「金貸し」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

金貸し」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 *金貸し
 #divclass(normal){{{
 金貸し~
 カードタイプ:行動(商人)~
 コスト:4~
 ~
 連結1~
 コイン3~
 ターン終了時に、ゲーム外にあなたの「金貸し」置き場を作り、そこに「借金カウンター」を4個置く。~
 「金貸し」置き場に「借金カウンター」がある限り、あなたがコインを得た時、あなたはコインを得る代わりに、同数の「借金カウンター」を取り除く。~
 ~
 illust:[[高畑ゆき]]~
 }}}
 **考察
-かつては[[姫将軍 フラマリア(旧)]]とのコンボが強烈すぎてサプライへの採用が敬遠されがちであったがエラッタ後はだいぶまともになった。~
-
-デメリット付きの劣化版[[大都市]]と考えがちだが、行動カードなので[[キープ]]できるのがミソ。~
-ターン毎に出るコインにムラをつけることができ、1ターン目から買える価格圏内なので序盤から[[大都市]]を購入する足がかりにもできる。~
-継承権カードをセットするターンに借金を返すと効率がいいので速攻擁立向きなのは相変わらず。~
+デメリット付きの劣化版[[大都市]]。~
+序盤から3コイン出すことができるが、次ターン以降は4コイン分の借金を返済しない限りコインが出なくなってしまう。~
+1〜2ターン目に買えて、かつ3コイン出るカードといえばこれの他にはFG以降のカード[[大農園]]や[[魔法のランプ]]くらいしかない。これらのいずれにも強力なデメリットが付属している。~
+行動カードゆえに一応キープも可能だが、何度も使っていると借金の返済でロクに動くこともできなくなってしまうため、基本的に使いどころは絞った方がいいだろう。~
+最初にこのカードを買うだけで3ターン〜4ターン目に6金が出る確率は大幅に上昇するため、農村を直轄地に含めてでも速攻で擁立したい姫がいる場合によく使われる。擁立したあと用済みとなったこのカードを合成の材料にしてしまえるオウカとは特に相性が良い。~
+アナスタシアならば、8金出ているときにこのカードをマーケットから持ってくることで[[帝都カリクマ]]や[[妖精女王エルルーン]]にアクセスする活用法もある。10金なら[[皇帝の冠]]さえも獲得可能。~
 ~
-素で使ってもさほど強いカードではないため、キープによる運用が望ましい。~
-何とか[[大都市]]や[[皇室領]]を交えた擁立に繋げて無駄にしないようにしたいところ。~
-[[港町]]や[[鉱山都市]]の登場によりサプライ次第ではかなり簡単にキープできるようになった。~
-連結付きかつ3コインも持ち越せるため、いとも簡単に[[カリクマ>帝都カリクマ]]や[[冠>皇帝の冠]]にアクセスできるのは強い。~
+なお[[お金好きの妖精]]が存在する場ならば、(ある程度熟練が必要だが)借金カウンターを踏み倒してレイン&シオンの双子カウンターに変換するという恐ろしいプレイが成立することも覚えておこう。~
 ~
 次ターン以降もプレイヤーに持続して影響する効果があるためか、つい借金の返済を忘れてしまう事がある。~
-多くの場合数ターン後になって「忘れてた」と返済をする事になるだろうが、このゲームにおいて8金から4金を返済するのと4金から4金を返済するのはまるで意味合いが異なる。~
-場合によってはあまりに自分を利する行為のため、金貸しを使用する際は特に注意し、目立つ借金カウンターを用意するのが望ましい。~
+場合によっては巻き戻しが非常に困難でありあまりに自分に利する行為のため、金貸しを使用する際は特に注意し、目立つ借金カウンターを用意するのが望ましい。~
 なお、金貸し置き場にカウンターを置くのはターン終了時なので、このカードを使用したターンに余ったお金を返済に充てることはできない。~
 ~
-デメリットでしかなかった借金カウンターだが、[[妖精>お金好きの妖精]]の登場により有用なカウンターに変換する新たな使い道が生まれた。~
-先に[[早馬]]などで連結を用意する必要があるが、双子姫の「ずっと俺のターン!(※)」が実現できる可能性があるので試してみよう。~
-~
-(※:あくまでネタ表現です。追加ターンが得られるのは1周につき1回だけなので、毎周2回行動することは可能ですが、1つの周に3回以上行動することは出来ません。)~
 
 **Q&A
 Q:借金カウンターが残っている状態で、カードの購入や「冒険者」などのカードの効果発動の為の支払いは出来ますか?~
 A:出来ません。あなたがコインを得た場合、コインを得る代わりに、借金カウンターが減る事が優先されます。~