おそ松くん はちゃめちゃ劇場

【おそまつくん はちゃめちゃげきじょう】

ジャンル アクション
対応機種 メガドライブ
メディア 2MbitROMカートリッジ
発売・開発元 セガ・エンタープライゼス
発売日 1988年12月24日
定価 5,500円(税別)
判定 クソゲー
ポイント 赤塚ゲー屈指の電波作品
原作者激怒説が出るほどの原作レイプ
水増し目的の無限ループ
文字通り「お粗末くん」「おそ松クソ
少年サンデー関連作品リンク


概要

赤塚不二夫氏の人気漫画「おそ松くん」を原作としたソフト。

シナリオ

正月を迎えた六つ子たちだったが、突然イヤミとチビ太によってカラ松からトド松までの5人が誘拐されてしまった。
長男のおそ松はパチンコを片手にイヤミ&チビ太を追いかけるが、そこに二人の解き放った怪物たちが現れ、おそ松に襲い掛かる……。

問題点

  • 説明書では3つのステージが紹介されており「まだまだある」と表記されているのだが、実はその3面しかない
  • 先に進むためにはステージの特定の場所からワープをしなければならず(しかも1面の中で何回も)、そうしなければ無限ループする。結果的に1面ごとのプレイ時間は長くはなるが……
  • 操作性も良いとは言えない。
    • ジャンプはフワフワしており、ブレーキも利きにくい。
    • スタート時のおそ松のパチンコの射程が泣けるほど短い。ほぼ「近接武器」と言っても過言ではないレベル。
  • 店に入ると買い物ができるが、その前にあみだくじのミニゲームをやらされる。当たればライフが回復するが、外れると金を減らされる。
  • 背景が非常にサイケデリックで、見ていると目が痛くなる。
  • エフェクトが「ボワン」「ボゥン」と無機質で迫力が欠けている。爽快感がない。
  • 一部の敵キャラの造形
    • 灰色の顔が不気味なチビ太の地蔵、やたらあごがしゃくれたおじさんの鬼、時々ギョロ目をするイヤミの顔をしたカニ、素足が生々しいデカパンの顔をしたダチョウ、やたらでかく白雪姫の格好をしたイヤミは一見不気味。
      • キャラの造形にこのような扱いをするのはマンガでも一応お馴染みのことではあるのだが、キャスティングを間違えているのでは……。

評価点

  • 1988年に放映されたおそ松くんのEDテーマである「おそ松音頭」がタイトルに使われており、一応キャラゲーとしての体はなしている。
  • OPの絵柄やステージ上に登場するキャラクターに、おそ松くんのものだとわかるキャラクター描写がしっかりなされている点。
  • ライフの増減に従っておそ松自身の表情が段々変わっていく。細かい描写もあったりする。

総評

単体のゲームとしてもキャラゲーとしても非常に出来の悪い作品。
原作を尊重する姿勢もゲーム自体の質を向上させる姿勢も感じられないこの作品を送り出したセガの企業態度こそ、はちゃめちゃ劇場そのものと言わざるを得ない。


余談

原作者激怒のデマ、制作の裏話

  • おそ松くんのプログラムを担当したスタッフが後にシムスに移籍した際、当時のBeepメガドライブ誌のインタビューで「原作者が怒鳴り込んで灰皿を投げ付けて来た」と「お○松くん?」と記述されていた。これが原因で赤塚氏を激怒させたという噂が流れかなり信じられてもいたが、後にデマと判明。
    • 当時は「製作会社のセガ社長ですらバカにする出来だ」とゲーム雑誌に取り上げられた。
    • そもそも当時の赤塚先生は仕事仲間との麻雀やトランプ遊びを好んでおり、一人遊びのテレビゲーム自体には見向きもしておらず、逆に恋人を作らずに部屋にひきこもっている若者が増えていることに危惧をしていた程だった。
    • 一方で、次の年にはファミコンからまともな『おそ松くん』のゲームが出ている。
  • 最近になって、当時の製作現場を知る人物のブログにおいて「当初は全8ステージ」「人災(製作スタッフが逃げた)によりああなった」との暴露がなされた。
    • 上記の「人災」についても正しく「お粗末」と形容すべき内容であったが、現在はそれを載せていた元記事は削除されている。今もセガで現役であるという当人からクレームが来たという噂もあるが削除理由は不明。
      • なお記事名は「社長も知らないセガの裏・MD「おそ松くん」の真実」というタイトルであった。

その他

  • 敵キャラの中には槍と弓を持った黒人部族風の敵もいる。
    • 矢を放って攻撃してくるが、今見れば差別問題になりかねない造形をしている。
  • セガ発売の赤塚不二夫作品として、本作以前に MKIII/SMSにてACT/ADVの『天才バカボン』がリリースされている。こちらのほうはボリュームにやや難はあるものの手堅くまとまった普通に遊べる作品である。
  • 本作が発売された日にアニメの「おそ松くん」(第2期)も放送されたが、その回はファンの間でも特に感動作と名高い「摩天楼のホワイトクリスマス」であった。
  • 本作にはエンディング後のスタッフロールが存在しない。
    • 意外にも、製作メンバーは『セガラリーシリーズ』とほぼ同じであることが上記のブログ記事にて語られていた。
  • 本作発売から28年後、赤塚不二夫生誕80周年を銘打って放送されたアニメ『おそ松さん』(「くん」ではない)の大ヒットを受け、一本のスマートフォン向けアプリが配信された。その名も『おそ松さん はちゃめちゃパーティー!』
    • 「おそ松さん」それ自体の内容から考えて、ほぼ間違いなく「分かった上でやっている」のであろう。
  • 『ゲームセンターCX』#223にて挑戦ソフトに選ばれる。
    • 有野のまぐれプレイによってスピードクリアとなるが、ステージ2ボス戦後に謎の隠しアイテムが出現した事を受け、残業という珍しい形で検証する事となった。
      • 番組内ではその正体は不明のまま終わってしまったが、実際は隠しキャラクターのケムンパス。イヤミ撃破後にケムンパスを出すと表示がおかしくなるというバグらしい。
  • 初期版にはバグがあり、必ずフリーズしてクリア出来なくなるとの噂がある。あくまでもメガドライブ本体の製造ロットによるハード依存の不具合であり、同じソフトでも発生するケースとしないケースがあるらしい(後期ロットには発生しない)。
    • この手のバグは、ゲーム起動時にRAMを初期化する際に完全に初期化出来ていない場合に発生することが多いが、それが原因かは不明である。
添付ファイル