Top Page【工事中です】

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


訪問者数 -

工事中です

花王本社デモ(2011/9/16)

花王不買運動


1…なぜスポンサーを対象にするのか
 ○電通・フジテレビ他偏向報道をするマスメディア
   スポンサーさえ味方なら、視聴者の不満なんて些細な問題
 ○スポンサー
   顧客の不満は売上ダウンに表れる。 → CMが減れば電通とマスメディアに大ダメージ。

2…なぜ国内スポンサーを対象にするのか
 ○韓国系スポンサー
   当然不買対象。偏向報道、捏造に加担する日本企業も不買対象に追加される。
 ○国内のスポンサー
   今のままでは「異議を唱える社員は左遷・解雇」という流れが加速し、手遅れに。 不買運動の効果が表れれば、方針を見直す可能性がある。

3…なぜ花王に集中させるのか
 ○花王のお客様対応は抜きん出て酷い。
   同一人物が複数の名前を名乗っている可能性がある・電話の最初と最後で名乗る名前が変わる・
   電話を50分も放置する・オペレーターが腹を立てて電話を切る
   → 花王は顧客を軽視している。
 ○フジテレビに多くのコマーシャル料を出している。
   2009年度 広告宣伝費ランキング2位(1位はパナソニック)
   2011年7月のCM放映回数ランキングで花王は1位。特にフジテレビに広告が集中
   昼の韓ドラ枠の番組スポンサー・韓国押しが酷い「とくだね」番組スポンサー・
   KPOP押しハングル字幕「HEY!HEY!HEY!」番組スポンサー・
   次期フジ日9の反日女優キム・テヒ主演ドラマのメインスポンサー
 ○フジテレビの主要スポンサーである以前に、問題のある商品がある。
 ○日用品メインなので誰でも不買ができる。
 ○不買でライバルの韓国系企業が潤う、という要素が薄い。
最終更新:2011年10月28日 01:20