「ドロワサン・ドゥ・ヴェフィサイティエ・ドロワヴェサン」の編集履歴(バックアップ)一覧に戻る
ドロワサン・ドゥ・ヴェフィサイティエ・ドロワヴェサン」を以下のとおり復元します。
#divclass(infobox){{
#divclass(countryNameJa){ドロワサン・ドゥ・ヴェフィサイティエ・ドロワヴェサン}
#divclass(countryName){Droisan de Vaifiseitie droivaisan}
#divclass(thumbbox){
#image(D7CF78BD-6914-484E-83BF-BA23C0D18816.jpg,width=270px,height=480px)
少年時代のドロワサン
}
|生年月日|phil.1980年2月21日生まれ|
|出生地|リパラオネ共和国 アルザッツァ|
|出身校|天神大学|
|称号||
|人種|リパラオネ系ヴェフィス人ケートニアー|
|配偶者||
|サイン||
}}
/////////////////////

ドロワサン・ドゥ・ヴェフィサイティエ([[ヴェフィス語]]:&bold(){Droisan de Vaifiseitie droivaisan})は政治家、軍人、運輸事故調査官、言語学者。

#divclass(indexbox){
目次
#contents()
}

*経歴
**生い立ち
産まれた家であるヴェフィサイティエ家はスキュリオーティエ叙事詩時代にはベプラリヤ藩国でアレス・レヴィア家を支えたヴェフィサイト家系であり、ドロワサンは貴族の血を引く者であったが、アルザッツァに戦火と共に逃げ込んだヴェフィサイティエの分家であったためにドロワサンとヴェフィサイティエの本家との繋がりはあまり濃くはなかったようである。

**幼少期
抜きん出て才能もなく、ただ言語に非常に興味を持っていたため、古語教師を付けてスキュリオーティエ叙事詩の敎育をさせると7歳のうちに読み切って、暗唱することも出来たという逸話が残っている。

**学童時代
12歳(phil.1992年)のころ、[[第二次ホメーンアッシオ戦争>https://www58.atwiki.jp/lineparine/pages/28.html]]の戦火から疎開するために利用した航空便の事故(リパラオネ航空45便事故)によって一人生き残り、父、母、弟全員を失う。皮肉なことにこの時代に航空機を使うということは貴族や金持ちの楽しみであったために衝撃を与えた。この事故により、広く名が知られてしまったドロワサンは親族の家に引き取られると自らを親戚の家に居候してきた人間としてアヌリア・ドゥ・ヴェフィサイティエ・アフィヌという名を名乗るようになった。
 
**大学時代
18歳で天神大学に入学し、二年間教養科目の履修と共に[[キャスカ・ファルザー・ユミリア>https://sites.google.com/site/riparaincangku/yuesureone-ren-gong-shi-jie-she-ding/li-shi/philerl/kfj]]の元で研究室での燐帝字母とアレス王朝に関する研究を続けていたもののキャスカとは馬が合わず研究室での研究は途中で中断してしまった。やることはこれではないと思ったドロワサンはトリディヤ中央大学(現ユエスレオネ中央大学)の[[アレス・ラネーメ・リパコール>https://sites.google.com/site/colang0lineparine/home/ripakoru-gyarari]]を先輩として仰ぎ、同じ研究室で最新のウェールフープ理論学とその技術について学んだ。23歳になると天神大学を卒業し、トリディヤ中央大学研究院(大学院に相当)への院試に合格。28歳までウェールフープ学の研究をアレス・ラネーメ・リパコールやアレス・ティーオブ、[[シェルケン・スカーナ>https://sites.google.com/site/riparaincangku/yuesureone-ren-gong-shi-jie-she-ding/yang-na-wen-hua/nediet-larta/xs]]などの名だたるウェールフープ学者の元で行った。

**
28歳で防衛省国土地理院

*名言

復元してよろしいですか?