伝書鳩

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

部品構造


  • 大部品: 伝書鳩 RD:15 評価値:6
    • 部品: 伝書鳩とは
    • 大部品: カワラバト RD:3 評価値:2
      • 部品: カワラバトの生態
      • 部品: 飛行能力
      • 部品: 人馴れしやすい
    • 大部品: 伝書鳩で運べるもの RD:3 評価値:2
      • 部品: 小型の記録媒体や書類
      • 部品: 血清や薬などの医療用品
      • 部品: その他の小さくて軽いもの
    • 大部品: 伝書鳩の訓練 RD:8 評価値:5
      • 部品: 帰巣本能を利用
      • 部品: 遠隔地からの帰還訓練
      • 部品: 荷物を持って飛ぶ訓練
      • 部品: 往復の訓練
      • 部品: 栄養バランスの取れた食事
      • 部品: よく出来たときのご褒美
      • 部品: 伝書鳩とのスキンシップ
      • 部品: 伝書鳩の体調管理



部品定義


部品: 伝書鳩とは

訓練を施して特定の地点を往復飛行できるようになったカワラバトである。訓練によっては1000キロを超えた距離を移動することもできる。伝書鳩は足の付根などに小型の手紙や荷物をくくりつけて飛ばすことで数百キロ離れた遠隔地へと荷物を届けることが出来る。普通は200キロメートル程度の範囲内に限定し、猛禽類などの天敵が出にくい直線ルートを考えて使役する。

部品: カワラバトの生態

カワラバトは成鳥で体長30~35センチメートルになる鳥である。体毛は灰色を基調として黒と白が混じり、首元に紫や緑の部分が見受けられる個体もある。冷帯から亜熱帯まで幅広い地域に生息し年中同じ地域に留まる留鳥である。食べ物は種子や穀類を中心に草や果実などの植物を主食とし稀に昆虫などを捕食する。一夫一妻制で一年中繁殖が可能だが。抱卵は雌雄交代で行い、2~3週間で卵は孵化し、親鳥は消化器官からの内分泌液(ピジョンミルク)を餌として雛鳥に与える。住む場所は本来、岸壁などの高い場所に営巣する習性がある。人馴れしやすいため都市部においても問題なく営巣する大人しい鳥である。

部品: 飛行能力

水平飛行時の平均速度は時速70キロメートル前後と言われている。最大で時速150キロメートル程の速度を出すと言われている。訓練したものであれば1000キロ以上の距離を飛行することも可能である。

部品: 人馴れしやすい

人馴れしやすく、餌を与えるとすぐに近づいて食べようとする。警戒心があまり無いのか、人との触れ合いでそうなったのかは不明だが、広場や公園などでは人の足元を我が物顔で歩き回るほど人を恐れない性質である。

部品: 小型の記録媒体や書類

伝書鳩は以下の小型の記録媒体を運ぶことが出来る。手紙、便箋や契約書、報告書、命令書等の書類。フィルムやマイクロフィルム、メモリースティック等の物理的な記録媒体。

部品: 血清や薬などの医療用品

伝書鳩は病気や毒に対抗するための血清や錠剤のビン、アンプルなどの医療用品を運搬することが出来る。大人数分とはいかないが、数人分の量を一度に運ぶことが可能である。

部品: その他の小さくて軽いもの

伝書鳩の飛行を邪魔市内程度の大きさに収まっており、なおかつ数十グラム程度の重さのものであれば、足元や羽根にくくりつけて運ぶことが出来る。

部品: 帰巣本能を利用

帰巣本能を利用するために、巣箱などのカワラバト用の巣を用意してそこに住まわせておく。居心地の良い環境を整えて、半年ほど飼育して自分の巣だと認識させる。巣だと認識させた後に巣箱を移動させて伝書鳩の帰還地点とする。

部品: 遠隔地からの帰還訓練

伝書鳩を巣箱から離れた地点につれていき解放することで、遠隔地から帰還することになれさせる訓練。最初は数キロの距離からはじめて徐々に距離を広げていく。600キロも離れたところから帰れれば一人前といえる。

部品: 荷物を持って飛ぶ訓練

小型のおもりをもたせて飛べるようにする訓練。伝書鳩は封書や医療器具等の輸送に使われるため、ある程度の重量が加わった状態で長距離移動できるように訓練する。最初はバンドを方足に巻きつけるところから始めて、徐々に重量を加算していく。最終的には記録媒体であるフィルムや手紙、医療用の血清、薬ビン等を運べる程度まで訓練する。

部品: 往復の訓練

カワラバトは巣に戻るのと同様に餌場にも舞い戻る習性がある。この修正を利用した訓練を施すことで、伝書鳩は一定地点を往復することが可能となる。

部品: 栄養バランスの取れた食事

カワラバトにとって栄養バランスの取れた餌を与える。糖分や脂質を多く含んだ果実などはなるべく避けて、長距離の移動に耐えられるような筋肉質な体型を目指した栄養バランスを目指している。

部品: よく出来たときのご褒美

訓練を上手にこなした伝書鳩にはハトムギやナッツ類等のごちそうを与えて褒めてやる。新しい水や巣の掃除もしてやり、伝書鳩のモチベーションを高めて更に訓練に励んでもらうようにする。

部品: 伝書鳩とのスキンシップ

飼い主とのスキンシップは重要である。信頼関係を醸成するためにも是非とも手で撫でてかわいがってあげたい。ただし機嫌が悪いときや体調不良の時に無理やり撫でるのは厳禁である。

部品: 伝書鳩の体調管理

その日の食事量、水を飲んだ量や糞の様子、挙動や鳴き声、目や体毛の様子などを総合的に判断して健康か否かを判断する。健康でないと判断した鳩は休ませて、病気だと思われるものは専門の獣医に見てもらうことにする。



提出書式


 大部品: 伝書鳩 RD:15 評価値:6
 -部品: 伝書鳩とは
 -大部品: カワラバト RD:3 評価値:2
 --部品: カワラバトの生態
 --部品: 飛行能力
 --部品: 人馴れしやすい
 -大部品: 伝書鳩で運べるもの RD:3 評価値:2
 --部品: 小型の記録媒体や書類
 --部品: 血清や薬などの医療用品
 --部品: その他の小さくて軽いもの
 -大部品: 伝書鳩の訓練 RD:8 評価値:5
 --部品: 帰巣本能を利用
 --部品: 遠隔地からの帰還訓練
 --部品: 荷物を持って飛ぶ訓練
 --部品: 往復の訓練
 --部品: 栄養バランスの取れた食事
 --部品: よく出来たときのご褒美
 --部品: 伝書鳩とのスキンシップ
 --部品: 伝書鳩の体調管理
 
 
 部品: 伝書鳩とは
 訓練を施して特定の地点を往復飛行できるようになったカワラバトである。訓練によっては1000キロを超えた距離を移動することもできる。伝書鳩は足の付根などに小型の手紙や荷物をくくりつけて飛ばすことで数百キロ離れた遠隔地へと荷物を届けることが出来る。普通は200キロメートル程度の範囲内に限定し、猛禽類などの天敵が出にくい直線ルートを考えて使役する。
 
 部品: カワラバトの生態
 カワラバトは成鳥で体長30~35センチメートルになる鳥である。体毛は灰色を基調として黒と白が混じり、首元に紫や緑の部分が見受けられる個体もある。冷帯から亜熱帯まで幅広い地域に生息し年中同じ地域に留まる留鳥である。食べ物は種子や穀類を中心に草や果実などの植物を主食とし稀に昆虫などを捕食する。一夫一妻制で一年中繁殖が可能だが。抱卵は雌雄交代で行い、2~3週間で卵は孵化し、親鳥は消化器官からの内分泌液(ピジョンミルク)を餌として雛鳥に与える。住む場所は本来、岸壁などの高い場所に営巣する習性がある。人馴れしやすいため都市部においても問題なく営巣する大人しい鳥である。
 
 部品: 飛行能力
 水平飛行時の平均速度は時速70キロメートル前後と言われている。最大で時速150キロメートル程の速度を出すと言われている。訓練したものであれば1000キロ以上の距離を飛行することも可能である。
 
 部品: 人馴れしやすい
 人馴れしやすく、餌を与えるとすぐに近づいて食べようとする。警戒心があまり無いのか、人との触れ合いでそうなったのかは不明だが、広場や公園などでは人の足元を我が物顔で歩き回るほど人を恐れない性質である。
 
 部品: 小型の記録媒体や書類
 伝書鳩は以下の小型の記録媒体を運ぶことが出来る。手紙、便箋や契約書、報告書、命令書等の書類。フィルムやマイクロフィルム、メモリースティック等の物理的な記録媒体。
 
 部品: 血清や薬などの医療用品
 伝書鳩は病気や毒に対抗するための血清や錠剤のビン、アンプルなどの医療用品を運搬することが出来る。大人数分とはいかないが、数人分の量を一度に運ぶことが可能である。
 
 部品: その他の小さくて軽いもの
 伝書鳩の飛行を邪魔市内程度の大きさに収まっており、なおかつ数十グラム程度の重さのものであれば、足元や羽根にくくりつけて運ぶことが出来る。
 
 部品: 帰巣本能を利用
 帰巣本能を利用するために、巣箱などのカワラバト用の巣を用意してそこに住まわせておく。居心地の良い環境を整えて、半年ほど飼育して自分の巣だと認識させる。巣だと認識させた後に巣箱を移動させて伝書鳩の帰還地点とする。
 
 部品: 遠隔地からの帰還訓練
 伝書鳩を巣箱から離れた地点につれていき解放することで、遠隔地から帰還することになれさせる訓練。最初は数キロの距離からはじめて徐々に距離を広げていく。600キロも離れたところから帰れれば一人前といえる。
 
 部品: 荷物を持って飛ぶ訓練
 小型のおもりをもたせて飛べるようにする訓練。伝書鳩は封書や医療器具等の輸送に使われるため、ある程度の重量が加わった状態で長距離移動できるように訓練する。最初はバンドを方足に巻きつけるところから始めて、徐々に重量を加算していく。最終的には記録媒体であるフィルムや手紙、医療用の血清、薬ビン等を運べる程度まで訓練する。
 
 部品: 往復の訓練
 カワラバトは巣に戻るのと同様に餌場にも舞い戻る習性がある。この修正を利用した訓練を施すことで、伝書鳩は一定地点を往復することが可能となる。
 
 部品: 栄養バランスの取れた食事
 カワラバトにとって栄養バランスの取れた餌を与える。糖分や脂質を多く含んだ果実などはなるべく避けて、長距離の移動に耐えられるような筋肉質な体型を目指した栄養バランスを目指している。
 
 部品: よく出来たときのご褒美
 訓練を上手にこなした伝書鳩にはハトムギやナッツ類等のごちそうを与えて褒めてやる。新しい水や巣の掃除もしてやり、伝書鳩のモチベーションを高めて更に訓練に励んでもらうようにする。
 
 部品: 伝書鳩とのスキンシップ
 飼い主とのスキンシップは重要である。信頼関係を醸成するためにも是非とも手で撫でてかわいがってあげたい。ただし機嫌が悪いときや体調不良の時に無理やり撫でるのは厳禁である。
 
 部品: 伝書鳩の体調管理
 その日の食事量、水を飲んだ量や糞の様子、挙動や鳴き声、目や体毛の様子などを総合的に判断して健康か否かを判断する。健康でないと判断した鳩は休ませて、病気だと思われるものは専門の獣医に見てもらうことにする。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "id": 95382,
     "title": "伝書鳩",
     "description": null,
     "part_type": "group",
     "created_at": "2017-09-06 12:54:29.576488",
     "updated_at": "2017-09-06 12:54:29.576488",
     "children": [
       {
         "id": 95368,
         "title": "伝書鳩とは",
         "description": "訓練を施して特定の地点を往復飛行できるようになったカワラバトである。訓練によっては1000キロを超えた距離を移動することもできる。伝書鳩は足の付根などに小型の手紙や荷物をくくりつけて飛ばすことで数百キロ離れた遠隔地へと荷物を届けることが出来る。普通は200キロメートル程度の範囲内に限定し、猛禽類などの天敵が出にくい直線ルートを考えて使役する。",
         "part_type": "part",
         "created_at": "2017-09-06 12:54:28.606",
         "updated_at": "2017-09-06 12:54:28.606",
         "children": [],
         "character": {
           "id": 1967,
           "name": "ガムホリック・草薙"
         },
         "localID": 1
       },
       {
         "id": 95194,
         "title": "カワラバト",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-09-06 11:59:28.267195",
         "updated_at": "2017-09-06 11:59:28.267195",
         "children": [
           {
             "id": 95191,
             "title": "カワラバトの生態",
             "description": "カワラバトは成鳥で体長30~35センチメートルになる鳥である。体毛は灰色を基調として黒と白が混じり、首元に紫や緑の部分が見受けられる個体もある。冷帯から亜熱帯まで幅広い地域に生息し年中同じ地域に留まる留鳥である。食べ物は種子や穀類を中心に草や果実などの植物を主食とし稀に昆虫などを捕食する。一夫一妻制で一年中繁殖が可能だが。抱卵は雌雄交代で行い、2~3週間で卵は孵化し、親鳥は消化器官からの内分泌液(ピジョンミルク)を餌として雛鳥に与える。住む場所は本来、岸壁などの高い場所に営巣する習性がある。人馴れしやすいため都市部においても問題なく営巣する大人しい鳥である。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-09-06 11:59:28.242656",
             "updated_at": "2017-09-06 12:54:28.736039",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 1967,
               "name": "ガムホリック・草薙"
             },
             "localID": 3
           },
           {
             "id": 95192,
             "title": "飛行能力",
             "description": "水平飛行時の平均速度は時速70キロメートル前後と言われている。最大で時速150キロメートル程の速度を出すと言われている。訓練したものであれば1000キロ以上の距離を飛行することも可能である。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-09-06 11:59:28.251453",
             "updated_at": "2017-09-06 11:59:28.251453",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 1967,
               "name": "ガムホリック・草薙"
             },
             "localID": 4
           },
           {
             "id": 95193,
             "title": "人馴れしやすい",
             "description": "人馴れしやすく、餌を与えるとすぐに近づいて食べようとする。警戒心があまり無いのか、人との触れ合いでそうなったのかは不明だが、広場や公園などでは人の足元を我が物顔で歩き回るほど人を恐れない性質である。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-09-06 11:59:28.255829",
             "updated_at": "2017-09-06 11:59:28.255829",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 1967,
               "name": "ガムホリック・草薙"
             },
             "localID": 5
           }
         ],
         "character": {
           "id": 1967,
           "name": "ガムホリック・草薙"
         },
         "expanded": false,
         "localID": 2
       },
       {
         "id": 95372,
         "title": "伝書鳩で運べるもの",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-09-06 12:54:28.815432",
         "updated_at": "2017-09-06 12:54:28.815432",
         "children": [
           {
             "id": 95369,
             "title": "小型の記録媒体や書類",
             "description": "伝書鳩は以下の小型の記録媒体を運ぶことが出来る。手紙、便箋や契約書、報告書、命令書等の書類。フィルムやマイクロフィルム、メモリースティック等の物理的な記録媒体。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-09-06 12:54:28.776276",
             "updated_at": "2017-09-06 12:54:28.776276",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 1967,
               "name": "ガムホリック・草薙"
             },
             "localID": 7
           },
           {
             "id": 95370,
             "title": "血清や薬などの医療用品",
             "description": "伝書鳩は病気や毒に対抗するための血清や錠剤のビン、アンプルなどの医療用品を運搬することが出来る。大人数分とはいかないが、数人分の量を一度に運ぶことが可能である。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-09-06 12:54:28.781988",
             "updated_at": "2017-09-06 12:54:28.781988",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 1967,
               "name": "ガムホリック・草薙"
             },
             "localID": 8
           },
           {
             "id": 95371,
             "title": "その他の小さくて軽いもの",
             "description": "伝書鳩の飛行を邪魔市内程度の大きさに収まっており、なおかつ数十グラム程度の重さのものであれば、足元や羽根にくくりつけて運ぶことが出来る。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-09-06 12:54:28.793905",
             "updated_at": "2017-09-06 12:54:28.793905",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 1967,
               "name": "ガムホリック・草薙"
             },
             "localID": 9
           }
         ],
         "character": {
           "id": 1967,
           "name": "ガムホリック・草薙"
         },
         "expanded": false,
         "localID": 6
       },
       {
         "id": 95381,
         "title": "伝書鳩の訓練",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-09-06 12:54:29.064077",
         "updated_at": "2017-09-06 12:54:29.064077",
         "children": [
           {
             "id": 95373,
             "title": "帰巣本能を利用",
             "description": "帰巣本能を利用するために、巣箱などのカワラバト用の巣を用意してそこに住まわせておく。居心地の良い環境を整えて、半年ほど飼育して自分の巣だと認識させる。巣だと認識させた後に巣箱を移動させて伝書鳩の帰還地点とする。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-09-06 12:54:28.982023",
             "updated_at": "2017-09-06 12:54:28.982023",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 1967,
               "name": "ガムホリック・草薙"
             },
             "localID": 11
           },
           {
             "id": 95374,
             "title": "遠隔地からの帰還訓練",
             "description": "伝書鳩を巣箱から離れた地点につれていき解放することで、遠隔地から帰還することになれさせる訓練。最初は数キロの距離からはじめて徐々に距離を広げていく。600キロも離れたところから帰れれば一人前といえる。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-09-06 12:54:28.993804",
             "updated_at": "2017-09-06 12:54:28.993804",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 1967,
               "name": "ガムホリック・草薙"
             },
             "localID": 12
           },
           {
             "id": 95375,
             "title": "荷物を持って飛ぶ訓練",
             "description": "小型のおもりをもたせて飛べるようにする訓練。伝書鳩は封書や医療器具等の輸送に使われるため、ある程度の重量が加わった状態で長距離移動できるように訓練する。最初はバンドを方足に巻きつけるところから始めて、徐々に重量を加算していく。最終的には記録媒体であるフィルムや手紙、医療用の血清、薬ビン等を運べる程度まで訓練する。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-09-06 12:54:29.00133",
             "updated_at": "2017-09-06 12:54:29.00133",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 1967,
               "name": "ガムホリック・草薙"
             },
             "localID": 13
           },
           {
             "id": 95376,
             "title": "往復の訓練",
             "description": "カワラバトは巣に戻るのと同様に餌場にも舞い戻る習性がある。この修正を利用した訓練を施すことで、伝書鳩は一定地点を往復することが可能となる。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-09-06 12:54:29.005654",
             "updated_at": "2017-09-06 12:54:29.005654",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 1967,
               "name": "ガムホリック・草薙"
             },
             "localID": 14
           },
           {
             "id": 95377,
             "title": "栄養バランスの取れた食事",
             "description": "カワラバトにとって栄養バランスの取れた餌を与える。糖分や脂質を多く含んだ果実などはなるべく避けて、長距離の移動に耐えられるような筋肉質な体型を目指した栄養バランスを目指している。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-09-06 12:54:29.013415",
             "updated_at": "2017-09-06 12:54:29.013415",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 1967,
               "name": "ガムホリック・草薙"
             },
             "localID": 15
           },
           {
             "id": 95378,
             "title": "よく出来たときのご褒美",
             "description": "訓練を上手にこなした伝書鳩にはハトムギやナッツ類等のごちそうを与えて褒めてやる。新しい水や巣の掃除もしてやり、伝書鳩のモチベーションを高めて更に訓練に励んでもらうようにする。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-09-06 12:54:29.021862",
             "updated_at": "2017-09-06 12:54:29.021862",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 1967,
               "name": "ガムホリック・草薙"
             },
             "localID": 16
           },
           {
             "id": 95379,
             "title": "伝書鳩とのスキンシップ",
             "description": "飼い主とのスキンシップは重要である。信頼関係を醸成するためにも是非とも手で撫でてかわいがってあげたい。ただし機嫌が悪いときや体調不良の時に無理やり撫でるのは厳禁である。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-09-06 12:54:29.025764",
             "updated_at": "2017-09-06 12:54:29.025764",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 1967,
               "name": "ガムホリック・草薙"
             },
             "localID": 17
           },
           {
             "id": 95380,
             "title": "伝書鳩の体調管理",
             "description": "その日の食事量、水を飲んだ量や糞の様子、挙動や鳴き声、目や体毛の様子などを総合的に判断して健康か否かを判断する。健康でないと判断した鳩は休ませて、病気だと思われるものは専門の獣医に見てもらうことにする。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-09-06 12:54:29.036459",
             "updated_at": "2017-09-06 12:54:29.036459",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 1967,
               "name": "ガムホリック・草薙"
             },
             "localID": 18
           }
         ],
         "character": {
           "id": 1967,
           "name": "ガムホリック・草薙"
         },
         "expanded": false,
         "localID": 10
       }
     ],
     "character": {
       "id": 1967,
       "name": "ガムホリック・草薙"
     },
     "expanded": true,
     "localID": 0
   }
 ]