遊☆戯☆王デュエルモンスターズII 闇界決闘記

【ゆうぎおう でゅえるもんすたーずつー だーくでゅえるすとーりー】

ジャンル カードゲーム
対応機種 ゲームボーイカラー(全GB共通)
メディア 32MbitROMカートリッジ
発売元 コナミ
開発元 コナミコンピュータエンタテイメントジャパン
アイ・ティー・エル
発売日 1999年7月8日
定価 4,500円
判定 なし
ポイント 前作より収録カード枚数が大幅に増えた
デュエルシーンも改善
遊☆戯☆王 関連作品リンク


概要

今尚、発売され続けている『遊☆戯☆王 デュエルモンスターズ』シリーズ第2弾。
ストーリーや登場キャラクターは王国編までだが、隠しキャラとして原作よりも先行登場したキャラクターがいる。
前作の350種類のカードから約二倍の720種類のカードが扱えるようになった。
オフィシャルカードゲーム(OCG)は発売中であり、本作で登場したモンスターも後々カード化されていく。
前作では、初期のカードゲームにありがちな力押しゲーだがキャラゲーとしては大成功だった。今作では、どう変更されたかと言うと…


新要素

デッキキャパシティ、デュエリストレベル

罠カード

儀式カード

召喚魔族の追加

パスワード

D-トランス


基本ルール


評価点

前作からの改善点

カードの増加


賛否両論点

色違いモンスター


問題点

通信対戦がアンティルール

D-トランスで貰えるカードが弱い

デュエリストレベル、キャパシティを上げるのに時間がかかる

貰えるカードに差がある

相変わらずCPU戦は粗が多い

癖が強すぎる儀式仕様

召喚魔族の偏り

《巨大化》の一撃必殺

入手不可のカードが多い

相手の使ってくるカードがおかしい

その他


総評

前作より全てにおいてパワーアップした点は評価できる。
しかし、肝心のゲーム部分はCPUのロジックが改善されていなかったり、カード収集やデュエルの単純作業感は否めない。
その為、良作と言い切るには難しく、結局、特典カード目当てで買う人が多かった。


余談

隠しキャラについて

特典カード

当時の大会について

このページをシェアする

メニュー

メニュー

  • 投稿・編集の前に
    • はじめに
    • このWikiで扱う作品
    • ガイドライン
    • 記事の書き方
    • テンプレ / 略語集
    • FAQ
    • サンドボックス
  • 新着記事一覧
  • 年代順/据置ゲーム一覧
    • FC
    • SFC
    • N64
    • GC
    • Wii
    • WiiU
    • Switch
    • PS
    • PS2
    • PS3
    • PS4
    • Xbox
    • Xb360
    • One
    • MD
    • SS
    • DC
    • PCE
    • NG
  • 年代順/携帯ゲーム一覧
    • GB
    • GBA
    • DS
    • 3DS
    • PSP
    • PSV
  • 判定別ゲーム一覧
    • 劣化
    • シリ不
    • 不安定
    • 賛否両論
    • スルメ
    • 改善・改悪等
    • バカゲー・怪作
  • 用語集
  • 修正依頼など
    • 修正依頼
    • 要強化依頼

ランダムリンク(ベータ版)


リンク


更新順にページ一覧表示 | 作成順にページ一覧表示 | ページ名順にページ一覧表示 |

タグ検索 :


タグ一覧> 登録が多い順> 管理タグカット>


合計 -
今日 -
昨日 -
現在約-人が見ています。
総ページ数6937
2019-10-20 07:00:07 (Sun)


新着ページ一覧

取得中です。

更新履歴
最終更新日時
0000-00-00 00:00:00

取得中です。

今日の人気ページ


総合人気ページ






おすすめゲーム攻略

注目ゲームニュース

注目ゲームニュースをもっとみる