アンチマジックベリー畑

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

部品構造


  • 大部品: アンチマジックベリー畑 RD:24 評価値:7
    • 部品: 魔力を感じる土地を選ぶ
    • 部品: 周囲に溝をほる
    • 部品: 魔力の多すぎる土地の調整機能
    • 部品: 定期的なチェックと間引き
    • 部品: 副産物の実
    • 部品: グランドカバーとして
    • 大部品: グランドカバー(園芸植物) RD:6 評価値:4
      • 部品: グランドカバーとは
      • 部品: 管理が楽である
      • 部品: 雑草が生えにくい
      • 部品: 日陰や痩せた土地でも育つ
      • 部品: 景観が良くなる
      • 部品: 庭園の土台となる植物
    • 大部品: アンチマジックベリー RD:12 評価値:6
      • 部品: 魔力吸収
      • 部品: 別名
      • 部品: 植生
      • 部品: 生命力
      • 部品: 花
      • 部品: 実
      • 部品: かゆみ止め成分
      • 部品: 魔法熱の薬
      • 部品: 健康のおまじない
      • 部品: 蛇神の好物
      • 部品: 救世伝説
      • 部品: 変種



部品定義


部品: 魔力を感じる土地を選ぶ

畑は魔力を感じる土地に作る。アンチマジックベリーは魔力を栄養源にして成長していくため、魔力がない土地では育たない。

部品: 周囲に溝をほる

魔力が強い土地で繁殖しすぎないように、畑の周囲には必ず30センチメートル程度の溝を掘る。水を流し込んで根が畑の外へと出ていかないようにする。

部品: 魔力の多すぎる土地の調整機能

魔力が過大な土地にアンチマジックベリーの畑を作ることで、その土地の魔力の総量を抑える効果が見込まれている。

部品: 定期的なチェックと間引き

定期的に水やりを兼ねて畑の状況をチェックする。巨大な実がなったり、短日で急速に繁茂する様が見られたら一定量に収まるように間引く。繁茂が急速すぎて制御できないと判断した場合は全体を除草して畑を閉鎖する。

部品: 副産物の実

あくまで魔力の調整やグランドカバーとしての園芸目的で作られる畑ではあるが、一定程度の実の収穫は可能であり、収穫して薬などに使用することが出来る。

部品: グランドカバーとして

雑草などが生えないようにするためのグランドカバーとしての役割を期待して植えることがある。明るい黄緑色の葉は明るい印象を与え、生命力が強く、踏まれても生き残ることが多い。

部品: グランドカバーとは

地面を覆うために植えられる植物のこと。ほうっておくと雑草が生えたり、土肌で味気ない土地に植えることで景観が良くなり管理も楽になる。

部品: 管理が楽である

グランドカバーは水をやりさえすればそうそう枯れることはない。温度管理や肥料の調節、土質の調整なども不要で手間がかかりにくい。

部品: 雑草が生えにくい

見栄えが悪く、葉を徒に伸ばす雑草の繁殖を抑える働きがある。雑草と競合する植物であるグランドカバーを植えることで雑草の代わりに好みのグランドカバーに置き換えることができる。

部品: 日陰や痩せた土地でも育つ

グランドカバーは比較的生命力の高い植物であり、日照量の少ない土地や栄養の少ない土地でも繁殖することが出来る。

部品: 景観が良くなる

雑草とは違って小さな花や実をつける植物がグランドカバーの主流であることから、雑草を放置するよりも随分と景観が良くなる。

部品: 庭園の土台となる植物

庭園を作るときに開いた土地に好みのグランドカバーを植えておけば目立たないながらも景観がぐっと良くなる。メインの花壇や木々を引き立てるための大事な脇役である。

部品: 魔力吸収

アンチマジックベリーは周辺に存在する魔力を吸収する性質のある植物である。エルフに変貌しつつある人間を元に戻すこともできる。

部品: 別名

別名をヘビイチゴという。ヘビがいそうなところに生える、ヘビがこの実を好んで食べるなどの想像から名づけられたという。

部品: 植生

森の中に下草として生えていることがよく観察されるが、日光が苦手なわけではなく逆に日当たりのいい場所では成長しすぎてしまう。

部品: 生命力

非常に生命力が強く、砂漠に植えてもどんどん地下に根を伸ばし、水脈を探し当てて水を吸い上げるとされている。


部品: 花

初夏に直径2cm弱程度の小さな花を咲かせる。花弁の枚数は5枚で、淡い黄色をしている。花言葉は「可憐」。

部品: 実

実は鮮やかな赤色をしているが味はほとんどしない。ジャムとして加工されてタルトのソースにされることもある。

部品: かゆみ止め成分

実をアルコールに漬け込んだものはかゆみ止めの効能があるとされ、虫刺されや肌荒れなどの患部に塗布されることもある。

部品: 魔法熱の薬

体内に魔力をため込みすぎて発熱してしまう症状を魔法熱という。アンチマジックベリーを煎じて飲むなどで魔力の排出を促し熱を下げることができる。

部品: 健康のおまじない

アンチマジックベリーの蔓で蛇の形を模した指輪をつくり、それをつけていると健康になるというおまじないがある。不死のものを遠ざけるという言い伝えも存在する。

部品: 蛇神の好物

とある蛇神はアンチマジックベリーの実を好物としており、これでタルトなどを作ってお供えすると呼び出しに応じてくれることもあるという。

部品: 救世伝説

かつて世界が異常な魔力に覆われた際、シオネ=アラダがアンチマジックベリーを繁茂させて魔力を鎮めたという。膨大な魔力を吸い取ったアンチマジックベリーは巨大化した後化石となって砕け散り、世界は砂漠に覆われたとされる。

部品: 変種

アンチマジックベリーの変種として、砂漠に生える「王の手(あるいは王の葉)」と呼ばれる植物があり、こちらも強い薬効をもつことで知られている。



提出書式


 大部品: アンチマジックベリー畑 RD:24 評価値:7
 -部品: 魔力を感じる土地を選ぶ
 -部品: 周囲に溝をほる
 -部品: 魔力の多すぎる土地の調整機能
 -部品: 定期的なチェックと間引き
 -部品: 副産物の実
 -部品: グランドカバーとして
 -大部品: グランドカバー(園芸植物) RD:6 評価値:4
 --部品: グランドカバーとは
 --部品: 管理が楽である
 --部品: 雑草が生えにくい
 --部品: 日陰や痩せた土地でも育つ
 --部品: 景観が良くなる
 --部品: 庭園の土台となる植物
 -大部品: アンチマジックベリー RD:12 評価値:6
 --部品: 魔力吸収
 --部品: 別名
 --部品: 植生
 --部品: 生命力
 --部品: 花
 --部品: 実
 --部品: かゆみ止め成分
 --部品: 魔法熱の薬
 --部品: 健康のおまじない
 --部品: 蛇神の好物
 --部品: 救世伝説
 --部品: 変種
 
 
 部品: 魔力を感じる土地を選ぶ
 畑は魔力を感じる土地に作る。アンチマジックベリーは魔力を栄養源にして成長していくため、魔力がない土地では育たない。
 
 部品: 周囲に溝をほる
 魔力が強い土地で繁殖しすぎないように、畑の周囲には必ず30センチメートル程度の溝を掘る。水を流し込んで根が畑の外へと出ていかないようにする。
 
 部品: 魔力の多すぎる土地の調整機能
 魔力が過大な土地にアンチマジックベリーの畑を作ることで、その土地の魔力の総量を抑える効果が見込まれている。
 
 部品: 定期的なチェックと間引き
 定期的に水やりを兼ねて畑の状況をチェックする。巨大な実がなったり、短日で急速に繁茂する様が見られたら一定量に収まるように間引く。繁茂が急速すぎて制御できないと判断した場合は全体を除草して畑を閉鎖する。
 
 部品: 副産物の実
 あくまで魔力の調整やグランドカバーとしての園芸目的で作られる畑ではあるが、一定程度の実の収穫は可能であり、収穫して薬などに使用することが出来る。
 
 部品: グランドカバーとして
 雑草などが生えないようにするためのグランドカバーとしての役割を期待して植えることがある。明るい黄緑色の葉は明るい印象を与え、生命力が強く、踏まれても生き残ることが多い。
 
 部品: グランドカバーとは
 地面を覆うために植えられる植物のこと。ほうっておくと雑草が生えたり、土肌で味気ない土地に植えることで景観が良くなり管理も楽になる。
 
 部品: 管理が楽である
 グランドカバーは水をやりさえすればそうそう枯れることはない。温度管理や肥料の調節、土質の調整なども不要で手間がかかりにくい。
 
 部品: 雑草が生えにくい
 見栄えが悪く、葉を徒に伸ばす雑草の繁殖を抑える働きがある。雑草と競合する植物であるグランドカバーを植えることで雑草の代わりに好みのグランドカバーに置き換えることができる。
 
 部品: 日陰や痩せた土地でも育つ
 グランドカバーは比較的生命力の高い植物であり、日照量の少ない土地や栄養の少ない土地でも繁殖することが出来る。
 
 部品: 景観が良くなる
 雑草とは違って小さな花や実をつける植物がグランドカバーの主流であることから、雑草を放置するよりも随分と景観が良くなる。
 
 部品: 庭園の土台となる植物
 庭園を作るときに開いた土地に好みのグランドカバーを植えておけば目立たないながらも景観がぐっと良くなる。メインの花壇や木々を引き立てるための大事な脇役である。
 
 部品: 魔力吸収
 アンチマジックベリーは周辺に存在する魔力を吸収する性質のある植物である。エルフに変貌しつつある人間を元に戻すこともできる。
 
 部品: 別名
 別名をヘビイチゴという。ヘビがいそうなところに生える、ヘビがこの実を好んで食べるなどの想像から名づけられたという。
 
 部品: 植生
 森の中に下草として生えていることがよく観察されるが、日光が苦手なわけではなく逆に日当たりのいい場所では成長しすぎてしまう。
 
 部品: 生命力
 非常に生命力が強く、砂漠に植えてもどんどん地下に根を伸ばし、水脈を探し当てて水を吸い上げるとされている。
 
 
 部品: 花
 初夏に直径2cm弱程度の小さな花を咲かせる。花弁の枚数は5枚で、淡い黄色をしている。花言葉は「可憐」。
 
 部品: 実
 実は鮮やかな赤色をしているが味はほとんどしない。ジャムとして加工されてタルトのソースにされることもある。
 
 部品: かゆみ止め成分
 実をアルコールに漬け込んだものはかゆみ止めの効能があるとされ、虫刺されや肌荒れなどの患部に塗布されることもある。
 
 部品: 魔法熱の薬
 体内に魔力をため込みすぎて発熱してしまう症状を魔法熱という。アンチマジックベリーを煎じて飲むなどで魔力の排出を促し熱を下げることができる。
 
 部品: 健康のおまじない
 アンチマジックベリーの蔓で蛇の形を模した指輪をつくり、それをつけていると健康になるというおまじないがある。不死のものを遠ざけるという言い伝えも存在する。
 
 部品: 蛇神の好物
 とある蛇神はアンチマジックベリーの実を好物としており、これでタルトなどを作ってお供えすると呼び出しに応じてくれることもあるという。
 
 部品: 救世伝説
 かつて世界が異常な魔力に覆われた際、シオネ=アラダがアンチマジックベリーを繁茂させて魔力を鎮めたという。膨大な魔力を吸い取ったアンチマジックベリーは巨大化した後化石となって砕け散り、世界は砂漠に覆われたとされる。
 
 部品: 変種
 アンチマジックベリーの変種として、砂漠に生える「王の手(あるいは王の葉)」と呼ばれる植物があり、こちらも強い薬効をもつことで知られている。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "アンチマジックベリー畑",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "魔力を感じる土地を選ぶ",
         "description": "畑は魔力を感じる土地に作る。アンチマジックベリーは魔力を栄養源にして成長していくため、魔力がない土地では育たない。",
         "part_type": "part",
         "localID": 1,
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "周囲に溝をほる",
         "description": "魔力が強い土地で繁殖しすぎないように、畑の周囲には必ず30センチメートル程度の溝を掘る。水を流し込んで根が畑の外へと出ていかないようにする。",
         "part_type": "part",
         "localID": 2,
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "魔力の多すぎる土地の調整機能",
         "description": "魔力が過大な土地にアンチマジックベリーの畑を作ることで、その土地の魔力の総量を抑える効果が見込まれている。",
         "part_type": "part",
         "localID": 3,
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "定期的なチェックと間引き",
         "description": "定期的に水やりを兼ねて畑の状況をチェックする。巨大な実がなったり、短日で急速に繁茂する様が見られたら一定量に収まるように間引く。繁茂が急速すぎて制御できないと判断した場合は全体を除草して畑を閉鎖する。",
         "part_type": "part",
         "localID": 4
       },
       {
         "title": "副産物の実",
         "description": "あくまで魔力の調整やグランドカバーとしての園芸目的で作られる畑ではあるが、一定程度の実の収穫は可能であり、収穫して薬などに使用することが出来る。",
         "part_type": "part",
         "localID": 5
       },
       {
         "title": "グランドカバーとして",
         "description": "雑草などが生えないようにするためのグランドカバーとしての役割を期待して植えることがある。明るい黄緑色の葉は明るい印象を与え、生命力が強く、踏まれても生き残ることが多い。",
         "part_type": "part",
         "localID": 6,
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "グランドカバー(園芸植物)",
         "description": "",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "グランドカバーとは",
             "description": "地面を覆うために植えられる植物のこと。ほうっておくと雑草が生えたり、土肌で味気ない土地に植えることで景観が良くなり管理も楽になる。",
             "part_type": "part",
             "localID": 8
           },
           {
             "title": "管理が楽である",
             "description": "グランドカバーは水をやりさえすればそうそう枯れることはない。温度管理や肥料の調節、土質の調整なども不要で手間がかかりにくい。",
             "part_type": "part",
             "localID": 9
           },
           {
             "title": "雑草が生えにくい",
             "description": "見栄えが悪く、葉を徒に伸ばす雑草の繁殖を抑える働きがある。雑草と競合する植物であるグランドカバーを植えることで雑草の代わりに好みのグランドカバーに置き換えることができる。",
             "part_type": "part",
             "localID": 10
           },
           {
             "title": "日陰や痩せた土地でも育つ",
             "description": "グランドカバーは比較的生命力の高い植物であり、日照量の少ない土地や栄養の少ない土地でも繁殖することが出来る。",
             "part_type": "part",
             "localID": 11
           },
           {
             "title": "景観が良くなる",
             "description": "雑草とは違って小さな花や実をつける植物がグランドカバーの主流であることから、雑草を放置するよりも随分と景観が良くなる。",
             "part_type": "part",
             "localID": 12
           },
           {
             "title": "庭園の土台となる植物",
             "description": "庭園を作るときに開いた土地に好みのグランドカバーを植えておけば目立たないながらも景観がぐっと良くなる。メインの花壇や木々を引き立てるための大事な脇役である。",
             "part_type": "part",
             "localID": 13
           }
         ],
         "localID": 7,
         "expanded": false
       },
       {
         "id": 30667,
         "title": "アンチマジックベリー",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-08-22 07:25:57.075561",
         "updated_at": "2017-08-22 07:25:57.075561",
         "children": [
           {
             "id": 30668,
             "title": "魔力吸収",
             "description": "アンチマジックベリーは周辺に存在する魔力を吸収する性質のある植物である。エルフに変貌しつつある人間を元に戻すこともできる。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-22 07:25:57.093713",
             "updated_at": "2017-08-22 07:25:57.093713",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 768,
               "name": "よっきー"
             },
             "localID": 15
           },
           {
             "id": 30669,
             "title": "別名",
             "description": "別名をヘビイチゴという。ヘビがいそうなところに生える、ヘビがこの実を好んで食べるなどの想像から名づけられたという。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-22 07:25:57.14874",
             "updated_at": "2017-08-22 07:25:57.14874",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 768,
               "name": "よっきー"
             },
             "localID": 16
           },
           {
             "id": 30670,
             "title": "植生",
             "description": "森の中に下草として生えていることがよく観察されるが、日光が苦手なわけではなく逆に日当たりのいい場所では成長しすぎてしまう。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-22 07:25:57.210908",
             "updated_at": "2017-08-22 07:25:57.210908",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 768,
               "name": "よっきー"
             },
             "localID": 17
           },
           {
             "id": 30671,
             "title": "生命力",
             "description": "非常に生命力が強く、砂漠に植えてもどんどん地下に根を伸ばし、水脈を探し当てて水を吸い上げるとされている。\n",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-22 07:25:57.270482",
             "updated_at": "2017-08-22 07:25:57.270482",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 768,
               "name": "よっきー"
             },
             "localID": 18
           },
           {
             "id": 30672,
             "title": "花",
             "description": "初夏に直径2cm弱程度の小さな花を咲かせる。花弁の枚数は5枚で、淡い黄色をしている。花言葉は「可憐」。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-22 07:25:57.314004",
             "updated_at": "2017-08-22 07:25:57.314004",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 768,
               "name": "よっきー"
             },
             "localID": 19
           },
           {
             "id": 30673,
             "title": "実",
             "description": "実は鮮やかな赤色をしているが味はほとんどしない。ジャムとして加工されてタルトのソースにされることもある。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-22 07:25:57.384268",
             "updated_at": "2017-08-22 07:25:57.384268",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 768,
               "name": "よっきー"
             },
             "localID": 20
           },
           {
             "id": 30674,
             "title": "かゆみ止め成分",
             "description": "実をアルコールに漬け込んだものはかゆみ止めの効能があるとされ、虫刺されや肌荒れなどの患部に塗布されることもある。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-22 07:25:57.445212",
             "updated_at": "2017-08-22 07:25:57.445212",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 768,
               "name": "よっきー"
             },
             "localID": 21
           },
           {
             "id": 30675,
             "title": "魔法熱の薬",
             "description": "体内に魔力をため込みすぎて発熱してしまう症状を魔法熱という。アンチマジックベリーを煎じて飲むなどで魔力の排出を促し熱を下げることができる。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-22 07:25:57.480909",
             "updated_at": "2017-08-22 07:25:57.480909",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 768,
               "name": "よっきー"
             },
             "localID": 22
           },
           {
             "id": 30676,
             "title": "健康のおまじない",
             "description": "アンチマジックベリーの蔓で蛇の形を模した指輪をつくり、それをつけていると健康になるというおまじないがある。不死のものを遠ざけるという言い伝えも存在する。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-22 07:25:57.567179",
             "updated_at": "2017-08-22 07:25:57.567179",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 768,
               "name": "よっきー"
             },
             "localID": 23
           },
           {
             "id": 30677,
             "title": "蛇神の好物",
             "description": "とある蛇神はアンチマジックベリーの実を好物としており、これでタルトなどを作ってお供えすると呼び出しに応じてくれることもあるという。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-22 07:25:57.626706",
             "updated_at": "2017-08-22 07:25:57.626706",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 768,
               "name": "よっきー"
             },
             "localID": 24
           },
           {
             "id": 30678,
             "title": "救世伝説",
             "description": "かつて世界が異常な魔力に覆われた際、シオネ=アラダがアンチマジックベリーを繁茂させて魔力を鎮めたという。膨大な魔力を吸い取ったアンチマジックベリーは巨大化した後化石となって砕け散り、世界は砂漠に覆われたとされる。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-22 07:25:57.781949",
             "updated_at": "2017-08-22 07:25:57.781949",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 768,
               "name": "よっきー"
             },
             "localID": 25
           },
           {
             "id": 30679,
             "title": "変種",
             "description": "アンチマジックベリーの変種として、砂漠に生える「王の手(あるいは王の葉)」と呼ばれる植物があり、こちらも強い薬効をもつことで知られている。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-22 07:25:57.936908",
             "updated_at": "2017-08-22 07:25:57.936908",
             "children": [],
             "position": null,
             "character": {
               "id": 768,
               "name": "よっきー"
             },
             "localID": 26
           }
         ],
         "position": null,
         "character": {
           "id": 768,
           "name": "よっきー"
         },
         "expanded": false,
         "localID": 14
       }
     ],
     "expanded": true,
     "localID": 0,
     "description": ""
   }
 ]