暁の官僚

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

*部品構造

-大部品: 暁の官僚 RD:33 評価値:8
--部品: 官僚とは
--部品: 専門性の高い職務
--大部品: 政策立案 RD:9 評価値:5
---部品: 問題を定義する
---部品: 証拠を集める
---部品: 解決の手法を考える
---部品: 評価の基準を決める
---部品: 予測を立てる
---部品: 政策の候補を絞る
---部品: 政策の説明
---部品: 関係者への説得と協力要請
---部品: 政策の微調整
--大部品: 法案の作成と公布 RD:9 評価値:5
---部品: 政策の理解と法律の整合性確認
---部品: 法案の一次草案の作成
---部品: 各省庁との意見交換
---部品: 法律案の起草
---部品: 法律案のチェック
---部品: 法案完成の報告と説明
---部品: 法案の採択を待つ
---部品: 法律の公布
---部品: 問い合わせへの対応
--大部品: 国家予算の作成と財源の確保 RD:8 評価値:5
---部品: 各省庁での試算
---部品: 予算編成部門への報告
---部品: 予算編成部門からのフィードバック
---部品: 予算案の取りまとめ
---部品: 予算案を審査する
---大部品: 不足する財源の確保 RD:3 評価値:2
----部品: 不足する財源の手当て
----部品: 国債の発行
----部品: 増税や新たな税の創設
--大部品: 官僚の資格 RD:5 評価値:3
---部品: 行政関連の勉強3年
---部品: 専門分野の経験3年
---部品: 任官登用試験の合格
---部品: 国家への忠誠心
---部品: 10000人に一人の狭き門

 

*部品定義

**部品: 官僚とは
行政を司る官吏の中でも政策立案や政策評価などに関わる上級の職員を指す。法案の作成など、国の運営の根幹となる制度を整備する官吏である。公務員の中でも主に政庁において勤務するものである。藩王や摂政など藩国の元首を補助して国家運営を補助する専門スタッフ的な色合いが強い。

**部品: 専門性の高い職務
担当する部署によってかなりの専門性が問われる場合がある。財務と法律では実際の職務がかなり異なっており、一人が複数の部署を一手に引き受けるということは難しい。ただし各部署が利権化しないように役職ごとに一定周期で人事異動が行われ、他省庁の職員によって定期的に監査が行われている。

**部品: 問題を定義する
まずは藩国内でどんな問題が起こっているか、何が問題であるかを定義することから始める。問題の原因が何か、解決には何が必要なのかを明らかにする必要がある。

**部品: 証拠を集める
時期別、地域別、年代別等の様々な資料を用いて問題がどのような性格を持っているかを明らかにする。また利害関係者を巻き込んだ聞き取りをおこなうことで、問題に直面する人々の現状認識を把握する。

**部品: 解決の手法を考える
問題の定義と証拠集めがある程度済んだ段階になると解決の手法を考えることになる。様々な可能性を検討しつつ、各手法がどんなメリット、デメリットがあるかも明らかにしていく。

**部品: 評価の基準を決める
問題解決にあたって何を評価基準とするかを検討する。ふわっとしたイメージではなく、現場からの具体的な数値を取り入れて、時間経過によって改善が見られるかそうでないかをチェックできる体制を構築するためである。

**部品: 予測を立てる
評価基準や解決の手法が固まってきた段階で、それを実際に政策として運用した場合にどのような影響があるか予測を立てる。幾通りものパターンを考案しつつ、メリットとデメリットの双方を慎重に見極めていく。

**部品: 政策の候補を絞る
可能性を考えても取り得る政策は一つである。各手法それぞれにメリットとデメリットが必ず存在する。問題を解決するのみならず、国家あるいは国民への負担も考慮してどの政策を採用するかを決める。

**部品: 政策の説明
藩王、摂政、ならびに担当省庁の責任者や利害関係者への説明を行うための準備をすすめる。分かり易い簡潔な資料を作成しつつ、打ち合わせを行って政策の意義を理解してもらうように努める。

**部品: 関係者への説得と協力要請
実際にこの問題の解決に当たる人間、並びに問題解決に協力が必要な関係者と話し合う。この問題を放置するとどうなるか、解決はどういった流れで行われるか、問題が解決すれば何が良くなるかといった内容をストーリーを語って説得する。

**部品: 政策の微調整
利害関係者の説明や説得のときの打ち合わせで出た内容を精査して、問題が起こりそうな部分は微調整を行う。あくまで調整であり、問題解決から遠ざかるような換骨奪胎は厳に戒める。

**部品: 政策の理解と法律の整合性確認
新たに策定された政策を説明を受けつつ理解し、現状の法体系で対応可能か、可能でないかを精査する。政策立案に至った背景や、問題の具体的な領域について理解を深めつつ既成の法案との整合性をチェックする。

**部品: 法案の一次草案の作成
政策を遂行するために法案を起草、または改定するための一次草案を作成する。法案が存在しない場合は新たに法律の文言を起草して、現状近いものがあれば改定をおこなう。

**部品: 各省庁との意見交換
法律の一次草案を作成した後は各省庁と意見を交換する。所管の省庁において思わぬ問題が起きる場合があるため、一次草案の内容をチェックしてもらい問題がある部分は修正する。

**部品: 法律案の起草
各省庁でのチェックと調整が終わり次第、内容を反映して法律案の作成に移る。法律案は一次草案をベースに、各省庁の意見を反映させるが、あくまでも当初策定された政策の実行を担保するものでなければならない。

**部品: 法律案のチェック
法律案を作成した後は現行の法律や政令、オーダーとの整合性や、抜け、穴がないかをチェックする。また立案の意図が性格に反映されているか、表現や規制は妥当であるか等を検討する。

**部品: 法案完成の報告と説明
法案が完成したことを各省庁や藩王、摂政に報告する。政策からどういった理由でこの法案作成に至ったかの経緯と内容を説明して了承を取り付ける。

**部品: 法案の採択を待つ
法案提出後はその採択を待つことになる。官僚自身に法案採択の決定権はないからである。最終段階で何らかの疑問が起こった場合には説明に赴くこともある。

**部品: 法律の公布
法案が採択されて法律として成立した後は、各省庁や法律を公布するための機関に速やかに連絡する。法律は成立後、一ヶ月以内に準備を整えて官報などで公布する。

**部品: 問い合わせへの対応
新たに法律が制定された場合、窓口に問い合わせが集中する場合があるのでこれに対応する。制定された法律を広く理解してもらうことがきちんとした運用につながっていく。問い合わせへの対応も大事な仕事であるので丁寧に対応する。

**部品: 各省庁での試算
政策を遂行するにあたってどれくらいの予算が必要になるかを各省庁で試算する。既に政策立案時に作成された資料に基いて再チェックを行い、市中の相場や過去の実績を考慮して実際に発注した際の金額等細かく詰めていく。

**部品: 予算編成部門への報告
予算編成部門へ各省庁から予算の試算を報告する。予算編成部門はそれを取りまとめて過去の実績や、市中の相場等を比較して金額が妥当かチェックを行う。

**部品: 予算編成部門からのフィードバック
予算編成部門において疑問となった部分、説明が不足する部分について各省庁と打ち合わせを行う。各省庁に改善してほしい内容を伝えて最初の案に修正を加えてもらうよう依頼する。

**部品: 予算案の取りまとめ
予算案が修正して出揃った後、各省庁の予算を統合して国家予算として統一された状態へと編纂していく。財政の収支は経済成長やインフレ率を見込んだ上での均衡状態を理想とする。また予算の額や項目についての確認を行う。

**部品: 予算案を審査する
予算案の作成が終わったら予算案を委員会や議会において審議にかける。審議を経て後、更に藩王や摂政による審査と採択を経れば、予算案が認められることになる。

**部品: 不足する財源の手当て
不足する財源については国債を発行するか、税率を上げたり新たな税の設定を行って対応する。あくまで不足分を埋めるための対応であり、国民の負担にならないように考慮して案を練る。

**部品: 国債の発行
不足する財源を穴埋めするために国債を発行するための案を作成する。国債の総量はどれくらいか、国債の利率はどうするか、引き受けはどの層を当てにするか、公示のタイミングなどを市場の情報を吸い上げつつ候補を絞っていく。

**部品: 増税や新たな税の創設
国債発行でも賄えない場合は増税や新たな税の創設を検討する。国民の負担になりすぎて経済や国力が萎縮しないように十分に配慮して案を作成して関係各位と調整を行う。

**部品: 行政関連の勉強3年
行政関連の知識を付けるために最低でも3年間は勉強しないといけないとされている。またはそれに相応する知識を持つことが必要とされている。この勉強には学校や私塾の他、公務員としての金属経験も年数としてカウントされる。

**部品: 専門分野の経験3年
行政、法律、経済等専門分野において3年以上の実務経験を経験したことがなければ官僚として任官されることはない。ただしこの実務経験は公、民の別を問わない。元々民間で活躍した人材でも官僚になることは十分可能である。

**部品: 任官登用試験の合格
官僚は任官登用試験に合格しなければならない。任官登用試験は国内の情勢を鑑みて出題内容が変更される傾向にあるが、基本的には選択した専門分野の他に文章作成能力、論理的思考力、読解力、言語能力などが審査され、最後に人物面接を行って合格しなければならない。

**部品: 国家への忠誠心
官僚は国への忠誠心が必要となってくる。自身の持つ権限の悪用を自制し、国家全体の利益を考えて仕事をしなければならない。ときには歯車として私心を抑えて職務を遂行することが必要となってくる。

**部品: 10000人に一人の狭き門
官僚になれるものは国民全体の中で10000人に1人程度だとされる。国家を運営するための多くの専門知識を身に着けて、国家への忠誠心を併せ持つ人材でないと務まらないからである。

 

*提出書式

  大部品: 暁の官僚 RD:33 評価値:8
  -部品: 官僚とは
  -部品: 専門性の高い職務
  -大部品: 政策立案 RD:9 評価値:5
  --部品: 問題を定義する
  --部品: 証拠を集める
  --部品: 解決の手法を考える
  --部品: 評価の基準を決める
  --部品: 予測を立てる
  --部品: 政策の候補を絞る
  --部品: 政策の説明
  --部品: 関係者への説得と協力要請
  --部品: 政策の微調整
  -大部品: 法案の作成と公布 RD:9 評価値:5
  --部品: 政策の理解と法律の整合性確認
  --部品: 法案の一次草案の作成
  --部品: 各省庁との意見交換
  --部品: 法律案の起草
  --部品: 法律案のチェック
  --部品: 法案完成の報告と説明
  --部品: 法案の採択を待つ
  --部品: 法律の公布
  --部品: 問い合わせへの対応
  -大部品: 国家予算の作成と財源の確保 RD:8 評価値:5
  --部品: 各省庁での試算
  --部品: 予算編成部門への報告
  --部品: 予算編成部門からのフィードバック
  --部品: 予算案の取りまとめ
  --部品: 予算案を審査する
  --大部品: 不足する財源の確保 RD:3 評価値:2
  ---部品: 不足する財源の手当て
  ---部品: 国債の発行
  ---部品: 増税や新たな税の創設
  -大部品: 官僚の資格 RD:5 評価値:3
  --部品: 行政関連の勉強3年
  --部品: 専門分野の経験3年
  --部品: 任官登用試験の合格
  --部品: 国家への忠誠心
  --部品: 10000人に一人の狭き門
 
 
  部品: 官僚とは
  行政を司る官吏の中でも政策立案や政策評価などに関わる上級の職員を指す。法案の作成など、国の運営の根幹となる制度を整備する官吏である。公務員の中でも主に政庁において勤務するものである。藩王や摂政など藩国の元首を補助して国家運営を補助する専門スタッフ的な色合いが強い。
 
  部品: 専門性の高い職務
  担当する部署によってかなりの専門性が問われる場合がある。財務と法律では実際の職務がかなり異なっており、一人が複数の部署を一手に引き受けるということは難しい。ただし各部署が利権化しないように役職ごとに一定周期で人事異動が行われ、他省庁の職員によって定期的に監査が行われている。
 
  部品: 問題を定義する
  まずは藩国内でどんな問題が起こっているか、何が問題であるかを定義することから始める。問題の原因が何か、解決には何が必要なのかを明らかにする必要がある。
 
  部品: 証拠を集める
  時期別、地域別、年代別等の様々な資料を用いて問題がどのような性格を持っているかを明らかにする。また利害関係者を巻き込んだ聞き取りをおこなうことで、問題に直面する人々の現状認識を把握する。
 
  部品: 解決の手法を考える
  問題の定義と証拠集めがある程度済んだ段階になると解決の手法を考えることになる。様々な可能性を検討しつつ、各手法がどんなメリット、デメリットがあるかも明らかにしていく。
 
  部品: 評価の基準を決める
  問題解決にあたって何を評価基準とするかを検討する。ふわっとしたイメージではなく、現場からの具体的な数値を取り入れて、時間経過によって改善が見られるかそうでないかをチェックできる体制を構築するためである。
 
  部品: 予測を立てる
  評価基準や解決の手法が固まってきた段階で、それを実際に政策として運用した場合にどのような影響があるか予測を立てる。幾通りものパターンを考案しつつ、メリットとデメリットの双方を慎重に見極めていく。
 
  部品: 政策の候補を絞る
  可能性を考えても取り得る政策は一つである。各手法それぞれにメリットとデメリットが必ず存在する。問題を解決するのみならず、国家あるいは国民への負担も考慮してどの政策を採用するかを決める。
 
  部品: 政策の説明
  藩王、摂政、ならびに担当省庁の責任者や利害関係者への説明を行うための準備をすすめる。分かり易い簡潔な資料を作成しつつ、打ち合わせを行って政策の意義を理解してもらうように努める。
 
  部品: 関係者への説得と協力要請
  実際にこの問題の解決に当たる人間、並びに問題解決に協力が必要な関係者と話し合う。この問題を放置するとどうなるか、解決はどういった流れで行われるか、問題が解決すれば何が良くなるかといった内容をストーリーを語って説得する。
 
  部品: 政策の微調整
  利害関係者の説明や説得のときの打ち合わせで出た内容を精査して、問題が起こりそうな部分は微調整を行う。あくまで調整であり、問題解決から遠ざかるような換骨奪胎は厳に戒める。
 
  部品: 政策の理解と法律の整合性確認
  新たに策定された政策を説明を受けつつ理解し、現状の法体系で対応可能か、可能でないかを精査する。政策立案に至った背景や、問題の具体的な領域について理解を深めつつ既成の法案との整合性をチェックする。
 
  部品: 法案の一次草案の作成
  政策を遂行するために法案を起草、または改定するための一次草案を作成する。法案が存在しない場合は新たに法律の文言を起草して、現状近いものがあれば改定をおこなう。
 
  部品: 各省庁との意見交換
  法律の一次草案を作成した後は各省庁と意見を交換する。所管の省庁において思わぬ問題が起きる場合があるため、一次草案の内容をチェックしてもらい問題がある部分は修正する。
 
  部品: 法律案の起草
  各省庁でのチェックと調整が終わり次第、内容を反映して法律案の作成に移る。法律案は一次草案をベースに、各省庁の意見を反映させるが、あくまでも当初策定された政策の実行を担保するものでなければならない。
 
  部品: 法律案のチェック
  法律案を作成した後は現行の法律や政令、オーダーとの整合性や、抜け、穴がないかをチェックする。また立案の意図が性格に反映されているか、表現や規制は妥当であるか等を検討する。
 
  部品: 法案完成の報告と説明
  法案が完成したことを各省庁や藩王、摂政に報告する。政策からどういった理由でこの法案作成に至ったかの経緯と内容を説明して了承を取り付ける。
 
  部品: 法案の採択を待つ
  法案提出後はその採択を待つことになる。官僚自身に法案採択の決定権はないからである。最終段階で何らかの疑問が起こった場合には説明に赴くこともある。
 
  部品: 法律の公布
  法案が採択されて法律として成立した後は、各省庁や法律を公布するための機関に速やかに連絡する。法律は成立後、一ヶ月以内に準備を整えて官報などで公布する。
 
  部品: 問い合わせへの対応
  新たに法律が制定された場合、窓口に問い合わせが集中する場合があるのでこれに対応する。制定された法律を広く理解してもらうことがきちんとした運用につながっていく。問い合わせへの対応も大事な仕事であるので丁寧に対応する。
 
  部品: 各省庁での試算
  政策を遂行するにあたってどれくらいの予算が必要になるかを各省庁で試算する。既に政策立案時に作成された資料に基いて再チェックを行い、市中の相場や過去の実績を考慮して実際に発注した際の金額等細かく詰めていく。
 
  部品: 予算編成部門への報告
  予算編成部門へ各省庁から予算の試算を報告する。予算編成部門はそれを取りまとめて過去の実績や、市中の相場等を比較して金額が妥当かチェックを行う。
 
  部品: 予算編成部門からのフィードバック
  予算編成部門において疑問となった部分、説明が不足する部分について各省庁と打ち合わせを行う。各省庁に改善してほしい内容を伝えて最初の案に修正を加えてもらうよう依頼する。
 
  部品: 予算案の取りまとめ
  予算案が修正して出揃った後、各省庁の予算を統合して国家予算として統一された状態へと編纂していく。財政の収支は経済成長やインフレ率を見込んだ上での均衡状態を理想とする。また予算の額や項目についての確認を行う。
 
  部品: 予算案を審査する
  予算案の作成が終わったら予算案を委員会や議会において審議にかける。審議を経て後、更に藩王や摂政による審査と採択を経れば、予算案が認められることになる。
 
  部品: 不足する財源の手当て
  不足する財源については国債を発行するか、税率を上げたり新たな税の設定を行って対応する。あくまで不足分を埋めるための対応であり、国民の負担にならないように考慮して案を練る。
 
  部品: 国債の発行
  不足する財源を穴埋めするために国債を発行するための案を作成する。国債の総量はどれくらいか、国債の利率はどうするか、引き受けはどの層を当てにするか、公示のタイミングなどを市場の情報を吸い上げつつ候補を絞っていく。
 
  部品: 増税や新たな税の創設
  国債発行でも賄えない場合は増税や新たな税の創設を検討する。国民の負担になりすぎて経済や国力が萎縮しないように十分に配慮して案を作成して関係各位と調整を行う。
 
  部品: 行政関連の勉強3年
  行政関連の知識を付けるために最低でも3年間は勉強しないといけないとされている。またはそれに相応する知識を持つことが必要とされている。この勉強には学校や私塾の他、公務員としての金属経験も年数としてカウントされる。
 
  部品: 専門分野の経験3年
  行政、法律、経済等専門分野において3年以上の実務経験を経験したことがなければ官僚として任官されることはない。ただしこの実務経験は公、民の別を問わない。元々民間で活躍した人材でも官僚になることは十分可能である。
 
  部品: 任官登用試験の合格
  官僚は任官登用試験に合格しなければならない。任官登用試験は国内の情勢を鑑みて出題内容が変更される傾向にあるが、基本的には選択した専門分野の他に文章作成能力、論理的思考力、読解力、言語能力などが審査され、最後に人物面接を行って合格しなければならない。
 
  部品: 国家への忠誠心
  官僚は国への忠誠心が必要となってくる。自身の持つ権限の悪用を自制し、国家全体の利益を考えて仕事をしなければならない。ときには歯車として私心を抑えて職務を遂行することが必要となってくる。
 
  部品: 10000人に一人の狭き門
  官僚になれるものは国民全体の中で10000人に1人程度だとされる。国家を運営するための多くの専門知識を身に着けて、国家への忠誠心を併せ持つ人材でないと務まらないからである。
 
 


*インポート用定義データ

  [
    {
      "title": "暁の官僚",
      "part_type": "group",
      "children": [
        {
          "title": "官僚とは",
          "description": "行政を司る官吏の中でも政策立案や政策評価などに関わる上級の職員を指す。法案の作成など、国の運営の根幹となる制度を整備する官吏である。公務員の中でも主に政庁において勤務するものである。藩王や摂政など藩国の元首を補助して国家運営を補助する専門スタッフ的な色合いが強い。",
          "part_type": "part",
          "localID": 1
        },
        {
          "title": "専門性の高い職務",
          "description": "担当する部署によってかなりの専門性が問われる場合がある。財務と法律では実際の職務がかなり異なっており、一人が複数の部署を一手に引き受けるということは難しい。ただし各部署が利権化しないように役職ごとに一定周期で人事異動が行われ、他省庁の職員によって定期的に監査が行われている。",
          "part_type": "part",
          "localID": 2
        },
        {
          "title": "政策立案",
          "description": "",
          "part_type": "group",
          "children": [
            {
              "title": "問題を定義する",
              "description": "まずは藩国内でどんな問題が起こっているか、何が問題であるかを定義することから始める。問題の原因が何か、解決には何が必要なのかを明らかにする必要がある。",
              "part_type": "part",
              "localID": 4
            },
            {
              "title": "証拠を集める",
              "description": "時期別、地域別、年代別等の様々な資料を用いて問題がどのような性格を持っているかを明らかにする。また利害関係者を巻き込んだ聞き取りをおこなうことで、問題に直面する人々の現状認識を把握する。",
              "part_type": "part",
              "localID": 5
            },
            {
              "title": "解決の手法を考える",
              "description": "問題の定義と証拠集めがある程度済んだ段階になると解決の手法を考えることになる。様々な可能性を検討しつつ、各手法がどんなメリット、デメリットがあるかも明らかにしていく。",
              "part_type": "part",
              "localID": 6
            },
            {
              "title": "評価の基準を決める",
              "description": "問題解決にあたって何を評価基準とするかを検討する。ふわっとしたイメージではなく、現場からの具体的な数値を取り入れて、時間経過によって改善が見られるかそうでないかをチェックできる体制を構築するためである。",
              "part_type": "part",
              "localID": 7
            },
            {
              "title": "予測を立てる",
              "description": "評価基準や解決の手法が固まってきた段階で、それを実際に政策として運用した場合にどのような影響があるか予測を立てる。幾通りものパターンを考案しつつ、メリットとデメリットの双方を慎重に見極めていく。",
              "part_type": "part",
              "localID": 8
            },
            {
              "title": "政策の候補を絞る",
              "description": "可能性を考えても取り得る政策は一つである。各手法それぞれにメリットとデメリットが必ず存在する。問題を解決するのみならず、国家あるいは国民への負担も考慮してどの政策を採用するかを決める。",
              "part_type": "part",
              "localID": 9
            },
            {
              "title": "政策の説明",
              "description": "藩王、摂政、ならびに担当省庁の責任者や利害関係者への説明を行うための準備をすすめる。分かり易い簡潔な資料を作成しつつ、打ち合わせを行って政策の意義を理解してもらうように努める。",
              "part_type": "part",
              "localID": 10
            },
            {
              "title": "関係者への説得と協力要請",
              "description": "実際にこの問題の解決に当たる人間、並びに問題解決に協力が必要な関係者と話し合う。この問題を放置するとどうなるか、解決はどういった流れで行われるか、問題が解決すれば何が良くなるかといった内容をストーリーを語って説得する。",
              "part_type": "part",
              "localID": 11
            },
            {
              "title": "政策の微調整",
              "description": "利害関係者の説明や説得のときの打ち合わせで出た内容を精査して、問題が起こりそうな部分は微調整を行う。あくまで調整であり、問題解決から遠ざかるような換骨奪胎は厳に戒める。",
              "part_type": "part",
              "localID": 12
            }
          ],
          "localID": 3,
          "expanded": true
        },
        {
          "title": "法案の作成と公布",
          "description": "",
          "part_type": "group",
          "children": [
            {
              "title": "政策の理解と法律の整合性確認",
              "description": "新たに策定された政策を説明を受けつつ理解し、現状の法体系で対応可能か、可能でないかを精査する。政策立案に至った背景や、問題の具体的な領域について理解を深めつつ既成の法案との整合性をチェックする。",
              "part_type": "part",
              "localID": 14
            },
            {
              "title": "法案の一次草案の作成",
              "description": "政策を遂行するために法案を起草、または改定するための一次草案を作成する。法案が存在しない場合は新たに法律の文言を起草して、現状近いものがあれば改定をおこなう。",
              "part_type": "part",
              "localID": 15
            },
            {
              "title": "各省庁との意見交換",
              "description": "法律の一次草案を作成した後は各省庁と意見を交換する。所管の省庁において思わぬ問題が起きる場合があるため、一次草案の内容をチェックしてもらい問題がある部分は修正する。",
              "part_type": "part",
              "localID": 16
            },
            {
              "title": "法律案の起草",
              "description": "各省庁でのチェックと調整が終わり次第、内容を反映して法律案の作成に移る。法律案は一次草案をベースに、各省庁の意見を反映させるが、あくまでも当初策定された政策の実行を担保するものでなければならない。",
              "part_type": "part",
              "localID": 17
            },
            {
              "title": "法律案のチェック",
              "description": "法律案を作成した後は現行の法律や政令、オーダーとの整合性や、抜け、穴がないかをチェックする。また立案の意図が性格に反映されているか、表現や規制は妥当であるか等を検討する。",
              "part_type": "part",
              "localID": 18
            },
            {
              "title": "法案完成の報告と説明",
              "description": "法案が完成したことを各省庁や藩王、摂政に報告する。政策からどういった理由でこの法案作成に至ったかの経緯と内容を説明して了承を取り付ける。",
              "part_type": "part",
              "localID": 19
            },
            {
              "title": "法案の採択を待つ",
              "description": "法案提出後はその採択を待つことになる。官僚自身に法案採択の決定権はないからである。最終段階で何らかの疑問が起こった場合には説明に赴くこともある。",
              "part_type": "part",
              "localID": 20
            },
            {
              "title": "法律の公布",
              "description": "法案が採択されて法律として成立した後は、各省庁や法律を公布するための機関に速やかに連絡する。法律は成立後、一ヶ月以内に準備を整えて官報などで公布する。",
              "part_type": "part",
              "localID": 21
            },
            {
              "title": "問い合わせへの対応",
              "description": "新たに法律が制定された場合、窓口に問い合わせが集中する場合があるのでこれに対応する。制定された法律を広く理解してもらうことがきちんとした運用につながっていく。問い合わせへの対応も大事な仕事であるので丁寧に対応する。",
              "part_type": "part",
              "localID": 22
            }
          ],
          "localID": 13,
          "expanded": true
        },
        {
          "title": "国家予算の作成と財源の確保",
          "description": "",
          "part_type": "group",
          "children": [
            {
              "title": "各省庁での試算",
              "description": "政策を遂行するにあたってどれくらいの予算が必要になるかを各省庁で試算する。既に政策立案時に作成された資料に基いて再チェックを行い、市中の相場や過去の実績を考慮して実際に発注した際の金額等細かく詰めていく。",
              "part_type": "part",
              "localID": 24
            },
            {
              "title": "予算編成部門への報告",
              "description": "予算編成部門へ各省庁から予算の試算を報告する。予算編成部門はそれを取りまとめて過去の実績や、市中の相場等を比較して金額が妥当かチェックを行う。",
              "part_type": "part",
              "localID": 25
            },
            {
              "title": "予算編成部門からのフィードバック",
              "description": "予算編成部門において疑問となった部分、説明が不足する部分について各省庁と打ち合わせを行う。各省庁に改善してほしい内容を伝えて最初の案に修正を加えてもらうよう依頼する。",
              "part_type": "part",
              "localID": 26
            },
            {
              "title": "予算案の取りまとめ",
              "description": "予算案が修正して出揃った後、各省庁の予算を統合して国家予算として統一された状態へと編纂していく。財政の収支は経済成長やインフレ率を見込んだ上での均衡状態を理想とする。また予算の額や項目についての確認を行う。",
              "part_type": "part",
              "localID": 27
            },
            {
              "title": "予算案を審査する",
              "description": "予算案の作成が終わったら予算案を委員会や議会において審議にかける。審議を経て後、更に藩王や摂政による審査と採択を経れば、予算案が認められることになる。",
              "part_type": "part",
              "localID": 28
            },
            {
              "title": "不足する財源の確保",
              "description": "",
              "part_type": "group",
              "children": [
                {
                  "title": "不足する財源の手当て",
                  "description": "不足する財源については国債を発行するか、税率を上げたり新たな税の設定を行って対応する。あくまで不足分を埋めるための対応であり、国民の負担にならないように考慮して案を練る。",
                  "part_type": "part",
                  "localID": 30,
                  "expanded": true
                },
                {
                  "title": "国債の発行",
                  "description": "不足する財源を穴埋めするために国債を発行するための案を作成する。国債の総量はどれくらいか、国債の利率はどうするか、引き受けはどの層を当てにするか、公示のタイミングなどを市場の情報を吸い上げつつ候補を絞っていく。",
                  "part_type": "part",
                  "localID": 31
                },
                {
                  "title": "増税や新たな税の創設",
                  "description": "国債発行でも賄えない場合は増税や新たな税の創設を検討する。国民の負担になりすぎて経済や国力が萎縮しないように十分に配慮して案を作成して関係各位と調整を行う。",
                  "part_type": "part",
                  "localID": 32
                }
              ],
              "localID": 29,
              "expanded": true
            }
          ],
          "localID": 23,
          "expanded": true
        },
        {
          "title": "官僚の資格",
          "description": "",
          "part_type": "group",
          "children": [
            {
              "title": "行政関連の勉強3年",
              "description": "行政関連の知識を付けるために最低でも3年間は勉強しないといけないとされている。またはそれに相応する知識を持つことが必要とされている。この勉強には学校や私塾の他、公務員としての金属経験も年数としてカウントされる。",
              "part_type": "part",
              "localID": 34
            },
            {
              "title": "専門分野の経験3年",
              "description": "行政、法律、経済等専門分野において3年以上の実務経験を経験したことがなければ官僚として任官されることはない。ただしこの実務経験は公、民の別を問わない。元々民間で活躍した人材でも官僚になることは十分可能である。",
              "part_type": "part",
              "localID": 35
            },
            {
              "title": "任官登用試験の合格",
              "description": "官僚は任官登用試験に合格しなければならない。任官登用試験は国内の情勢を鑑みて出題内容が変更される傾向にあるが、基本的には選択した専門分野の他に文章作成能力、論理的思考力、読解力、言語能力などが審査され、最後に人物面接を行って合格しなければならない。",
              "part_type": "part",
              "localID": 36
            },
            {
              "title": "国家への忠誠心",
              "description": "官僚は国への忠誠心が必要となってくる。自身の持つ権限の悪用を自制し、国家全体の利益を考えて仕事をしなければならない。ときには歯車として私心を抑えて職務を遂行することが必要となってくる。",
              "part_type": "part",
              "localID": 37
            },
            {
              "title": "10000人に一人の狭き門",
              "description": "官僚になれるものは国民全体の中で10000人に1人程度だとされる。国家を運営するための多くの専門知識を身に着けて、国家への忠誠心を併せ持つ人材でないと務まらないからである。",
              "part_type": "part",
              "localID": 38
            }
          ],
          "localID": 33,
          "expanded": true
        }
      ],
      "expanded": true,
      "localID": 0,
      "description": ""
    }
  ]