]] / [[Switch>判定なしゲーム一覧 (Switch)]]
 --任天堂携帯 - [[GB>判定なしゲーム一覧 (GB)]] / ''GBA'' / [[DS>判定なしゲーム一覧 (DS)]] / [[3DS>判定なしゲーム一覧 (3DS)]]
 -[[年代順>ゲーム記事一覧 (GBA)]]
 ----
 *判定なしゲーム一覧(GBA)
 -判定欄には、基本情報表よりメイン判定のみ記載。そのため、原則「なし」のみとなる。
 
 ----
 |タイトル|ジャンル|判定|概要|
 |>|>|>|BGCOLOR(#cccccc):''あ行''|
 |[[お茶犬くるりん ほんわかパズルで「ほっ」としよ]]|ACT/PZL|なし|くるりんシリーズの記念すべき第一作目。&br;そしてお茶犬のゲームとしては唯一の落ち物パズル。|
 |[[お茶犬の部屋]]|ACT/TBL|なし|お茶犬ゲーム、及びお茶犬の部屋シリーズの初作品。&br;後発作と比べ作り込み不足だが、土台は大方完成されている。 |
 |[[お茶犬の夢冒険]]|ACT|なし|お茶犬の冒険シリーズの初作品。&br;アクションゲーとしてはお子様向けの無難な出来。|
 |>|>|>|BGCOLOR(#cccccc):''か行''|
+|[[かわいいペットショップ物語3]]|RPG|なし|見た目は実にかわいらしいが中身は…。&br()ペット業界の闇を垣間見れる一作。|
 |[[奇々怪界あどばんす]]|ACT|なし|ゲーム業界初の巫女さん主人公が帰ってきた。&br()システム・世界観共に原点回帰し、懐かしくも新鮮な作風に。|
 |[[機動戦士ガンダムSEED 友と君と戦場で。]]|ADV|なし|ガンダムSEEDのアドベンチャーゲーム。&br;本編にはないifシナリオが魅力。|
 |[[クラッシュ・バンディクー アドバンス]]|ACT|なし|嘗てSCEの顔役も勤めた脳筋ヒーローが、まさかのGBA進出。&br()携帯機ながらも、シリーズの基本は抑えており侮れない。|
 |[[クラッシュ・バンディクー アドバンス2 ぐるぐるさいみん大パニック!?]]|ACT|なし|シリーズ中でも珍しい、コルテックスの登場しない作品。&br()更に、隠しキャラ常連だったアイツがまさかの本編参戦。|
 |[[クラッシュ・バンディクー 爆走!ニトロカート]]|RCG|なし|携帯機で脳筋ヒーローのレースゲー。&br()ストーリーは据置機版と同様だが、それ以外はほぼ別物。|
 |[[くるくるくるりん]]|ACT|なし|要は回転する棒を操作し攻略していくイライラ棒。&br()…とだけ書くとシンプルにも程があるが、内容は奥深い。|
 |[[甲虫王者ムシキング ~グレイテストチャンピオンへの道~]]|RPG|なし|携帯機にしては、アーケード版の魅力を再現できている。&br()しかし半年後にDSで完全版発売、存在意義が消滅する事態に。|
 |[[ゴエモン ニューエイジ出動!>ゴエモン 新世代襲名!#id_45dcef7f]]|ACT|なし|PS版『新世代襲名!』をGBA向けにアレンジした作品。&br()制約は多いが、原作の操作感覚はしっかり再現。|
 |[[金色のガッシュベル!! うなれ!友情の電撃]]|ACT|なし|簡単操作で原作世界を体感可能な格ゲー。&br()キャラクター格差が大きめな点はキャラゲー故の泣き所か。|
 |[[金色のガッシュベル!! うなれ!友情の電撃2]]|ACT|なし|システムが洗練された、上記『うなれ!友情の電撃』の続編。&br()しかしシステム以外の点は前作以上に粗さが目立つ。|
 |[[金色のガッシュベル!! ザ・カードバトル for GBA]]|TBL|なし|同作のTCG『THE CARD BATTLE』がGBAで遊べる。&br()一部ルールが変更されているが、楽しめるかというと…。|
 |>|>|>|BGCOLOR(#cccccc):''さ行''|
 |[[ザ・アーブズ シムズ・イン・ザ・シティ>ザ・シムズ (GBA)#urbz]]|SLG/ADV|なし|DS版とは内容が同じだがPS2/GC版とは内容が異なる。&br;GBA版『ザ・シムズ』の続編。|
 |[[ザ・シムズ>ザ・シムズ (GBA)]]|SLG/ADV|なし|GBA版『The Sims Bustin’ Out』の日本語ローカライズ。&br;PS2/GC『ザ・シムズ』と同名かつ同日発売だが内容は異なる。|
 |[[サンリオピューロランド オールキャラクターズ]]|TBL|なし|サンリオピューロランドを舞台にすごろくができちゃう。&br;…実際にテーマパークに行った方が余程楽しめる筈。|
 |[[真・女神転生II]]|RPG|なし|メガテンシリーズ最大の壮大なストーリー。&br;SFC版、[[PS版>真・女神転生II#id_c40cf5e5]]のバグが除去された本作が現状決定版と言えそう。|
 |[[スーパーストリートファイターIIX リバイバル]]|FTG|なし|待望の任天堂機に出たスパIIX。&br;移植度は高いが、操作性とグラフィックで微妙な評価。|
 |[[スーパーマリオボール]]|ACT|なし|プリレンダの3Dで表現されたグラフィックが魅力。&br;だが評価できるのはそこだけで、あまりにも内容が薄い。|
 |[[スーパーロボット大戦R]]|SRPG|なし|GBAスパロボ第2作。大幅進化したインターフェイス。&br;シナリオは新鮮さこそあるが、テキストがちょっと変。|
 |[[スーパーロボット大戦J]]|SRPG|なし|GBAスパロボ最終作。大幅進化したグラフィック。&br;色々と惹かれる所も多いが、粗が目立つのも事実。|
 |[[絶体絶命でんぢゃらすじーさん3 ~果てしなき魔物語~]]|ACT|なし|ゲームとしては進化した「じーさん」シリーズ4作目。&br;しかしファンが求めていたのは無難な作品ではなかった。|
 |[[ゼルダの伝説 ふしぎのぼうし]]|ARPG|なし|ほのぼのとした世界観が特徴。&br;十分に遊べる出来だが、他のゼルダゲーと比べると地味。|
 |[[ゼロ・ツアーズ]]|RPG|なし|GBAでは唯一のモバイルピアtoピア対応作。&br()現時点ではモバイル連動要素の開放が困難or不可能。|
 |[[戦闘員山田はじめ]]|ACT|なし|悪の戦闘員となって世界征服を実行せよ! &br()シナリオは好評だが、とにかく不親切なUIが痛い。|
 |>|>|>|BGCOLOR(#cccccc):''た行''|
 |[[ダウンタウン熱血物語ex]]|ACT|なし|帰ってきたくにおくん、久々の舞台はFC版のリメイク。&br()進化した部分は多いが、好感度システムなどが足を引っ張る。|
 |[[タクティクスオウガ外伝 The Knight of Lodis]]|SRPG|なし|オウガバトルサーガシリーズ最終作にして最古の物語。&br()難易度低下に不満の声が多いが、バランスは大幅改善。|
 |[[テイルズ オブ ザ ワールド なりきりダンジョン3]]|SRPG|なし|SRPG要素が加わった『なりきりダンジョン』シリーズ第3作。&br;キャラは増えたがシステムは不評、性能格差も相変わらず。|
 |[[テニスの王子様 2003 PASSION RED/COOL BLUE]]|SPG|なし|%%テニヌではなく、%%テニスとしてちゃんと遊べる堅実な作品。&br;ストーリー描写は皆無、コンプには通信協力プレイが必須。|
 |[[デュエル・マスターズ2 切札勝舞Ver.]]|TBL|なし|前作発売から僅か4ヵ月で世に出た完全版。&br()システム周りは快適だが、ストーリーは致命的なまでに薄い。|
 |[[東京魔人學園 符咒封録>東京魔人學園符咒封録#id_f12d8727]] |ADV/TBL|なし|シリーズ伍周年を記念し、ワンダースワンから移植。&br()悲願のカラー化を達成するも、テンポは原作から若干悪化。|
 |[[ドクターマリオ&パネルでポン]]|ACT/PZL|なし|名の通り『ドクターマリオ』と『パネルでポン』を同時収録。&br;パネポンは値段の割にモード・オプションが豊富。|
 |>|>|>|BGCOLOR(#cccccc):''な行''|
 |[[にゃんにゃんにゃんこのにゃんコレクション]]|TBL|なし|にゃんにゃんにゃんこ好きは買って損の無いファンソフト。&br;しかしゲーム内容それ自体は面白みが薄く、飽きも早い。|
 |>|>|>|BGCOLOR(#cccccc):''は行''|
 |[[ハイ! ハイ! パフィー★アミユミ]]|ACT/STG|なし|「PUFFY」をモデルにしたアメリカ産アニメが題材のゲーム。&br;出来は良好だが、PUFFYのキャラゲーとしては今一つ。|
 |[[鋼の錬金術師 迷走の輪舞曲]]|RPG|なし|『翔べない天使』に次ぐハガレンゲーム化第2段。&br;カードによる錬金術システムなど、見るべき部分はある。|
 |[[パズにん ~うみにんのパズルでにむ~]]|ACT/PZL|なし|脱力系ゆるキャラ「うみにん」のブロック崩しゲーム。&br;デススカルが鬼畜でにむ~。|
 |[[パックマンコレクション]]|etc|なし|携帯機で遊べる様になったパックマン致命的ではないが再現度に難あり。|
 |[[パワプロクンポケット7]]|SPG|なし|シリーズ最低クラスの野球バランスの悪さと豊富なバグ。&br;一方ストーリーは好評。野球に耐えられるかで評価が変わる。|
 |[[Piaキャロットへようこそ!!3.3]]|ADV/SLG|なし|携帯機故にクオリティもそれなりな『Piaキャロ3』の続編。&br()本編シリーズとは一味違ったシナリオが好評。|
 |[[ファイナルファンタジータクティクス アドバンス]]|SRPG|なし|『FFT』の続編…なのだが、物語的には余り繋がりは無い。&br()縛りプレイを強要するシステムは(否寄りの)賛否両論。|
 |[[ファイアーエムブレム 聖魔の光石]]|SRPG|なし|ハードルを下げすぎた為に古参ファンからは大不評。&br;その低難易度故に初心者や縛りプレイヤーにはもってこい。|
 |[[ふたりはプリキュア ありえな~い! 夢の園は大迷宮]]|ACT/PZL|なし|キャラゲーとしては「ありえな~い!」程高い完成度。&br;熱中しやすいが故にボリュームの薄さはどうしても気になる。|
 |[[冒険遊記プラスターワールド ~伝説のプラストゲート~>冒険遊記プラスターワールドシリーズ#id_cf33100c]]|RPG|なし|タカラとテレビ東京が世に送り出したメディアミックス作品。&br;目玉だったフィギュアとの連動要素が足を引っ張る。|
 |[[冒険遊記プラスターワールド ~伝説のプラストゲートEX~>冒険遊記プラスターワールドシリーズ#id_73378854]]|RPG|なし|アニメの設定を一部逆輸入する形でのマイナーチェンジ。&br;フィギュアとの連投要素という根本的問題…もとい特徴は変わらず。|
 |[[ポケモンピンボール ルビー&サファイア]]|ACT|なし|ピンボールゲーとしては良い出来。&br;ストイックな作風故、ポケモンゲーとしてはとっつきづらい。|
 |[[ボボボーボ・ボーボボ 奥義87.5 爆烈鼻毛真拳]]|RPG|なし|新ジャンル「ワードプレイングゲーム」。&br;荒削りだが、それも含めてボーボボらしいバカキャラゲー。|
 |[[ボボボーボ・ボーボボ 9極戦士ギャグ融合]]|RPG|なし|RPGとしてはやや微妙、しかし高い原作再現度を誇るギャグRPG。&br;キミはビュティを盾に出来るか!?|
 |>|>|>|BGCOLOR(#cccccc):''ま行''|
 |[[MOTHER1+2]]|RPG|なし|1つのカセットで2作も遊べる上、『1』は幻の海外版を移植。&br()BGMが重要な両作品で、それが劣化したというのは痛い。|
 |[[魔法のパンプキン ~アンとグレッグの大冒険~>魔法のパンプキン ~アンとグレッグの大冒険~ (GBA)]]|ACT|なし|キャラの使い分けが鍵となる、古き良き横スクロールACT。&br()使い回しや物足りなさなど「あと一歩」という印象が強い。|
 |[[マリオvs.ドンキーコング]]|ACT/PZL|なし|『GB版ドンキーコング』の流れを汲むパズルアクション。&br()任天堂単体作品としては珍しく、マリオが作品内でよく喋る。|
 |[[マリオパーティアドバンス]]|etc|なし|パーティーゲーム…ではなくミニゲーム集というべき内容。&br;3人以上では遊べず、テンポもいまいち。運要素もかなり強め。|
 |[[Mr.インクレディブル (GBA)]]|ACT|なし|割とキチンとしたベルトスクロールアクション。&br;ボリュームは今一つな上、何故かセーブがパスワード制。|
 |[[みんなでぷよぷよ]]|ACT/PZL|なし|コンパイル消滅後、セガが独自に開発した初のぷよぷよ。&br;ぷよぷよとして最低限の要素は備えている。|
 |[[名探偵コナン 狙われた探偵]]|AADV|なし|コナンなのに''推理要素がない''アクションゲーム。&br()粗が多いものの、ファンアイテムとしては及第点。|
 |[[名探偵コナン 暁のモニュメント]]|ADV|なし|今回はちゃんと推理しているGBAコナンゲー第2弾。&br;''24人に一人一人事情聴取。''警察の大変さが理解できるかも?|
 |[[メダル・オブ・オナー アドバンス]]|ACT/STG|なし|シリーズ唯一のGBA作品は、見下ろし型の2Dシューティング。&br()制約に甘えない作りこみは好評だが、難易度の高さが泣き所。|
 |[[メダロットG カブト/クワガタ]]|ACT|なし|シリーズ初のアクション。アグレッシブなロボトルを楽しめる。&br()ボリュームの薄さと、相変わらずの戦闘バランスは気になる。|
 |[[メダロット・navi カブト/クワガタ]]|SRPG|なし|9×9マスの戦場で始まる、新機軸ロボトル。&br()バランスの悪さと致命的バグさえ無ければ名作たりえた。|
 |[[メトロイド フュージョン]]|ACT|なし|探索要素を抑え、システムも大幅に変わったシリーズ異色作。&br()自由度の無さが批判されるも、全体的なクオリティは高い。|
 |>|>|>|BGCOLOR(#cccccc):''や行''|
 |[[遊☆戯☆王デュエルモンスターズ5 エキスパート1]]|TBL|なし|シリーズで初めてOCG準拠ルールを実装した遊戯王ゲー。&br()異常に重い処理と、不親切なシステムは過渡期故の粗か。|
 |[[遊☆戯☆王デュエルモンスターズ エキスパート3]]|TBL|なし|ストーリーを排除した純粋なデュエルシミュレータ。&br;だがカードプールが古い上に歯抜け収録が多く中途半端な出来。|
 |>|>|>|BGCOLOR(#cccccc):''ら行''|
 |[[ロックマンエグゼ4 トーナメントレッドサン/ブルームーン]]|ARPG|なし|新要素を多く盛り込むも、周回システムの仕様は不評。&br;エグゼシリーズのターニングポイントとなった作品。|
 |[[ロックマンエグゼ4.5 リアルオペレーション]]|ARPG|なし|4の新要素「オペレーションバトル」に特化した作品。&br()総勢21体のナビと交流可能だが、ストーリー要素は薄め。|
 |[[ロックマンエグゼ5 チーム オブ ブルース/チーム オブ カーネル]]|ARPG|なし|エグゼシリーズ第5作目かつ前作『4』の続編。&br;ロックマン以外のキャラを直接自由に操作できるように。|
 |[[ロックマンエグゼ6 電脳獣グレイガ/電脳獣ファルザー]]|ARPG|なし|エグゼシリーズ最終作。&br;シリーズの集大成だけあり、戦法の幅も大きく広がる。|
 |[[ロボットポンコッツ2 リングバージョン/クロスバージョン]]|RPG|なし|ロボポンシリーズ最終作品。&br()戦略性が進化するも、ストーリーの酷さまで大幅進化。|