土地勘

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「土地勘」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

土地勘」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

+*部品構造
 
+-大部品: 暁藩都の土地勘 RD:7 評価値:4
+--大部品: 土地勘 RD:6 評価値:4
+---部品: その土地によく来る
+---部品: 道案内ができる
+---部品: 土地勘は一日にしてならず
+---部品: 路地を知る
+---部品: 用途に応じた道を選べる
+---部品: 先回りができる
+--部品: 藩都での火子活動
+
+
+
+*部品定義
+
+**部品: その土地によく来る
+その土地によく来るため、どこに何があるかや、ともすると地元の人間くらいしか知らないような道でさえも知っているほどに慣れている。
+
+**部品: 道案内ができる
+その土地にあるものに行きたい人がいた時に、どこを目印に曲がればいいかなどがすぐに思いついて教えてあげることができる。
+
+**部品: 土地勘は一日にしてならず
+土地勘ができるようになるためには、高々数日その土地にいる程度ではなかなか難しい。普通は一年ほど散歩などで積極的に街並みを歩くことで、ゆっくりと出来上がるものである。
+
+**部品: 路地を知る
+たまの気まぐれや、地元の人に教えてもらうなどして、大通り以外の路地などの構造も頭に入っている。近道したい時に便利。
+
+**部品: 用途に応じた道を選べる
+車に乗っているのに狭い道を案内するなどがないように、その時その時に適した道を選ぶことができる。最短距離ではなく最短時間のルートを思い浮かべられるのである。
+
+**部品: 先回りができる
+その土地に慣れていないものが相手であれば、路地や動きやすい道を選ぶことで、ある程度は先回りをすることができるかもしれない。
+
+**部品: 藩都での火子活動
+藩都で火子として活動することによって、よく街並みを歩くことになった。その為、藩都周辺の土地であればまるで自分の庭のようによく知っている。
+
+
+
+*提出書式
+
+  大部品: 暁藩都の土地勘 RD:7 評価値:4
+  -大部品: 土地勘 RD:6 評価値:4
+  --部品: その土地によく来る
+  --部品: 道案内ができる
+  --部品: 土地勘は一日にしてならず
+  --部品: 路地を知る
+  --部品: 用途に応じた道を選べる
+  --部品: 先回りができる
+  -部品: 藩都での火子活動
+  
+  
+  部品: その土地によく来る
+  その土地によく来るため、どこに何があるかや、ともすると地元の人間くらいしか知らないような道でさえも知っているほどに慣れている。
+  
+  部品: 道案内ができる
+  その土地にあるものに行きたい人がいた時に、どこを目印に曲がればいいかなどがすぐに思いついて教えてあげることができる。
+  
+  部品: 土地勘は一日にしてならず
+  土地勘ができるようになるためには、高々数日その土地にいる程度ではなかなか難しい。普通は一年ほど散歩などで積極的に街並みを歩くことで、ゆっくりと出来上がるものである。
+  
+  部品: 路地を知る
+  たまの気まぐれや、地元の人に教えてもらうなどして、大通り以外の路地などの構造も頭に入っている。近道したい時に便利。
+  
+  部品: 用途に応じた道を選べる
+  車に乗っているのに狭い道を案内するなどがないように、その時その時に適した道を選ぶことができる。最短距離ではなく最短時間のルートを思い浮かべられるのである。
+  
+  部品: 先回りができる
+  その土地に慣れていないものが相手であれば、路地や動きやすい道を選ぶことで、ある程度は先回りをすることができるかもしれない。
+  
+  部品: 藩都での火子活動
+  藩都で火子として活動することによって、よく街並みを歩くことになった。その為、藩都周辺の土地であればまるで自分の庭のようによく知っている。
+  
+  
+
+
+*インポート用定義データ
+
+  [
+    {
+      "title": "暁藩都の土地勘",
+      "part_type": "group",
+      "children": [
+        {
+          "title": "土地勘",
+          "part_type": "group",
+          "children": [
+            {
+              "title": "その土地によく来る",
+              "description": "その土地によく来るため、どこに何があるかや、ともすると地元の人間くらいしか知らないような道でさえも知っているほどに慣れている。",
+              "part_type": "part"
+            },
+            {
+              "title": "道案内ができる",
+              "description": "その土地にあるものに行きたい人がいた時に、どこを目印に曲がればいいかなどがすぐに思いついて教えてあげることができる。",
+              "part_type": "part",
+              "expanded": true
+            },
+            {
+              "title": "土地勘は一日にしてならず",
+              "description": "土地勘ができるようになるためには、高々数日その土地にいる程度ではなかなか難しい。普通は一年ほど散歩などで積極的に街並みを歩くことで、ゆっくりと出来上がるものである。",
+              "part_type": "part"
+            },
+            {
+              "title": "路地を知る",
+              "description": "たまの気まぐれや、地元の人に教えてもらうなどして、大通り以外の路地などの構造も頭に入っている。近道したい時に便利。",
+              "part_type": "part"
+            },
+            {
+              "title": "用途に応じた道を選べる",
+              "description": "車に乗っているのに狭い道を案内するなどがないように、その時その時に適した道を選ぶことができる。最短距離ではなく最短時間のルートを思い浮かべられるのである。",
+              "part_type": "part"
+            },
+            {
+              "title": "先回りができる",
+              "description": "その土地に慣れていないものが相手であれば、路地や動きやすい道を選ぶことで、ある程度は先回りをすることができるかもしれない。",
+              "part_type": "part"
+            }
+          ],
+          "expanded": false
+        },
+        {
+          "title": "藩都での火子活動",
+          "description": "藩都で火子として活動することによって、よく街並みを歩くことになった。その為、藩都周辺の土地であればまるで自分の庭のようによく知っている。",
+          "part_type": "part"
+        }
+      ],
+      "expanded": true
+    }
+  ]