軍馬牧場

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「軍馬牧場」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

軍馬牧場」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

+※暁の円卓にて実際に提出されたのは低サイズ版です
+[[こちら>http://daybreak.cswiki.jp/index.php?%E8%BB%8D%E9%A6%AC%E7%89%A7%E5%A0%B4]]
+----
+
 *部品構造
 
 -大部品: 軍馬牧場 RD:40 評価値:9
 --大部品: 食事 RD:4 評価値:3
 ---部品: バランスの良い食事
 ---部品: ご褒美としてのフルーツ
 ---部品: 馬糞の再利用
 ---部品: 消化にあった食事法
 --大部品: 軍馬育成態勢 RD:11 評価値:5
 ---部品: 異物のチェック
 ---部品: 馬への配慮のある警備
 ---部品: 獣医の専属化
 ---部品: 調教師の専属化
 ---部品: 二人一組での作業
 ---部品: 管理記録
 ---部品: 入念な掃除
 ---部品: 軍事機密
 ---部品: 他の馬と共に育てる
 ---部品: 特別国家公務員扱い
 ---部品: 民間への技術供与
 --大部品: 基礎訓練 RD:5 評価値:3
 ---部品: 人に慣れさせる
 ---部品: 長距離走
 ---部品: ごほうび
 ---部品: 適切な休養を取る
 ---部品: お清め
 --大部品: 軍事訓練 RD:8 評価値:5
 ---部品: 刺激に耐える
 ---部品: 強いしつけ
 ---部品: 悪路走行
 ---部品: 坂路追い
 ---部品: 選別
 ---部品: 装備訓練
 ---部品: 集団行動訓練
 ---部品: 水泳訓練
 --大部品: 出どころ RD:5 評価値:3
 ---部品: 装備品(未)
 ---部品: 馬のルーツ
 ---部品: ノウハウ
 ---部品: 馬の飼料
 ---部品: 藁
 --大部品: 基本施設 RD:3 評価値:2
 ---部品: 馬房
 ---部品: 放牧場
 ---部品: 洗い場
 --大部品: 軍事訓練施設 RD:4 評価値:3
 ---部品: 悪路想定訓練場
 ---部品: 水場
 ---部品: 坂路
 ---部品: 碑
 
 
 
 *部品定義
 
 **部品: バランスの良い食事
 目的に合わせて、栄養のバランスを考えた混合飼料を準備する。各原料を別で保存し、実際に与える際に混合することで、柔軟に変更できるようにもされている。
 
 
 **部品: ご褒美としてのフルーツ
 厳しい訓練の飴となるような、おいしいフルーツ。何かを成功したときに与えられるもので、栄養価的な価値は低いため、多量には与えないようにする。
 
 
 **部品: 馬糞の再利用
 繊維質の多い馬の排泄物を加工することで、良質な肥料を生み出すとともに、無駄にしない意識から排泄物を放置しないような意識を付ける。
 
 
 **部品: 消化にあった食事法
 消化に時間が掛かる草食動物であるため、一日の食事回数を多くすることで、大量の食事をとらせる。また、消化に悪い運動直後の食事を避ける。
 
 
 **部品: 異物のチェック
 飼料やわらなどに異物が入っていないか、しっかりチェックを行い、異物が入っていた場合には卸してきた業者に再発防止指導を入れ、不可能であると判断された場合には取引をやめる。
 
 
 **部品: 馬への配慮のある警備
 見回り警備を行う際には馬に対する影響が少なくなるように、音や光を与えないように気を付けて行う。特に馬は長くは眠らない為、光には気を付ける。
 
 
 **部品: 獣医の専属化
 馬専門の獣医としてよく研究を続け、また専属であるからこそ患者の健康面における特徴をよく知ることができる。
 
 
 **部品: 調教師の専属化
 専属として雇うことで、普段と違う訓練状況などをつぶさに見分け、体調不良や異常にいち早く気付けるようにする。
 
 
 **部品: 二人一組での作業
 ベテランと新人を組ませて作業を行わせることで、暗黙知を引き継ぐようにする。また、緊急時のバックアップの意味も持つ。
 
 
 **部品: 管理記録
 日々の馬の体調や訓練の実施状況など、あらゆることを記録につけ、ノウハウの表出化を目指す。当然、機密処理を施す。
 
 
 **部品: 入念な掃除
 繊細な馬を育てる環境を維持するうえで、清潔に保つことは重要である。特に馬房内の藁に関しては頻繁に変えるようにしている。
 
 
 **部品: 軍事機密
 敵に情報を流出しない為、必要でない情報は全て遮断される。特に、数量に関すること、ノウハウに関することについては厳しい制限が置かれる。
 
 
 **部品: 他の馬と共に育てる
 軍馬に向いていないとされた馬も共に育てることで、馬の育て方、かかわり方を学ぶ場を作るとともに、揃えられている軍馬の数を外から分かりにくくする。
 
 **部品: 特別国家公務員扱い
 従業員は国家運営に携わる人間として雇われる。その為、能力のほかに経歴や性格が大きく問われ、問題を起こさないか、スパイではないかなど、国益に反しないかどうか厳しく問われる。
 
 
 **部品: 民間への技術供与
 軍事技術としては陳腐化してしまったものに関しては、その他の情報の流出に気を付けながらも、民間に供与することで産業発展の礎にも貢献する。
 
 
 **部品: 人に慣れさせる
 産まれた時から人の助けを加えることで、馬にとって人が敵ではないことを教える。むしろ、人の助けなしでは生きられない程度に家畜化を行う。
 
 
 **部品: 長距離走
 長距離を走らせることで、スタミナの強化を図る。 また、走行中の曲り方など、基本的な走り方も同じく学ぶ、基礎的な訓練。
 
 
 **部品: ごほうび
 訓練がうまくいったときなど、褒めるためにデザートを与えるなどして褒める。実際に褒めるのも忘れない。一定期間ご褒美をもらっていない場合には、簡単な訓練でご褒美を与えるようにするが、何度も成功したことよりも初めて成功することの方が、もらえるご褒美が大きくなるようにする。
 
 
 **部品: 適切な休養を取る
 例え綺麗に咲く薔薇でも、水をやり続ければ根を腐らせて枯らしてしまう。能力を伸ばすには、時に休むことも必要である。
 
 
 **部品: お清め
 水浴びやブラッシングによって体をきれいにする。馬のストレスを軽減すると同時に、感染症などの予防を図る。
 
 
 **部品: 刺激に耐える
 血しぶきに汚れる、強い光が目に入るなど、刺激の強い戦場でもパニック状態に陥らないよう、平時からある程度慣れさせておく。
 
 
 **部品: 強いしつけ
 平準化を目指し、突出した何かを持つ気性の荒い馬よりも、扱いやすい普通の馬をより良い馬と考え、そうなるように必要ならば特長が消えるのも構わない調教を行う。
 
 
 **部品: 悪路走行
 ぬかるみになった土やでこぼこ道など、走るのに向かない状況で走らせることで、馬、および騎手に悪路を慣れさせる。
 
 
 **部品: 坂路追い
 筋力増強を目指すため、傾斜のある坂道を走らせる。故障の可能性が高いため、監視の目を強めて行うようにする。
 
 
 **部品: 選別
 軍馬に向いている体格、性格の馬を選別して調教を行うことで、効率を上げる。選ばれるのは、家畜として生まれるうちのおよそ3割ほどで、選ばれなかった馬は、軍事以外の用途、ばん馬や初期訓練用の馬、育成馬などとして育てられる。
 
 
 **部品: 装備訓練
 実際の装備を付けて、これまでと同じ訓練を行う。より荷重が増える為負担も大きくなるものの、実際問題この状態で動けなえれば意味がない。
 
 
 **部品: 集団行動訓練
 実際に隊列を組んで軍事行動を行う。馬同士の協調の訓練でもあるが、人の集団と歩みを合わせることが最大の目的である。
 
 
 **部品: 水泳訓練
 水場で馬を泳がせる訓練。心肺機能強化を図るが、基本的に馬なりにまかせる訓練で、どちらかというと足休めのために行われる。
 
 
 **部品: 装備品(未)
 軍馬に装備される備品の多くは、金属の加工品か、革製品である。金属品に関しては自国で、革製品に関しては…
 
 
 **部品: 馬のルーツ
 他国から友情の証として譲り受けたつがいの馬が始まり。その馬を大事に育て、増やすことで定着を図っていった。
 
 
 **部品: ノウハウ
 初めは軍事用としてではなく、ただ馬を安定的に増やせる環境を作成、その時代に限り国外からも講師を受け入れて学習、あるいは公費で留学を行い、しつけや出産のノウハウを吸収していった。
 
 
 **部品: 馬の飼料
 イネ科・マメ科の植物を乾燥させたもの、あるいは雑穀類を食料とする。基本的に国内で収穫されたものを利用する。
 
 
 **部品: 藁
 稲の茎を乾燥させたもの。国内で生産されたコメの、残った茎を乾燥させることで得る。よく保管して、基本的には国外には頼らないようにする。
 
 
 **部品: 馬房
 馬を休ませるための宿舎。基本的には馬ごとに仕切りが設けられるが、仔馬は母馬とともにいられるようにするなど、状況に合わせた広さが用意されている。
 
 
 **部品: 放牧場
 柵に囲まれた、馬を自由に動かすための場所。牧場の中で最も広く、訓練間の休憩時に馬を放って自由にしておく。また、集団訓練を行う場合にも凍を利用する。
 
 
 **部品: 洗い場
 馬を洗うための施設。汚水が他に流れないように配慮がされている。また、汚れが溜まりやすいため、清掃をこまめに行う。
 
 
 **部品: 悪路想定訓練場
 あえてでこぼこ道にしたり、水路から水を放てるようにするなど、想定される悪路を再現できるようになっている訓練場。
 
 
 **部品: 水場
 ある程度の深さのある池で、馬がそのまま入れるようになっている。水が汚いままにならないよう、入れ替えられるようにもなっている。
 
 
 **部品: 坂路
 傾斜のある坂道で、この上を走ることで筋力増強を図ることができる。負担をかけやすい場所なので、念入りに手入れがされている。
 
 
 **部品: 碑
 訓練中に死んでしまったもの、訓練に入ることができなかったもの、戦に出て帰ってくることがなかったもの、この牧場に関わったすべての馬の名前が刻まれている。馬が道具ではなく、生物であって、パートナーであることを思い出させる。
 
 
 
 
 *提出書式
 
   大部品: 軍馬牧場 RD:40 評価値:9
   -大部品: 食事 RD:4 評価値:3
   --部品: バランスの良い食事
   --部品: ご褒美としてのフルーツ
   --部品: 馬糞の再利用
   --部品: 消化にあった食事法
   -大部品: 軍馬育成態勢 RD:11 評価値:5
   --部品: 異物のチェック
   --部品: 馬への配慮のある警備
   --部品: 獣医の専属化
   --部品: 調教師の専属化
   --部品: 二人一組での作業
   --部品: 管理記録
   --部品: 入念な掃除
   --部品: 軍事機密
   --部品: 他の馬と共に育てる
   --部品: 特別国家公務員扱い
   --部品: 民間への技術供与
   -大部品: 基礎訓練 RD:5 評価値:3
   --部品: 人に慣れさせる
   --部品: 長距離走
   --部品: ごほうび
   --部品: 適切な休養を取る
   --部品: お清め
   -大部品: 軍事訓練 RD:8 評価値:5
   --部品: 刺激に耐える
   --部品: 強いしつけ
   --部品: 悪路走行
   --部品: 坂路追い
   --部品: 選別
   --部品: 装備訓練
   --部品: 集団行動訓練
   --部品: 水泳訓練
   -大部品: 出どころ RD:5 評価値:3
   --部品: 装備品(未)
   --部品: 馬のルーツ
   --部品: ノウハウ
   --部品: 馬の飼料
   --部品: 藁
   -大部品: 基本施設 RD:3 評価値:2
   --部品: 馬房
   --部品: 放牧場
   --部品: 洗い場
   -大部品: 軍事訓練施設 RD:4 評価値:3
   --部品: 悪路想定訓練場
   --部品: 水場
   --部品: 坂路
   --部品: 碑
 
 
   部品: バランスの良い食事
   目的に合わせて、栄養のバランスを考えた混合飼料を準備する。各原料を別で保存し、実際に与える際に混合することで、柔軟に変更できるようにもされている。
 
 
   部品: ご褒美としてのフルーツ
   厳しい訓練の飴となるような、おいしいフルーツ。何かを成功したときに与えられるもので、栄養価的な価値は低いため、多量には与えないようにする。
 
 
   部品: 馬糞の再利用
   繊維質の多い馬の排泄物を加工することで、良質な肥料を生み出すとともに、無駄にしない意識から排泄物を放置しないような意識を付ける。
 
 
   部品: 消化にあった食事法
   消化に時間が掛かる草食動物であるため、一日の食事回数を多くすることで、大量の食事をとらせる。また、消化に悪い運動直後の食事を避ける。
 
 
   部品: 異物のチェック
   飼料やわらなどに異物が入っていないか、しっかりチェックを行い、異物が入っていた場合には卸してきた業者に再発防止指導を入れ、不可能であると判断された場合には取引をやめる。
 
 
   部品: 馬への配慮のある警備
   見回り警備を行う際には馬に対する影響が少なくなるように、音や光を与えないように気を付けて行う。特に馬は長くは眠らない為、光には気を付ける。
 
 
   部品: 獣医の専属化
   馬専門の獣医としてよく研究を続け、また専属であるからこそ患者の健康面における特徴をよく知ることができる。
 
 
   部品: 調教師の専属化
   専属として雇うことで、普段と違う訓練状況などをつぶさに見分け、体調不良や異常にいち早く気付けるようにする。
 
 
   部品: 二人一組での作業
   ベテランと新人を組ませて作業を行わせることで、暗黙知を引き継ぐようにする。また、緊急時のバックアップの意味も持つ。
 
 
   部品: 管理記録
   日々の馬の体調や訓練の実施状況など、あらゆることを記録につけ、ノウハウの表出化を目指す。当然、機密処理を施す。
 
 
   部品: 入念な掃除
   繊細な馬を育てる環境を維持するうえで、清潔に保つことは重要である。特に馬房内の藁に関しては頻繁に変えるようにしている。
 
 
   部品: 軍事機密
   敵に情報を流出しない為、必要でない情報は全て遮断される。特に、数量に関すること、ノウハウに関することについては厳しい制限が置かれる。
 
 
   部品: 他の馬と共に育てる
   軍馬に向いていないとされた馬も共に育てることで、馬の育て方、かかわり方を学ぶ場を作るとともに、揃えられている軍馬の数を外から分かりにくくする。
 
   部品: 特別国家公務員扱い
   従業員は国家運営に携わる人間として雇われる。その為、能力のほかに経歴や性格が大きく問われ、問題を起こさないか、スパイではないかなど、国益に反しないかどうか厳しく問われる。
 
 
   部品: 民間への技術供与
   軍事技術としては陳腐化してしまったものに関しては、その他の情報の流出に気を付けながらも、民間に供与することで産業発展の礎にも貢献する。
 
 
   部品: 人に慣れさせる
   産まれた時から人の助けを加えることで、馬にとって人が敵ではないことを教える。むしろ、人の助けなしでは生きられない程度に家畜化を行う。
 
 
   部品: 長距離走
   長距離を走らせることで、スタミナの強化を図る。 また、走行中の曲り方など、基本的な走り方も同じく学ぶ、基礎的な訓練。
 
 
   部品: ごほうび
   訓練がうまくいったときなど、褒めるためにデザートを与えるなどして褒める。実際に褒めるのも忘れない。一定期間ご褒美をもらっていない場合には、簡単な訓練でご褒美を与えるようにするが、何度も成功したことよりも初めて成功することの方が、もらえるご褒美が大きくなるようにする。
 
 
   部品: 適切な休養を取る
   例え綺麗に咲く薔薇でも、水をやり続ければ根を腐らせて枯らしてしまう。能力を伸ばすには、時に休むことも必要である。
 
 
   部品: お清め
   水浴びやブラッシングによって体をきれいにする。馬のストレスを軽減すると同時に、感染症などの予防を図る。
 
 
   部品: 刺激に耐える
   血しぶきに汚れる、強い光が目に入るなど、刺激の強い戦場でもパニック状態に陥らないよう、平時からある程度慣れさせておく。
 
 
   部品: 強いしつけ
   平準化を目指し、突出した何かを持つ気性の荒い馬よりも、扱いやすい普通の馬をより良い馬と考え、そうなるように必要ならば特長が消えるのも構わない調教を行う。
 
 
   部品: 悪路走行
   ぬかるみになった土やでこぼこ道など、走るのに向かない状況で走らせることで、馬、および騎手に悪路を慣れさせる。
 
 
   部品: 坂路追い
   筋力増強を目指すため、傾斜のある坂道を走らせる。故障の可能性が高いため、監視の目を強めて行うようにする。
 
 
   部品: 選別
   軍馬に向いている体格、性格の馬を選別して調教を行うことで、効率を上げる。選ばれるのは、家畜として生まれるうちのおよそ3割ほどで、選ばれなかった馬は、軍事以外の用途、ばん馬や初期訓練用の馬、育成馬などとして育てられる。
 
 
   部品: 装備訓練
   実際の装備を付けて、これまでと同じ訓練を行う。より荷重が増える為負担も大きくなるものの、実際問題この状態で動けなえれば意味がない。
 
 
   部品: 集団行動訓練
   実際に隊列を組んで軍事行動を行う。馬同士の協調の訓練でもあるが、人の集団と歩みを合わせることが最大の目的である。
 
 
   部品: 水泳訓練
   水場で馬を泳がせる訓練。心肺機能強化を図るが、基本的に馬なりにまかせる訓練で、どちらかというと足休めのために行われる。
 
 
   部品: 装備品(未)
   軍馬に装備される備品の多くは、金属の加工品か、革製品である。金属品に関しては自国で、革製品に関しては…
 
 
   部品: 馬のルーツ
   他国から友情の証として譲り受けたつがいの馬が始まり。その馬を大事に育て、増やすことで定着を図っていった。
 
 
   部品: ノウハウ
   初めは軍事用としてではなく、ただ馬を安定的に増やせる環境を作成、その時代に限り国外からも講師を受け入れて学習、あるいは公費で留学を行い、しつけや出産のノウハウを吸収していった。
 
 
   部品: 馬の飼料
   イネ科・マメ科の植物を乾燥させたもの、あるいは雑穀類を食料とする。基本的に国内で収穫されたものを利用する。
 
 
   部品: 藁
   稲の茎を乾燥させたもの。国内で生産されたコメの、残った茎を乾燥させることで得る。よく保管して、基本的には国外には頼らないようにする。
 
 
   部品: 馬房
   馬を休ませるための宿舎。基本的には馬ごとに仕切りが設けられるが、仔馬は母馬とともにいられるようにするなど、状況に合わせた広さが用意されている。
 
 
   部品: 放牧場
   柵に囲まれた、馬を自由に動かすための場所。牧場の中で最も広く、訓練間の休憩時に馬を放って自由にしておく。また、集団訓練を行う場合にも凍を利用する。
 
 
   部品: 洗い場
   馬を洗うための施設。汚水が他に流れないように配慮がされている。また、汚れが溜まりやすいため、清掃をこまめに行う。
 
 
   部品: 悪路想定訓練場
   あえてでこぼこ道にしたり、水路から水を放てるようにするなど、想定される悪路を再現できるようになっている訓練場。
 
 
   部品: 水場
   ある程度の深さのある池で、馬がそのまま入れるようになっている。水が汚いままにならないよう、入れ替えられるようにもなっている。
 
 
   部品: 坂路
   傾斜のある坂道で、この上を走ることで筋力増強を図ることができる。負担をかけやすい場所なので、念入りに手入れがされている。
 
 
   部品: 碑
   訓練中に死んでしまったもの、訓練に入ることができなかったもの、戦に出て帰ってくることがなかったもの、この牧場に関わったすべての馬の名前が刻まれている。馬が道具ではなく、生物であって、パートナーであることを思い出させる。
 
 
 
 
 
 *インポート用定義データ
 
   [
     {
       "title": "軍馬牧場",
       "children": [
         {
           "title": "食事",
           "children": [
             {
               "title": "バランスの良い食事",
               "description": "目的に合わせて、栄養のバランスを考えた混合飼料を準備する。各原料を別で保存し、実際に与える際に混合することで、柔軟に変更できるようにもされている。\n",
               "part_type": "part"
             },
             {
               "title": "ご褒美としてのフルーツ",
               "description": "厳しい訓練の飴となるような、おいしいフルーツ。何かを成功したときに与えられるもので、栄養価的な価値は低いため、多量には与えないようにする。\n",
               "part_type": "part"
             },
             {
               "title": "馬糞の再利用",
               "description": "繊維質の多い馬の排泄物を加工することで、良質な肥料を生み出すとともに、無駄にしない意識から排泄物を放置しないような意識を付ける。\n",
               "part_type": "part"
             },
             {
               "title": "消化にあった食事法",
               "description": "消化に時間が掛かる草食動物であるため、一日の食事回数を多くすることで、大量の食事をとらせる。また、消化に悪い運動直後の食事を避ける。\n",
               "part_type": "part"
             }
           ],
           "expanded": false,
           "part_type": "group"
         },
         {
           "title": "軍馬育成態勢",
           "children": [
             {
               "title": "異物のチェック",
               "description": "飼料やわらなどに異物が入っていないか、しっかりチェックを行い、異物が入っていた場合には卸してきた業者に再発防止指導を入れ、不可能であると判断された場合には取引をやめる。\n",
               "expanded": true,
               "part_type": "part"
             },
             {
               "title": "馬への配慮のある警備",
               "description": "見回り警備を行う際には馬に対する影響が少なくなるように、音や光を与えないように気を付けて行う。特に馬は長くは眠らない為、光には気を付ける。\n",
               "part_type": "part"
             },
             {
               "title": "獣医の専属化",
               "description": "馬専門の獣医としてよく研究を続け、また専属であるからこそ患者の健康面における特徴をよく知ることができる。\n",
               "part_type": "part"
             },
             {
               "title": "調教師の専属化",
               "description": "専属として雇うことで、普段と違う訓練状況などをつぶさに見分け、体調不良や異常にいち早く気付けるようにする。\n",
               "part_type": "part"
             },
             {
               "title": "二人一組での作業",
               "description": "ベテランと新人を組ませて作業を行わせることで、暗黙知を引き継ぐようにする。また、緊急時のバックアップの意味も持つ。\n",
               "part_type": "part"
             },
             {
               "title": "管理記録",
               "description": "日々の馬の体調や訓練の実施状況など、あらゆることを記録につけ、ノウハウの表出化を目指す。当然、機密処理を施す。\n",
               "part_type": "part"
             },
             {
               "title": "入念な掃除",
               "description": "繊細な馬を育てる環境を維持するうえで、清潔に保つことは重要である。特に馬房内の藁に関しては頻繁に変えるようにしている。\n",
               "part_type": "part"
             },
             {
               "title": "軍事機密",
               "description": "敵に情報を流出しない為、必要でない情報は全て遮断される。特に、数量に関すること、ノウハウに関することについては厳しい制限が置かれる。\n",
               "part_type": "part"
             },
             {
               "title": "他の馬と共に育てる",
               "description": "軍馬に向いていないとされた馬も共に育てることで、馬の育て方、かかわり方を学ぶ場を作るとともに、揃えられている軍馬の数を外から分かりにくくする。",
               "part_type": "part"
             },
             {
               "title": "特別国家公務員扱い",
               "description": "従業員は国家運営に携わる人間として雇われる。その為、能力のほかに経歴や性格が大きく問われ、問題を起こさないか、スパイではないかなど、国益に反しないかどうか厳しく問われる。\n",
               "part_type": "part"
             },
             {
               "title": "民間への技術供与",
               "description": "軍事技術としては陳腐化してしまったものに関しては、その他の情報の流出に気を付けながらも、民間に供与することで産業発展の礎にも貢献する。\n",
               "part_type": "part"
             }
           ],
           "expanded": false,
           "part_type": "group"
         },
         {
           "title": "基礎訓練",
           "children": [
             {
               "title": "人に慣れさせる",
               "description": "産まれた時から人の助けを加えることで、馬にとって人が敵ではないことを教える。むしろ、人の助けなしでは生きられない程度に家畜化を行う。\n",
               "part_type": "part"
             },
             {
               "title": "長距離走",
               "description": "長距離を走らせることで、スタミナの強化を図る。 また、走行中の曲り方など、基本的な走り方も同じく学ぶ、基礎的な訓練。\n",
               "part_type": "part"
             },
             {
               "title": "ごほうび",
               "description": "訓練がうまくいったときなど、褒めるためにデザートを与えるなどして褒める。実際に褒めるのも忘れない。一定期間ご褒美をもらっていない場合には、簡単な訓練でご褒美を与えるようにするが、何度も成功したことよりも初めて成功することの方が、もらえるご褒美が大きくなるようにする。\n",
               "part_type": "part"
             },
             {
               "title": "適切な休養を取る",
               "description": "例え綺麗に咲く薔薇でも、水をやり続ければ根を腐らせて枯らしてしまう。能力を伸ばすには、時に休むことも必要である。\n",
               "part_type": "part"
             },
             {
               "title": "お清め",
               "description": "水浴びやブラッシングによって体をきれいにする。馬のストレスを軽減すると同時に、感染症などの予防を図る。\n",
               "part_type": "part"
             }
           ],
           "expanded": false,
           "part_type": "group"
         },
         {
           "title": "軍事訓練",
           "children": [
             {
               "title": "刺激に耐える",
               "description": "血しぶきに汚れる、強い光が目に入るなど、刺激の強い戦場でもパニック状態に陥らないよう、平時からある程度慣れさせておく。\n",
               "part_type": "part"
             },
             {
               "title": "強いしつけ",
               "description": "平準化を目指し、突出した何かを持つ気性の荒い馬よりも、扱いやすい普通の馬をより良い馬と考え、そうなるように必要ならば特長が消えるのも構わない調教を行う。\n",
               "part_type": "part"
             },
             {
               "title": "悪路走行",
               "description": "ぬかるみになった土やでこぼこ道など、走るのに向かない状況で走らせることで、馬、および騎手に悪路を慣れさせる。\n",
               "part_type": "part"
             },
             {
               "title": "坂路追い",
               "description": "筋力増強を目指すため、傾斜のある坂道を走らせる。故障の可能性が高いため、監視の目を強めて行うようにする。\n",
               "part_type": "part"
             },
             {
               "title": "選別",
               "description": "軍馬に向いている体格、性格の馬を選別して調教を行うことで、効率を上げる。選ばれるのは、家畜として生まれるうちのおよそ3割ほどで、選ばれなかった馬は、軍事以外の用途、ばん馬や初期訓練用の馬、育成馬などとして育てられる。\n",
               "part_type": "part"
             },
             {
               "title": "装備訓練",
               "description": "実際の装備を付けて、これまでと同じ訓練を行う。より荷重が増える為負担も大きくなるものの、実際問題この状態で動けなえれば意味がない。\n",
               "part_type": "part"
             },
             {
               "title": "集団行動訓練",
               "description": "実際に隊列を組んで軍事行動を行う。馬同士の協調の訓練でもあるが、人の集団と歩みを合わせることが最大の目的である。\n",
               "part_type": "part"
             },
             {
               "title": "水泳訓練",
               "description": "水場で馬を泳がせる訓練。心肺機能強化を図るが、基本的に馬なりにまかせる訓練で、どちらかというと足休めのために行われる。\n",
               "part_type": "part"
             }
           ],
           "expanded": false,
           "part_type": "group"
         },
         {
           "title": "出どころ",
           "children": [
             {
               "title": "装備品(未)",
               "description": "軍馬に装備される備品の多くは、金属の加工品か、革製品である。金属品に関しては自国で、革製品に関しては…\n",
               "part_type": "part"
             },
             {
               "title": "馬のルーツ",
               "description": "他国から友情の証として譲り受けたつがいの馬が始まり。その馬を大事に育て、増やすことで定着を図っていった。\n",
               "part_type": "part"
             },
             {
               "title": "ノウハウ",
               "description": "初めは軍事用としてではなく、ただ馬を安定的に増やせる環境を作成、その時代に限り国外からも講師を受け入れて学習、あるいは公費で留学を行い、しつけや出産のノウハウを吸収していった。\n",
               "part_type": "part"
             },
             {
               "title": "馬の飼料",
               "description": "イネ科・マメ科の植物を乾燥させたもの、あるいは雑穀類を食料とする。基本的に国内で収穫されたものを利用する。\n",
               "part_type": "part"
             },
             {
               "title": "藁",
               "description": "稲の茎を乾燥させたもの。国内で生産されたコメの、残った茎を乾燥させることで得る。よく保管して、基本的には国外には頼らないようにする。\n",
               "part_type": "part"
             }
           ],
           "expanded": false,
           "part_type": "group"
         },
         {
           "title": "基本施設",
           "children": [
             {
               "title": "馬房",
               "description": "馬を休ませるための宿舎。基本的には馬ごとに仕切りが設けられるが、仔馬は母馬とともにいられるようにするなど、状況に合わせた広さが用意されている。\n",
               "part_type": "part"
             },
             {
               "title": "放牧場",
               "description": "柵に囲まれた、馬を自由に動かすための場所。牧場の中で最も広く、訓練間の休憩時に馬を放って自由にしておく。また、集団訓練を行う場合にも凍を利用する。\n",
               "part_type": "part"
             },
             {
               "title": "洗い場",
               "description": "馬を洗うための施設。汚水が他に流れないように配慮がされている。また、汚れが溜まりやすいため、清掃をこまめに行う。\n",
               "part_type": "part",
               "expanded": true
             }
           ],
           "expanded": false,
           "part_type": "group"
         },
         {
           "title": "軍事訓練施設",
           "part_type": "group",
           "children": [
             {
               "title": "悪路想定訓練場",
               "description": "あえてでこぼこ道にしたり、水路から水を放てるようにするなど、想定される悪路を再現できるようになっている訓練場。\n",
               "part_type": "part"
             },
             {
               "title": "水場",
               "description": "ある程度の深さのある池で、馬がそのまま入れるようになっている。水が汚いままにならないよう、入れ替えられるようにもなっている。\n",
               "part_type": "part"
             },
             {
               "title": "坂路",
               "description": "傾斜のある坂道で、この上を走ることで筋力増強を図ることができる。負担をかけやすい場所なので、念入りに手入れがされている。\n",
               "part_type": "part"
             },
             {
               "title": "碑",
               "description": "訓練中に死んでしまったもの、訓練に入ることができなかったもの、戦に出て帰ってくることがなかったもの、この牧場に関わったすべての馬の名前が刻まれている。馬が道具ではなく、生物であって、パートナーであることを思い出させる。\n",
               "part_type": "part"
             }
           ],
           "expanded": false
         }
       ],
       "expanded": true,
       "part_type": "group"
     }
   ]