インサージェント (Insurgent Covered)



詳細

データ

種類 メーカー 和名 日本語訳 ドア 乗車定員 駆動 ギア
オフロード HVY インサージェント 暴徒
反乱兵
ドア 6人 FAWD
モデル ラジオ 主な選局 洗車
コンクエスト・ナイトXV
パラマウント・マローダー
アーメット・アーマードビークル・グルカLAPV
プラットフォーム カスタム カラー デフォルト
ホイールタイプ
オンライン専用
正規購入車
PS3 / Xbox 360 メイン/サブ
PS4 / Xbox One / PC
プラットフォーム 価格 売却額 保険料
オンライン専用 オンライン オンライン
正規購入車
PS3 / Xbox 360 $675,000 $435,000 $8,437
PS4 / Xbox One / PC
プラットフォーム ガレージ保管
オンライン専用
自宅物件ガレージ
正規購入車
PS3 / Xbox 360
PS4 / Xbox One / PC

ステータス

Top Speed(最高速度) 約155km/h*1
Acceleration(0-100km/h加速時間)*2
Braking(100-0km/h制動時間)
Traction(駆動力)

解説

2015年3月10日配信の「強盗アップデート」により実装された軍用の軽装甲兵員輸送車。
ヒューメイン研究所襲撃フィナーレをクリアすることで機銃付き版と共に割引される(以前はクリアすることで解禁だった)。
機銃付きのものと違い、ガレージへの保管が可能であり、改造も可能である。
モデルは「グルカ LAPV」という個人でも所有可能な防弾・防爆の装甲車。カーアクション映画「ワイルド・スピード」にも登場している。
ちなみにこの車両、実はシャーシのベースは「フォード F550」。
「フォード スーパーデューティ」がモデルのサンドキングは兄弟車とも言える。

重量級かつ大型のその見た目からは想像できないほど高いポテンシャルを誇り、高性能セダン並みにブレーキ性能も高く、ハンドリングも安定していて非常に扱いやすい。
SUVやオフロード車両を運転し慣れていないプレイヤーでも安心して扱えるという、ある意味非現実的な仕様。パトリオットを思い浮かべればなおさらである。
そして、モデルとなった車のスペックとGTA5の補正*3を考えると破壊、突破力についてもやはり異様に強く、パッカーなどのトレーラーヘッド並みか、それ以上を誇る。
一般車両への衝突程度ではもちろんの事、ポリス・トランスポーターFIB2などの車両にも足を止められたりしないハイスペックな車両。そのパワフルさ故に、進路上の一般車を弾き飛ばしながら突き進むといったストレス発散にも適している。
ただしその重量ゆえかカーゴボブで吊り上げようとしても全く浮かず、空輸は不可能。
より重量のあるはずの戦車はオフラインイベントで空輸されてくるため、オンラインでも空輸が可能。warstockの解説文はこの不条理から来ているのかもしれない。
衝突耐久力、ボディー強度も非常に高く、列車にでも突っ込まない限りほとんどへこまない。ガソリンスタンドやガスタンクなどの爆発物に6,7回突っ込んでも、ほんの少し煙が噴いたりバンパーパッドが歪み始める程度なので、爆発耐性もかなりのもの。

欠点として、機銃付き版と同じく窓ガラスは防弾ではないので銃撃を防ぐことは出来ない。特に高精度なドライブバイを仕掛けてくる敵NPC車両などには注意しよう。
しかし、銃撃で窓ガラスを割るために必要な弾数は普通車より多め。
また、後ろからの攻撃は構造上ほとんど通らないので、バックしながらドライブバイを仕掛けることで比較的安全に敵を倒すことができる。
ただし、プレイヤーにロックオンされている場合は後ろからの銃撃が通りやすく、高確率で貫通して死亡する。

ちなみに定員は6人であるが、バックの一枚ドアは基本的に開かず、爆弾や銃撃で無理矢理開けても乗ることは出来ず、残りの二人は側面上部のポールに掴まるだけ。
ミッションで護衛が必要なNPCも車内が満員だと漏れなく無防備に掴まって移動することになる。

また、スーパーカーなどの車高の低い乗り物は車体の下に潜り込んでしまう。その他、バイクなどに乗り上げると車体の下で爆発する恐れがある(これらは車高が高かったり、重量のある乗り物全般に言える欠点である)。

クラクションはこの車独自のもの。前作GTA4でバスが装備していたものよりやや高い音がする。
実装直後は四輪駆動車と説明されているにもかかわらず後輪駆動だったが、ダーティーマネー・アップデートPart1で4WDに修正され、登坂も得意になった。
バグだったのだろう。

「銃器密造」アップデートにてカスタム版であるインサージェント・トラック・カスタムが追加された。
カスタム版は走行性能が若干高く、研究での解除により武装(ミニガン・車載地雷)を搭載可能な上にガレージ保管まで可能であるなど、ほとんど上位互換的存在といっても良く、そちらが入手できればお払い箱になる可能性もある。
ただしカスタム版の入手にはベースとなる機銃付き版の購入・地下基地の購入・機動作戦トレーラーの購入・乗り物ワークショップの導入・カスタム版への改造費と2倍以上の費用がかかるので財布には厳しい。

「軽装甲タイプのオフロード車」という似たような車両として ナイトシャーク が追加された。インサージェントと比較して加速力・最高速度が高く、牽引フック付きのため 対空トレーラー などの小型セミトレーラーを牽引することができる。更に車両前面にマシンガンを標準装備するが、インサージェントのように車両を押し退けるほどの突破能力を持たない。

なんとも皮肉な名前の「軽」装甲車です。
小規模な暴動を鎮圧したり、民主主義を主張する
平和的抗議活動を蹴散らすのにぴったりです。
Warstock Cache & Carry サイト内の解説より)

耐久度検証結果(携行武器・乗員無し)

ポリス・ライオットなどと同じく耐久力は高い。以下はその検証結果。
乗員込みでは単純に耐性はほぼ倍となる。

武器 結果
アサルトショットガン 97発
ヘビースナイパー 61発
グレネード・ランチャー 3発
RPG 5発
ミニガン 約450発
手榴弾 5発
粘着爆弾 5発
ホーミングランチャー 14発

耐久度検証結果(乗り物)

機種 武装 結果
アナイアレイター 機銃 約10秒
バザード攻撃ヘリ 機銃 約13秒
ロケット 14発
サベージ 機銃 約3秒
ミサイル 14発
ワルキューレ ドアガン 約18秒
ハイドラ 機銃 約2秒
ミサイル 14発
レーザー 機銃 約2秒
ミサイル 14発
戦車砲 120mm砲 1発


入手場所、出現場所

オフライン


出現しない

オンライン

  • ヒューメイン研究所襲撃 軽装甲車 にてデイビス・クオーツ採石場のメリーウェザー試験場から本車両を持ち出すことになる。
    • 上記ミッションで回収したインサージェントは、続く EMP にて回収したVTOL戦闘機ハイドラに搭載したEMPを積み込み、 EMP配達 にてヒューメイン研究所まで陸送することになる。この時のインサージェントは青色に淡く輝くEMPを積み込んでいるため、通常仕様とテクスチャが若干異なる。
  • ヒューメイン研究所襲撃のフィナーレ をクリアすることによって解除される。
    解除後は「Warstock Cache & Carry」より購入できる。
    同ショップ販売ラインナップの中で珍しくこの車は、ペガサスの管理サービス下では無くプレイヤーの個人所有となる。
    ここで購入したものにのみ、アーマー80%($35,000)が標準装備されている。
  • レースにて、オフロードにすると選択可能。
  • 強盗・ドゥームズデイ第二章の準備ミッションにも登場。ただしトラック版やナイトシャークの方が多く登場するため、存在感はかなり薄い。


改造費用

アーマーは改造不可。
メインカラーとサブカラーの塗り分けが可能。
ただしエアロパーツは存在しない。

ブレーキ

ブレーキ 【4種】 費用
オンライン専用
ブレーキ(標準装備) $
ストリート・ブレーキ $20,000
スポーツ・ブレーキ $27,000
レース・ブレーキ $35,000

エンジン

エンジン 【4種】 費用
オンライン専用
EMSアップグレード:レベル1 $9,000
EMSアップグレード:レベル2 $12,500
EMSアップグレード:レベル3 $18,000
EMSアップグレード:レベル4 $33,500

ライト

ライト 【2種】 費用
オンライン専用
ライト(標準装備) $
HIDライト $7,500

損害/窃盗の阻止

損害/窃盗の阻止 【2種】 費用
オンライン専用
トラッカー 補償済み
フル補償プラン

サスペンション

サスペンション 【5種】 費用
オンライン専用
サスペンション(標準装備) $200
ロウアード・サスペンション $1,000
ストリート・サスペンション $2,000
スポーツ・サスペンション $3,400
コンペ・サスペンション $4,400

トランスミッション

トランスミッション 【4種】 費用
オンライン専用
トランスミッション(標準装備) $1,000
ストリート・トランスミッション $29,500
スポーツ・トランスミッション $32,500
レース・トランスミッション $40,000

ターボ

ターボ 【2種】 費用
オンライン専用
なし $
ターボチューニング $50,000
※爆発物、クラクション、ナンバープレート、ペイント、ホイール、ウィンドウの改造費用は全車種共通。
 詳細は乗り物 カスタマイズのページを参照。

画像


モデル車

コンクエストビークル社 ナイトXV
グルカLAPV

参考

動画