トラッキング

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「トラッキング」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

トラッキング」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

+*部品構造
 
+-大部品: トラッキング RD:9 評価値:5
+--部品: トラッキングとは
+--部品: 土の地面向け
+--部品: 目が良い
+--部品: 人に対してだけではない
+--大部品: しなければならないこと RD:5 評価値:3
+---部品: 足跡を判別する
+---部品: 推測を重ねる
+---部品: 足跡を見る
+---部品: 時に地面以外を見る
+---部品: 観察する
+
+
+
+*部品定義
+
+**部品: トラッキングとは
+トラッキングとは、足跡などの行動によって残った痕跡から、その後を残した対象を追跡する技術である。修得には、その後を残す対象のことについてよく知る必要がある。
+
+**部品: 土の地面向け
+土や草木の上など、足跡の残りやすいやわらかい地面であるほど、この技術は生きてくる。石畳や鉄の床などの硬い地面が相手では、思ったような効果が上げられないだろう。
+
+**部品: 目が良い
+ミリ単位で歯車の葉を合わせる技術者のように目が良い。その目をもって、微かな違いを見極め、普通見逃しそうなものも見落とさぬようにする。
+
+**部品: 人に対してだけではない
+足跡を見る技術は、何も人間に対してだけ使用できるものではない。そもそもの始まりは、狩りの際に野生生物を追い立てるための技術であるとされる。訓練の方向性によって、野生生物から馬車などの乗り物など、跡を残すものに対しては対応を取ることができるだろう。
+
+**部品: 足跡を判別する
+例えば同じ靴底の靴を履いていても、体重によって足跡の深みが変わる。歩き方が違えば角度が変わる。そのような微妙な違いを見分けることで、必要な足跡だけを追っていく技術となる。
+
+**部品: 推測を重ねる
+得られた情報と矛盾しない推測を考え、その上であり得る方向に対して探査を取る。そうすることによって、たとえば川を横断するような、痕跡を消す行動に対しても、可能性の意図を手繰りよせ、ある程度の対応を取ることができる。
+
+**部品: 足跡を見る
+足跡は雄弁に物事を語る。訓練されていないものが残す足跡は、見る者が見ればその行く先はもちろん、体重や大まかな身長、速度や重心などの様々な情報を得ることができる。
+
+**部品: 時に地面以外を見る
+森の中では追いやられた木の枝が、山の中では蹴り飛ばされた石ころが、街の中では人の目がそこに誰かがいたことを教えてくれる。そういったものも利用することで、推論をより強固なものにする。
+
+**部品: 観察する
+追いかけられるようになりたい対象をよく観察する。一個体だけではなく、同種の個体も観察を行い、違いがどこに出るかを知る必要がある。
+
+
+
+*提出書式
+
+  大部品: トラッキング RD:9 評価値:5
+  -部品: トラッキングとは
+  -部品: 土の地面向け
+  -部品: 目が良い
+  -部品: 人に対してだけではない
+  -大部品: しなければならないこと RD:5 評価値:3
+  --部品: 足跡を判別する
+  --部品: 推測を重ねる
+  --部品: 足跡を見る
+  --部品: 時に地面以外を見る
+  --部品: 観察する
+  
+  
+  部品: トラッキングとは
+  トラッキングとは、足跡などの行動によって残った痕跡から、その後を残した対象を追跡する技術である。修得には、その後を残す対象のことについてよく知る必要がある。
+  
+  部品: 土の地面向け
+  土や草木の上など、足跡の残りやすいやわらかい地面であるほど、この技術は生きてくる。石畳や鉄の床などの硬い地面が相手では、思ったような効果が上げられないだろう。
+  
+  部品: 目が良い
+  ミリ単位で歯車の葉を合わせる技術者のように目が良い。その目をもって、微かな違いを見極め、普通見逃しそうなものも見落とさぬようにする。
+  
+  部品: 人に対してだけではない
+  足跡を見る技術は、何も人間に対してだけ使用できるものではない。そもそもの始まりは、狩りの際に野生生物を追い立てるための技術であるとされる。訓練の方向性によって、野生生物から馬車などの乗り物など、跡を残すものに対しては対応を取ることができるだろう。
+  
+  部品: 足跡を判別する
+  例えば同じ靴底の靴を履いていても、体重によって足跡の深みが変わる。歩き方が違えば角度が変わる。そのような微妙な違いを見分けることで、必要な足跡だけを追っていく技術となる。
+  
+  部品: 推測を重ねる
+  得られた情報と矛盾しない推測を考え、その上であり得る方向に対して探査を取る。そうすることによって、たとえば川を横断するような、痕跡を消す行動に対しても、可能性の意図を手繰りよせ、ある程度の対応を取ることができる。
+  
+  部品: 足跡を見る
+  足跡は雄弁に物事を語る。訓練されていないものが残す足跡は、見る者が見ればその行く先はもちろん、体重や大まかな身長、速度や重心などの様々な情報を得ることができる。
+  
+  部品: 時に地面以外を見る
+  森の中では追いやられた木の枝が、山の中では蹴り飛ばされた石ころが、街の中では人の目がそこに誰かがいたことを教えてくれる。そういったものも利用することで、推論をより強固なものにする。
+  
+  部品: 観察する
+  追いかけられるようになりたい対象をよく観察する。一個体だけではなく、同種の個体も観察を行い、違いがどこに出るかを知る必要がある。
+  
+  
+
+
+*インポート用定義データ
+
+  [
+    {
+      "title": "トラッキング",
+      "part_type": "group",
+      "description": "暁の円卓藩国,技術",
+      "children": [
+        {
+          "title": "トラッキングとは",
+          "description": "トラッキングとは、足跡などの行動によって残った痕跡から、その後を残した対象を追跡する技術である。修得には、その後を残す対象のことについてよく知る必要がある。",
+          "part_type": "part",
+          "localID": 1
+        },
+        {
+          "title": "土の地面向け",
+          "description": "土や草木の上など、足跡の残りやすいやわらかい地面であるほど、この技術は生きてくる。石畳や鉄の床などの硬い地面が相手では、思ったような効果が上げられないだろう。",
+          "part_type": "part",
+          "localID": 2,
+          "expanded": true
+        },
+        {
+          "title": "目が良い",
+          "description": "ミリ単位で歯車の葉を合わせる技術者のように目が良い。その目をもって、微かな違いを見極め、普通見逃しそうなものも見落とさぬようにする。",
+          "part_type": "part",
+          "localID": 4,
+          "expanded": true
+        },
+        {
+          "title": "人に対してだけではない",
+          "description": "足跡を見る技術は、何も人間に対してだけ使用できるものではない。そもそもの始まりは、狩りの際に野生生物を追い立てるための技術であるとされる。訓練の方向性によって、野生生物から馬車などの乗り物など、跡を残すものに対しては対応を取ることができるだろう。",
+          "part_type": "part",
+          "localID": 5,
+          "expanded": true
+        },
+        {
+          "title": "しなければならないこと",
+          "description": "",
+          "part_type": "group",
+          "children": [
+            {
+              "title": "足跡を判別する",
+              "description": "例えば同じ靴底の靴を履いていても、体重によって足跡の深みが変わる。歩き方が違えば角度が変わる。そのような微妙な違いを見分けることで、必要な足跡だけを追っていく技術となる。",
+              "part_type": "part",
+              "localID": 7,
+              "expanded": true
+            },
+            {
+              "title": "推測を重ねる",
+              "description": "得られた情報と矛盾しない推測を考え、その上であり得る方向に対して探査を取る。そうすることによって、たとえば川を横断するような、痕跡を消す行動に対しても、可能性の意図を手繰りよせ、ある程度の対応を取ることができる。",
+              "part_type": "part",
+              "localID": 3,
+              "expanded": true
+            },
+            {
+              "title": "足跡を見る",
+              "description": "足跡は雄弁に物事を語る。訓練されていないものが残す足跡は、見る者が見ればその行く先はもちろん、体重や大まかな身長、速度や重心などの様々な情報を得ることができる。",
+              "part_type": "part",
+              "localID": 8
+            },
+            {
+              "title": "時に地面以外を見る",
+              "description": "森の中では追いやられた木の枝が、山の中では蹴り飛ばされた石ころが、街の中では人の目がそこに誰かがいたことを教えてくれる。そういったものも利用することで、推論をより強固なものにする。",
+              "part_type": "part",
+              "localID": 9,
+              "expanded": true
+            },
+            {
+              "title": "観察する",
+              "description": "追いかけられるようになりたい対象をよく観察する。一個体だけではなく、同種の個体も観察を行い、違いがどこに出るかを知る必要がある。",
+              "part_type": "part",
+              "localID": 10
+            }
+          ],
+          "localID": 6,
+          "expanded": false
+        }
+      ],
+      "localID": 0,
+      "expanded": true
+    }
+  ]
+
+
+&tags()