肥料工場

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「肥料工場」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

肥料工場」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 *部品構造
 
 -大部品: 肥料工場 RD:12 評価値:6
 --部品: 原材料の仕入れ
 --部品: 草木の利用
 --部品: 草食獣のフンの利用
 --部品: 肥料の卸し
 --部品: 肥料の研究
 --部品: 卸先からのフィードバック
 --部品: 土壌生物による土壌改善
 --部品: 副次効果
 --部品: 仕事の広報
 --部品: 福利厚生
 --大部品: 施設 RD:2 評価値:1
 ---部品: 研究用隔離畑
 ---部品: 発酵場
 
 
 
 *部品定義
 
 **部品: 原材料の仕入れ
 捨てる草や草食獣のフンなどは、様々なところから買い取る。仕入先自体は拘らないが、混ざり物がないかはよくチェックする。
 
 
 **部品: 草木の利用
 要らなくなった藁や実を取り終えた後の茎、かき集められた落ち葉などの草木を燃やして灰化させ、肥料とする。水溶性のカリウムが多く即効性があるが、土壌のアルカリ化に注意する必要がある。
 
 
 **部品: 草食獣のフンの利用
 草食獣のフンに藁などの草木を混ぜ、発酵させることで肥料とする。繊維質の多い糞のため、栄養を与えられるほかにも、土壌の改善も見込める。
 
 
 **部品: 肥料の卸し
 完成した肥料を畑に卸す。基本的にはお得意先に卸す物で、その土地に合った肥料を卸せるようになるべく長期的な関係を築くための努力を惜しまない。
 
 
 **部品: 肥料の研究
 より効果的な肥料とするための研究を欠かさない。具体的には研究畑で、作物の取れ高と肥料配合の関係をデータに取るなど、分類とデータ蓄積を行う。
 
 
 **部品: 卸先からのフィードバック
 肥料を卸している畑からその年の収穫量などの話を聞き、肥料研究に生かすとともに、翌年に向けたアドバイスを行うことで、関係を切れないようにする。
 
 
 **部品: 土壌生物による土壌改善
 ミミズやモグラなど、土の中に住んで土をやわらかくしてくれる生物を飼い、より水はけのよい土を卸せるようにする。
 
 
 **部品: 副次効果
 肥料の原材料となるモノは基本的にゴミとされるモノばかりである。それらを売り物にできるという点が、街の美化に繋がっている。
 
 
 **部品: 仕事の広報
 ゴミのようなものを扱っているがゆえに、偏見の目で見られることが多い。その為、自ら自分の仕事がいかに社会の役に立っているのかを広報する努力を惜しまない。
 
 
 **部品: 福利厚生
 工場内の独特の臭気から、体調不良などによる突然の欠勤には寛容なところがあり、その対応の為に非常勤的な立ち位置で契約している人も多い。
 
 **部品: 研究用隔離畑
 肥料の研究のために作られたごく小さい畑。外の土と混ぜない為に、専用の靴に履き替えるなどしなければならない。
 
 
 **部品: 発酵場
 草食獣のフンを発酵させる際に独特の匂いが出てしまうため、その対策として閉鎖的な施設で行い、換気先に注意する。また、似た匂いを持つ牧場の近くで発酵させるようなことが多い。
 
 
 
 
 *提出書式
 
   大部品: 肥料工場 RD:12 評価値:6
   -部品: 原材料の仕入れ
   -部品: 草木の利用
   -部品: 草食獣のフンの利用
   -部品: 肥料の卸し
   -部品: 肥料の研究
   -部品: 卸先からのフィードバック
   -部品: 土壌生物による土壌改善
   -部品: 副次効果
   -部品: 仕事の広報
   -部品: 福利厚生
   -大部品: 施設 RD:2 評価値:1
   --部品: 研究用隔離畑
   --部品: 発酵場
 
 
   部品: 原材料の仕入れ
   捨てる草や草食獣のフンなどは、様々なところから買い取る。仕入先自体は拘らないが、混ざり物がないかはよくチェックする。
 
 
   部品: 草木の利用
   要らなくなった藁や実を取り終えた後の茎、かき集められた落ち葉などの草木を燃やして灰化させ、肥料とする。水溶性のカリウムが多く即効性があるが、土壌のアルカリ化に注意する必要がある。
 
 
   部品: 草食獣のフンの利用
   草食獣のフンに藁などの草木を混ぜ、発酵させることで肥料とする。繊維質の多い糞のため、栄養を与えられるほかにも、土壌の改善も見込める。
 
 
   部品: 肥料の卸し
   完成した肥料を畑に卸す。基本的にはお得意先に卸す物で、その土地に合った肥料を卸せるようになるべく長期的な関係を築くための努力を惜しまない。
 
 
   部品: 肥料の研究
   より効果的な肥料とするための研究を欠かさない。具体的には研究畑で、作物の取れ高と肥料配合の関係をデータに取るなど、分類とデータ蓄積を行う。
 
 
   部品: 卸先からのフィードバック
   肥料を卸している畑からその年の収穫量などの話を聞き、肥料研究に生かすとともに、翌年に向けたアドバイスを行うことで、関係を切れないようにする。
 
 
   部品: 土壌生物による土壌改善
   ミミズやモグラなど、土の中に住んで土をやわらかくしてくれる生物を飼い、より水はけのよい土を卸せるようにする。
 
 
   部品: 副次効果
   肥料の原材料となるモノは基本的にゴミとされるモノばかりである。それらを売り物にできるという点が、街の美化に繋がっている。
 
 
   部品: 仕事の広報
   ゴミのようなものを扱っているがゆえに、偏見の目で見られることが多い。その為、自ら自分の仕事がいかに社会の役に立っているのかを広報する努力を惜しまない。
 
 
   部品: 福利厚生
   工場内の独特の臭気から、体調不良などによる突然の欠勤には寛容なところがあり、その対応の為に非常勤的な立ち位置で契約している人も多い。
 
   部品: 研究用隔離畑
   肥料の研究のために作られたごく小さい畑。外の土と混ぜない為に、専用の靴に履き替えるなどしなければならない。
 
 
   部品: 発酵場
   草食獣のフンを発酵させる際に独特の匂いが出てしまうため、その対策として閉鎖的な施設で行い、換気先に注意する。また、似た匂いを持つ牧場の近くで発酵させるようなことが多い。
 
 
 
 
 
 *インポート用定義データ
 
   [
     {
       "title": "肥料工場",
       "part_type": "group",
       "children": [
         {
           "title": "原材料の仕入れ",
           "description": "捨てる草や草食獣のフンなどは、様々なところから買い取る。仕入先自体は拘らないが、混ざり物がないかはよくチェックする。\n",
           "part_type": "part"
         },
         {
           "title": "草木の利用",
           "description": "要らなくなった藁や実を取り終えた後の茎、かき集められた落ち葉などの草木を燃やして灰化させ、肥料とする。水溶性のカリウムが多く即効性があるが、土壌のアルカリ化に注意する必要がある。\n",
           "part_type": "part"
         },
         {
           "title": "草食獣のフンの利用",
           "description": "草食獣のフンに藁などの草木を混ぜ、発酵させることで肥料とする。繊維質の多い糞のため、栄養を与えられるほかにも、土壌の改善も見込める。\n",
           "part_type": "part"
         },
         {
           "title": "肥料の卸し",
           "description": "完成した肥料を畑に卸す。基本的にはお得意先に卸す物で、その土地に合った肥料を卸せるようになるべく長期的な関係を築くための努力を惜しまない。\n",
           "part_type": "part"
         },
         {
           "title": "肥料の研究",
           "description": "より効果的な肥料とするための研究を欠かさない。具体的には研究畑で、作物の取れ高と肥料配合の関係をデータに取るなど、分類とデータ蓄積を行う。\n",
           "part_type": "part"
         },
         {
           "title": "卸先からのフィードバック",
           "description": "肥料を卸している畑からその年の収穫量などの話を聞き、肥料研究に生かすとともに、翌年に向けたアドバイスを行うことで、関係を切れないようにする。\n",
           "part_type": "part"
         },
         {
           "title": "土壌生物による土壌改善",
           "description": "ミミズやモグラなど、土の中に住んで土をやわらかくしてくれる生物を飼い、より水はけのよい土を卸せるようにする。\n",
           "part_type": "part",
           "expanded": true
         },
         {
           "title": "副次効果",
           "description": "肥料の原材料となるモノは基本的にゴミとされるモノばかりである。それらを売り物にできるという点が、街の美化に繋がっている。\n",
           "part_type": "part",
           "expanded": true
         },
         {
           "title": "仕事の広報",
           "description": "ゴミのようなものを扱っているがゆえに、偏見の目で見られることが多い。その為、自ら自分の仕事がいかに社会の役に立っているのかを広報する努力を惜しまない。\n",
           "part_type": "part",
           "expanded": true
         },
         {
           "title": "福利厚生",
           "description": "工場内の独特の臭気から、体調不良などによる突然の欠勤には寛容なところがあり、その対応の為に非常勤的な立ち位置で契約している人も多い。",
           "part_type": "part"
         },
         {
           "title": "施設",
           "part_type": "group",
           "children": [
             {
               "title": "研究用隔離畑",
               "description": "肥料の研究のために作られたごく小さい畑。外の土と混ぜない為に、専用の靴に履き替えるなどしなければならない。\n",
               "part_type": "part",
               "expanded": true
             },
             {
               "title": "発酵場",
               "description": "草食獣のフンを発酵させる際に独特の匂いが出てしまうため、その対策として閉鎖的な施設で行い、換気先に注意する。また、似た匂いを持つ牧場の近くで発酵させるようなことが多い。\n",
               "part_type": "part",
               "expanded": true
             }
           ],
           "expanded": false
         }
       ],
       "expanded": true
     }
   ]
+
+&anchor(teaset){werb}
+&tags()