「ラヴィタルチア・サープ」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

ラヴィタルチア・サープ」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 #divclass(infobox){{
 #divclass(countryNameJa){ラヴィタルチア・サープ}
 #divclass(countryName){}
 |CENTER:&br()([[国旗]])|CENTER:([[国章]])|
 |>|CENTER:国の標語:|
 |>|CENTER:国歌:|
 |>|地図的なもの|
 |公用語||
 |首都|[[]]|
 |最大の都市|[[]]|
 |政府||
-|国家元首の称号||
+|国家元首の称号|国王|
 |国家元首の名前||
 |>|面積|
 |総計||
 |水面積率|--|
-|>|人口|
+|人口|2|
 |総計||
 |人口密度||
-|建国|[[プロルド暦]]2069年|
-|国教|[[クレデリア教]]|
+|建国||
+|国教||
 |通貨||
 }}
 /////////////////////
 
 
 #divclass(indexbox){
 目次
 #contents()
 }
 
-**階級
+*遺跡群ラーグ
+ ラヴィタルチアには各地に深く巨大な縦穴がいくつも空いており、最も大きいものでは直径2.4Kmに及ぶ。
+ それぞれに人名を付けて区別しており、ラヴィタルチアではそれらすべての名称としてラーグと呼んでいる。基本的に最初に発掘された人名とわかるものからとってつけられる。
+ ラーグには旧人類文明の遺産が多数埋蔵されており「墓暴き」によってその技術や道具など文明の遺品を集めています。
+ この場所にはラヴィタルチア国籍の者しか入ることができず厳しい検問を敷いて封鎖状態にあります。
+ 現在ラーグは全てで27か所発見されており、そのどれもから有用な遺産が発見されその関連性などもラヴィタルチアの研究対象になっています。
+ ラーグはいくつもの層によって形成されていて、上層であれば古く、深層ほど古くなっていきます。これは地下のスペースが少なくなると下に新たな空洞を掘って配置したためと考えられます。
+ そして深層であればあるほど埋蔵されるものは危険性を増していき遺跡の本質は遺棄や封印といえるでしょう。しかし過去の再現を行うためには最も最新の過去でなければならず、また人類が何を生み出したのか正確に知らなければならないため「墓暴き」はそれを掘り出し持ち換えっています。
+ これら遺物によってラヴィタルチアの文明レベルは歪な発展を見せ、特定技術の異常発達などの症状を見せています。
+**アリシャ・ラーグ
+ アリシャと書かれたリボンであったためそう命名された。
+ ラーグの特徴としては生命科学、遺伝子操作や人工交配による新種の生成などが主に埋蔵されていた。
+ 2層目では周囲4つのラーグと繋がった大空洞となっており、独自の生態系を形成しているのも特徴。
+**ルキサン・ラーグ
+ ルキサンと刻まれた腐食した飾り物のコインから命名された。
+ 上層部では食糧や栄養剤、培養プラントなどの生命維持が主な物を占めるが深層部では一転し個人武装などが埋蔵されていた。
+ その中には毒素を含む物も多くあり、ラーグ全体が現在毒性のガスが充満し食糧などは全てそれに曝露されているため食用として利用はできない。
+*階級
  国民に与えられる役割を指し、それぞれが専門として従事し、与えられたランクは情報ライブラリへのアクセス権限を制限している。
  ランク5
 「王族」ラヴィタルチア・サープの代表であり不死化した王族ラフィル人コーズとアリアが該当する。
  ランク4
 「祀られ者」神話や民間伝承に登場する人外的活躍をした存在の再現を行う者。発掘された神話の真偽が不明なためなるべく再現を行う方針を採っている。
  ランク3
 「墓守」ラフィル人の死体を発掘し保存、管理して不死化を施すまで守護する役割を持つ。
+「墓暴き」ラフィル人の残した遺産をラーグから発掘する役目を持つ。比較的戦闘向き。
 「裏方」人形を指し他の役者の補佐や指示を行い全体を統制する役割を担う。
  ランク2
 「職人」一部の専門職を行い生産、改造、破壊を行い都市サイズでの再現に多くかかわる。
 「衛兵」再現に対し過度な妨害行為や障害になる存在を武力的行使によって排除するほか軍事の再現を担う。
  ランク1
 「市民」一般大衆として都市機能の再現と一定のスパンで行われる流行りや社会問題などの実行要員、国民の過半数がこの役割を担っている。
-*関連項目
-・[[クレデリアとアース連邦]]
-・[[虚体由来の道具一覧]]