ゲームカタログ@Wiki ~名作からクソゲーまで~

ゲームカタログ@Wiki ~名作からクソゲーまで~

スーパーマリオ ヨッシーアイランド

最終更新:

匿名ユーザー

だれでも歓迎! 編集

このページではSFCソフト『スーパーマリオ ヨッシーアイランド』と、そのGBA移植版『スーパーマリオアドバンス3』について紹介しています。



スーパーマリオ ヨッシーアイランド

【すーぱーまりお よっしーあいらんど】

ジャンル アクション
高解像度で見る 裏を見る
対応機種 スーパーファミコン
発売元 任天堂
開発元 任天堂、エスアールディー
発売日 1995年8月5日
定価 9,800円(税別)
プレイ人数 1人*1
セーブデータ 3個(バッテリーバックアップ)
判定 良作
ポイント ヨッシーが主役のアクションゲーム
「タマゴ投げ」をはじめ独特のアクションを導入
マリオとはまた違う面白さを打ち立てた
マリオシリーズ・関連作品リンク
ヨッシーシリーズリンク

概要

スーパーマリオワールド』に登場したマリオのパートナーキャラクター・ヨッシーが主人公のアクションゲーム。
マリオの赤ちゃん時代の物語で、マリオとヨッシーの初めての出会いと冒険を描いた作品である。
海外タイトルは『Super Mario World 2: Yoshi's Island』で、『ワールド』の続編扱いになっている。

本作には『スターフォックス』『ワイルドトラックス』でポリゴン描写のために使用された「スーパーFXチップ」が採用されており、回転・拡大/縮小処理の高速化や、キャラクターや背景の軟らかい動きを実現している。
また、クレヨン画を髣髴とさせる手描きイラストタッチのグラフィックが大きな特徴で、今までの2Dアクションゲームにはなかった独特の表現方法も本作の魅力である。

ストーリー

~むかし、むかしのおはなしです。あかちゃんマリオとヨッシーのはなしです~

双子の兄弟であるマリオとルイージはコウノトリに運ばれて両親のもとに向かっていたが、
2人がいずれカメ一族の脅威になりうることを占いで突き止めたカメ一族の占い師カメックの襲撃に逢う。
ルイージはカメックにさらわれ、マリオは衝突の拍子に海上に落下してしまうが、
運よくヨッシーアイランドに住むスーパードラゴン・ヨッシーの背中に落ちて命拾いする。
マリオを救ったヨッシーが仲間のヨッシーたちと相談していたところ、マリオは何かを知っているかのようにひとつの方向を指差し始めた。
それをみたヨッシーたちは互いに協力し、ルイージを助けだして二人を親元へ届けるべく旅立つのだった。


ゲーム内容

ヨッシーならではの新アクション

ヨッシーの特技である「敵を食べる」のほかに、本作では「タマゴを作って投げる」「ふんばりジャンプ」「ヒップドロップ」などのさまざまなアクションが加わり、マリオとは異なる動きを楽しむことができる。

  • 敵を食べる/吐き出す
    • Yボタンで舌を伸ばし、敵などを舌で捕まえると口にほおばる。ほおばった状態で十字キーの下を押すか一定時間が経つと飲み込む。
    • 主に後述のタマゴを作るために多用されるアクション。ほおばった敵を勢いよく吐き出して『ワールド』のように飛び道具にすることもできる。
      • ただし、すべての敵が食べられるわけではなく、口には入れられても飲み込めない敵や、口に含むことすらできない敵、口に入れた瞬間に飲み込む敵もいる。
    • なお本作では操作が多彩になった影響か、Yダッシュというアクションは存在せず、十字キーを押し続けるだけで徐々に加速し走るようになっている。
    • 一部の敵は口に含むと炎を一定回数吐くことができる。また、ステージ内に置いてあるスイカを口に含むと種や炎などを吐き出して攻撃できる。
  • タマゴを作る/投げる
    • 敵を飲み込むとタマゴになる(ならない敵もいる)。タマゴは最大で6個まで持つことができ、ヨッシーの後ろをついてくる。
    • Aボタンを押すとヨッシーが卵を抱え上げて構えると共に「タマゴを投げる方向」を示すカーソルが出現し、自動的に半円を描くように動く。
      タマゴを投げる操作は、Aボタンを2回押すと投げる「じっくりタイプ」とAボタンを放した時点で投げる「いけいけタイプ」という2種類の操作方法がある。これらはコース選択画面中であればいつでも切り替えることができる。また、カーソルが出ている間に下を押すと投げるのをキャンセルすることができる。
      カーソルの表示中は敵を食べることができなくなるが、左右への移動とジャンプ(通常よりも高度は落ちる)、空中でのふんばりは可能で、狙いをつけることができる。
      • タマゴ投げは敵を攻撃する飛び道具としてはもちろん、仕掛けを動かしたり特定のアイテムを取るために使うこともできる。タマゴはまっすぐに飛んで行くが壁に当たると反射し、また水面に当たると「水切り」となって水面を跳ねていく。ステージの中にはこれらのテクニックを使わないと攻略できないところもある。
    • タマゴは道中に落ちているものを拾うこともできる。またタマゴが無限に出現するブロックや、タマゴを無限に出し続ける花、雑魚敵が無限に出てくる土管といった、明確なタマゴ補給ポイントも随所に存在する。
    • なおタマゴを作りやすくするためか、今作はマリオ系列では珍しく敵を踏んで倒してもスクロールさせて戻ると復活する。敵を完全に倒すためには、食べたりタマゴをぶつけたりする必要がある。(もちろん完全消滅させる方法は他にも存在する)
      • あのクリボーですら、踏んでもペチャンコになるだけで倒せず、しばらくすると元に戻る。故に、スクロールしなくても復活するというなかなかのしぶとさを持つ。なお、潰したクリボーには乗ることも可能。
  • ふんばりジャンプ
    • ジャンプボタンを押し続けるとヨッシーが足をバタバタさせて少しだけ浮き上がることができる。タイミングよくジャンプボタンを押し直すことで何度でもふんばることができ、少しずつ高度は落ちていくが滞空時間や飛距離を伸ばせる。
    • また、敵を踏んでからそのままボタンを押し続けると、マリオの踏みつけジャンプのようにふんばりで大きく上昇することもできる。
      これを利用してショートカットできる箇所は結構多い。しかも上記の通り敵は踏んでも復活するので、何度でも挑戦できる。
  • ヒップドロップ
    • 空中で十字キーの下を押すと一回転宙返りして真下に急降下しヒップアタックを繰り出す。杭を押し込んだり特定の地面を削ったり敵を攻撃したりできる。
    • なお、ヒップドロップ後も下を押し続けると体勢を維持し続けて地面を削り続けることもできる*2。後にマリオシリーズにも逆輸入された。
  • モーフィング
    • 特定のコースに出てくるアイテムを取ると、「ヘリコプター」「モグラタンク」「きかんしゃ」「くるま」「せんすいかん」の5つの乗り物に変身することができる。
    • 任意の場所で変身を解除することはできず、変身中に「ヨッシーブロック」に触れるとその地点で変身が解除される。
      一定時間が経過すると効果が切れ、変身をした場所まで戻されてしまうので、基本的には時間内にヨッシーブロックを目指していくことになる。
    • モーフィング中は敵に接触してもマリオが連れ去られることはないが、一瞬だけ操作不能になる。操作不能になっている間はタイムロスになる他、その間に穴に落ちたらミスになるので注意が必要。
  • パワフル赤ちゃん
    • マリオはまだ赤ちゃんだが、特定のコースに出てくるスーパースターを取ることで一定時間「パワフル赤ちゃん」に変身、ヨッシーの代わりに操作することができる。
    • 赤ちゃんマリオは旧作でのスター取得時同様に無敵状態であり、ほとんどの敵は触れるだけで倒せるし、ダメージ地形も無視できる(さすがに穴に落ちるとアウトだが)。
    • 落下中にBボタンを押すと身に着けたマントをパラシュートのように開いてゆっくり降下する。
    • 壁の方向に十字キーを押し続けるとその壁を駆け上り、そのまま天井走りをすることもできる。

基本システム

  • マリオが敵に連れ去られるとミスとなる。
    • ヨッシー自身は敵に接触してもミスにはならない)。制限時間もない。
      その代わりにヨッシーがダメージを受けるとのけぞり*3、背中に乗せていたマリオがシャボン玉に包まれた状態で離れて泣き出してしまう。
      マリオが離れている間はカウントダウンが開始され、このカウントが0になるとカメックの手下が現れてマリオを連れ去ろうとし、マリオを画面外まで連れ去られると1ミスとなってしまう。ヨッシーがマリオに触れると再び背中に乗せ直して復帰できる。
    • カウントは、コース中で「スターのお守り」アイテムを取ったり「中間ポイント」を通過することで、最大30まで増やすことができる。またカウントが10未満の時は、10までは時間経過で自然回復していく。
      • つまり、ダメージを受けてもマリオが連れ去られなければミスにならないし、カウントが0になってもマリオが画面から消えるまでは取り返すチャンスがある。また道中であれば「おまもり」のカウントも容易に増やせるので、操作ミス=即やり直し、というケースはぐっと減っている。
      • その反面、通過するのが難しい場所でマリオが離れてしまうと焦りやすくなり、マリオをさらいに来る敵もいる。ヨッシーに当たらないようにするだけではなく「マリオをさらわれないようにする」テクニックも必要となる。
    • また、従来のように穴に落ちたら即死する上、溶岩や特定のトゲなど触れたら即死の地形もあるので、過去作より特別難易度が下がった訳ではない。
  • 各ワールドは全部で8つ(+α)のステージで構成されており、ステージ4(とりで)とステージ8(しろ)にはボスがいる。
    • どのボスもやみくもに攻撃しているだけでは倒せず、それぞれの弱点を見抜いて的確に攻撃することが求められる。
  • 本作以降、ステージごとにサブタイトルがつけられるようになった。
    • 「せんリフトと おちるゆか(W5-7)」や「ビッグドンブリの とりで(W1-4)」のようにステージで主に登場する敵や特徴からつけられており、ステージのおおよその内容が予想できるようになった。
  • 各ステージをクリアすると、そのステージの評価が100点満点で採点される。内訳は次の通り。
    ・スターのおまもり:1個1点×30=30点
    ・赤コイン:1枚1点×20=20点
    ・スペシャルフラワー:1個10点×5=50点*4
    各ワールドの全ステージで100点を取ると、ワールドごとに「スペシャルステージ」と「ボーナスチャレンジ」が出現する。
    • ステージの中には強制スクロールや一方通行で後戻りができないところもあるため、全ステージで100点を取るには相当なやり込みが必要となる。特にボス戦でダメージを受けると「スターのおまもり」の回復が非常に困難になる*5ため、100点を狙ったときの難易度は急上昇する。
      • 一度クリアした後もすべてのステージに再挑戦可能。100点を目指して再プレイするという形でやりこみ要素にもなっている。
  • ステージクリア後に挑戦できるボーナスチャレンジは次の6種類がある。

    + ボーナスチャレンジ詳細 -

  • カードめくり:8枚ある中からカードをめくり、スペシャルアイテムを手に入れることができる。途中でカメックを引いてしまうと取得したアイテムは全て没収。途中で「せいさん」すれば手に入れたアイテムを全て持ち帰ることができる。最後までカメックを引かずにめくりきったら10UP*6
  • スクラッチ:7箇所のうち、3箇所を選んでめくる。出現したベビィの数に応じて残機が増える。
  • くじびき:1枚だけカードをめくってそのスペシャルアイテムを手に入れられる。カメックを引いたらハズレ。
  • カードあわせ:最初に14枚全てのカードが表になるので、それを参考にして神経衰弱の要領でカードを揃えていく。揃えた絵柄のスペシャルアイテムが手に入る。2回お手つきしたら終了で、パーフェクト達成で10UP*7
  • ルーレット:最初に賭けるヨッシーの機数を決め、2つのルーレットを回す。1つは「+」と「×」が回っていて、もう1つには0~3の数字が回っている。賭けたヨッシーの機数にルーレットで決定した出目を計算し、その答えの分だけ残機が増える。*8もし×と0が揃ってしまうと賭けた分だけ損をしてしまうことになる。残機を賭ける性質上、ヨッシーの残機が1の時は遊べない。
  • スロット:スロットを回し、揃えた柄に応じて残機が増える。

評価点


賛否両論点


総評

「タマゴ投げ」をはじめとするヨッシー独特のアクションを導入して、マリオとは一味違う面白さを打ち立てる事に成功した逸品。
愛らしいデザインとは裏腹に満点を狙うかどうかで難易度ががらりと変わるステージ構成は「初心者に優しく、上級者でもやりごたえのある」絶妙なバランスを実現している。シナリオもアクションゲームとしては屈指の出来栄えであり、ラストシーンでは感動のあまり涙するプレイヤーも見られる。

システム・デザイン・演出・シナリオと、全てが高いレベルで纏まった、まさに任天堂の技術とセンスの結晶と評すべき名作である。


余談


スーパーマリオアドバンス3

【すーぱーまりおあどばんすすりー】

ジャンル アクション


対応機種 ゲームボーイアドバンス
発売元 任天堂
開発元 任天堂、エスアールディー
発売日 2002年9月20日
定価 4,800円(税別)
プレイ人数 【GBA】1人(マリオブラザーズは1~4人)
【3DS/WiiU】1人
セーブデータ 3個(EEPROM)
レーティング CERO:A(全年齢対象)
※バーチャルコンソール版より付加
周辺機器 GBA専用通信ケーブル対応
配信 【3DS】アンバサダー・プログラム
【WiiU】バーチャルコンソール
2014年10月15日/702円(税8%込)
判定 良作
ポイント 操作性が向上した良移植
追加ステージは高難易度
マリオシリーズ・関連作品リンク
ヨッシーシリーズリンク

概要(GBA)

マリオアドバンス(USA)』『2(ワールド)』に続くGBA移植第3弾。
『スーパーマリオアドバンス』シリーズおなじみの『マリオブラザーズ』も収録されている。


変更点・評価点(GBA)


問題点(GBA)


総評(GBA)

携帯機でヨッシーアイランドを楽しめるだけでなく、僅かながら新ステージ・やりこみ要素も加わった良移植。
ハード上の制約からかBGMは多少劣化しているが、原作からの明確な劣化はそれ(=ゲーム機の違いに起因するもの)位しか存在していない。
SFCの原作では特殊チップを使って表現していたグラフィックを、GBAにおいては何の拡張もせずにほぼ完全再現できている点からは、時代に伴うゲーム機の性能向上も窺えるだろう。

マリオアドバンス系列の中では本作が3DSのアンバサダー・プログラム*13に選ばれており、マリオが主役の他作品を差し置いて選ばれる辺り、任天堂も本作の評価の高さをしっかり把握している様子である。


  1. トップページ
  2. ゲーム記事一覧 (Switch)
  3. ゲーム記事一覧 (PS4)
  4. クソゲー一覧 (任天堂据置機)
  5. クソゲー一覧 (ソニー据置機)
  6. ゲーム記事一覧 (SFC)
  7. シリーズ別リンク
  8. ゲーム記事一覧 (PS2)
  9. ドラかず のび太のすうじ大冒険
  10. ゲーム記事一覧 (PS)

このページをシェアする

*1 隠しコマンドを入力することで遊べる一部ミニゲームのみ2人でプレイ可能。

*2 逆に地盤が柔らかい所だと下の穴に突き抜けてミスになることが多い。

*3 本家2Dマリオでは基本的に、ダメージを受けてものけぞることはない

*4 スーパーマリオワールドのドラゴンコインと同じく、同じステージで5個集めると1UPする。また、ステージクリア後のボーナスチャレンジの抽選確率にも関係しており、取った個数×10%の確率でプレイできる。

*5 一応、タマゴを壁に反射させて赤タマゴを作り、それを敵に当てるという方法でスターのおまもりを2個ずつ出現させることで補充することはできる。

*6 残ったカードからカメックが飛び去り、10UPのカードになる

*7 最初に表になった時は見えていないが、最後に残ったペアが10UPに変化する。そのため欲しいアイテムが10UPにならないように気を付ける必要がある。

*8 例えば、5機賭けて、「×」と「2」が止まると5×2=10UPする。

*9 一応見分ける方法はある。また、前述した特定のスペシャルアイテムを使えば一目瞭然となる

*10 マリオを乗せていない時のダメージは、通常時よりものけぞり・硬直時間ともに大きくなってしまう

*11 なんと公式ガイドブックでも紹介されていたほどである。

*12 ゲーム中のとあるステージにて知ることができる。

*13 2011年8月11日にニンテンドー3DSの価格が改定されたが、それ以前からニンテンドー3DSを所持していた人に対して任天堂から感謝の印として、FCやGBAのバーチャルコンソールが10本ずつプレゼントされた。

最近更新されたページ
記事メニュー

メニュー


ランダムリンク(ベータ版)


リンク


更新順にページ一覧表示 | 作成順にページ一覧表示 | ページ名順にページ一覧表示 |

タグ一覧> 登録が多い順> 管理タグカット>


合計
今日
昨日
現在約288人が見ています。
総ページ数7594
2021-03-05 13:56:41 (Fri)


新着ページ一覧


更新履歴
最終更新日時
2021-03-05 13:49:32

2021-03-05

2021-03-04


今日の人気ページ


総合人気ページ






最近更新されたWiki