「逆転裁判 特別法廷2008秋 オーケストラコンサート 公式ブログ」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

逆転裁判 特別法廷2008秋 オーケストラコンサート 公式ブログ」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 *逆転裁判 特別法廷2008秋 オーケストラコンサート 公式ブログ
 
 Web archive/2008年
 消えつつあるネット上の貴重な資料を公開。
 
 逆転裁判 オーケストラコンサート 公式ブログ
 http://www.capcom-fc.com/gyakusai_orchestra/
 
 #contents
 
 **2008.08.19 ( 火 ) 来場者の皆さまへお知らせ
 
 こんにちは!セルピュータ(し)と申します。
 
 すでにチケットをお持ちで、公演を楽しみにしておられる
 方も多いのではないでしょうか?
 
 さて、今回の「逆転裁判 特別法廷2008秋 オーケストラコンサート」では
 公演の性質上、いくつか皆さまに守っていただきたい事項・ご協力いただきたい
 事項がございます。
 
 詳細はコチラに記載しておりますので、必ず事前にご覧下さいませ。
 なお、この情報は随時更新されますので、定期的にご覧に
 なることをお勧めいたします。
 
 東京フィルとのコラボレーション動画を楽しみつつ、コチラのお知らせも
 ご覧になって下さい!m(_ _)m
 
 それでは!
 
 2008.08.19 18:00 | コメント (5) | コンサート情報
 
 **2008.08.19 ( 火 ) ♪恋するギターのセレナード
 
 みなさん、こんにちは!モキチです。
 本日も逆転裁判×東京フィル!をお届けします。
 
 今回は首席フルート奏者吉岡アカリさんの演奏で、「恋するギターのセレナード」。
 フルートの美しい音色で、あの問題作(!?)の演奏をお楽しみください。
 
 それでは、どうぞー。
 
 今回の演奏披露をもって、逆転裁判×東京フィル!は一旦終了となります。
 ですが、まだまだ他にも皆さまにお楽しみいただけるよう、いろいろと準備をしております。
 
 これからも公式ブログでお楽しみください!
 
 2008.08.19 18:00 | コメント (7) | 逆転裁判×東京フィル
 
 **2008.08.18 ( 月 ) ♪芝九蔵 虎ノ助 ~スウィンギン・ゼニトラ
 
 みなさん、こんにちは!モキチです。
 
 逆転裁判×東京フィル!強化週間はいかがでしたか?
 楽しんでいただけましたか?
 
 続きを読む
 
 2008.08.18 18:00 | コメント (7) | 逆転裁判×東京フィル
 
 **2008.08.15 ( 金 ) 皆さんに音声でのお知らせ
 
 こんにちは!セルピュータ(し)と申します。
 
 まずは以下リンクをクリックしてみてくださいませ!
 
 
 ●成歩堂と御剣
 
 ●王泥喜と牙琉
 
 
 いかがでしたか?夢のWeb CMですっ!
 先日、出演キャストの皆さんに集まっていただいて、
 収録してきました!
 
 CMで成歩堂から案内があった
 チケット一般発売に関しての詳細ページを更新しましたので、
 コチラをご確認ください。
 
 ローソンチケットの協力により、混雑を回避するため
 ローソンチケットは発売日のみ、時間限定の「特設番号」での受付となりますので、
 お間違えないようお願いいたします。18:00を過ぎた後は、通常の電話番号とLコードで
 受付をいたします。ご注意下さい!
 
 それでは!
 
 2008.08.15 18:00 | コメント (37) | コンサート情報
 
 **2008.08.15 ( 金 ) スペシャルインタビュー×栗田博文(指揮)
 
 みなさん、こんにちは!モキチです。
 
 まだまだ爆進中の逆転裁判×東京フィル!
 今回は初演に引き続き、「秋」公演で指揮を振ってくださる栗田博文さんのインタビューを
 お届けします!
 
 それでは、どうぞー。
 
 -----
 
 Q1.栗田さんが務められる指揮者というのはどのような役割なのでしょうか?
 
  現場での仕事としては、わかりやすく言うと現場監督という部分が大きいですね。大人数のオーケストラとの共同作業で、楽譜上に書かれ、求められていることをお互いにキャッチボールしながら音を作り上げていきます。指揮者の役割というのは、オーケストラとの音楽上に必要なことのきっかけを作り、オーケストラの能力を最大限にひきだすことです。
 
  指揮者って何をするの?ということを言葉で説明すると、今のような感じになるのですが、誰が振っても同じようには聞こえない、というのが裏側にある大事な部分で、指揮者として「独自の視点」が必要です。
 
  結局はどんなことをしても、その人間が表に出てしまう、ということが面白いような、怖いような…。
 
 
 Q2.前回の公演で印象に残っているエピソードを教えて下さい。
 
  これは僕だけではなく、東京フィルの皆さんも同じ感覚だったのではないかと思うんですが、明るい音楽もあれば、しっとりとした音楽、ちょっと悲しげな音楽等、様々あるんですが、コンサートでは映像が同時に流れていたので、音楽として悲しげな場面に入ったときに、爆笑が客席からドッと起きたので、それは最初、「ギョッ~!」としました。
 
  が、よく見ると映像に大ウケしているんだな、と判明して、そのギャップと戦いながらも、楽しんで演奏が出来るようになっていました。
 
 
 Q3.前回に引き続き、特別法廷2008でも指揮を振って頂きますが、意気込みをお聞かせ下さい。
 
  4月のコンサートでは、「逆転裁判」を愛してやまないファ ンの方々が、初めてのフルオーケストラサウンドを楽しんで下さり、非常に盛り上がり、大成功でした。「秋」公演も今から楽しみで、ワクワクしています。
 
  繊細、かつ、ダイナミックでパワフルな東京フィルの演奏で、会場のお客さまと一体となって、ますますエキサイティングなコンサートになると確信しています!
 
 
 Q4.ご来場くださる皆さまに、「ここだけは見逃すな!聴き逃すな!」という所はどこでしょうか?
 
  それは「すべて聴き逃すな!すべてが聴きどころ!」です。
 
  元々、ゲームの中ではひとつのテーマとして長い時間流れているものが、非常に凝縮された形で、 ある意味短くなっているところもあると思います。聴き逃していると次に行ってしまいますから、勿論、リラックスして楽しみながら、一音一音味わって下さい。
 
 
 Q5.ゲーム音楽というジャンルに対して、何か気をつけなければいけないことはありますか?
 
  基本的には、音楽はすべて、ビジュアルとのコラボレーションで出来てきているんですね。古いもので言えば、オペラは演劇と音楽、バレエは舞踏と音楽が融合して出来てき た。そして今、映像と音楽のコラボが映画であり、TVでも、映像と音楽が密接に作られています。
 
  それと同じように、現代テクノロジーの中から生まれたゲームも、最初は単純な音が付いていただけのものが、どんどん複雑になり、それをオーケストラで表現する、というのも ごく自然な流れです。
 
  ですから、どの分野においてもそうですが、ゲーム音楽だからコレを気をつけよう、ということはありません。本当は広がりのある音楽なのに、電子的に、と思ってしまうと、オーケストラでやる意味 がなくなってしまうんですね。逆に、ゲーム自体のサウンドにも、もっとアナログ的なニュアンスが更に出てきて欲しいな、と思います。
 
 
 Q6.読者の皆さまに、メッセージをお願いします。
 
  今回は2回公演ということで、前回よりもたくさんの方に聴いていただける可能性がありますけども、ライブというのは本当に1回っきりなので、是非この機会を聴き逃すことなく、たくさんのお客さまに来ていただいて、大いに楽しんで下さることを期待しています。
 
 
 -----
 指揮
 栗田博文(くりたひろふみ) プロフィール
 
 080815_kurita.jpg
 
 1961年、神奈川県小田原市に生まれる。 東京音楽大学指揮科を経て、東京音楽大学指揮研究科を修了。在学中より外山雄三氏(指揮者・作曲家)に抜擢され、アシスタントコンダクターを務め、現場での研鑽を積む。
 1988年、第23回東京国際音楽コンクール指揮部門において、第1位優勝を果たし、一躍注目を集める。翌年、新星日本交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、九州交響楽団、札幌交響楽団を指揮しデビューを飾る。以後、群馬交響楽団、東京都交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団、東京シティーフィルハーモニック管弦楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、読売日本交響楽団等、国内主要オーケストラを指揮する。
 1989年に渡欧。同年、イタリア・第1回アントニオ・ペドロッティ国際指揮者コンクールに入賞し国際的な評価を確立した。1992~1996年、神奈川フィルハーモニー管弦楽団指揮者を務める。この間、1995年5月にフィンランド・ヘルシンキにおいて開催された第1回シベリウス国際指揮者コンクールの最高位に輝く。同年9月にはフィンランド放送交響楽団より招かれヨーロッパデビューを果たし大好評を博す。以後、ヘルシンキフィルハーモニー管弦楽団等に客演し、指揮者としてのキャリアを着実に積んでいる。 また、国内外の指揮活動とともに、後進の指導にも力を注ぎ、2008年4月からは、国立音楽大学客員准教授に就任。愛知県立芸術大学非常勤講師も務める。
 クラシック音楽の古典から現代作品まで幅広いレパートリーをこなすほか、様々なジャンルとのコラボレーションも積極的に行っている。今後の活躍がさらに注目される指揮者である。
 
 2008.08.15 18:00 | コメント (5) | 逆転裁判×東京フィル
 
 **2008.08.14 ( 木 ) スペシャルインタビュー×三浦章広(コンサートマスター)
 
 みなさん、こんにちは!モキチです。
 
 絶賛コラボ中の逆転裁判×東京フィル!
 今回は「秋」公演でコンサートマスターを務めてくださる三浦章広さんのインタビューを
 お届けします!
 
 それでは、どうぞー。
 
 -----
 
 Q1.三浦さんが務められるコンサートマスターというのはどのような役割なのでしょうか?
 
  オーケストラというのは最低でも40~50人、多い場合には、100人が同時に演奏します。そして、中心となる指揮者がいます。指揮者は音を出しませんので、指揮者に一番近い私が、指揮者とオーケストラの「橋渡し」をするわけです。
 
  指揮者の指示を全員が同じように感じるとは限りませんので、表現について各奏者に伝える役目ですね。また、実際に音を出す先陣として奏者を引っ張る役であり、また、バランスをとる仲裁役のような立場でもあります。
 
 
 Q2.ゲーム音楽というジャンルを演奏される際に、心がけることはありますか?
 
  ゲームのそれぞれのキャラクター、ストーリーに合わせて、音楽があると思います。それはゲームに限らず、オペラなどでもそうなのですが、その物語のニュアンスに合わせて演奏するよう心がけています。作品の持つ世界観、雰囲気がお客さまに伝わるよう、物語性を音楽に込めていますね。
 
 
 Q3.ご来場のお客さまに、生のコンサートでどういうことを感じて欲しいですか?
 
  ご来場される方のほとんどが、逆転裁判を好きで、また、その音楽も好きな方々だと思います。しかし、ゲームをされながら聴く音楽と、生のオーケストラで聴く音楽とでは全く異なります。大人数で演奏しているという視覚的な部分であったり、また、空気が振動している、というのを感じて、また、それを楽しんで頂ければ、と思います。
 
 
 Q4.クラシックは難しいイメージがあるかもしれませんが、お客さまにはどのような気持ちで聴いて頂きたいですか?
 
  いろいろな音楽の聴き方がありますが、まずは楽しんで欲しいです。そして、オーケストラというのは音の世界ですから、音から何かを感じて頂ければ嬉しいですね。僕らとしても音楽でそういったものを伝えられればと思っておりますし、そこに使命感を持っております。
 
  生で聴いて頂ければ、きっと伝わると思っております。なので当日は携帯を鳴らさない、お煎餅をボリボリ食べないなど、ご注意くださいね。
 
 
 Q5.生のコンサートには、「聴く」だけではなく、「見る」という魅力もあると思いますが、「ここは見逃すな!」というのはどこでしょうか?
 
  いろいろな楽器をどのように演奏しているのか、を見て欲しいですね。様々な個性を持った音楽家がひとつの音楽に集中している時の姿や表情を、ライブでは感じて頂けると思います。私たち奏者としても、そんな集中している時が一番充実していて、しあわせな瞬間なんですよ。
 
 
 Q6.読者の皆さまに、メッセージをお願いします。
 
  生の音楽、生のオーケストラのフルサウンドを聴くことで、同じ曲でもまた新しいイメージが沸くかもしれません。オーケストラコンサートは初めての方もいらっしゃるかもしれませんが、音楽の素晴らしさ、オーケストラのサウンドを是非とも楽しんで下さい。
 
 
 -----
 東京フィルコンサートマスター
 三浦章広(みうら あきひろ) プロフィール
 
 080814_miura.jpg
 
 1961年大阪生まれ。4歳よりヴァイオリンを始める。
 筑波大学に進学し、人間学類において、教育学、心理学、心身障害学を学ぶ。またこの頃より徳永二男氏に師事し、ヴァイオリンの研鑽を積む。1984年同大学を卒業し、翌年NHK交響楽団に入団。第53回日本音楽コンクール入選。第21回東京国際音楽コンクール弦楽四重奏部門において斎藤秀雄賞受賞。第25 回ティボール・ヴァルガ国際ヴァイオリンコンクール第2位(1位なし)。川崎音楽賞第1位及び最優秀市長賞受賞。1989年アフィニス文化財団の奨学生として、ドイツ・ミュンヘン留学、エルネ・セベスティアン氏に師事。1993年東京、大阪にてソロデビューリサイタルを行い、高い評価を受ける。13年間NHK交響楽団に在籍した後、1999年より新星日本交響楽団の首席コンサートマスターに就任。2001年より東京フィルハーモニー交響楽団のコンサートマスターを努めている。
 これまでに、サンクトペテルブルグ・フィルハーモニー室内オーケストラ、フィレンツェ室内管弦楽団、札幌交響楽団、東京フィル、名古屋フィル、大阪フィル、神戸市室内合奏団等、各地のオーケストラと共演しているほか、リサイタル、ボア・ヴェール・トリオ、ヴェーラ弦楽四重奏団、鎌倉芸術館ゾリスデン、JTアートホール室内楽シリーズへの度々の出演など、多彩な演奏活動を展開している。国立音楽大学、洗足学園音楽大学等の講師として後進の指導にもあたっている。
 
 2008.08.14 18:00 | コメント (8) | 逆転裁判×東京フィル
 
 **2008.08.13 ( 水 ) ♪逆転裁判3・終幕
 
 みなさん、こんにちは!モキチです。
 
 逆転裁判×東京フィル!強化週間も折り返し点までやってきました。
 
 続きを読む
 
 2008.08.13 18:00 | コメント (8) | 逆転裁判×東京フィル
 
 **2008.08.12 ( 火 ) 【重要】先行抽選販売 チケット購入について
 
 こんにちは!セルピュータ担当(し)です。
 
 
 日本全国で暑い日が続いていますが、皆さんお忘れではないですか?
 8月8日(金)から始まっているチケット先行抽選販売の引き取りです!
 
 当選確認→チケットの購入手続きをまだ済ませておられない方は
 なるべく早くLoppiでお引き取りをお願いいたします!
 
 
 8月15日(金)23:00を過ぎると、チケットの引き替えが出来なくなり
 当選も無効になってしまいますので、ご注意下さいませ!
 
 
 お盆の季節なので忘れがちになりそうですが、
 日時などお間違えのないようお願いいたします!
 
 
 私も、別のオーケストラ公演で
 Loppi引き取り期限ぎりぎりに行ったら人が2人くらい
 並んでいて、今さら他のLoppiに行く時間もなく…
 期限を過ぎてしまった哀しい思い出を持っています…。
 
 
 皆さんはそのようなことにならないよう、くれぐれもお早めに
 お引き取りをお願いいたします!
 
 
 それでは!
 
 
 2008.08.12 18:00 | コメント (3) | チケット情報
 
 **2008.08.12 ( 火 ) 新作オリジナルグッズ情報 第2弾!
 
 皆様、こんにちは。
 逆転裁判オーケストラコンサート・グッズ担当のSugizoです。
 
 前回は『大場カオルのトートバッグ』(オバチャン、まさかの商品化!)を
 紹介させていただきました。
 
 みなさんからコメントをいただき、グッズ担当として非常に励みになりました。
 そして、オバチャンの人気も再認識しました(笑)。ありがとうございます。
 
 もちろん逆転裁判の新作オリジナルグッズはこれだけではありませんので、
 今回もまたひとつだけ紹介させてください。
 
 【グッズその2】
 『タイホくんストラップ』
 ある時は、踊るタイホくん。またある時は、看板になって登場……。
 と物語のなかで、さまざまな形で登場しているタイホくんが、
 今度はストラップになって登場です!
 
 080812_taihokun.jpg
 ※画像はイメージです。実際の商品とは異なる場合がございます。
 
 タイホくんは半立体になっていて、さわっても楽しめるストラップです。
 携帯電話につけてもいいし、お部屋に飾って家の守り神にするもよし(?)。
 ついつい自分のそばに置いておきたくなる、そんなアイテムです。
 
 
 それから、もうひとつ素敵なお知らせです。
 
 物販コーナーでは、新作オリジナルグッズのほか、
 2008年4月に行われた「逆転裁判 特別法廷2008 オーケストラコンサート」の
 オフィシャルDVDブックの先行販売を行います。
 二週間ほど早く手に入りますので、待ちきれない方はぜひ!
 
 では、また!
 
 
 2008.08.12 18:00 | コメント (11) | グッズ情報
 
 **2008.08.12 ( 火 ) ♪綾里 真宵 ~逆転姉妹のテーマ
 
 みなさん、こんにちは!モキチです。
 
 本日も逆転裁判×東京フィル!絶賛発信中です。
 今回も、前回に引き続いて、第1ヴァイオリンを務められます加藤光さんの
 練習中にこっそりお邪魔して、
 「綾里 真宵 ~逆転姉妹のテーマ」を演奏して頂きました!
 
 事件が解決したときのほっとした安堵感が伝わると思います!
 
 それでは、どうぞー。
 
 2008.08.12 18:00 | コメント (8) | 逆転裁判×東京フィル
 
 **2008.08.11 ( 月 ) ♪成歩堂 龍一 ~異議あり!
 
 みなさん、こんにちは!モキチです。
 
 逆転裁判×東京フィル!
 遂に本日より本格的に始動します!
 
 なんと!
 
 本日から8月15日(金)まで、毎日コラボ企画をお届けしちゃいます!
 今週は逆転裁判×東京フィル!強化週間、でお楽しみ下さい。
 
 第1回目となります今回は、本番当日に演奏されるあの曲をほんの少しですがお届けします。
 
 本番で第1ヴァイオリンを務められます加藤光さんの練習中にこっそりお邪魔して、
 「成歩堂 龍一 ~異議あり!」を演奏して頂きました!
 
 それでは、どうぞー。
 
 2008.08.11 18:00 | コメント (16) | 逆転裁判×東京フィル
 
 **2008.08.08 ( 金 ) 特別法廷2008秋!
 
 こんにちは!
 デザイナーの塗 和也(ぬりかずや)と申します。
 
 今回はめでたく再演決定!ということで
 『特別法廷2008秋』メインビジュアルを描かせていただきました。
 
 前回のコンサートでは、僕も観客席でその壮大に生まれ変わった
 楽曲の数々に大いに感動し、今回の再演決定の報にも
 「あの生演奏の迫力を、再びより多くの人に味わっていただけるとは、
 素晴らしいなぁ~」と半ば他人事のように喜んでいたのですが、
 その後突然今回の描きおろし依頼を受けてからは、他人事ではなくなり
 『特別法廷2008秋』の更なる成功の一助になればと
 気合いを入れて取り組みました!
 
 今回描くにあたって、オーケストラコンサート=楽器演奏の図
 がやはり最初に浮かんだのですが、楽器演奏の絵は既にあったので
 今回は『特別法廷』のあくまで特別な『法廷』の部分をテーマにし、
 シリーズ間の時間軸を超えたキャラクター達の共演を
 「法廷といえばやはり対決構図でしょう!」ということで描いてみました!
 全体としてはオーケストラの雰囲気と合わせて高級感が出るように
 意識しています。
 
 gyakuten_oke_irasuto.jpg
 
 …どうでしょうか?
 
 「え?小さすぎてわからない?」
 
 …すみません!
 今回はまだ小さなサイズでしかお見せできないとの事で、
 僕自身も早く皆さんに見ていただきたい気持ちでイッパイなのですが、
 コンサートと同じくこちらも楽しみにしていただければ嬉しいです。
 
 そして正式公開された際には、ぜひ感想等もお待ちしております!
 ではまたどこかで!
 
 2008.08.08 18:00 | コメント (21) | コンサート情報
 
 **2008.08.05 ( 火 ) 「お土産」あります!
 
 みなさん、こんにちは! セルピュータの(イ)です。
 「秋」公演を楽しみにしていただいている皆様に
 ビッグなお知らせです!
 
 4月20日の初演にお越しいただいた皆様に大好評を博した
 「お土産」ですが、今回も、もちろんございます!
 気になる内容は音楽のイベントにちなみ、またまた「CD」です。
 
 初演の「お土産CD」ではラミロアさんが幻想的な歌声を
 トノサマンが熱い魂の叫びを披露してくださいましたが、
 「秋」公演ではしっとりとした音色の調べをお届けいたします。
 岩垂さんが初演でも演奏してくださった“弾けるオルゴール”
 「カナデオン」にて素敵にアレンジしてくださっています。
 
 気になる内容は…
 ファンにはお馴染みの「成歩堂 龍一 ~異議あり!」が
 魅惑のオルゴールバージョンに!
 そしてなんと「タイホくん ~守ってあげたい」が
 可愛らしい癒しのメロディーに!
 
 これはファンならずとも手に入れておきたいアイテムですね!
 当日をお楽しみに!
 
 2008.08.05 18:00 | コメント (16) | コンサート情報
 
 **2008.08.05 ( 火 ) チケット抽選販売 受付状況(8月5日 午前10時時点)
 
 こんにちは、セルピュータ(し)と申します。
 
 8月2日から始まった先行抽選販売受付、皆さんエントリーは
 済ませられましたでしょうか。
 
 ローソンチケットから、本日(8月5日)午前10時時点の
 受付状況を入手しましたので、お知らせいたします。
 今回は昼公演・夜公演ごとの受付状況になります。
 
 昼公演
 SS席…受付数が非常に多い
 S席…受付数が非常に多い
 A席…受付数が多い
 
 夜公演
 SS席…受付数が非常に多い
 S席…受付数が多い
 A席…受付数がやや多い
 
 状況となっております。
 
 今からエントリーされる皆さんは、昼公演のA席・夜公演のS席&A席に受付を
 されると当選しやすいかもしれません。
 先行抽選販売では、最後の数時間で受付が飛躍的に伸びることが
 よくありますので、アクセスも困難になる可能性があります
 平日の夜遅くではありますが、出来るだけ早めに、ゆとりを持って
 エントリーされることをお勧めいたします。
 
 もちろん、両公演のSS席を申し込みされても、公平に
 抽選いたしますので、最終で申し込んだから抽選に漏れる…といったことは
 ありませんので、ご安心下さい。
 
 まだ受付をすませておられない方は、本日23:00までに
 すませてくださいませ。
 
 それでは!
 
 
 2008.08.05 15:02 | コメント (13) | チケット情報
 
 **2008.08.04 ( 月 ) チケット抽選販売 受付状況
 
 こんにちは、セルピュータ(し)と申します。
 月曜日ですが、臨時更新いたします!
 
 
 8月2日から始まった先行抽選販売受付、大変なお申し込み数で
 スタッフ一同、非常に驚いています。
 改めて皆さんに感謝いたします!本当にありがとうございます。
 
 本日(8月4日)午前10時時点の受付状況をお知らせいたします。
 
 
 昼公演/夜公演ともに
 SS席…受付数が非常に多い
 S席…受付数が多い
 A席…受付数がやや多い
 
 
 状況となっております。
 
 
 今からエントリーされる皆さんは、S席・A席に受付を
 されるとSS席よりは当選しやすいかもしれません(確約はできません)。
 
 
 また、昼公演・夜公演の内容ですが、演奏曲目や
 演奏キャストに変更はなく、同じ曲目を演奏いたします。
 ※新曲2曲を含む14曲を予定しております
 
 
 日本を代表するオーケストラ&ホールで逆転裁判の音楽を
 聴く機会は滅多にありませんし、
 霜月はるかさんの独奏と岩垂徳行さんのカナデオンもライブで聴けます!
 これは私としてはものすごいことなんです(感動)。
 
 
 ホールで聴く音楽は、舞台と聴衆の空気感というか
 緊張感がみなぎって、CDで聴く楽しみとは全く異なる
 すばらしい音響の世界に浸れます。この感動を是非、皆さんと
 共有したいと思います!(きっと私は舞台袖から)
 
 
 まだ受付をすませておられない方は、明日8月5日火曜日23:00までに済ませてくださいませ!
 
 2008.08.04 19:52 | コメント (7) | チケット情報
 
 **2008.08.01 ( 金 ) NEW逆転裁判 NOTゲーム
 
 こんにちは。
 シリーズプロデューサーの松川です。
 9月23日のオーケストラコンサートのチケットがまもなく発売されます。
 チケット販売前に皆様にお知らせがございます。
 
 今回の特別法廷2008秋でも「発表会」を予定しております。
 
 「NEW逆転裁判 NOTゲーム」
 
 スタートは…数年前。
 あんなことや、こんなこと…を乗り越えて、やっと発表となります!
 今、本当は色々と告知したいのですが当日までのお楽しみ…とさせてください。
 
 全体の近況ですが、新作グッズの監修も最終ステップです。
 来週は影ナレだけ新作にと、ボイス収録の予定です。
 
 塗の描き下ろしのイラストも今週完成予定! 
 今回の特別法廷2008秋のメインビジュアルがまもなく完成します。
 来週のどこかで少しだけでも公開できればと思っています。
 
 開催まで2ヶ月を切り、プロジェクトチームも全開で準備を進めております。
 会場で皆様とお会いできますこと、スタッフ一同、楽しみにしております!
 
 2008.08.01 18:00 | コメント (26) | コンサート情報
 
 **2008.08.01 ( 金 ) チケット先行抽選販売について
 
 こんにちは!セルピュータ担当(し)と申します。
 
 4月公演に引き続き、皆さんに「特別法廷2008 秋」をお届けすることが出来て、
 本当に嬉しく思います。これも皆さんの応援のたまものです。
 心から御礼申し上げます。
 
 さて、7月に発売になった4月公演のCDは、
 もうお買い求めいただけましたでしょうか?
 
 岩垂徳行氏渾身のオーケストラCDになっていますので、まだの方は
 是非お聴きくださいね。DVDのほうも着々と進行中、オーケストラの
 醍醐味を味わっていただけるよう、カメラアングルも指揮者用スコアを
 見ながら目下編集中ですので、どうぞご期待ください!!
 
 さて、前置きが長くなりましたが、お待ちかね
 チケットの先行抽選販売のエントリーがいよいよ明日、開始されます。
 
 詳細を改めてご案内いたしますので、間違いのないように
 登録してくださいませ!
 
 ■■ローソンチケット 先行抽選販売■■
 
 
  <受付期間>
 
    ●8月2日(土)15:00~8月5日(火)23:00まで
 
 
    ●ローソンチケット ホームページで受付します
     サイトはコチラからです!
     受付開始は上記日時からですが、受付方法はすでに
     掲載されていますので、事前にご覧いただくことをおすすめします。
 
 
    ●事前に会員登録が必要です!
     登録は無料ですので、お忘れなくお願いします。
 
 
    ●申し込み枚数はお一人さま2枚までです!
     昼公演・夜公演両方をお聴きになりたい場合には、2回受付をする必要があります。
     2回受付をすることで、1公演につき2枚、昼公演夜公演で
     合計4枚までお申し込み可能です。
 
 
    ●チケット代とは別に所定の手数料がかかります
     先行抽選受付で購入される場合には、チケット代金とは別に
     所定の手数料がかかります。
 
 
    ●先着順ではないので、受付はゆっくり確実に!
     受付当初は、サイトが混み合う場合がありますので、
     アクセスしづらい場合には時間をおいてお申し込みください。
     申し込み期間内であれば、当選落選には影響はありません。
 
 
  <座席について>
 
    ●6歳以上のお客さまはすべてチケットが必要です。
 
 
    ●チケットは必ずしも、良席がご用意できるわけではありません。
 
 
    ●5歳以下のお子様はご入場いただけません。
     保護者同伴で保護者の方がチケットをお持ちでも、ご入場いただけません。
     同一の席にお二人が座ることは出来ませんので、
     あらかじめご了承ください。
 
 
    ●SS席~A席すべての座席において、一部演出が見えづらい箇所があります。
     公演ではスクリーンを設置し映像を上映いたします。
     出来る限り見えづらいお席は省いて販売いたしますが、
     座席によっては一部演出が見えづらい場合がございますので、
     あらかじめご了承ください。
 
 
  <座席の割付表>
 
    ●以下の図面になります。
       ・黄色がSS席のエリア
       ・赤色がS席のエリア
       ・白色がA席のエリア
     となります。
      ORCHARD_hall.jpg
     左から順番に、1階席~3階席となっております。
 
    ●オークションでの転売行為を防ぐために、拡大した状態での
     座席表は掲載いたしません。何卒ご了承ください。
 
 
  <当選確認/当選チケット引替期間>
 
    ●8月8日(金)15:00~8月15日(金)23:00
 
 
    ●当選確認、および、当選チケット引替の方法は
    コチラに記載されておりますので、ご確認ください。
 
 
  <ローソンチケット/Bunkamuraチケットセンター一般販売>
 
    ●8月16日(土)から開始いたします。詳細は8月15日(金)の
     ブログ臨時更新でご案内いたします。
 
 
  <キャンセルが発生した場合のチケット販売>
 
    ●別途このブログで告知をしますので、チケット先行抽選販売、
     通常販売が終了した後もブログのチェックはこまめにお願いいたします。
 
 
 以上になります。
 
 通常販売はごく少数の販売となりますので、出来るだけ先行抽選販売で受付を済ませていただくことを強く、強くおすすめいたします!
 
 この情報はコチラにも掲載しておりますので、
 随時チェックをお願いいたします。
 
 
 それでは、当日皆さんとお会いできることを楽しみにしています。
 このほかにもオーケストラ周りのお話があるのですが、それはまた後日、ということで(^^)。
 
 来週火曜日はセルピュータ(イ)から、ご来場いただいた皆さんへ追加のお知らせがあるようです。
 どうぞお楽しみに!
 
 2008.08.01 18:00 | コメント (5) | チケット情報
 
 **2008.07.29 ( 火 ) 逆転裁判×東京フィル!
 
 みなさん、こんにちは!モキチです。
 
 「秋」公演にて東京フィルハーモニー交響楽団との夢の競演、再び!
 と、いうことで…
 
 会場だけでなく、このブログでも
 東京フィル完全協力体制の下、特別企画をお贈りしちゃいます!
 
 あの人のインタビューを独占公開してみたり!?
 あの楽曲の演奏をちょこっとお見せしてみたり!?
 
 詳しい内容は随時、お知らせいたしますが
 8月のブログ更新は色々とお楽しみいただける企画満載です!!
 
 本番当日を待つ皆さまにワクワク感をお届けしたい!
 そんな熱い気持ちで、現在全力準備中ですので、ご期待下さいッ!!
 
 そして、そして!
 
 新曲ファン投票は7月31日(木)まで絶賛受付中です!
 残りわずかとなっておりますので、まだ投票されていない方は、お急ぎ下さいね!!
 
 2008.07.29 18:00 | コメント (10) | 逆転裁判×東京フィル
 
 **2008.07.22 ( 火 ) ただいまオリジナルグッズ企画進行中!
 
 皆様、こんにちは。
 逆転裁判オーケストラコンサート・グッズ担当のSugizoです。
 
 前回の公演では「宝月茜のかりんとう」など
 おかげさまで皆様にたいへんご好評いただきました!
 
 もちろん今回のオーケストラ会場でも、
 逆転裁判の新作オリジナルグッズを販売いたします。
 
 日常でさりげなく使うことのできる実用品から、
 思わず欲しくなっちゃうあのキャラクターのグッズなどなど、
 現在、いくつもの魅力的なアイテムが企画進行中ですのでお楽しみに!
 
 本日はそのなかから1点だけ紹介させていただきます。
 
 『大場カオルのオリジナルトートバッグ(仮)』
 なんとオバチャンがグッズになりました!
 ある意味、まさかの展開ですが(笑)、現在鋭意製作中です!
 
 080722_obatyanbag.jpg
 ※画像はイメージです。実際の商品とは異なる場合がございます。
 
 生地は帆布でサイズも370×220mmと、超実用的な仕様を追求。
 渋谷も銀座も日本橋でも、このトートバッグをご利用ください!
 
 ということで、本日はここまで。
 
 逆転裁判オーケストラコンサートが一生の思い出になるような、
 お土産を用意したいと思いますので、公演当日はぜひ
 物販コーナーにも立ち寄ってくださいね!
 
 
 ※チケットをお持ちの方のみの販売となります
 
 
 2008.07.22 18:00 | コメント (20) | グッズ情報
 
 **2008.07.18 ( 金 ) 新曲投票!チケット!!
 
 みなさん、はじめまして!
 本公演からの新プロジェクトメンバー、モキチです。
 
 お待たせしました!
 
 今日はチケットの購入方法、そしてさらに!
 新曲ファン投票についても、お知らせしちゃいます!!
 
 チケットの購入については、「ローソンチケット」、もしくは、「Bunkamuraチケットセンター」にて
 販売をいたしますので、詳しくは以下をご参照下さい。
 
 ■料金
 
  SS席 7,140円(税抜6,800円)
   S席 6,090円(税抜5,800円)
   A席 5,040円(税抜4,800円) ※全席指定
 
 ■発売日
 
  ●先行抽選予約
 
   2008年8月2日(土)15:00~2008年8月5日(火)23:00
 
    ローソンチケット ホームページで受付(要会員登録、Lコード不要)
    受付はコチラ ※8/2(土)15:00以前はご利用頂けません
 
  ●一般販売
 
   2008年8月16日(土)10:00~
 
    ローソンチケット tel:0570-084-686(Lコード不要)
    ※8月16日(土)18:00以降は、tel:0570-084-003(Lコード:72328)での受付と
    なりますので、ご注意願います
 
    Bunkamuraチケットセンター tel:03-3477-9999
 
 ■イベント・チケットについてのお問い合わせ先
 
  トゥモローハウス tel:03-5456-9155(受付時間 土日祝を除く月~金10:00~18:00)
 
 その他、注意事項などはコチラもご参照下さい。
 
 
 そして、みなさま、こちらも首をながーくしてお待ちいただいたのではないでしょうか!?
 新曲ファン投票候補曲を発表します!
 
 1.逆転裁判・終幕
 2.糸鋸圭介 ~イトノコ刑事っス
 3.矢張政志~事件の影にやっぱりオレ
 4.罪門恭介~荒野のならず刑事
 5.みぬく~ほとばしれ、視線
 6.宝月 茜 ~カガクの刑事
 
 ちなみに、投票は7月31日(木)まで絶賛受付中です!
 このブログの右側にある投票ボタンをクリックして下さい!!
 
 あなたの一票が特別法廷2008秋を変えるッ!?
 見事、新曲の座を勝ち取るのはどの曲なのかッ!?
 
 それは当日のお楽しみです!!!
 
 
 2008.07.18 18:00 | コメント (17) | チケット情報
 
 **2008.07.15 ( 火 ) 初演ライブCD、明日発売!
 
 みなさん、こんにちは! 先週に引き続き、セルピュータの(イ)です。
 「秋」公演に向けて着々と準備は進行しております!
 
 先日も編曲をお願いしている岩垂さんにお越しいただき、
 松川プロデューサー、江城プロデューサーを交え、
 企画会議をしておりました。
 
 
 080715_gyakuten_meeting.jpg
 
 
 このようなかたちで日々、アイディアを練りに練っておりますので
 みなさま9月23日までしばしお待ちを!
 
 
 さて「秋」公演を実現するきっかけとなりました
 4月20日に新宿文化センターにて開廷の
 「逆転裁判 特別法廷2008 オーケストラコンサート」のライブ盤が
 明日、7月16日(水)より全国CDショップにて、ついに発売となります!
 
 080715_gyakuten_CD.jpg
 「逆転裁判 特別法廷2008 オーケストラコンサート
 ~ GYAKUTEN MEETS ORCHESTRA~」
 2008年7月16日発売 / 価格:3,570円(税込)
 ※全国のCD取り扱い店にてお買い求めいただけます。
 
 
 さきほどの画像にもご登場いただいた岩垂さんに
 MIXダウンからマスタリングまで完全監修いただいたライブ盤CDです!
 当日、ホールを包み込んだあの素晴らしい演奏を封じ込めました。
 
 「秋」公演への期待が高まる1枚をぜひお聴き逃しなく!
 
 
 2008.07.15 18:00 | コメント (17) | コンサート情報
 
 **2008.07.08 ( 火 ) 楽曲投票!
 
 みなさん、こんにちは!
 カプコンの音楽関連レーベル、セルピュータの(イ)です。
 な、な、なんと「秋」公演決定ということで、スタッフはまたまた
 東奔西走しております。
 
 前回同様、みなさんに心ゆくまで楽しんでいただける公演内容にするべく
 連日連夜アイディア会議をしているわけですが、そんな中から飛び出したのが
 “新曲をファン投票で決定”というもの。
 
 『新曲はぜひ披露したいが、ス、ス、スケジュールが…』という
 誰のものともつかないつぶやきをかき消す『やりましょう』という
 プロデューサーの鶴の一声で決定された本アイディアですが
 7月18日より開始いたします!
 
 スタッフが悩みに悩んでセレクトした、いずれ劣らぬ『逆転裁判』シリーズを
 代表するあんな曲やこんな曲を、7月18日に掲載いたしますので
 みなさんお誘いあわせの上、ぜひぜひ投票願います!
 
 みなさんの投票で選ばれた1曲が、当日、オーチャードホールを染めます!
 
 それでは7月18日までしばしお待ちを!
 
 2008.07.08 18:00 | コメント (25) | コンサート情報
 
 **2008.07.04 ( 金 ) ご挨拶
 
 皆様、こんにちは。
 逆転裁判シリーズプロデューサーの松川です。
 
 
 再演! します!
 
 
 4月20日「逆転裁判 特別法廷2008 オーケストラコンサート」
 新宿文化センターの舞台裏。
 皆様からの温かい拍手が聞こえます。
 
 すでに再演に向けた動きはそこから始まっていました。
 2年越しの夢が叶って、涙ぐんでいる我々に思いがけない一言が飛んできました。
 「次の公演はいつにしましょう!?」と、東京フィルの担当さん。
 「次の開催地はどこですか?」と、指揮者の栗田さん。
 「僕、次回は客席で聴きたいです」と、岩垂さん。
 決定的だったのは、ブログに書き込まれた皆様からの再演を望むコメントでした!
 
 「9月23日 東京フィルハーモニー交響楽団さんと、渋谷オーチャードホールをおさえましたっ!」と、
 聞いたのは4月23日。
 終演後、たった3日のことでした・・・。
 
 今回の「秋」公演では、新しい曲を皆さんの投票で決めたいと思います。
 新しいグッズも作っています。
 決まり次第、またこのブログでお伝えしていきます~。
 
 また皆さんとあの素敵な時間を共有させていただくこと、
 楽しみにしています。
 
 2008.07.04 18:00 | コメント (69) | コンサート情報
 
 ※本ブログが提供している情報、掲載コメントに関しては合法性、正確性、安全性等いかなる保証もされません。
 ※カプコンは本ブログの情報を利用することによって生ずるいかなる損害に対しても責任を負いません。
+
+&link_up(▲ページ上へ▲)
+
+#amazon2(300x250)