※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「税制」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

税制」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 *部品構造
 
--大部品: 税制 RD:21 評価値:7
+-大部品: 税制 RD:28 評価値:8
 --大部品: 直接税 RD:3 評価値:2
 ---部品: 直接税とは
 ---部品: 直接税の種類
 ---部品: 直接税の課税の仕組み
 --大部品: 間接税 RD:3 評価値:2
 ---部品: 間接税とは
 ---部品: 間接税の種類
 ---部品: 間接税の課税の仕組み
 --大部品: 国税庁 RD:10 評価値:5
 ---大部品: 国税庁の目指すもの RD:4 評価値:3
 ----部品: 正直者には尊敬の的、悪徳者には畏怖の的
 ----部品: 納税環境の整備
 ----部品: 適正、公平な税務行政の推進
 ----部品: 記録、記帳の保存
 ---大部品: 国税庁の各部門 RD:6 評価値:4
 ----部品: 管理運営部門
 ----部品: 徴収部門
 ----部品: 個人課税対応部門
 ----部品: 資産課税部門
 ----部品: 法人課税部門
 ----部品: その他の税別対応部門
 --大部品: 税制の大枠 RD:5 評価値:3
 ---部品: 税を徴収する目的
 ---部品: 過大な課税の禁止
----部品: 分かり易い税制度を目指す
----部品: 政庁での立法と改正
+---部品: 公平・中立・簡素
+---部品: 政庁での立法と改正(租税法律主義)
 ---部品: 税務署による税務行政
+--大部品: 歳出の種類と用途 RD:7 評価値:4
+---部品: 社会保障関係費
+---部品: 公共事業関係費
+---部品: 教育と研究開発の費用
+---部品: 地方交付税交付金
+---部品: 外交費、経済協力費用
+---部品: 防衛関係費
+---部品: 国債費
 
 
 
 *部品定義
 
 **部品: 直接税とは
 納税者と税負担者が一致する税のこと。税を課された本人が直接的に税を支払う形であり、一定の個人や組織においてどれだけの税負担をしているかの内容が分かり易いという利点がある。一方で直接税の性格上累進課税が多くなることから、裕福な納税者と貧しい納税者とで税負担率に差が出易い傾向にある。
 
 **部品: 直接税の種類
 個人の年間の収入に課税する所得税、会社や企業などの組織の利潤を対象に課税する法人税、当人の死亡により資産や財産を受け継ぐ際に課税する相続税、保有する資産に対して課税する資産税などがある。
 
 **部品: 直接税の課税の仕組み
 基本的には戸籍が参照され、それを元に個人に対して課税される。一年間に課税された額の税金を支払うことになる。個人が書類を記載して提出しする方式が一般的。税金の未納が発生すると督促が来たり、公共サービスが受けられなくなったり、最悪資産が差し押さえられてしまう。
 
 **部品: 間接税とは
 納税者と税負担者が分かれているもの。納税者は予め税を織り込んだ形で消費者(=税負担者)へと販売するなどし、税負担者から集めた税金分をまとめて納税する形式の税。一般的に税率が単純で分かり易く、予め価格設定に税が織り込み済みのために負担感が少ないと言われる。ただし生活必需品なども一律で課税されるために逆進的な税制であるとされる。
 
 **部品: 間接税の種類
 商品の取引時に常に発生する消費税、たばこや酒などの奢侈品の取引時に消費税に上乗せして課税される奢侈税、外国から物品を輸入する際に課税される関税などがある。
 
 **部品: 間接税の課税の仕組み
 間接税を支払うのは個人の事業者や会社、企業などの法人である。彼らは取引において購入者から徴収した税金をまとめ、一年ごとに一括で納税する義務がある。税金の未納が発生すると督促が来たり、公共サービスが受けられなくなったり、最悪資産が差し押さえられてしまう。
 
 **部品: 正直者には尊敬の的、悪徳者には畏怖の的
 「正直者には尊敬の的、悪徳者には畏怖の的」とは税務署のあるべき姿をあらわした言葉である。正直に納税している国民からは尊敬の目でみられるような仕事を行い、納税の意思が無いような悪質な国民からは、的確な調査や情報収集などで恐れられる存在であるべきである、とするスローガンである。
 
 **部品: 納税環境の整備
 申告・納税に関する法令解釈や事務手続などについて、分かりやすく的確に周知・広報を行うと共に納税者からの問い合わせや相談に対して、迅速かつ的確に対応する。関係省庁や国民から意見を吸い上げて、協力体制の構築や税務行政に活かしていく。
 
 **部品: 適正、公平な税務行政の推進
 関係法令を適切に運用し、申告が適正でないと認められる納税者に対する的確な指導や調査を実施。納付を行わない納税者に対しては滞納処分の執行を行う。また納税者による不服申立て等に、適正・迅速に対応する。
 
 **部品: 記録、記帳の保存
 納税の申請や申告についてはその内容を保存する制度を確立し、転記によって簡易な形での保管が可能となっている。棚卸表、請求書、領収書などの帳簿書類や資産の売買の記録などを保管している。
 
 **部品: 管理運営部門
 税務署の管理運営部門は申告書の入力などの内部事務のほか、提出書類の収受、各種用紙の交付、納税証明書の発行、国税の領収などの窓口関係事務や、延納・物納に関する事務等を担当している。総じて受付窓口の一本化を行っている。
 
 **部品: 徴収部門
 税を徴収する部門である。税が期限までに納付されないときは督促状を発送し、それでも納付がされない場合には、徴収部門において滞納整理を行う。まずは自主的な納付を促し、その上で、納付が困難な事情がある場合には、事業や財産の状況など、滞納者の個々の実情を十分に伺った上で、法令等の規定に基づき、納税の猶予などの納税緩和制度の適用を行う。 一方で、納付を促しても納付の意思が認められないような場合には、捜索等により財産を把握し、差押え等の滞納処分を行う。
 
 **部品: 個人課税対応部門
 個人課税対応部門は、個人事業者の所得税及び消費税及び地方税について、申告等の相談・指導・調査を行っている。また、個人事業者向けの各種説明会や納税の申告のための記帳指導も行っている。
 
 **部品: 資産課税部門
 資産課税部門は、相続税や贈与税のほか、所得税のうち土地や株式等の譲渡所得について、申告等の相談・指導・調査を行う部門。納税者の自宅や職場、取引金融機関等に出向き調査を行い、申告内容に誤りがあれば、正しい申告を指導し、更正処分等を行います。また、課税対象となる資産の評価額を算出するのもこの部署の役割である。
 
 **部品: 法人課税部門
 法人課税部門は、株式会社等の企業の法人税や消費税、源泉所得税や印紙税等について申告等の相談・指導・調査を行う部署。企業からの申告書類を内部で精査して、必要であれば税務調査も行い、会計や税務処理が適切か確認し、間違っている場合は更生指導する。
 
 **部品: その他の税別対応部門
 酒税や特別税などに対応する部門。申告書類を内部で監査した後、必要があれば製造元への調査や特別税の対象を調査して税務処理が適切に行われているかを調査、更生指導する部署。
 
 **部品: 税を徴収する目的
 国内では人々が生活する上で必要不可欠であるが、個人ではできない様々な仕事やそれだけでは生活の糧を得ることができないような職業、施設が存在する。これらを維持するためには多くの費用が必要となり、多数の国民から幅広く費用を徴収してその費用に充て、国民ひとりひとりが健康で文化的な生活を送れるようにすることが税を徴収する目的である。
 
 **部品: 過大な課税の禁止
 税の目的は為政者を富ませることではなく国民ひとりひとりの生活を守り豊かにすることである。税負担者にとって大きすぎる課税は避けて、国民の生活を圧迫しない程度の税率に留める。
 
-**部品: 分かり易い税制度を目指す
-二重課税や実質的な中身が似たような税が発生しないようにし、税の種類を無暗に増やすことなくなるべく万人が分かり易い税の制度設計を目指す。分かり易く税の内容が把握しやすければ、税金の未納も減り徴税コストも下がるからである。
+**部品: 公平・中立・簡素
+国民が税を広く公平に分かち合っていくため、公平・中立・簡素を目指して税制は設計される。公平を保つためにある特定の分野に税が偏らないようにし、担税力のあるものがより多くの税を支払うように設計される。また税制が特定の企業や個人の活動を歪めないように配慮される。なるべく万人が分かり易い税の制度設計を目指すことで、税金の未納を減らして徴税コストを下げるように努力する。
 
-**部品: 政庁での立法と改正
-税制に変更が必要な場合は適宜政庁によって新たな法律の立法や既存の法の改正が検討される。国民の中の有識者や市井の人々の声に耳を傾け、既存の慣習や法律、倫理観と著しい齟齬が発生しないように調整する。
+**部品: 政庁での立法と改正(租税法律主義)
+税制は法律によらなければ、国家は租税を賦課徴収できず、一方、国民は租税を負担することはない、という思想に基づいて運用されている。税制に変更が必要な場合は適宜政庁によって新たな法律の立法や既存の法の改正が検討される。国民の中の有識者や市井の人々の声に耳を傾け、既存の慣習や法律、倫理観と著しい齟齬が発生しないように調整する。
 
 **部品: 税務署による税務行政
 税務行政は税務署によって担われている。税務署は納税者の自発的な納税義務の履行を適正かつ円滑に実現することを目的とし、国民へ納税についての知識を宣伝し、納税事務を行って国家の税制を支える存在である。
+
+**部品: 社会保障関係費
+社会保障とは、私たちが安心して生活していくために必要な医療、年金、福祉、介護、生活保護などの公的サービスのことを指す。社会保障のためのサービスを行うことで個人的リスクである、病気・けが・出産・障害・死亡・老化・失業などの生活上の問題について貧困を予防し、貧困者を救い、生活を安定させることを目的とする。
+
+**部品: 公共事業関係費
+道路や鉄道、港湾、空港、河川の治水工事、廃棄物処理施設、上下水道や通信施設、橋梁、トンネル、住宅関連整備などの社会資本やインフラストラクチャーといった、民間に任せていては最適量までの生産が行われにくい公共財の生産と維持運営を行うための費用である。将来的に国益となると見込まれるものを建設、生産することを公共投資とも呼ぶ。これらは地域全体の便益の向上、費用の削減を目指して事業が行われる。副次的な効果として、不況期に公共事業関係費を増加させて景気回復を図る場合がある。
+
+**部品: 教育と研究開発の費用
+幼稚園から大学に至るまでの各年代の教育機関への援助と技術開発を促進するための費用。教育関連では学校の整備、教材の配布、教員の育成と採用、育成機関の設立などがあげられる。研究開発の面では各国が保有する技術の研究開発費用が支出され、採算の取れない基礎的な研究の費用、将来有望と見込まれた技術、人への援助金、先端研究施設の建設費などに充てられる。
+
+**部品: 地方交付税交付金
+国が地方公共団体の財源の偏在を調整することを目的とした地方財政調整制度である。税収の多い地域から税収の少ない地域への所得の再分配機能が有り、税収の乏しい地方公共団体において公共サービスを機能させるための枠組みである。
+
+**部品: 外交費、経済協力費用
+国内だけでなく、世界の人々のために支出される費用のこと。多国間の問題に協働して対処する際の資金提供や国際機関設立時の資金提供、災害や紛争が起こって困窮している他国民の救済のために使われる。先進国では技術協力や開発援助によって発展途上国を支援する目的で多目に支出される傾向にある。
+
+**部品: 防衛関係費
+通常は平時における軍の維持費を意味し,戦時においては戦費となる。国防費ともいう。陸海空軍等の装備の調達や組織の維持に使われる費用を狭義の軍事費という。また軍人恩給や軍事公債の利払い、道路などの建設費、軍事科学研究費、軍事産業への補助金、国外領土の運営費、対外援助費といった広義の軍事費にも充てられる。
+
+**部品: 国債費
+政府が歳入の不足を補うために発行した公債や国債、借入金の償還,利子の支払いに必要なすべての経費を指す。
 
 
 
 *提出書式
 
-  大部品: 税制 RD:21 評価値:7
+  大部品: 税制 RD:28 評価値:8
   -大部品: 直接税 RD:3 評価値:2
   --部品: 直接税とは
   --部品: 直接税の種類
   --部品: 直接税の課税の仕組み
   -大部品: 間接税 RD:3 評価値:2
   --部品: 間接税とは
   --部品: 間接税の種類
   --部品: 間接税の課税の仕組み
   -大部品: 国税庁 RD:10 評価値:5
   --大部品: 国税庁の目指すもの RD:4 評価値:3
   ---部品: 正直者には尊敬の的、悪徳者には畏怖の的
   ---部品: 納税環境の整備
   ---部品: 適正、公平な税務行政の推進
   ---部品: 記録、記帳の保存
   --大部品: 国税庁の各部門 RD:6 評価値:4
   ---部品: 管理運営部門
   ---部品: 徴収部門
   ---部品: 個人課税対応部門
   ---部品: 資産課税部門
   ---部品: 法人課税部門
   ---部品: その他の税別対応部門
   -大部品: 税制の大枠 RD:5 評価値:3
   --部品: 税を徴収する目的
   --部品: 過大な課税の禁止
-  --部品: 分かり易い税制度を目指す
-  --部品: 政庁での立法と改正
+  --部品: 公平・中立・簡素
+  --部品: 政庁での立法と改正(租税法律主義)
   --部品: 税務署による税務行政
+  -大部品: 歳出の種類と用途 RD:7 評価値:4
+  --部品: 社会保障関係費
+  --部品: 公共事業関係費
+  --部品: 教育と研究開発の費用
+  --部品: 地方交付税交付金
+  --部品: 外交費、経済協力費用
+  --部品: 防衛関係費
+  --部品: 国債費
   
   
   部品: 直接税とは
   納税者と税負担者が一致する税のこと。税を課された本人が直接的に税を支払う形であり、一定の個人や組織においてどれだけの税負担をしているかの内容が分かり易いという利点がある。一方で直接税の性格上累進課税が多くなることから、裕福な納税者と貧しい納税者とで税負担率に差が出易い傾向にある。
   
   部品: 直接税の種類
   個人の年間の収入に課税する所得税、会社や企業などの組織の利潤を対象に課税する法人税、当人の死亡により資産や財産を受け継ぐ際に課税する相続税、保有する資産に対して課税する資産税などがある。
   
   部品: 直接税の課税の仕組み
   基本的には戸籍が参照され、それを元に個人に対して課税される。一年間に課税された額の税金を支払うことになる。個人が書類を記載して提出しする方式が一般的。税金の未納が発生すると督促が来たり、公共サービスが受けられなくなったり、最悪資産が差し押さえられてしまう。
   
   部品: 間接税とは
   納税者と税負担者が分かれているもの。納税者は予め税を織り込んだ形で消費者(=税負担者)へと販売するなどし、税負担者から集めた税金分をまとめて納税する形式の税。一般的に税率が単純で分かり易く、予め価格設定に税が織り込み済みのために負担感が少ないと言われる。ただし生活必需品なども一律で課税されるために逆進的な税制であるとされる。
   
   部品: 間接税の種類
   商品の取引時に常に発生する消費税、たばこや酒などの奢侈品の取引時に消費税に上乗せして課税される奢侈税、外国から物品を輸入する際に課税される関税などがある。
   
   部品: 間接税の課税の仕組み
   間接税を支払うのは個人の事業者や会社、企業などの法人である。彼らは取引において購入者から徴収した税金をまとめ、一年ごとに一括で納税する義務がある。税金の未納が発生すると督促が来たり、公共サービスが受けられなくなったり、最悪資産が差し押さえられてしまう。
   
   部品: 正直者には尊敬の的、悪徳者には畏怖の的
   「正直者には尊敬の的、悪徳者には畏怖の的」とは税務署のあるべき姿をあらわした言葉である。正直に納税している国民からは尊敬の目でみられるような仕事を行い、納税の意思が無いような悪質な国民からは、的確な調査や情報収集などで恐れられる存在であるべきである、とするスローガンである。
   
   部品: 納税環境の整備
   申告・納税に関する法令解釈や事務手続などについて、分かりやすく的確に周知・広報を行うと共に納税者からの問い合わせや相談に対して、迅速かつ的確に対応する。関係省庁や国民から意見を吸い上げて、協力体制の構築や税務行政に活かしていく。
   
   部品: 適正、公平な税務行政の推進
   関係法令を適切に運用し、申告が適正でないと認められる納税者に対する的確な指導や調査を実施。納付を行わない納税者に対しては滞納処分の執行を行う。また納税者による不服申立て等に、適正・迅速に対応する。
   
   部品: 記録、記帳の保存
   納税の申請や申告についてはその内容を保存する制度を確立し、転記によって簡易な形での保管が可能となっている。棚卸表、請求書、領収書などの帳簿書類や資産の売買の記録などを保管している。
   
   部品: 管理運営部門
   税務署の管理運営部門は申告書の入力などの内部事務のほか、提出書類の収受、各種用紙の交付、納税証明書の発行、国税の領収などの窓口関係事務や、延納・物納に関する事務等を担当している。総じて受付窓口の一本化を行っている。
   
   部品: 徴収部門
   税を徴収する部門である。税が期限までに納付されないときは督促状を発送し、それでも納付がされない場合には、徴収部門において滞納整理を行う。まずは自主的な納付を促し、その上で、納付が困難な事情がある場合には、事業や財産の状況など、滞納者の個々の実情を十分に伺った上で、法令等の規定に基づき、納税の猶予などの納税緩和制度の適用を行う。 一方で、納付を促しても納付の意思が認められないような場合には、捜索等により財産を把握し、差押え等の滞納処分を行う。
   
   部品: 個人課税対応部門
   個人課税対応部門は、個人事業者の所得税及び消費税及び地方税について、申告等の相談・指導・調査を行っている。また、個人事業者向けの各種説明会や納税の申告のための記帳指導も行っている。
   
   部品: 資産課税部門
   資産課税部門は、相続税や贈与税のほか、所得税のうち土地や株式等の譲渡所得について、申告等の相談・指導・調査を行う部門。納税者の自宅や職場、取引金融機関等に出向き調査を行い、申告内容に誤りがあれば、正しい申告を指導し、更正処分等を行います。また、課税対象となる資産の評価額を算出するのもこの部署の役割である。
   
   部品: 法人課税部門
   法人課税部門は、株式会社等の企業の法人税や消費税、源泉所得税や印紙税等について申告等の相談・指導・調査を行う部署。企業からの申告書類を内部で精査して、必要であれば税務調査も行い、会計や税務処理が適切か確認し、間違っている場合は更生指導する。
   
   部品: その他の税別対応部門
   酒税や特別税などに対応する部門。申告書類を内部で監査した後、必要があれば製造元への調査や特別税の対象を調査して税務処理が適切に行われているかを調査、更生指導する部署。
   
   部品: 税を徴収する目的
   国内では人々が生活する上で必要不可欠であるが、個人ではできない様々な仕事やそれだけでは生活の糧を得ることができないような職業、施設が存在する。これらを維持するためには多くの費用が必要となり、多数の国民から幅広く費用を徴収してその費用に充て、国民ひとりひとりが健康で文化的な生活を送れるようにすることが税を徴収する目的である。
   
   部品: 過大な課税の禁止
   税の目的は為政者を富ませることではなく国民ひとりひとりの生活を守り豊かにすることである。税負担者にとって大きすぎる課税は避けて、国民の生活を圧迫しない程度の税率に留める。
   
-  部品: 分かり易い税制度を目指す
-  二重課税や実質的な中身が似たような税が発生しないようにし、税の種類を無暗に増やすことなくなるべく万人が分かり易い税の制度設計を目指す。分かり易く税の内容が把握しやすければ、税金の未納も減り徴税コストも下がるからである。
+  部品: 公平・中立・簡素
+  国民が税を広く公平に分かち合っていくため、公平・中立・簡素を目指して税制は設計される。公平を保つためにある特定の分野に税が偏らないようにし、担税力のあるものがより多くの税を支払うように設計される。また税制が特定の企業や個人の活動を歪めないように配慮される。なるべく万人が分かり易い税の制度設計を目指すことで、税金の未納を減らして徴税コストを下げるように努力する。
   
-  部品: 政庁での立法と改正
-  税制に変更が必要な場合は適宜政庁によって新たな法律の立法や既存の法の改正が検討される。国民の中の有識者や市井の人々の声に耳を傾け、既存の慣習や法律、倫理観と著しい齟齬が発生しないように調整する。
+  部品: 政庁での立法と改正(租税法律主義)
+  税制は法律によらなければ、国家は租税を賦課徴収できず、一方、国民は租税を負担することはない、という思想に基づいて運用されている。税制に変更が必要な場合は適宜政庁によって新たな法律の立法や既存の法の改正が検討される。国民の中の有識者や市井の人々の声に耳を傾け、既存の慣習や法律、倫理観と著しい齟齬が発生しないように調整する。
   
   部品: 税務署による税務行政
   税務行政は税務署によって担われている。税務署は納税者の自発的な納税義務の履行を適正かつ円滑に実現することを目的とし、国民へ納税についての知識を宣伝し、納税事務を行って国家の税制を支える存在である。
+  
+  部品: 社会保障関係費
+  社会保障とは、私たちが安心して生活していくために必要な医療、年金、福祉、介護、生活保護などの公的サービスのことを指す。社会保障のためのサービスを行うことで個人的リスクである、病気・けが・出産・障害・死亡・老化・失業などの生活上の問題について貧困を予防し、貧困者を救い、生活を安定させることを目的とする。
+  
+  部品: 公共事業関係費
+  道路や鉄道、港湾、空港、河川の治水工事、廃棄物処理施設、上下水道や通信施設、橋梁、トンネル、住宅関連整備などの社会資本やインフラストラクチャーといった、民間に任せていては最適量までの生産が行われにくい公共財の生産と維持運営を行うための費用である。将来的に国益となると見込まれるものを建設、生産することを公共投資とも呼ぶ。これらは地域全体の便益の向上、費用の削減を目指して事業が行われる。副次的な効果として、不況期に公共事業関係費を増加させて景気回復を図る場合がある。
+  
+  部品: 教育と研究開発の費用
+  幼稚園から大学に至るまでの各年代の教育機関への援助と技術開発を促進するための費用。教育関連では学校の整備、教材の配布、教員の育成と採用、育成機関の設立などがあげられる。研究開発の面では各国が保有する技術の研究開発費用が支出され、採算の取れない基礎的な研究の費用、将来有望と見込まれた技術、人への援助金、先端研究施設の建設費などに充てられる。
+  
+  部品: 地方交付税交付金
+  国が地方公共団体の財源の偏在を調整することを目的とした地方財政調整制度である。税収の多い地域から税収の少ない地域への所得の再分配機能が有り、税収の乏しい地方公共団体において公共サービスを機能させるための枠組みである。
+  
+  部品: 外交費、経済協力費用
+  国内だけでなく、世界の人々のために支出される費用のこと。多国間の問題に協働して対処する際の資金提供や国際機関設立時の資金提供、災害や紛争が起こって困窮している他国民の救済のために使われる。先進国では技術協力や開発援助によって発展途上国を支援する目的で多目に支出される傾向にある。
+  
+  部品: 防衛関係費
+  通常は平時における軍の維持費を意味し,戦時においては戦費となる。国防費ともいう。陸海空軍等の装備の調達や組織の維持に使われる費用を狭義の軍事費という。また軍人恩給や軍事公債の利払い、道路などの建設費、軍事科学研究費、軍事産業への補助金、国外領土の運営費、対外援助費といった広義の軍事費にも充てられる。
+  
+  部品: 国債費
+  政府が歳入の不足を補うために発行した公債や国債、借入金の償還,利子の支払いに必要なすべての経費を指す。
   
   
 
 
 *インポート用定義データ
 
   [
     {
       "id": 97742,
       "title": "税制",
       "description": null,
       "part_type": "group",
       "created_at": "2017-09-07 12:38:27.350626",
       "updated_at": "2017-09-07 12:38:27.350626",
       "children": [
         {
           "id": 97737,
           "title": "直接税",
           "description": null,
           "part_type": "group",
           "created_at": "2017-09-07 12:38:27.120555",
           "updated_at": "2017-09-07 12:38:27.120555",
           "children": [
             {
               "id": 97734,
               "title": "直接税とは",
               "description": "納税者と税負担者が一致する税のこと。税を課された本人が直接的に税を支払う形であり、一定の個人や組織においてどれだけの税負担をしているかの内容が分かり易いという利点がある。一方で直接税の性格上累進課税が多くなることから、裕福な納税者と貧しい納税者とで税負担率に差が出易い傾向にある。",
               "part_type": "part",
               "created_at": "2017-09-07 12:38:27.100298",
               "updated_at": "2017-09-07 12:38:27.100298",
               "children": [],
               "character": {
                 "id": 1967,
                 "name": "ガムホリック・草薙"
               },
-              "localID": 2
+              "localID": 3
             },
             {
               "id": 97735,
               "title": "直接税の種類",
               "description": "個人の年間の収入に課税する所得税、会社や企業などの組織の利潤を対象に課税する法人税、当人の死亡により資産や財産を受け継ぐ際に課税する相続税、保有する資産に対して課税する資産税などがある。",
               "part_type": "part",
               "created_at": "2017-09-07 12:38:27.103724",
               "updated_at": "2017-09-07 12:38:27.103724",
               "children": [],
               "character": {
                 "id": 1967,
                 "name": "ガムホリック・草薙"
               },
-              "localID": 3
+              "localID": 4
             },
             {
               "id": 97736,
               "title": "直接税の課税の仕組み",
               "description": "基本的には戸籍が参照され、それを元に個人に対して課税される。一年間に課税された額の税金を支払うことになる。個人が書類を記載して提出しする方式が一般的。税金の未納が発生すると督促が来たり、公共サービスが受けられなくなったり、最悪資産が差し押さえられてしまう。",
               "part_type": "part",
               "created_at": "2017-09-07 12:38:27.107991",
               "updated_at": "2017-09-07 12:38:27.107991",
               "children": [],
               "character": {
                 "id": 1967,
                 "name": "ガムホリック・草薙"
               },
-              "localID": 4
+              "localID": 5
             }
           ],
           "character": {
             "id": 1967,
             "name": "ガムホリック・草薙"
           },
           "expanded": false,
-          "localID": 1
+          "localID": 2
         },
         {
           "id": 97741,
           "title": "間接税",
           "description": null,
           "part_type": "group",
           "created_at": "2017-09-07 12:38:27.255544",
           "updated_at": "2017-09-07 12:38:27.255544",
           "children": [
             {
               "id": 97738,
               "title": "間接税とは",
               "description": "納税者と税負担者が分かれているもの。納税者は予め税を織り込んだ形で消費者(=税負担者)へと販売するなどし、税負担者から集めた税金分をまとめて納税する形式の税。一般的に税率が単純で分かり易く、予め価格設定に税が織り込み済みのために負担感が少ないと言われる。ただし生活必需品なども一律で課税されるために逆進的な税制であるとされる。",
               "part_type": "part",
               "created_at": "2017-09-07 12:38:27.237431",
               "updated_at": "2017-09-07 12:38:27.237431",
               "children": [],
               "character": {
                 "id": 1967,
                 "name": "ガムホリック・草薙"
               },
-              "localID": 6
+              "localID": 7
             },
             {
               "id": 97739,
               "title": "間接税の種類",
               "description": "商品の取引時に常に発生する消費税、たばこや酒などの奢侈品の取引時に消費税に上乗せして課税される奢侈税、外国から物品を輸入する際に課税される関税などがある。",
               "part_type": "part",
               "created_at": "2017-09-07 12:38:27.240976",
               "updated_at": "2017-09-07 12:38:27.240976",
               "children": [],
               "character": {
                 "id": 1967,
                 "name": "ガムホリック・草薙"
               },
-              "localID": 7
+              "localID": 8
             },
             {
               "id": 97740,
               "title": "間接税の課税の仕組み",
               "description": "間接税を支払うのは個人の事業者や会社、企業などの法人である。彼らは取引において購入者から徴収した税金をまとめ、一年ごとに一括で納税する義務がある。税金の未納が発生すると督促が来たり、公共サービスが受けられなくなったり、最悪資産が差し押さえられてしまう。",
               "part_type": "part",
               "created_at": "2017-09-07 12:38:27.24429",
               "updated_at": "2017-09-07 12:38:27.24429",
               "children": [],
               "character": {
                 "id": 1967,
                 "name": "ガムホリック・草薙"
               },
-              "localID": 8
+              "localID": 9
             }
           ],
           "character": {
             "id": 1967,
             "name": "ガムホリック・草薙"
           },
           "expanded": false,
-          "localID": 5
+          "localID": 6
         },
         {
           "id": 98158,
           "title": "国税庁",
           "description": null,
           "part_type": "group",
           "created_at": "2017-09-07 13:17:13.361683",
           "updated_at": "2017-09-07 13:42:38.077425",
           "children": [
             {
               "id": 98150,
               "title": "国税庁の目指すもの",
               "description": null,
               "part_type": "group",
               "created_at": "2017-09-07 13:17:13.01786",
               "updated_at": "2017-09-07 13:42:38.201028",
               "children": [
                 {
                   "id": 98146,
                   "title": "正直者には尊敬の的、悪徳者には畏怖の的",
                   "description": "「正直者には尊敬の的、悪徳者には畏怖の的」とは税務署のあるべき姿をあらわした言葉である。正直に納税している国民からは尊敬の目でみられるような仕事を行い、納税の意思が無いような悪質な国民からは、的確な調査や情報収集などで恐れられる存在であるべきである、とするスローガンである。",
                   "part_type": "part",
                   "created_at": "2017-09-07 13:17:12.96645",
                   "updated_at": "2017-09-07 13:17:12.96645",
                   "children": [],
                   "character": {
                     "id": 1967,
                     "name": "ガムホリック・草薙"
                   },
-                  "localID": 11
+                  "localID": 12
                 },
                 {
                   "id": 98147,
                   "title": "納税環境の整備",
                   "description": "申告・納税に関する法令解釈や事務手続などについて、分かりやすく的確に周知・広報を行うと共に納税者からの問い合わせや相談に対して、迅速かつ的確に対応する。関係省庁や国民から意見を吸い上げて、協力体制の構築や税務行政に活かしていく。",
                   "part_type": "part",
                   "created_at": "2017-09-07 13:17:13.001492",
                   "updated_at": "2017-09-07 13:17:13.001492",
                   "children": [],
                   "character": {
                     "id": 1967,
                     "name": "ガムホリック・草薙"
                   },
-                  "localID": 12
+                  "localID": 13
                 },
                 {
                   "id": 98148,
                   "title": "適正、公平な税務行政の推進",
                   "description": "関係法令を適切に運用し、申告が適正でないと認められる納税者に対する的確な指導や調査を実施。納付を行わない納税者に対しては滞納処分の執行を行う。また納税者による不服申立て等に、適正・迅速に対応する。",
                   "part_type": "part",
                   "created_at": "2017-09-07 13:17:13.005655",
                   "updated_at": "2017-09-07 13:17:13.005655",
                   "children": [],
                   "character": {
                     "id": 1967,
                     "name": "ガムホリック・草薙"
                   },
-                  "localID": 13
+                  "localID": 14
                 },
                 {
                   "id": 98149,
                   "title": "記録、記帳の保存",
                   "description": "納税の申請や申告についてはその内容を保存する制度を確立し、転記によって簡易な形での保管が可能となっている。棚卸表、請求書、領収書などの帳簿書類や資産の売買の記録などを保管している。",
                   "part_type": "part",
                   "created_at": "2017-09-07 13:17:13.0088",
                   "updated_at": "2017-09-07 13:17:13.0088",
                   "children": [],
                   "character": {
                     "id": 1967,
                     "name": "ガムホリック・草薙"
                   },
-                  "localID": 14
+                  "localID": 15
                 }
               ],
               "character": {
                 "id": 1967,
                 "name": "ガムホリック・草薙"
               },
-              "expanded": true,
-              "localID": 10
+              "expanded": false,
+              "localID": 11
             },
             {
               "id": 98157,
               "title": "国税庁の各部門",
               "description": null,
               "part_type": "group",
               "created_at": "2017-09-07 13:17:13.206302",
               "updated_at": "2017-09-07 13:42:38.292368",
               "children": [
                 {
                   "id": 98151,
                   "title": "管理運営部門",
                   "description": "税務署の管理運営部門は申告書の入力などの内部事務のほか、提出書類の収受、各種用紙の交付、納税証明書の発行、国税の領収などの窓口関係事務や、延納・物納に関する事務等を担当している。総じて受付窓口の一本化を行っている。",
                   "part_type": "part",
                   "created_at": "2017-09-07 13:17:13.179708",
                   "updated_at": "2017-09-07 13:17:13.179708",
                   "children": [],
                   "character": {
                     "id": 1967,
                     "name": "ガムホリック・草薙"
                   },
-                  "localID": 16
+                  "localID": 17
                 },
                 {
                   "id": 98152,
                   "title": "徴収部門",
                   "description": "税を徴収する部門である。税が期限までに納付されないときは督促状を発送し、それでも納付がされない場合には、徴収部門において滞納整理を行う。まずは自主的な納付を促し、その上で、納付が困難な事情がある場合には、事業や財産の状況など、滞納者の個々の実情を十分に伺った上で、法令等の規定に基づき、納税の猶予などの納税緩和制度の適用を行う。 一方で、納付を促しても納付の意思が認められないような場合には、捜索等により財産を把握し、差押え等の滞納処分を行う。",
                   "part_type": "part",
                   "created_at": "2017-09-07 13:17:13.183763",
                   "updated_at": "2017-09-07 13:17:13.183763",
                   "children": [],
                   "character": {
                     "id": 1967,
                     "name": "ガムホリック・草薙"
                   },
-                  "localID": 17
+                  "localID": 18
                 },
                 {
                   "id": 98153,
                   "title": "個人課税対応部門",
                   "description": "個人課税対応部門は、個人事業者の所得税及び消費税及び地方税について、申告等の相談・指導・調査を行っている。また、個人事業者向けの各種説明会や納税の申告のための記帳指導も行っている。",
                   "part_type": "part",
                   "created_at": "2017-09-07 13:17:13.187064",
                   "updated_at": "2017-09-07 13:17:13.187064",
                   "children": [],
                   "character": {
                     "id": 1967,
                     "name": "ガムホリック・草薙"
                   },
-                  "localID": 18
+                  "localID": 19
                 },
                 {
                   "id": 98154,
                   "title": "資産課税部門",
                   "description": "資産課税部門は、相続税や贈与税のほか、所得税のうち土地や株式等の譲渡所得について、申告等の相談・指導・調査を行う部門。納税者の自宅や職場、取引金融機関等に出向き調査を行い、申告内容に誤りがあれば、正しい申告を指導し、更正処分等を行います。また、課税対象となる資産の評価額を算出するのもこの部署の役割である。",
                   "part_type": "part",
                   "created_at": "2017-09-07 13:17:13.191048",
                   "updated_at": "2017-09-07 13:17:13.191048",
                   "children": [],
                   "character": {
                     "id": 1967,
                     "name": "ガムホリック・草薙"
                   },
-                  "localID": 19
+                  "localID": 20
                 },
                 {
                   "id": 98155,
                   "title": "法人課税部門",
                   "description": "法人課税部門は、株式会社等の企業の法人税や消費税、源泉所得税や印紙税等について申告等の相談・指導・調査を行う部署。企業からの申告書類を内部で精査して、必要であれば税務調査も行い、会計や税務処理が適切か確認し、間違っている場合は更生指導する。",
                   "part_type": "part",
                   "created_at": "2017-09-07 13:17:13.19468",
                   "updated_at": "2017-09-07 13:17:13.19468",
                   "children": [],
                   "character": {
                     "id": 1967,
                     "name": "ガムホリック・草薙"
                   },
-                  "localID": 20
+                  "localID": 21
                 },
                 {
                   "id": 98156,
                   "title": "その他の税別対応部門",
                   "description": "酒税や特別税などに対応する部門。申告書類を内部で監査した後、必要があれば製造元への調査や特別税の対象を調査して税務処理が適切に行われているかを調査、更生指導する部署。",
                   "part_type": "part",
                   "created_at": "2017-09-07 13:17:13.197469",
                   "updated_at": "2017-09-07 13:17:13.197469",
                   "children": [],
                   "character": {
                     "id": 1967,
                     "name": "ガムホリック・草薙"
                   },
-                  "localID": 21
+                  "localID": 22
                 }
               ],
               "character": {
                 "id": 1967,
                 "name": "ガムホリック・草薙"
               },
-              "expanded": true,
-              "localID": 15
+              "expanded": false,
+              "localID": 16
             }
           ],
           "character": {
             "id": 1967,
             "name": "ガムホリック・草薙"
           },
           "expanded": false,
-          "localID": 9
+          "localID": 10
         },
         {
           "id": 98311,
           "title": "税制の大枠",
           "description": null,
           "part_type": "group",
           "created_at": "2017-09-07 13:31:32.653464",
           "updated_at": "2017-09-07 13:31:32.653464",
           "children": [
             {
               "id": 98298,
               "title": "税を徴収する目的",
               "description": "国内では人々が生活する上で必要不可欠であるが、個人ではできない様々な仕事やそれだけでは生活の糧を得ることができないような職業、施設が存在する。これらを維持するためには多くの費用が必要となり、多数の国民から幅広く費用を徴収してその費用に充て、国民ひとりひとりが健康で文化的な生活を送れるようにすることが税を徴収する目的である。",
               "part_type": "part",
               "created_at": "2017-09-07 13:27:09.047301",
               "updated_at": "2017-09-07 13:27:09.047301",
               "children": [],
               "character": {
                 "id": 1967,
                 "name": "ガムホリック・草薙"
               },
-              "localID": 23
+              "localID": 24
             },
             {
               "id": 97731,
               "title": "過大な課税の禁止",
               "description": "税の目的は為政者を富ませることではなく国民ひとりひとりの生活を守り豊かにすることである。税負担者にとって大きすぎる課税は避けて、国民の生活を圧迫しない程度の税率に留める。",
               "part_type": "part",
               "created_at": "2017-09-07 12:38:27.076512",
               "updated_at": "2017-09-07 13:27:09.111246",
               "children": [],
               "character": {
                 "id": 1967,
                 "name": "ガムホリック・草薙"
               },
-              "localID": 24
+              "localID": 25
             },
             {
               "id": 97732,
-              "title": "分かり易い税制度を目指す",
-              "description": "二重課税や実質的な中身が似たような税が発生しないようにし、税の種類を無暗に増やすことなくなるべく万人が分かり易い税の制度設計を目指す。分かり易く税の内容が把握しやすければ、税金の未納も減り徴税コストも下がるからである。",
+              "title": "公平・中立・簡素",
+              "description": "国民が税を広く公平に分かち合っていくため、公平・中立・簡素を目指して税制は設計される。公平を保つためにある特定の分野に税が偏らないようにし、担税力のあるものがより多くの税を支払うように設計される。また税制が特定の企業や個人の活動を歪めないように配慮される。なるべく万人が分かり易い税の制度設計を目指すことで、税金の未納を減らして徴税コストを下げるように努力する。",
               "part_type": "part",
               "created_at": "2017-09-07 12:38:27.089979",
-              "updated_at": "2017-09-07 12:38:27.089979",
+              "updated_at": "2017-09-07 16:19:43.967123",
               "children": [],
               "character": {
                 "id": 1967,
                 "name": "ガムホリック・草薙"
               },
-              "localID": 25
+              "localID": 26
             },
             {
               "id": 97733,
-              "title": "政庁での立法と改正",
-              "description": "税制に変更が必要な場合は適宜政庁によって新たな法律の立法や既存の法の改正が検討される。国民の中の有識者や市井の人々の声に耳を傾け、既存の慣習や法律、倫理観と著しい齟齬が発生しないように調整する。",
+              "title": "政庁での立法と改正(租税法律主義)",
+              "description": "税制は法律によらなければ、国家は租税を賦課徴収できず、一方、国民は租税を負担することはない、という思想に基づいて運用されている。税制に変更が必要な場合は適宜政庁によって新たな法律の立法や既存の法の改正が検討される。国民の中の有識者や市井の人々の声に耳を傾け、既存の慣習や法律、倫理観と著しい齟齬が発生しないように調整する。",
               "part_type": "part",
               "created_at": "2017-09-07 12:38:27.093384",
-              "updated_at": "2017-09-07 13:27:09.13294",
+              "updated_at": "2017-09-07 16:19:43.984189",
               "children": [],
               "character": {
                 "id": 1967,
                 "name": "ガムホリック・草薙"
               },
-              "localID": 26
+              "localID": 27
             },
             {
               "id": 98310,
               "title": "税務署による税務行政",
               "description": "税務行政は税務署によって担われている。税務署は納税者の自発的な納税義務の履行を適正かつ円滑に実現することを目的とし、国民へ納税についての知識を宣伝し、納税事務を行って国家の税制を支える存在である。",
               "part_type": "part",
               "created_at": "2017-09-07 13:31:32.619126",
               "updated_at": "2017-09-07 13:31:32.619126",
               "children": [],
               "character": {
                 "id": 1967,
                 "name": "ガムホリック・草薙"
               },
-              "localID": 27
+              "localID": 28
+            }
+          ],
+          "character": {
+            "id": 1967,
+            "name": "ガムホリック・草薙"
+          },
+          "expanded": false,
+          "localID": 23
+        },
+        {
+          "id": 99778,
+          "title": "歳出の種類と用途",
+          "description": null,
+          "part_type": "group",
+          "created_at": "2017-09-07 16:19:44.015079",
+          "updated_at": "2017-09-07 16:19:44.015079",
+          "children": [
+            {
+              "id": 99771,
+              "title": "社会保障関係費",
+              "description": "社会保障とは、私たちが安心して生活していくために必要な医療、年金、福祉、介護、生活保護などの公的サービスのことを指す。社会保障のためのサービスを行うことで個人的リスクである、病気・けが・出産・障害・死亡・老化・失業などの生活上の問題について貧困を予防し、貧困者を救い、生活を安定させることを目的とする。",
+              "part_type": "part",
+              "created_at": "2017-09-07 16:19:43.994039",
+              "updated_at": "2017-09-07 16:19:43.994039",
+              "children": [],
+              "character": {
+                "id": 1967,
+                "name": "ガムホリック・草薙"
+              },
+              "localID": 30
+            },
+            {
+              "id": 99772,
+              "title": "公共事業関係費",
+              "description": "道路や鉄道、港湾、空港、河川の治水工事、廃棄物処理施設、上下水道や通信施設、橋梁、トンネル、住宅関連整備などの社会資本やインフラストラクチャーといった、民間に任せていては最適量までの生産が行われにくい公共財の生産と維持運営を行うための費用である。将来的に国益となると見込まれるものを建設、生産することを公共投資とも呼ぶ。これらは地域全体の便益の向上、費用の削減を目指して事業が行われる。副次的な効果として、不況期に公共事業関係費を増加させて景気回復を図る場合がある。",
+              "part_type": "part",
+              "created_at": "2017-09-07 16:19:44.001454",
+              "updated_at": "2017-09-07 16:19:44.001454",
+              "children": [],
+              "character": {
+                "id": 1967,
+                "name": "ガムホリック・草薙"
+              },
+              "localID": 31
+            },
+            {
+              "id": 99773,
+              "title": "教育と研究開発の費用",
+              "description": "幼稚園から大学に至るまでの各年代の教育機関への援助と技術開発を促進するための費用。教育関連では学校の整備、教材の配布、教員の育成と採用、育成機関の設立などがあげられる。研究開発の面では各国が保有する技術の研究開発費用が支出され、採算の取れない基礎的な研究の費用、将来有望と見込まれた技術、人への援助金、先端研究施設の建設費などに充てられる。",
+              "part_type": "part",
+              "created_at": "2017-09-07 16:19:44.002956",
+              "updated_at": "2017-09-07 16:19:44.002956",
+              "children": [],
+              "character": {
+                "id": 1967,
+                "name": "ガムホリック・草薙"
+              },
+              "localID": 32
+            },
+            {
+              "id": 99774,
+              "title": "地方交付税交付金",
+              "description": "国が地方公共団体の財源の偏在を調整することを目的とした地方財政調整制度である。税収の多い地域から税収の少ない地域への所得の再分配機能が有り、税収の乏しい地方公共団体において公共サービスを機能させるための枠組みである。",
+              "part_type": "part",
+              "created_at": "2017-09-07 16:19:44.004532",
+              "updated_at": "2017-09-07 16:19:44.004532",
+              "children": [],
+              "character": {
+                "id": 1967,
+                "name": "ガムホリック・草薙"
+              },
+              "localID": 33
+            },
+            {
+              "id": 99775,
+              "title": "外交費、経済協力費用",
+              "description": "国内だけでなく、世界の人々のために支出される費用のこと。多国間の問題に協働して対処する際の資金提供や国際機関設立時の資金提供、災害や紛争が起こって困窮している他国民の救済のために使われる。先進国では技術協力や開発援助によって発展途上国を支援する目的で多目に支出される傾向にある。",
+              "part_type": "part",
+              "created_at": "2017-09-07 16:19:44.005886",
+              "updated_at": "2017-09-07 16:19:44.005886",
+              "children": [],
+              "character": {
+                "id": 1967,
+                "name": "ガムホリック・草薙"
+              },
+              "localID": 34
+            },
+            {
+              "id": 99776,
+              "title": "防衛関係費",
+              "description": "通常は平時における軍の維持費を意味し,戦時においては戦費となる。国防費ともいう。陸海空軍等の装備の調達や組織の維持に使われる費用を狭義の軍事費という。また軍人恩給や軍事公債の利払い、道路などの建設費、軍事科学研究費、軍事産業への補助金、国外領土の運営費、対外援助費といった広義の軍事費にも充てられる。",
+              "part_type": "part",
+              "created_at": "2017-09-07 16:19:44.007196",
+              "updated_at": "2017-09-07 16:19:44.007196",
+              "children": [],
+              "character": {
+                "id": 1967,
+                "name": "ガムホリック・草薙"
+              },
+              "localID": 35
+            },
+            {
+              "id": 99777,
+              "title": "国債費",
+              "description": "政府が歳入の不足を補うために発行した公債や国債、借入金の償還,利子の支払いに必要なすべての経費を指す。",
+              "part_type": "part",
+              "created_at": "2017-09-07 16:19:44.008768",
+              "updated_at": "2017-09-07 16:19:44.008768",
+              "children": [],
+              "character": {
+                "id": 1967,
+                "name": "ガムホリック・草薙"
+              },
+              "localID": 36
             }
           ],
           "character": {
             "id": 1967,
             "name": "ガムホリック・草薙"
           },
           "expanded": false,
-          "localID": 22
+          "localID": 29
         }
       ],
       "character": {
         "id": 1967,
         "name": "ガムホリック・草薙"
       },
-      "expanded": true,
-      "localID": 0
+      "expanded": false,
+      "localID": 1
     }
   ]