無双OROCHI2 Ultimate

無双OROCHI2 Ultimate

【むそうおろちつー あるてぃめっと】  

ジャンル タクティカルアクション



対応機種 プレイステーション3
プレイステーション4
Xbox One
プレイステーション・ヴィータ
Nintendo Switch
メディア 【PS3/PS4/One】BD-ROM
【PSV】PlayStation Vitaカード
【Switch】ゲームカード 各1枚
発売元 コーエーテクモゲームス
開発元 コーエーテクモゲームス(オメガフォース)
発売日 【PS3/PSV】2013年9月26日
【PS4】2014年6月26日
【One】2014年9月4日
【Switch】2017年11月9日
定価 通常版 / ダウンロード版 / プレミアムボックス
【PS3】6,615円 / 5,800円 / 9,765円
【PSV】6,090円 / 5,400円 / 9,240円
【Switch】6,800円
プレイ人数 1~2人
セーブデータ 【PS3】必要容量:1999KB以上
【PSV】2000KB以上(ダウンロード版:4096KB)
インストール
(ダウンロード容量)
【PS3】18.5GB
【PSV】3355MB
【Switch】13.5GB
レーティング CERO:B(12歳以上対象)
コンテンツアイコン 暴力・セクシャル
備考 【PS3】3D立体視対応、ボイスチャット対応
【PSV】カスタムサウンドトラック対応
【Switch】他機種版で配信されているDLCがあらかじめ収録済み*1
判定 良作
無双シリーズリンク


概要

前作の『無双OROCHI2』に新シナリオや新モード、新キャラクターを追加した無双OROCHI2の完全版。

妖蛇と真・遠呂智を討伐した英傑達は遠呂智亡き世界で平和に暮らしていた。
ある日、妲己はどこからか聞こえた謎の声に導かれて戦を起こす。それをきっかけに不可解な事件が連鎖的に発生。新たな争乱が始まる。

また、これまでの作品では描かれなかった「遠呂智誕生」のエピソードも詳細に追加されており、世界の融合前に仙界で何が起きたのか、シリーズの真の元凶が判明する。


追加・変更されたモード

以上、無双OROCHI2 Ultimate Wikiより一部引用


評価点

空中タイプアクション
操作キャラが空中にいる時に発動可能な、全キャラ搭載の2つ目のタイプアクション。立ち回りの幅を大きく広げる事が可能(特に忠勝、大喬)。もちろん、非常に強い空中TAを持つキャラクター(曹操、信長、鍾会など)もいたりする。~喰らい中でも発動できるが、ある程度条件がある模様で、低空で通常攻撃を受け続けている場合など、発動しない時もある。
戦闘スタイルチェンジ
方向キーの下を押すことで控えのキャラクターが出てきて、3人で同時共闘出来るというもの。戦闘スタイルチェンジ中でも操作キャラクターは切り替えられる。
真・無双バースト
OROCHI再臨よりアレンジ復活。戦闘スタイルチェンジ中、一定範囲内にいるキャラクターと同時に最大6人で無双乱舞や無双奥義が発動可能。友好度が高ければステージ中の味方武将とも発動出来る。
トリプルラッシュ
チャージ攻撃を当てた直後にキャラ切り替えをすると控え武将が現れてラッシュ攻撃を行う。最大で3回連続攻撃が可能。
今作では劉備、関羽、張飛や司馬懿、司馬師、司馬昭等の特定のチームメンバーが一定の順番で使うと固有演出のラッシュが発動するようになった…が、この演出に関しては賛否両論(後述)。
自動馬乗り
真・三國無双7』で追加された馬乗り機能。騎乗ボタンを押しっぱなしにすることで自動で馬に乗る。移動中でも可能で、なかなかスタイリッシュ。
が、本作では騎乗ボタンが十字キー上固定されておりキーコンフィグで変えられないため、移動しながらの自動騎乗はなかなか難しい*5
しかし無双7に比べると移動速度が上がったり馬が若干遠くに呼び出されるため、目的地に移動しながら呼び出しても、馬に乗れる頃にはもう目的地間近…ということも珍しく無いのが難点。特に転生して移動速度を180以上に上げると頻発する。
新たなスキルの獲得
1回目の転生で二つ目のスキルが開放される。
成長玉によるステータスの上昇
転生後はレベルが1上がる度に「成長玉」というアイテムが一つ手に入る。成長玉は自分の好みで各ステータスに振り分けることが出来る。 キャラクターによっては、成長玉をうまく振り分ければ装備アイテム無しでも体力・攻撃力・防御力を999まで上昇させることが可能。 また、前作ではどれだけレベルを上げても一切上がらなかった素早さも最大で180まで上昇させることが可能になった(Ver.1.05で転生を2回行うことで最大が200に)。元々鈍足キャラだったのが凄まじい速度で戦場を駆け回るようになるのはユーモラス。ちなみに200まで上げると駄馬と同じ速度に、アイテム等で260を超えると赤兎馬や松風を追い抜く無双武将なる珍妙な光景を目にすることに。
装備できるアイテムの枠が増加
前作までは装備できるアイテムが二つだけと非常に少なかったが、レベルを100にすることでアイテム枠が四つに、さらに転生してもう一度レベルを100に上げれば六つにまで増える。 ちなみに松風や赤兎馬等の鐙系装備が、装備アイテム枠と別枠扱いになったため、最大で七つのアイテムを装備可能。

問題点

賛否両論点


総評

ディレクターの野田氏の「(発売日から)正月まで遊べるゲーム」という言葉に偽りはなかった。それどころか、三國無双、戦国無双全ての無双シリーズ屈指のボリュームとなっている。

発売が決定された時こそは、またコエテクに有りがちな完全版商法かと不安がられていたものの、大幅な追加要素とボリューム増加により、
新規のプレイヤーは勿論のこと無印をプレイ済みのプレイヤーでも存分に楽しめる出来で、それらの声を十分払拭出来たと言えよう。 現時点で「無双シリーズ」をまとめて広く楽しむには最適と言える一本と言える。

アップデート+DLCが導入済みのSwitch版を除き、これらの要素*15を最大限に楽しむ、余りにも多すぎる不具合を治す為にはアップデートパッチを当てられる、つまりオンライン環境が必須なのが非常に残念なところではある。DLCを我慢できるのであれば、PS4版もPS3版の最終アップデートが済んだ状態で入っているので選択肢にしてもいいだろう。


プレミアムボックスについて

本作のプレミアムボックスの中には無双OROCHIシリーズで使用された楽曲のサウンドトラックが同梱されている。
これまでの限定版にもサウンドトラックが付いている例は少なくないが、収録曲数は10曲あるかといった程度で、特に無印ナンバリングに関しては別途発売されているサウンドトラックを買った方がマシという、特典としてあって無いようなものであった*16
しかし、本作の場合はディスクが4枚組となり、これまでのタイトルで使われたシリーズオリジナル楽曲はもちろんのこと、本作で新たに追加された曲*17の他、ダウンロードコンテンツとして別途販売されている楽曲*18も収録されているという大盤振る舞いとなっている。


その後の展開

2018年3月17日、「ω-Force20周年記念ライブ」にて、シリーズ最新作『無双OROCHI3』の発売が発表され、2018年9月27日に発売された。対応ハードはPS4/Nintendo Switch/Windowsである。 一方で、OROCHI2に関するWindows移植は実現されなかった。


このページをシェアする

*1 コラボ関連のものは除く

*2 ただし卑弥呼にのみ天雲羽衣の効果が一切ない。公式によるとバグではなく仕様であるとのことで、このキャラが弾幕攻撃を主体としたスタイルであることを無視しても、アップデートで改善されることはおそらく無い。

*3 だというのに宮本武蔵はC4の入力タイミングがシビア、C3と通常攻撃の〆に属性が乗らないなどの問題点が放置されたせいで一気に最弱候補にまで落ちてしまった。作中の台詞「援軍は、援軍はまだかよ!」も合わさって非常にネタにされてしまっている。

*4 2Dのキャラ画像しか存在しなかったステルケンブルクだが本作の参戦において高いレベルで3Dモデルになっており、ガスト側にも絶賛された。

*5 ※三國7だとL2ボタンに割り当てられているため、特に苦ではない。PSPのモンスターハンターシリーズなどで「左スティックを操作しながら十字キーを操作する」ことに慣れている人なら、PS3、PS4、PSVita版においてであれば移動しながらの自動騎乗はそこまで苦ではない。XboxOne版、Nintendo Switch版はコントローラーのボタン配置の関係で「スティック担当を親指から人差し指に変えてから、親指で上を押す」もしくは「右手で上を押す」となるので、やはり難しいだろう。

*6 炎雷氷属性

*7 現時点では1.06

*8 かすみは稀にだが

*9 コラボキャラクターの一人であるジャンヌ・ダルクに関しては馬に乗って止まった際にかかるブレーキ動作などが再現されている

*10 一応境界層の1~2連目は陣形技を使って出口直行、3連目は固定マップのなので、ボスに直行する事により割と短時間で進めるが、通常ステージだとそのやり方もなかなか難しい。

*11 Switch版は固定30fps

*12 発売前から、関連サイトでは期待の声が多かった

*13 empで搭載された各武器には固有の挙動が多かったのに対し、その事についてコマンド表等でのフォローがなかったというのも原因ではあるが。

*14 なぜか雑魚の数がPS3同等のPS4版もこの3/4割引が適応されている。

*15 特に大幅な仕様変更がされたアンリミテッドモード

*16 猛将伝の場合は基本的に猛将伝で追加された楽曲はサウンドトラックなどでフォローされないので、無印よりはまだ価値もあると言えるのだが。

*17 一部コラボレーションキャラクターのテーマ曲はアレンジではなく原曲を使用している関係か、収録されていない。

*18 本作発売後にダウンロードコンテンツとして配信された新規BGM2曲は収録されていない。

メニュー

メニュー

  • 投稿・編集の前に
    • はじめに
    • このWikiで扱う作品
    • ガイドライン
    • 記事の書き方
    • テンプレ / 略語集
    • FAQ
    • サンドボックス
  • 新着記事一覧
  • 年代順/据置ゲーム一覧
    • FC
    • SFC
    • N64
    • GC
    • Wii
    • WiiU
    • Switch
    • PS
    • PS2
    • PS3
    • PS4
    • Xbox
    • Xb360
    • One
    • MD
    • SS
    • DC
    • PCE
    • NG
  • 年代順/携帯ゲーム一覧
    • GB
    • GBA
    • DS
    • 3DS
    • PSP
    • PSV
  • 判定別ゲーム一覧
    • 劣化
    • シリ不
    • 不安定
    • 賛否両論
    • スルメ
    • 改善・改悪等
    • バカゲー・怪作
  • 用語集
  • 修正依頼など
    • 修正依頼
    • 要強化依頼

ランダムリンク(ベータ版)


リンク


更新順にページ一覧表示 | 作成順にページ一覧表示 | ページ名順にページ一覧表示 |

タグ検索 :


タグ一覧> 登録が多い順> 管理タグカット>


合計 -
今日 -
昨日 -
現在約-人が見ています。
総ページ数6987
2019-12-07 08:01:30 (Sat)


新着ページ一覧

取得中です。

更新履歴
最終更新日時
0000-00-00 00:00:00

取得中です。

今日の人気ページ


総合人気ページ






おすすめゲーム攻略