※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「Zabbix-agent」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

Zabbix-agent」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 **Zabbix agentのインストール
 ***Zabbixとは
 Zabbixとは、サーバー、ネットワーク、アプリケーションを監視するためのソフトウェアです。
 Zabbixには各ノードの情報収集、異常検知、障害/復旧通知の機能が含まれます。
 
 さくらのレンタルサーバーなどyumリポジトリにすでに繋がっていれば
 
  yum install zabbix-agent
 
 なければ、リポジトリをインストール
  rpm -ivh http://www.zabbix.jp/binaries/relatedpkgs/rhel5/i386/zabbix-jp-release-5-3.noarch.rpm
 
 が、yumでインストールする場合、CentOS5のi386版なら1.8が入るが、
 x86_64版の場合、1.4とかなり古いやつしかないので、rpmからインストールするしかない
 
 Zabbix-JPの公式から落としてくる
  rpm -ivh http://www.zabbix.jp/binaries/zabbix/zabbix-1.8/rhel5/x86_64/zabbix-1.8.4-1.el5.JP.x86_64.rpm
  rpm -ivh http://www.zabbix.jp/binaries/zabbix/zabbix-1.8/rhel5/x86_64/zabbix-agent-1.8.4-1.el5.JP.x86_64.rpm
 
 
 ***設定ファイルの修正
 /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf
 
 
 Server=127.0.0.1
 ↓
 Server=(ZabbixServerが入ってるサーバーのIPアドレス)
 
 
 Hostname=ホスト名(IPアドレスを)
 
 ListenIPをコメントアウトするか、もしくは正しいIPアドレスに変更
 
 
 32bit版でもなぜかyumから古いものしか取れない場合、直接rpmを取ってきてインストール
  rpm -ivh http://www.zabbix.jp/binaries/zabbix/zabbix-1.8/rhel5/i386/zabbix-1.8.4-1.el5.JP.i386.rpm
  rpm -ivh http://www.zabbix.jp/binaries/zabbix/zabbix-1.8/rhel5/i386/zabbix-agent-1.8.4-1.el5.JP.i386.rpm
 
 最新版のURLはサイトで確認してネ。
+
+**agentから値が取れない場合
+ zabbix_get -s 123.456.789.123 -p 10050 -k "system.cpu.load"
+サーバー側からエージェントの値を取得するコマンドで、疎通確認に使える
+何らかの理由で取得できない場合はエラーメッセージなどではなく空行が返ってくる
+
+考えら得る原因
+-zabbix_agentd.confのServerの値が不適切
+-iptablesのポート開け忘れ
+-ルーターのポート開け忘れ
+
+わからなければ、zabbix_agentd.confでデバックモードを設定してから、
+前述のコマンドで疎通確認して、どういうログが出るか確認すると、調査のヒントになるかも
+ログは、/var/log/zabbix/ に出る