クルマ(装甲)Kuruma (Armored)



詳細

データ

種類 メーカー 和名 日本語訳 ドア 乗車定員 駆動 ギア
スポーツカー カリン クルマ
自動車
4ドア 4人 AWD*1 6速
モデル ラジオ 主な選局 洗車
三菱・ランサーエボリューションX(デザイン)
プラットフォーム カスタム カラー デフォルト
ホイールタイプ
オンライン専用
正規購入車
PS3 / Xbox 360
PS4 / Xbox One / PC
プラットフォーム 価格 売却額 保険料
オンライン専用 オンライン オンライン
正規購入車
PS3 / Xbox 360 $525,000 $345,000 $6,562
PS4 / Xbox One / PC
プラットフォーム ガレージ保管
オンライン専用
自宅物件ガレージ
正規購入車
PS3 / Xbox 360
PS4 / Xbox One / PC

ステータス

Top Speed(最高速度)
Acceleration(0-100km/h加速時間)*2
Braking(100-0km/h制動時間)
Traction(駆動力)

2015年3月10日配信の「強盗アップデート」で実装。
クルマの各所に軽装甲を取り付けた車両である。オンラインショップでの説明を見るに突貫工事による改造ではなくメーカー公認のバリエーションの様である(もしくは、第三者によるコンプリートカー)。
パワーとトラクションの高さに目を付けた韓国強盗団が主要車両として使用しており、最初の強盗の下準備としてプレイヤーがこれを強奪する事になる(それ以外で使ってるところを見ることはないが…)。

見ての通り全方位に装甲が取り付けられており、これが乗員への銃撃をほとんど無効化する特性を持つ。
ガラスも防弾仕様の為。見た目に反して殆ど通さない。(ただし一部に当たり判定が怪しい部分があり、ここから稀に銃弾が入り込む事がある(後述)。)
耐久性も非常に高く、ミッションの銃撃戦どころか手配度5の弾幕でも煙も吹かない。
また、突破性能も強化されており、フトなどの小型車は軽々と蹴散らし、場合によってはバラックスのような大型車ですら跳ね飛ばすほど。
また、バイク等は踏みつけると爆破させることも可能。また、バリケードを突破する様なミッションでは、まるでランプバギーの様な活躍も可能。

ただしこの車特有の弱点があり、ドアをスナイパーライフルやヘリの機銃などの大口径弾で撃たれると呆気なく外れてしまい、銃撃によるダメージを受ける様になってしまう。
また、他の車同様、ドアに物理的な衝撃を受けると(衝突など)、速度が速い事もあって簡単に取れてしまう。場合によってはなんと蹴るだけで外れることも。
「ダーティーマネーアップデート」でスナイパーライフルに対する耐性が修正された
しかし、それでも10発前後をドアに撃ち込むと外れてしまう。しかもドアが1つでも外れると、他のドアは1発撃つだけで外れる様になるという変な仕様も抱えている*3。( 参考動画 )

サルタンと同様加速力の良さに反比例してブレーキの効きが悪く、スピードを出しすぎると止まりきれずに衝突する危険性が高い。
ジョブや強盗ミッション中、ブレーキが遅れて味方をひき殺してミッション失敗ということもあり得るので、早めにブレーキを掛けよう。
他の車にも言える事だが、ブレーキの効きが悪い車は急ブレーキするよりポンピングブレーキ*4すると止まりやすい。

チューニングに関しては、重量がある分エンジン系統のチューニングが進むと扱い辛さが目立つ。
無改造でもそこそこの加速力はあるので、運転に自信が無い場合は一切チューニングをしないという手もある。

サスペンションは車高を下げると滑り易くなり、車高を上げると滑り難くなる。これだけを見るとカスタムする意味が無さそうにも思えるが、サスを下げておくとコーナリング中にギャップを踏んで片輪走行になった場合でもグリップしている外側のタイヤが滑って横転しづらくなる。
ただしその反面、サスを一段階ずつ下げてオフロードで検証したところ、下げるにつれ全体的にギャップやバンプに弱くなり結果的に横転してしまう場合もある。

この横転しやすい現象は重心位置が他の車種と比べ高くトレッド幅が狭い為に横転し易いためだと思われる。無闇に上げ下げせずに自分の走りに合ったセッティングを探そう。

余談だが、同じ「クルマ」でもこちらの方が加速性能に優れる。ただし、最高速度は非装甲型の方が優れている。重量増を考慮してトルク重視のセッティング、もしくはローギヤード化されていると考えるのが妥当か。

インテリアは標準日本車タイプでノーマル版やストラタム、サルタンと同じ。ただし、サルタンやストラタムの様なフロアマットのロゴは存在しない。

余談だが以前は珍しい特徴として、他の車と違って、レースでレンタル出来る物がマット塗装であった。通常では選べないカラーであった他、どんな色を選んでもマットになったので、マットのクルーカラーはここでしか見られないものであった。
現在は修正されている辺り、バグであった模様。


耐久性と注意点

至近距離からのアサルトショットガン(フロントグリルに28発)、ミニガンによる銃撃(フロントグリルに140発、その他の部位に400発)を耐える事ができる。かなり頑丈な方だがミニガンを持った敵NPCには弱いので注意しよう。

また、本車両の装甲は軽装甲扱いなので、爆発物耐性は一切ない。
その為、ホーミングミサイルやC4の攻撃を受けると普通車同様簡単に吹き飛ぶ。
ただし、対NPC戦の場合は、そもそも爆発物を使用するNPCはほぼおらず、バザード等のミサイル搭載ヘリにさえ気を付ければ気にしなくてよいレベルの問題である。

何故か窓が開いている(装甲ごと無くなっている)事があり、これにより思わぬ痛手を被る事もある。
バグか仕様かは不明だが、窓が開いている現象自体は他の車でも確認されているので、同じ現象と思われる。
ガラスやドアの隙間といったパーツの境目辺りに、当たり判定が存在しないバグ(?)があり、判定が無い部分から車内のプレイヤーを倒せる事がある。

フロントガラスの端や、ドアのガラスの端・ドアと後部座席ドアの隙間などからは弾が通りやすい。
近距離なら闇雲に撃ってても案外当たるので、この方法を使うならクルマ装甲が見えた時点でショットガンを構えて警戒しよう。
弾丸が通るかどうかは照準の色で見分けることが可能で、照準が赤くなればその箇所は弾丸が通る。

また、完全被甲弾で防弾ガラスとウィンドウ部の装甲を貫通出来るようになった為か、稀に衝突で防弾ガラスが割れる事がある。
車内から完全被甲弾を撃つと防弾ガラスが割れる為強盗の時などでうっかり撃たないようにしよう。

ミッション持ち込み等に関して

高い防弾性や運搬性、ドライブバイ可能という特性を持つ為、激しい銃撃戦が予想されるミッションでは死亡リスクをほぼ0にでき、かつ個人用車両として呼び出せる本車は実用性が極めて高い。
車両調達の銃撃戦など通常は難しい戦いも楽々勝てる。
最近の追加ミッションは高難易度のものが多く、使う車両に悩んだら、とりあえず本車を選んでおくのも手。

なお、ミッションに持ち込む場合は車両アクセスを全員にしておかないと、いざという時に動かせない危険性があるので、ミッション開始直後あたりに設定しなおしておこう。

PKに関して

防弾性を持ちながら、ドライブバイ可能な本車は駆け出しPKerにとってはかなり良い乗り物である。
近年では追尾ミサイルを持ってて当たり前となった戦闘用車両が増え、完全被甲弾を装備したMk2系武器も増えた為に殆ど見向きもされなくなった本車だが、それでもこれに乗ってPKを行うプレイヤーも居る。

防爆性能がないとは言え、それでも耐久力がある本車はそこそこ厄介な存在である。
反撃する場合は、完全被甲弾か弾速の早いホーミングランチャーで直接狙ったり、車上からなら粘着爆弾又は上記の当たり判定の隙間を狙ってみると良いかもしれない。

強盗で使用する場合

メンバー全員の生存がクリアする上での必須条件の一つであり、戦車や戦闘ヘリ等といったペガサス配送の乗り物を要請出来ない強盗ミッションにおいては現地で激しい銃撃戦に晒されるというミッションが多々ある。
その点からメンバー全員が同乗可能という優れた輸送性、乗ったままドライブバイで戦う事で自身や同乗者の大幅な死亡率の低下に繋がる本車両の実用性はトップクラスにあると言える。
もしも自分が足を引っ張ってる、または足を引っ張っているメンバーが居ると感じたら本車両を活用してみるのも一つの手だろう。
その際は出来るだけ他の人も運転できるようにするべきである。特に車両を奪う様なミッションでは、運転手が下りて行って倒されてしまうと、残されたプレイヤーは移動出来ないだけでなく、重量がある事もあって押しのけて通るのが難しいという事が起こりやすい。

入手場所、出現場所

オフライン

  • 入手不可。

オンライン


改造費用

スーパーカーの改造テーブルのため、カスタム費は高額。
またフェルツァー並の巨大GTウィングを装着可能、カリンのメーカー名も入る。
ウィンドウをスモークガラスにするとフロントガラスにも適用される珍しい車でもある。

アーマーは改造不可。

ブレーキ

ブレーキ 【4種】 費用
オンライン専用
ブレーキ(標準装備) $1,000
ストリート・ブレーキ $20,000
スポーツ・ブレーキ $27,000
レース・ブレーキ $35,000

バンパー

バンパー 【4種】 費用
オンライン専用
フロントバンパー(標準装備) $
ボディ色・フロントスプリッター $4,600
サブ色・フロントスプリッター $7,400
カーボン・フロントスプリッター $11,700

エンジン

エンジン 【4種】 費用
オンライン専用
EMSアップグレード:レベル1 $9,000
EMSアップグレード:レベル2 $12,500
EMSアップグレード:レベル3 $18,000
EMSアップグレード:レベル4 $33,500

マフラー

マフラー 【4種】 費用
オンライン専用
マフラー(標準装備) $
オーバル・マフラー $750
レーシング・マフラー $1,800
クローム・チップ・マフラー $3,000

ライト

ライト 【2種】 費用
オンライン専用
ライト(標準装備) $600
HIDライト $7,500

損害/窃盗の阻止

損害/窃盗の阻止 【2種】 費用
オンライン専用
トラッカー 補償済み
フル補償プラン

スカート

スカート 【7種】 費用
オンライン専用
スカート(標準装備) $
ストリート・スカート(ボディ色) $5,500
ストリート・スカート(サブ色) $8,000
ストリート・スカート(カーボン) $10,500
スリック・スカート(ボディ色) $14,000
スリック・スカート(サブ色) $14,500
スリック・スカート(ボディ色) $15,000

スポイラー

スポイラー 【6種】 費用
オンライン専用
スポイラー(標準装備) $6,000
スポイラー(サブ色) $7,050
カーボン・ウイング $10,000
色分けウィング $13,000
カーボン・ウイング・タイプII $14,000
GTウイング $16,000

サスペンション

サスペンション 【5種】 費用
オンライン専用
サスペンション(標準装備) $200
ロウアード・サスペンション $1,000
ストリート・サスペンション $2,000
スポーツ・サスペンション $3,400
コンペ・サスペンション $4,400

トランスミッション

トランスミッション 【4種】 費用
オンライン専用
トランスミッション(標準装備) $1,000
ストリート・トランスミッション $29,500
スポーツ・トランスミッション $32,500
レース・トランスミッション $40,000

ターボ

ターボ 【2種】 費用
オンライン専用
なし $
ターボチューニング $50,000
※爆発物、クラクション、ナンバープレート、ペイント、ホイール、ウィンドウの改造費用は全車種共通。
 詳細は乗り物 カスタマイズのページを参照。

画像

一人称視点

参考


モデル

三菱・ランサーエボリューションX

動画