「ヴェオン・レギトの六組織」の編集履歴(バックアップ)一覧に戻る
ヴェオン・レギトの六組織」を以下のとおり復元します。
 ヴェオン・レギトの六組織とは、陰謀と策略の都市、ヴェオン・レギトに存在する6つの組織のことである。

#divclass(indexbox){
目次
#contents()
}

*組織
**リューディオン
 ヴェオン・レギトの組織ははじめ、娯楽目的のサークルとして誕生した。はじめに生物学の研究者たちが集い「リューディオン」が成立した。彼等は奴隷階級[[リェニュト0]]等を使い、非人道的な実験を繰り返し、数々の成果を上げた。
 また、[[シュッリルムスライト]]の研究や[[意識電脳接続技術]]など多くの国家プロジェクトを請け負っていた。
***他組織との関係
・リッグナとは対立関係
・グルインとは協力関係であり、実験体の輸入と技術の交換協定がある
・デオルとは軍事技術共同開発の協力関係

**リッグナ
 リッグナはリューディオンの次に成立した組織で、物理学者が集い結成された組織である。彼らは物理学の知識を共有し、リューディオンのように集団的に研究を行うために組織を結成した。リッグナは技術の倫理性を少なからず重視しており、非人道的な実験を行うリューディオンとは対立関係にある。
***他組織との関係
・リューデオンとは対立関係
・ナット・ゴルヅィールメンバーが上層部におり、またリューディオンに対抗するため彼らを秘密裡に支援している
・デオルとは軍事技術共同開発の協力関係

**グルイン
 グルインは娯楽研究を主体とした組織で、またヴェオン・レギトの娯楽の独占化を目論んでいる。彼らは他国からの奴隷の取引や拉致に長けており、ヴェオン・レギトの奴隷階級は彼らを通して供給される。
 また彼等は他の組織の研究の成果を買い取り、[[電脳風俗]]など新たな娯楽方式を開発し売り出すなどしている。
 また、[[奴隷闘技場]]などの(他の地域では)違法な組織の経営を取り仕切っている。
***他組織との関係
・リューディオンとは協力関係であり、実験体の輸入と技術の交換協定がある
・ナット・ゴルヅィールとは対立関係。しばしば商品の奴隷を拉致されている。

**ナット・ゴルヅィール
 ナット・ゴルヅィールは非公式の秘密結社である。彼らは過激派管理主義と呼ばれ、管理主義の非競争の原理を過剰に重んじている。彼らは違法組織であり、ヴェオン・レギトのクーデターを企てている。
 彼らはヴェオン・レギトの「解放」を望んでおり、奴隷階級や非人道的な実験、娯楽を排除しようとしている。ヴェオン・レギトの情報壁により、彼らのヴェオン・レギト内部の情報の持ち出しはいまだに成功していない。
 奴隷をしばしば拉致し、解放し自分たちのメンバーに加えている。また、組織メンバーがリッグナ上層部に入っている。
***他組織との関係
・リューディオンとグルインとは対立関係
・リッグナとは水面下での協力関係。

**デオル
 デオルとは[[エミュンス語]]でそのまま「軍」という意味である。現代ヴェオン・レギトではすべての人民が軍人として登録される義務を負っているが、ここで言う「デオル」はヴェオン・レギト中央軍のことではない。
 デオルはヴェオン・レギト中央軍内部の一組織で、軍事技術とヴェオン・レギト内で自組織の地位向上を目指す軍事組織である。デオルには多くのヴェオン・レギト高級軍人人民が加入している。
***他組織との関係
・リューディオンとリッグナとは軍事技術共同開発の協力関係

**リェニュト6
 リェニュト6はヴェオン・レギトに存在する秘密組織である。構成人数が他の組織に比べてかなり少ない少数精鋭組織。彼らはヴェオン・レギト乃至ジエール全体の支配を目論んでおり、[[ヴェオン・レギトの核]]を占有しており、ジエールの全情報にアクセスすることができる。
 彼らは自分たちの存在を隠しており、ヴェオン・レギト内で彼らの存在を知るものはいない。また、諜報機関[[イェーネンイェー]]を掌握しており、手先のように動かすことができる。
 詳しくは[[イェーネン・イェー]]を参照。
***他組織との関係
・上層部がデオルに侵入しており、一定の影響力がある。

*関連項目
[[ジエール帝国連邦]]
[[帝連加盟国]]

復元してよろしいですか?