※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「騎乗訓練」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

騎乗訓練」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 *部品構造
 
 -大部品: 騎乗訓練 RD:8 評価値:5
 --部品: 騎乗訓練の概要
 --部品: 騎乗訓練の習得期間
 --部品: 柔軟体操やストレッチ
 --部品: 騎乗でのバランス取り訓練
 --部品: 馬具の装着と手入れ
 --部品: 馬とのコミュニケーションを学ぶ
 --部品: 馬に乗る
 --部品: 馬と駆ける
 
 
 
 *部品定義
 
 **部品: 騎乗訓練の概要
-騎乗訓練とは馬を乗りこなすために行う訓練を指す。馬の生態や修正、乗るときの道具、乗った際の動作の意味などを理解して学ぶことで馬を乗りこなすことが出来るようになる。
+騎乗訓練とは馬を乗りこなすために行う訓練を指す。馬の生態や習性、乗るときの道具、乗った際の動作の意味などを学んで理解することで馬を乗りこなすことが出来るようになる。
 
 **部品: 騎乗訓練の習得期間
 一人前になるには200鞍は乗ることが必要と言われており、仮に一回1時間の練習を200日繰り返せばよいことになる。大体1年から2年で一通りの騎乗はできるようになる。子供の時期は体が柔らかいこともあり習得が早く、出身地で身近に馬がいたりする場合も習得が早まる。
 
 **部品: 柔軟体操やストレッチ
 乗馬に際しては体の柔軟性が必要である。特に股関節の柔らかさが重要で、馬にまたがった際にいかにうまく力を抜けるかで上達の度合いが違ってくる。そのため定期的にストレッチや柔軟体操を行って体を柔らかくしておく。
 
 **部品: 騎乗でのバランス取り訓練
 足を使うのでは無く、坐骨を使って馬の上でバランスを取る必要がある。足を使うと馬体の片側に不要な力が入り馬が嫌がるため、なるべく腰を使ってバランスを取る必要があり、バランスボールのようなものを使ってバランスを取るための訓練を行う。
 
 **部品: 馬具の装着と手入れ
 馬につける馬具を適切に設置する方法を学ぶ。馬が嫌がらない付け方やどのような馬具が自分にあうかを見極める知識を学ぶ。またその道具の手入れの方法も学ぶ。
 
 **部品: 馬とのコミュニケーションを学ぶ
 馬の世話を通して馬とのコミュニケーションの仕方を学ぶ。不用意に死角に立つのが厳禁であり、足や尻尾も触られるのは嫌がる。反面首筋や肩などの自分で掻けない部位を触ると喜び、鬣を優しく撫でるのもよい。首を上下に振ったり、耳を伏せたり、鼻に皺をよせるのは嫌がっている証拠なので気をつけること。
 
 **部品: 馬に乗る
 馬に乗ることを実践することが一番の訓練になる。馬場の中で常歩や速歩、駆け足などの練習、急な発進やターン、ジャンプの練習など、やるべきことは多い。
 
 **部品: 馬と駆ける
 馬の速度を上げて本気になった馬の扱いを学ぶ。上下動が大きくなり、加速によって体に重力がかかり、常歩などのときとは全く違った乗り心地である。乗り手はこの状態に慣れつつ、興奮状態の馬を上手に制御できるように練習を行う。
 
 
 
 *提出書式
 
   大部品: 騎乗訓練 RD:8 評価値:5
   -部品: 騎乗訓練の概要
   -部品: 騎乗訓練の習得期間
   -部品: 柔軟体操やストレッチ
   -部品: 騎乗でのバランス取り訓練
   -部品: 馬具の装着と手入れ
   -部品: 馬とのコミュニケーションを学ぶ
   -部品: 馬に乗る
   -部品: 馬と駆ける
   
   
   部品: 騎乗訓練の概要
-  騎乗訓練とは馬を乗りこなすために行う訓練を指す。馬の生態や修正、乗るときの道具、乗った際の動作の意味などを理解して学ぶことで馬を乗りこなすことが出来るようになる。
+  騎乗訓練とは馬を乗りこなすために行う訓練を指す。馬の生態や習性、乗るときの道具、乗った際の動作の意味などを学んで理解することで馬を乗りこなすことが出来るようになる。
   
   部品: 騎乗訓練の習得期間
   一人前になるには200鞍は乗ることが必要と言われており、仮に一回1時間の練習を200日繰り返せばよいことになる。大体1年から2年で一通りの騎乗はできるようになる。子供の時期は体が柔らかいこともあり習得が早く、出身地で身近に馬がいたりする場合も習得が早まる。
   
   部品: 柔軟体操やストレッチ
   乗馬に際しては体の柔軟性が必要である。特に股関節の柔らかさが重要で、馬にまたがった際にいかにうまく力を抜けるかで上達の度合いが違ってくる。そのため定期的にストレッチや柔軟体操を行って体を柔らかくしておく。
   
   部品: 騎乗でのバランス取り訓練
   足を使うのでは無く、坐骨を使って馬の上でバランスを取る必要がある。足を使うと馬体の片側に不要な力が入り馬が嫌がるため、なるべく腰を使ってバランスを取る必要があり、バランスボールのようなものを使ってバランスを取るための訓練を行う。
   
   部品: 馬具の装着と手入れ
   馬につける馬具を適切に設置する方法を学ぶ。馬が嫌がらない付け方やどのような馬具が自分にあうかを見極める知識を学ぶ。またその道具の手入れの方法も学ぶ。
   
   部品: 馬とのコミュニケーションを学ぶ
   馬の世話を通して馬とのコミュニケーションの仕方を学ぶ。不用意に死角に立つのが厳禁であり、足や尻尾も触られるのは嫌がる。反面首筋や肩などの自分で掻けない部位を触ると喜び、鬣を優しく撫でるのもよい。首を上下に振ったり、耳を伏せたり、鼻に皺をよせるのは嫌がっている証拠なので気をつけること。
   
   部品: 馬に乗る
   馬に乗ることを実践することが一番の訓練になる。馬場の中で常歩や速歩、駆け足などの練習、急な発進やターン、ジャンプの練習など、やるべきことは多い。
   
   部品: 馬と駆ける
   馬の速度を上げて本気になった馬の扱いを学ぶ。上下動が大きくなり、加速によって体に重力がかかり、常歩などのときとは全く違った乗り心地である。乗り手はこの状態に慣れつつ、興奮状態の馬を上手に制御できるように練習を行う。
   
   
 
 
 *インポート用定義データ
 
   [
     {
       "title": "騎乗訓練",
       "part_type": "group",
       "children": [
         {
           "title": "騎乗訓練の概要",
-          "description": "騎乗訓練とは馬を乗りこなすために行う訓練を指す。馬の生態や修正、乗るときの道具、乗った際の動作の意味などを理解して学ぶことで馬を乗りこなすことが出来るようになる。",
+          "description": "騎乗訓練とは馬を乗りこなすために行う訓練を指す。馬の生態や習性、乗るときの道具、乗った際の動作の意味などを学んで理解することで馬を乗りこなすことが出来るようになる。",
           "part_type": "part",
           "expanded": true
         },
         {
           "title": "騎乗訓練の習得期間",
           "description": "一人前になるには200鞍は乗ることが必要と言われており、仮に一回1時間の練習を200日繰り返せばよいことになる。大体1年から2年で一通りの騎乗はできるようになる。子供の時期は体が柔らかいこともあり習得が早く、出身地で身近に馬がいたりする場合も習得が早まる。",
           "part_type": "part",
           "expanded": true
         },
         {
           "title": "柔軟体操やストレッチ",
           "description": "乗馬に際しては体の柔軟性が必要である。特に股関節の柔らかさが重要で、馬にまたがった際にいかにうまく力を抜けるかで上達の度合いが違ってくる。そのため定期的にストレッチや柔軟体操を行って体を柔らかくしておく。",
           "part_type": "part",
           "expanded": true
         },
         {
           "title": "騎乗でのバランス取り訓練",
           "description": "足を使うのでは無く、坐骨を使って馬の上でバランスを取る必要がある。足を使うと馬体の片側に不要な力が入り馬が嫌がるため、なるべく腰を使ってバランスを取る必要があり、バランスボールのようなものを使ってバランスを取るための訓練を行う。",
           "part_type": "part",
           "expanded": true
         },
         {
           "title": "馬具の装着と手入れ",
           "description": "馬につける馬具を適切に設置する方法を学ぶ。馬が嫌がらない付け方やどのような馬具が自分にあうかを見極める知識を学ぶ。またその道具の手入れの方法も学ぶ。",
           "part_type": "part",
           "expanded": true
         },
         {
           "title": "馬とのコミュニケーションを学ぶ",
           "description": "馬の世話を通して馬とのコミュニケーションの仕方を学ぶ。不用意に死角に立つのが厳禁であり、足や尻尾も触られるのは嫌がる。反面首筋や肩などの自分で掻けない部位を触ると喜び、鬣を優しく撫でるのもよい。首を上下に振ったり、耳を伏せたり、鼻に皺をよせるのは嫌がっている証拠なので気をつけること。",
           "part_type": "part"
         },
         {
           "title": "馬に乗る",
           "description": "馬に乗ることを実践することが一番の訓練になる。馬場の中で常歩や速歩、駆け足などの練習、急な発進やターン、ジャンプの練習など、やるべきことは多い。",
           "part_type": "part",
           "expanded": true
         },
         {
           "title": "馬と駆ける",
           "description": "馬の速度を上げて本気になった馬の扱いを学ぶ。上下動が大きくなり、加速によって体に重力がかかり、常歩などのときとは全く違った乗り心地である。乗り手はこの状態に慣れつつ、興奮状態の馬を上手に制御できるように練習を行う。",
           "part_type": "part",
           "expanded": true
         }
       ],
       "expanded": true
     }
   ]