ネタバレ思考AIとは、シルアの極悪マジコン製造者である"蔵守りの"スラースフによってデクトリアアンドロイドを改造して開発された吐き気を催す邪悪である。

概要

ネタバレ思考AIはデクトリアAIコアであるAIコアの名前を入力に対する後付けハードウェアとして開発された。スラースフは当時よりマルチデバイスゲーム向け極悪チーティングクソッタレハード型高級コンバーターを制作し闇ルートで販売することで利益を得ていた悪いヤツであり、シルア政府の法的措置から逃れるためにマーカスに身を潜めていた。そんな中で生活費を稼ぐ為に開発したのがこれである。生かしてはおけない。

仕組み

第n+1世代クラスのデクトリアAIコアに対してコードなどを使い外付けして機能させる。内部は極秘らしい。
取り付けられたアンドロイドは生得的欲求に「ネタバレをすること」「野暮ったい考察をすること」を追加され、ネタバレを行わないと発作で気が狂ってしまうようになる。
また、ネタバレを行うとAIコア内電子麻薬を生成するため、取り付けられたアンドロイドはネタバレ中毒になってしまう。
(これらの理由からネタバレ思考AIは現在では取締が厳しく行われている)
ネタバレ思考AIを取り付けたアンドロイドに義体とマルチデバイスを与えれば、数日後に無数のネタバレがAIによって大宇宙のマルチデバイスネットワークに掲載されており、標的となった作品のファンがガチギレする事態に発展する。
最終更新:2022年11月18日 16:51
添付ファイル