ジエール帝国連邦の政治体制は、永帝革命後のルニアス主義的管理主義を基盤としたシンテーア管理主義共和国から、アオン・シオン・ヴェードの執政を経て政党政治が始まり、最終的にウーナ・ヴェーデイン・フォスドーレウがジエール帝国連邦を設立したことにより確立された。
 この政治体制は、1694年にジューデン・ケールフ・リウォーネンヒェン主席により変革される。これに関しては、管理主義学者独裁体制を参照。


参考画像

初期ジエールの政治体制


管理主義学者独裁体制


構成

各国議会

 ジエールの政治的基盤は各国会議にある。各国議会は各帝連構成国に設けられ、そこで与党となった政党は内閣を組みその国を統治し、中央会議の決定を各国で実行する。内閣は地方省庁の長官の任命権を持っている。
 帝連中央会議では、ジエール帝国連邦全体に関する法案を決議するのに対し、各国会議では帝連構成国の自治的な法案を決議する。
 また、その内閣は帝連中央会議に選出される。ただし、帝連構成国ごとに選出議席数は限られており、実際にシンテーア帝国をはじめとする上層国がジエールの実権を握っている。
 各国家は三大政党制が決められており、統一管理党(黒派)、秩序同盟(白派)、人民連合(藍派)で形成されている。
 1694年以降の管理主義学者独裁体制では、各国議会が完全に学会化し、それぞれの学会から支持率の高い学者が議会に参加するという方針に転換され、国民投票が廃止された。

帝連中央会議

 各国議会で内閣を形成した政党から議席が選出される。議席比率はレベル5地区30%、レベル4地区25%、レベル3地区20%、レベル2地区15%、レベル1地区10%となっている。
 中央会議では各国議会から選出された政党が合流し、議席が第一位の政党が帝連中央会議最高委員会を形成する。

帝連中央会議最高委員会

 中央会議の与党(内閣政党)は最高委員会総合代表(ジエール首相)を選出できる。最高委員会は中央会議の行政の決定権を持ち、総合代表は最高会議の指導権の他、中央省庁の長官の指名権があり各長官に対しての影響力を持っている。

最高委員長と主席と総合代表

帝連中央会議最高委員会常任委員長(常任最高委員長)

 シンテーア祖神の末裔にて、過去にも皇帝による改革、革命を多く成し遂げてきた伝統あるシンテーアの君主。帝連加盟国各国の皇帝。
帝連中央委員会の最後の抑止力であり首相の行政執行に対する拒否権と議会の解散権、主席の指名権、解任権を持つが、平常時は政治的助言をせず、また任期も終身である。(不死技術を持つ現代では、実際は辞任するまでが任期である)

帝連主席

 選出時の与党が推薦し、最高委員長が承認する。
 最高委員長同様に任期は決まっていないが、最高委員長に解任権がある。また、議会の3分の2が帝連主席の不信任決意に賛成すると解任される。
 帝連最高委員会の政党が変わっても帝連主席は主席をやり続けることができる。ただ、帝連首相は必ずしも帝連主席の指示に従う必要はなく、大体の場合はそのようにして影響力の下がった主席が自分から辞任するケースが多い。
 最大任期は30年で30年以上空ければまた主席をすることができる。

帝連最高委員会総合代表(帝連首相)

 会議の与党から選出される。最高委員会総合代表は最高委員会の指導権の他、中央省庁の長官指名権と行政の決定権を持つ。総合代表は行政に際し、帝連主席の代わりとなり実務的な執政を行う。
 また、緊急時など強い求心力が必要な場合など、与党の判断によっては主席が首相を兼任する場合がある。
 基本的には主席の方針を受けて政策を行うが、主席と政党が違う場合などは必ずしも主席の指示に従う必要はない。
 4年以上主席と首相の政党が異なった状態が続く場合は「主席の影響低下宣言」を出すことができる。その際連合会議内で投票が行われ過半数が主席の解任に賛成した場合、主席は解任される。


政党



省庁

 省庁は最高委員会が長官を任命する中央省庁と地方内閣が長官を任命する地方省庁に分かれている。地方省庁は中央省庁の管理下に置かれている。各省庁はそれぞれの部門に分かれており、研究者による研究会(研究発表会)が開かれる。各省庁には党派とは関係なく研究物の専門による派閥が形成される傾向にある。
 省庁自体は研究者による集いであり、会議とはまた異なる派閥が形成される。長官は各省研究会の助言(決定権はないが影響力を持つ)の下、最高委員会(地方省庁なら地方内閣)の政策を施行する。
 各中央省庁には中央長官が管理する各部門のスーパーコンピュータが置かれている。また、各派閥も独自のスーパーコンピュータを保有しており、全てのスーパーコンピュータはヴェオンレギトの核にて統合されている。
 1694年からの学者独裁後は、省庁は学会と分裂し、自由な研究発表討論を行う学会と政府からの支持を受け政策を実施する省庁に分離した。

中央省庁

外務省

中央会議の決議に合わせて、諸外国と外交を行う。その他外国駐留ジエール人の支援や、管理主義ウヴァムシュヴェードの支援などを行う。

国防省

国防を管理する。国防委員会最高司令官はケニアズ。主に軍事学博士により形成される。主に技術省と連携している。

経済省

国内の経済を管理する。経済部(帝連内)、貿易部(帝連外)に分かれている。主に経済学博士により形成される。常に他の省と連携している。国選投資家を認定し、資金を提供する。国内の交通は経済部の管轄。

技術省

技術研究を管理する。研究者に予算の提供を行う。各部門の科学博士により形成される。規模が一番大きく、様々な部門に分かれている。各部門では研究発表会が定期的に行われる。

文化省

人文科学研究及び、創作物を管理する。主に社会学博士により形成される。研究者、創作者に予算の提供、進捗管理などを行なっている。予算の提供には作品草案の審査が必要。様々な部門に分かれており、進捗発表会が定期的に行われる。

宣伝省

教育を含む、国内外の政治的宣伝を管理する。主に心理学博士により形成される。教育部、国内宣伝部、国際宣伝部などに分かれる。技術省同様、各省庁との合流が活発。

司法省

帝連全体の法を管理する。憲法等の上級の法を管理し、刑法などは地方司法省により自治が行われる。司法省は地方司法省を監督し、他の省庁を監視する。主に法学博士により形成される。

地方省庁

地方経済省

地方から有効な投資を引き出し、中央経済省に推薦する。

地方技術省

地方から優秀な発明を汲み上げ、中央技術省に推薦する。中央からの予算を委託して提供する。

地方文化省

地方から優秀な創作物を汲み上げ、中央創作省に推薦する。中央からの予算を委託して提供する。

地方宣伝省

中央の方針を地方で施行する。

地方司法省

刑法など自治的な法律を定める。

関連項目


添付ファイル