※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「映画倫理規定」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

映画倫理規定」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

+※文殊登録済み id67318
+
 *部品構造
 
 -大部品: 映画倫理規定 RD:13 評価値:6
 --部品: 総則
 --大部品: 青少年保護 RD:6 評価値:4
 ---部品: 原則
 ---部品: 身体的成長に影響のある行為の制限
 ---部品: 犯罪行為の制限
 ---部品: 性表現の制限
 ---部品: その他不適切表現の制限
 ---部品: 未成年の労務環境保護
 --部品: 主権の尊重
 --部品: 差別への反対
 --部品: 他思想への尊重
 --部品: 法と秩序の尊重
 --部品: 犯罪行為の詳細な表現の禁止
 --部品: 許諾原則
 
 
 
 *部品定義
 
 **部品: 総則
 映画にかかわるものは、自らの表現の自由の権利を主張し、またそう主張するがゆえに、他者の権利を侵害することに対して非常なまでに慎重にならねばならず、またそのような行為を許してはいけない。
 
 
 **部品: 原則
 映画はその性質上、思想や情操に与える影響が大きくなりがちである。それ故、映画の内容に応じて視聴できる年齢を制限し、発展途上の青少年に対して悪影響を与えないようにしなければならない。
 
 
 **部品: 身体的成長に影響のある行為の制限
 喫煙、飲酒など、健全な身体的成長に害があるとされる行為が行われている映画に関しては、その視聴を制限することがある。特に、未成年の飲酒、喫煙に関しては厳しく制限する。
 
 
 **部品: 犯罪行為の制限
 犯罪行為が当然のように行われる表現のある映画に関しては、誤った常識を与えないためにその視聴を制限する。
 
 
 **部品: 性表現の制限
 過剰な性表現のある映画に関しては、その視聴を制限する。特に、十分な性知識を与えられていないものに対して目に触れられないようにしなければならない。
 
 
 **部品: その他不適切表現の制限
 未成年が真似をすると情操教育上よくないとされる表現など、社会通念上認められないものが含まれる場合、その映画の視聴を制限することがある。
 
 
 **部品: 未成年の労務環境保護
 表現上未成年者が役者となることが考えられるが、その際にはその者の成長、学習に影響が出ないように配慮すること。
 
 
 **部品: 主権の尊重
 あらゆる国の主権を尊重し、国旗や国歌など、その国を象徴するもの、またその国自身に対する扱いには慎重に期する。
 
 
 **部品: 差別への反対
 性・国家・民族・種族・出身・職業による差別的扱いをしない。表現上必要な場合でも、その必要である理由を示し、被差別的立場の者への配慮を行う必要がある。
 
 
 **部品: 他思想への尊重
 表現者と異なる思想を持つ者、団体、国家を尊重し、その尊厳を傷つけることを許さない。また、人権の著しい侵害に当たらない限り、異文化を尊重する。
 
 
 **部品: 法と秩序の尊重
 むやみに法とその執行法を否定してはならない。また平和と秩序を尊重し、それに反するテロリズムなどには与してはならない。
 
 
 **部品: 犯罪行為の詳細な表現の禁止
 違法物品の取引法など、犯罪行為の方法をつぶさに表現し、通常の生活上知り得なかった犯罪知識を簡単に真似できるようにすることを禁止する。
 
 
 **部品: 許諾原則
 音声、役者、ロケ地など、映画の中で使用される素材に関しては、その全てに関して、権利者が正常な判断を下せる状態で出された使用許諾を得ていなければならない。
 
 
 
 
 *提出書式
 
   大部品: 映画倫理規定 RD:13 評価値:6
   -部品: 総則
   -大部品: 青少年保護 RD:6 評価値:4
   --部品: 原則
   --部品: 身体的成長に影響のある行為の制限
   --部品: 犯罪行為の制限
   --部品: 性表現の制限
   --部品: その他不適切表現の制限
   --部品: 未成年の労務環境保護
   -部品: 主権の尊重
   -部品: 差別への反対
   -部品: 他思想への尊重
   -部品: 法と秩序の尊重
   -部品: 犯罪行為の詳細な表現の禁止
   -部品: 許諾原則
-
-
+  
+  
   部品: 総則
   映画にかかわるものは、自らの表現の自由の権利を主張し、またそう主張するがゆえに、他者の権利を侵害することに対して非常なまでに慎重にならねばならず、またそのような行為を許してはいけない。
-
-
+  
+  
   部品: 原則
   映画はその性質上、思想や情操に与える影響が大きくなりがちである。それ故、映画の内容に応じて視聴できる年齢を制限し、発展途上の青少年に対して悪影響を与えないようにしなければならない。
-
-
+  
+  
   部品: 身体的成長に影響のある行為の制限
   喫煙、飲酒など、健全な身体的成長に害があるとされる行為が行われている映画に関しては、その視聴を制限することがある。特に、未成年の飲酒、喫煙に関しては厳しく制限する。
-
-
+  
+  
   部品: 犯罪行為の制限
   犯罪行為が当然のように行われる表現のある映画に関しては、誤った常識を与えないためにその視聴を制限する。
-
-
+  
+  
   部品: 性表現の制限
   過剰な性表現のある映画に関しては、その視聴を制限する。特に、十分な性知識を与えられていないものに対して目に触れられないようにしなければならない。
-
-
+  
+  
   部品: その他不適切表現の制限
   未成年が真似をすると情操教育上よくないとされる表現など、社会通念上認められないものが含まれる場合、その映画の視聴を制限することがある。
-
-
+  
+  
   部品: 未成年の労務環境保護
   表現上未成年者が役者となることが考えられるが、その際にはその者の成長、学習に影響が出ないように配慮すること。
-
-
+  
+  
   部品: 主権の尊重
   あらゆる国の主権を尊重し、国旗や国歌など、その国を象徴するもの、またその国自身に対する扱いには慎重に期する。
-
-
+  
+  
   部品: 差別への反対
   性・国家・民族・種族・出身・職業による差別的扱いをしない。表現上必要な場合でも、その必要である理由を示し、被差別的立場の者への配慮を行う必要がある。
-
-
+  
+  
   部品: 他思想への尊重
   表現者と異なる思想を持つ者、団体、国家を尊重し、その尊厳を傷つけることを許さない。また、人権の著しい侵害に当たらない限り、異文化を尊重する。
-
-
+  
+  
   部品: 法と秩序の尊重
   むやみに法とその執行法を否定してはならない。また平和と秩序を尊重し、それに反するテロリズムなどには与してはならない。
-
-
+  
+  
   部品: 犯罪行為の詳細な表現の禁止
   違法物品の取引法など、犯罪行為の方法をつぶさに表現し、通常の生活上知り得なかった犯罪知識を簡単に真似できるようにすることを禁止する。
-
-
+  
+  
   部品: 許諾原則
   音声、役者、ロケ地など、映画の中で使用される素材に関しては、その全てに関して、権利者が正常な判断を下せる状態で出された使用許諾を得ていなければならない。
-
-
-
+  
+  
+  
 
 
 *インポート用定義データ
 
   [
     {
+      "id": 67318,
       "title": "映画倫理規定",
+      "description": null,
       "part_type": "group",
+      "created_at": "2017-08-24 16:14:19.379881",
+      "updated_at": "2017-08-24 16:14:19.379881",
+      "character_id": 1966,
       "children": [
         {
+          "id": 67319,
           "title": "総則",
           "description": "映画にかかわるものは、自らの表現の自由の権利を主張し、またそう主張するがゆえに、他者の権利を侵害することに対して非常なまでに慎重にならねばならず、またそのような行為を許してはいけない。\n",
-          "part_type": "part"
+          "part_type": "part",
+          "character_id": 1966,
+          "children": []
         },
         {
+          "id": 67320,
           "title": "青少年保護",
+          "description": null,
           "part_type": "group",
+          "character_id": 1966,
           "children": [
             {
+              "id": 67321,
               "title": "原則",
               "description": "映画はその性質上、思想や情操に与える影響が大きくなりがちである。それ故、映画の内容に応じて視聴できる年齢を制限し、発展途上の青少年に対して悪影響を与えないようにしなければならない。\n",
-              "part_type": "part"
+              "part_type": "part",
+              "character_id": 1966,
+              "children": []
             },
             {
+              "id": 67322,
               "title": "身体的成長に影響のある行為の制限",
               "description": "喫煙、飲酒など、健全な身体的成長に害があるとされる行為が行われている映画に関しては、その視聴を制限することがある。特に、未成年の飲酒、喫煙に関しては厳しく制限する。\n",
-              "part_type": "part"
+              "part_type": "part",
+              "character_id": 1966,
+              "children": []
             },
             {
+              "id": 67323,
               "title": "犯罪行為の制限",
               "description": "犯罪行為が当然のように行われる表現のある映画に関しては、誤った常識を与えないためにその視聴を制限する。\n",
-              "part_type": "part"
+              "part_type": "part",
+              "character_id": 1966,
+              "children": []
             },
             {
+              "id": 67324,
               "title": "性表現の制限",
               "description": "過剰な性表現のある映画に関しては、その視聴を制限する。特に、十分な性知識を与えられていないものに対して目に触れられないようにしなければならない。\n",
-              "part_type": "part"
+              "part_type": "part",
+              "character_id": 1966,
+              "children": []
             },
             {
+              "id": 67325,
               "title": "その他不適切表現の制限",
               "description": "未成年が真似をすると情操教育上よくないとされる表現など、社会通念上認められないものが含まれる場合、その映画の視聴を制限することがある。\n",
-              "part_type": "part"
+              "part_type": "part",
+              "character_id": 1966,
+              "children": []
             },
             {
+              "id": 67326,
               "title": "未成年の労務環境保護",
               "description": "表現上未成年者が役者となることが考えられるが、その際にはその者の成長、学習に影響が出ないように配慮すること。\n",
-              "part_type": "part"
+              "part_type": "part",
+              "character_id": 1966,
+              "children": []
             }
-          ],
-          "expanded": false
+          ]
         },
         {
+          "id": 67327,
           "title": "主権の尊重",
           "description": "あらゆる国の主権を尊重し、国旗や国歌など、その国を象徴するもの、またその国自身に対する扱いには慎重に期する。\n",
-          "part_type": "part"
+          "part_type": "part",
+          "character_id": 1966,
+          "children": []
         },
         {
+          "id": 67328,
           "title": "差別への反対",
           "description": "性・国家・民族・種族・出身・職業による差別的扱いをしない。表現上必要な場合でも、その必要である理由を示し、被差別的立場の者への配慮を行う必要がある。\n",
-          "part_type": "part"
+          "part_type": "part",
+          "character_id": 1966,
+          "children": []
         },
         {
+          "id": 67329,
           "title": "他思想への尊重",
           "description": "表現者と異なる思想を持つ者、団体、国家を尊重し、その尊厳を傷つけることを許さない。また、人権の著しい侵害に当たらない限り、異文化を尊重する。\n",
-          "part_type": "part"
+          "part_type": "part",
+          "character_id": 1966,
+          "children": []
         },
         {
+          "id": 67330,
           "title": "法と秩序の尊重",
           "description": "むやみに法とその執行法を否定してはならない。また平和と秩序を尊重し、それに反するテロリズムなどには与してはならない。\n",
-          "part_type": "part"
+          "part_type": "part",
+          "character_id": 1966,
+          "children": []
         },
         {
+          "id": 67331,
           "title": "犯罪行為の詳細な表現の禁止",
           "description": "違法物品の取引法など、犯罪行為の方法をつぶさに表現し、通常の生活上知り得なかった犯罪知識を簡単に真似できるようにすることを禁止する。\n",
-          "part_type": "part"
+          "part_type": "part",
+          "character_id": 1966,
+          "children": []
         },
         {
+          "id": 67332,
           "title": "許諾原則",
           "description": "音声、役者、ロケ地など、映画の中で使用される素材に関しては、その全てに関して、権利者が正常な判断を下せる状態で出された使用許諾を得ていなければならない。\n",
-          "part_type": "part"
+          "part_type": "part",
+          "character_id": 1966,
+          "children": []
         }
       ],
       "expanded": true
     }
   ]