「無縁の隔離」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

無縁の隔離」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

-9つの大罪武装に匹敵する決戦兵器を開発するべく歴史再現の裏で極秘裏に開発された6つの「否定武装」の一つである。「否定武装」は「大罪武装」のように特定の使用者が存在しない。
-現在の使用者はウォルター・マストーフィン。
-形状は手に装着するナックル型である。
-通常駆動は使用者の過去・現在・未来の「縁」をくべて流体に変換し攻撃に変換するものである。超過駆動は自分の目線および半径5メートル以内に存在するもののさまざまな「縁」
-を変換し、自らの攻撃力の増加・流体を手に集めることで放つエネルギー弾など様々なことに利用できる。「否定武装」の中では使いがっての良い武装であり、対象となる「縁」も非常に幅広いため白兵戦、対集団戦においても優秀である。ただその特性上相手に能力を看破されると逆手に取られることが大いにある。
-この武装は流体を自己生産できるため強力だが、縁を消費するという特性は使用者の人生に著しい悪影響を与える。
+//削除
+//管理権限のある方、ページ自体の削除と、編集者のIpに対しての規制をお願いします
最終更新: