「攻略:ep2(赤の間~灰の間)」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

攻略:ep2(赤の間~灰の間)」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 公式サイトの「攻略ヒント」にもヒントは掲載されていますが、ここではストーリーを進めるための
 さらに詳しい手順や解説を掲載しています。 ネタバレには十分ご注意ください。
 
 もくじ
 #contents()
 
 *1.&color(red){赤の間}
 **目的:「青いバラの花」を拾い、ギャリーを仲間にする
 +「息吹」の絵が飾られている廊下を進み、巨大な2つの像(『あ』と『うん』)がある部屋に入る。
 +部屋の右上に飾られている''『赤い服の女』''の絵を調べる。
 +調べたあと絵から離れると、突然女が絵から飛び出し襲いかかってくると同時に&br()絵の前に''「赤いカギ」''が落ちるので、絵の女を引きつけてそれを拾う。
 +-絵の女にぶつかるとダメージを受けるので注意。
 +''「赤いカギ」''を使用し、部屋の真ん中にある扉に入る。&br()絵の女はドアを開けることが出来ないので、部屋に入ってしまえば、もう女は追いかけて来れない。
 +部屋の中の、左上の列にある、左から3番目の本棚を調べ、''絵本「うっかりさんとガレッド・デ・ロワ」''を読む。
 +-''※「うごくえほん」修正パッチを適用した場合は、絵本を読む代わりに絵本を奥に押し込む操作になっているので注意。'' 
 +絵本を読んでムービーを見た後、上のドアの鍵が開くので、ドアから水色の花瓶のある通路に出る。
 +-この水色の花瓶は、他の花瓶と違い''何度でも回復することが可能''。&br()ここから先でピンチになり追い詰められたら、ここまで戻ってきて回復させるというのも手。
 +-最新版の方では花瓶の隣に『永遠の恵み』という絵画が追加され、そのことのヒントになっている。
 +右の方へ進むと、通路に男の人が倒れており、調べると''「小さなカギ」''を入手できる。
 +-カギを取った後は選択肢で会話(?)することが可能。
 +いったん引き返し、今度は左の通路へ進む。
 +先の小部屋(男の人からカギを貰う前は閉まっていて入れない)に''「小さなカギ」''を使って入ると、中に''「青い服の女」''がいる。
 +女に近づくと、この女も先ほどの赤い服の女同様に襲い掛かってくる。&br()近づいて引きつけたあと、部屋の外に逃げる。部屋の外に出ると、絵の女が窓を突き破って小部屋から出てくる。&br()これに注意して、女が窓から出てきた後に再び小部屋に入る。&br()女はドアを開けられず、外から窓を越えてくることも出来ないため、もう室内は安全。
 +部屋の中に落ちている''「青いバラの花」''を入手する。
 +-女を外に誘き出さなくとも、強行突破でも入手可能。ただし、ダメージはほぼ必須。
 +水色の花瓶の所へ戻り、花瓶を調べると、''「青いバラを活ける」''の選択肢が追加されているため、それを選択。&br()すると、''「青いバラの花」''が元気になる。
 +これでもう一度右の通路に行って倒れている男の人に話しかけると、イベントが始まり、&color(#0000ff){''ギャリー''}が仲間になる。
 +-仲間になるイベント中で、傍にあった顔の絵が唾を飛ばしてくるが、イベント後もこの唾を踏むとダメージを受けるため注意。
 +ギャリーがいる状態で、右の通路の奥にある無個性の像を調べる。&br()するとギャリーが像を動かしてくれ、先に進めるようになる。
 
 **サブイベント(赤の間)
 -『息吹』の絵がある赤の通路に入った時、画面の下の方を黒い影が一瞬にして通り過ぎていく。&br()何やら思わせぶりな演出だが、特に意味はない。
 -『息吹』の絵がある赤の通路の中央に位置する絵の題名を見に行くことはできないように思えるが、実はそこへの隠し通路がある。よ~く目を凝らせば見つかるだろう。
 -青いバラが手に入る小部屋の周りには、空っぽの花瓶や何やら見覚えのある文章が書かれた張り紙があり、&br()床には青い花びらや血痕が落ちている。&br()そして、奥の方には絵が無く『青い服の女』の名札のみ・・・出会うまでのギャリーの行動が予想出来るだろう。
 -ギャリーが仲間になった後に、ギャリーが倒れていたすぐ傍の絵(唾を飛ばして来ない方)を調べると&br()「難しい字は読んであげる」といった会話イベントが起こる。&br()この先ギャリーが居れば、イヴが読めなかった難しい字が読めるようになり、本来何が書いてあるのか&br()プレイヤーが把握することができるようになる。&br()今まで来た道を戻って、そこまでにあった本や絵画を見てもちゃんと読めるようになっている。&br()戻ってみるのも一興。
 
 *2.&color(gray){灰の間}(1)
 **目的:悲しんでいる夫婦に「結婚指輪」を与えて喜ばせ、「ブーケ」を入手する
 ここから先に進むには、奥の部屋の右上にある''青い扉(涎を垂らしている顔の絵)''を通らなければならない。
 しかし、そのまま通ろうとすると、絵との会話にて赤いバラを渡すかどうかの選択肢が表示され、
 指示通りバラを渡してしまうとバラを食べられてしまい 即、''ゲームオーバー''になってしまう。
 ここを通るには、バラの代わりに渡すための''「ブーケ」''が必要だ。
 ブーケを入手するには''「結婚指輪」''が必要で、まずそれを手に入れるために以下の手順を踏まなくてはならない。
 +隠し部屋を出現させる
 +-大部屋に入って左の扉の部屋''「ラビリンス」''に入る。&br()ラビリンス内の右上のキャンバスに書かれたヒントに従い、部屋に3つある赤い絵の具のシミのうち、&br()もっとも左上にあるもの から南(下)にまっすぐ進んだ壁の突き当たりを調べよう。&br()すると、ボタンが見つかる。&br()部屋には、3体の「無個性」の像がうろついており、触れるとダメージ。&br()徐々にイヴに近づいてくる行動パターンなので、下手をすると挟み撃ちになってしまう。&br()こうなるとゲームオーバー必至なので気をつけよう。&br()ボタンを押すと、部屋の外のセーブポイント近くに隠し部屋が出現する。
 +結婚指輪のありかのヒントを見つける
 +-右上の青いドアの手前にある、椅子とキャンバスだらけの小部屋の奥に''「目薬」''が置いてある。&br()椅子を動かしてたどり着き、''「目薬」''を手に入れよう。
 +--椅子を動かすときは下手をすると、 部屋から出られなくなってしまうことがある。 
 +--その場合はshiftキーを押してタイトル画面に戻ろう。
 +--つまり、直前でセーブをしていないと絶望的。
 +-目薬のあった部屋から出て、大部屋の左の方の縦の通路へ行く。
 +-なお、下から向かっても上から向かってもよし。
 +-すると、通路中に多数の目玉が開き、ギャリーが悲鳴を上げる。
 +--この目玉達は触れてもダメージなどは受けないのでご安心を。
 +-目玉達の中に、一つだけ''充血している目玉''が居るため、その目玉を調べて''「目薬」''を差してあげる。
 +--和みたければ、「じっと見つめ」合っても良し。ダメージなどはありません。
-+-充血が治った目玉が動いて隠し部屋の在り処を教えてくれるため、そこへ入り、中で''「赤い石」''を手に入れる。
-+-大部屋の上の方に飾ってある''白い蛇の絵の顔あたり''を調べると、自動的に「赤い石」が空いていた蛇の目の穴にはまる。
++-充血が治った目玉が動いて隠し部屋の在り処を教えてくれるため、そこへ入り、中で''「赤色のガラス玉」''を手に入れる。
++-大部屋の上の方に飾ってある''白い蛇の絵の顔あたり''を調べると、目のくぼみに「赤色のガラス玉」を嵌めることができる。
 +-すると、右側の絵が床に落ちるので、それを調べると''ヒント''が手に入る。
 +-''1、2''はどちらを先に行っても構いません。
 +結婚指輪を手に入れ、花嫁に渡してあげる。
 +-1で出現させた隠し部屋に入る。
 +-室内に飾られてある美術品の内、一番右側にある''『感情』という木のようなオブジェ''を&br()ヒントに従って後ろから調べると、''「結婚指輪」''が手に入る。
 +--其々のオブジェの名札を調べると、ギャリーのコメントが楽しめます。
 +-''「結婚指輪」''を持って大部屋から少し戻り、''『嘆きの花嫁』『嘆きの花婿』''がある場所へ。
 +-手を調べて、正しい指に''「結婚指輪」''を嵌めてあげる。
 +--結婚指輪を嵌める指はご存知ですか? そう、その指ですよ。
 +--嵌める場所を間違えると、指輪が弾かれてダメージを受けるので注意。
 +--嵌める場所を2回間違えると、選んだ手の正誤をギャリーが教えてくれる。
 +--分からない人は&color(red){(要反転)→}[ &color(white){「左手」の「薬指」}]
 +-無事に指輪を得られたことで新郎新婦は『幸福』に。
 +-花嫁がブーケトスを行ってくれるので、''「ブーケ」''を入手する。
 +扉を出現させ、次の部屋へ。
 +-''「ブーケ」''を持って大部屋へ戻り、右上にある''涎を垂らした青い顔の絵''に話しかける。
 +-「お花をちょうだい?」と尋ねられると選択肢が増えているので、バラではなく、''「ブーケ」''を渡す。
 +-すると、お花をあげたお礼に顔が扉へと変わるので、これで次の場所へと進む。
 +--先に述べたことをもう一度書いておくが、「バラ」を渡すと&color(red){''即死→ゲームオーバー''}になるので注意。
 +--ギャリーが一度確認してくれるので、選択ミスはそこで修正しよう。
 +--なお、渡すことを拒んでもダメージは無いのでご安心を。
 **サブイベント(灰の間(1))
 -「ラビリンス」内の左上にある張り紙を読むと、ギャリーとの会話イベントがある。
 -好感度に関係するので是非行いたいところだが、張り紙が奥まった場所にあるので、近寄ってくる無個性に注意。
 -さもなくば、その会話でのギャリーの警告通りに・・・。
 -ポイントとしては全員を張り紙から遠い地点一ヶ所にまとめて誘導しておくと良い。
 
 *3.&color(gray){灰の間}(2)
 **目的:謎解き、イベント、襲い来る敵を掻い潜って次の場所へ。
 何も無い小部屋(→ver1.04より「アンバランスな箱」と「あずかりし真心(心臓)」の絵が追加)とずらりとマネキンの首が並ぶ通路を抜けて、大部屋へと入る。
 壁にある白い顔の絵で、真ん中の絵だけが前を通ると視線が追ってくる。害は無い。
 大部屋には、左の縦の通路の間に開かない扉が一つ、中央下にセーブポイントと鍵のかかった扉、中央上に
 台を挟んで番号を入れるタイプの扉が二つ、右側の方に鍵のかかった扉が一つある。
 また、部屋中に''『女の絵』''と''『無個性の像』''がある。
 無個性の像は調べても動かないが、''女の絵の中には傍を通ると襲い掛かってくる''ものがあるので注意。
 セーブポイント近くの窓は、傍を通ると一度だけ何かの影が窓を横切る。害は無い。
 まずは、中央二つの番号入力式の扉を開けよう。
 右側の扉には''「この部屋にある女の絵の数」''を入力する。ぐるりと巡って数えてみよう。
 なお、たとえ動き出しても、彼女たちは「絵」である。
 左側の扉には「4ケタの数字」を入力する。数字は''『吊るされた男』の服''に書いてある。
 なお、この男は''逆さま''の状態なので、見たままの数字を入力しても意味がない。
 +中央左側の扉の部屋の形を完成させよう
 ++中に入ると、人の気配がする椅子と、花瓶と台が描かれたキャンバスがある。
 ++椅子の位置から、スケッチするのに相応しい位置に花瓶を動かすと、一番右側の扉が開く。
 +-なお、失敗した場合は、部屋に入り直せば初期位置に戻る。
 +鍵が開いた一番右側の部屋でイベントを起こす。
 ++鏡が1枚あるだけの部屋なので、鏡を調べる。
 ++すると異変が起きるので、その異変を調べ、また鏡を調べなおす。
 ++計2回鏡を見た後に、また異変が起きる。
 +-この時の選択肢は、''エンディング分岐の1つの要素になる''ので注意。
 +''「灰の鍵」''を入手し、中央下の部屋に入ろう。
 +-鏡があった部屋から出ると、右下の緑服の女が動き出していて、一緒に''「灰のカギ」''も落ちているので、カギを手に入れる。
 +--この時、''鍵を入手するとすぐ横の赤い服の女が動き出す''。&br()コツとしては、緑服の女を遠くに誘導しておくと、挟み撃ちになりにくい。
 +中央下の部屋にある絵を見よう。
 ++部屋に入ると''大きな絵''がある。これを調べた後に部屋の外に出ようとすると鍵がかかっていて、イベントが発生する。
 ++時間経過で出口が現れるので、粘りましょう。
 +-外に出ようとする前に、''本棚を右に動かして窓をふさぐ''と、イベントを有利に進められる。
 +-イベント中ソファーに腰掛けようとすると、ギャリーから「のんきに座ってる場合じゃないでしょ!」と怒られる。
 +襲いかかる敵を掻い潜り、出口を目指す。
 +-壁穴から脱出すると、部屋中にあった作品達が動き回り、襲いかかってくる。
 +-他の部屋の扉も塞がれているが、左の縦の通路の間にあった扉が開いているので、そこに逃げ込もう。
 +--なお、作品たちに追いかけられている最中は、回復もセーブも出来ないので注意。
 +悪夢
 +-脱出に成功すると、ちょっと長いイベントが始まる。
 +-目が覚めてギャリーとのやり取りを終えたら、部屋を出て階段を下り、次の場所へ進もう。
 
 **サブイベント(灰の間(2))
 -『吊るされた男』 の絵で「顔を見る」と、1/5の確率で目が光り、ギャリーが悲鳴を上げることがある。
 -中央右側の部屋(絵の数を入力して鍵を開けた部屋)には花瓶があり、回復することができる。
 --脱出イベントの最中は扉が塞がれていて入れないので注意。
 --また、鏡のある部屋でギャリーがマネキンを壊した場合、この部屋に異変が生じる。花瓶を使用するとダメージを受けるので注意。
 --更に、ギャリーが調べた張り紙を読むと……。
 -悪夢から覚めた部屋にある張り紙には、様々な注意事項が書かれているが、ひとつだけ妙な注意書きがある。
 --しかし、もう一度張り紙を読むと……。
 --ちなみに、注意書きの一つ「万年筆を使わず」は、単なる「美術館によくある注意書き」以上の意味はないようです。
 -ノーセーブクリアをしてみても、 EDやおまけなどの変化は何もない ことは確認済。
 -悪夢から覚めた後の小部屋で、ギャリーのコートを拾って渡したり沢山話しかけたりできる。
 --ギャリーと仲良くなれるかも。
 --コートを渡した後の会話パターンはランダムで19パターン(選択肢を除く)だが、内2パターンは張り紙はがしの有無に対応しているため、実質18パターン。 
 -ギャリーが見ていた本棚を一度部屋を出てから調べてみると、ギャリーが読んでいた本のタイトルが分かる。
 --”誰か”を連れてこの部屋の本棚を調べ直してみると面白いかもしれない。
 
 
 
 次へ→ [[攻略:ep3(紫の間~茶の間)]]
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。