※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「MUS規格ユニット開発計画」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

MUS規格ユニット開発計画」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

+MUS規格ユニット開発計画とは、
+計画当時[[ム~さん]]同盟盟主国であった[[自由民主島]]によって計画された、
+兵器開発計画である。
 
+後にこの計画は自由民主島政府を再編した[[ノルマンディ半島]]政府により発見され、
+この文書はT.7719にノルマンディ政府によって、まとめられたものである。
+
+*概要 [#p11dabec]
+この計画はム~さん同盟の海域進出に伴って計画されたものである。
+海域進出当時、ム~さん同盟は[[Missionaries of Eternal Blacks]]、通称M.E.B.と対立しており、
+ム~さん同盟は海域上での覇権争いは避けられないと考えていた。
+そこで、規格整備を行い、効率よく兵器を開発するという計画を立てることにした。
+それによってMUS規格という規格が作られることとなった。
+
+*MUS規格 [#s1e27564]
+MUS規格は大きく分けて二種類がある。
+ひとつは艦船用の規格、
+もうひとつは航空機用の規格である。
+
+艦船用の規格は、砲塔基部の規格統一、ジェネレーター出力規格の統一、艦船用OSの規格統一など、
+航空機用の規格は、ミサイル規格の統一、コックピット規格の統一などがある。
+
+*ユニット統一 [#p7bee5f8]
+上記のMUS規格に沿って兵器開発が行われ、ム~さん同盟加盟国によって開発された兵器は、
+加盟国ならば簡単に技術を習得することが出来るため、すべての加盟国に容易に技術を譲渡することが出来る。
+これはMUS規格の統一によって成し遂げたことであり、
+規格統一によってム~さん同盟の兵器をも統一することに成功している。
+
+*ユニット一覧 [#k3493273]
+**MWF-53 53式フリゲート [#v247d91b]
+
+|[[国際形式番号>ユニット一覧#d6af9b14]]|対艦戦力|対空戦力|製造コスト|維持コスト|開発国|艦級|
+|DD-M|14|6|16兆円|1兆6000億円|自由民主島|53式フリゲート|
+
+自由民主島によってPrd.1に開発されたフリゲート。
+国際条約では駆逐艦という扱いになっているが、
+自由民主島、ノルマンディ半島ではフリゲートとして扱われている。
+フリゲートという艦種のとおり、輸送船などの民間船護衛が主任務の艦であり、量産性が非常に高い。
+
+五隻が自由民主島により製造された他、[[かりん島]]、[[グリーン島]]によってそれぞれ一隻が製造された。
+後に自由民主島保有のものは財政破綻により国連に売却された。
+かりん島、グリーン島所有の艦は滅亡時に廃棄されたものと思われる。
+
+自由民主島の政府再編後、開発技術はノルマンディ半島に移ったが、
+財政破綻状態は変わらず、ノルマンディでは一隻も製造されていない。
+
+Prd.109にノルマンディ半島から[[ゲルファント大公国諸島]]に対し、
+この艦の製造技術が90兆円で販売された。
+これはノルマンディ政府が財政回復のために行ったものである。
+
+***歴代艦一覧 [#s19e3745]
+|国際識別コード|艦名|所属|製造時期|備考|
+|JMN-DD-M-01|---|自由民主島|Prd.2|Prd.33国連に売却|
+|JMN-DD-M-02|---|自由民主島|Prd.3|Prd.33国連に売却|
+|JMN-DD-M-03|---|自由民主島|Prd.3|Prd.33国連に売却|
+|JMN-DD-M-04|---|自由民主島|Prd.7|Prd.33国連に売却|
+|JMN-DD-M-05|---|自由民主島|Prd.7|Prd.33国連に売却|
+|KAR-DD-M-01|---|かりん島|Prd.3|Prd.40廃棄|
+|GRN-DD-M-01|---|グリーン島|Prd.69|Prd.110廃棄|
+|GLF-DD-M-01|アドミラル・フロータ・スワロフ|ゲルファント大公国諸島|Prd.112||
+
+**MWC-54 54式巡洋艦 [#dd23f4b8]
+
+|[[国際形式番号>ユニット一覧#d328f8d3]]|対艦戦力|対空戦力|製造コスト|維持コスト|開発国|艦級|
+|CG-M|27|11|45兆6000億円|4兆5600億円|自由民主島|54式巡洋艦|
+
+自由民主島によってPrd.6に開発された巡洋艦。
+高速巡航能力と対艦性能に重点を置いており、
+護衛任務ならびに駆逐艦に対する攻撃が主任務である。
+対空能力が低く、制空権外での使用には危険が伴う。
+グリーン島、かりん島に技術が譲渡された。
+
+***歴代艦一覧 [#la2a6b6e]
+|国際識別コード|艦名|所属|製造時期|備考|
+|JMN-CG-M-01|---|自由民主島|Prd.7|Prd.33国連に売却|
+|JMN-CG-M-02|---|自由民主島|Prd.7|Prd.33国連に売却|
+|JMN-CG-M-03|---|自由民主島|Prd.7|Prd.15グリーン島に譲渡|
+|JMN-CG-M-04|---|自由民主島|Prd.8|Prd.15グリーン島に譲渡|
+|JMN-CG-M-05|---|自由民主島|Prd.8|Prd.14廃棄|
+|JMN-CG-M-06|---|自由民主島|Prd.8|Prd.14廃棄|
+|GRN-CG-M-03|---|グリーン島|Prd.7|JMN-CG-M-03より改名、Prd.40廃棄|
+|GRN-CG-M-04|---|グリーン島|Prd.8|JMN-CG-M-04より改名、Prd.40廃棄|
+
+**MWV-54 54式航空母艦(計画のみ) [#m9ecbb32]
+自由民主島で開発が予定されていた航空母艦であるが、
+財政破綻により実際には開発されなかった。
+
+**MFA-54 54式対艦攻撃機 [#ibce9ca3]
+
+|[[国際形式番号>ユニット一覧#n45b0c18]]|対艦戦力|対空戦力|製造コスト|維持コスト|開発国|採用名|
+|F-A|19|5|7兆2000億円|2兆4000億円|自由民主島|54式対艦攻撃機|
+
+自由民主島によって開発された攻撃機。
+国際条約では戦闘機として扱われているが、
+自由民主島、ノルマンディ半島は対艦攻撃機として分類している。
+
+対艦攻撃能力を重視しており、
+駆逐艦はおろか、並みの巡洋艦も撃沈することの出来る性能を持つ。
+対空能力は低く、戦闘機にインターセプトされると性能が発揮できない。
+
+**MFI-55 55式戦闘機(計画のみ) [#ueb6b91b]
+自由民主島で開発が予定されていた戦闘機であるが、
+財政破綻により実際には開発されなかった。