ハトミミ@聞くだけ ルーピー

仙谷由人

最終更新:

hatomimi

- view
だれでも歓迎! 編集


首相退陣なら衆参同日選も=仙谷氏
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010041600929

仙谷由人国家戦略担当相は16日夜、TBSの番組収録で、鳩山由紀夫首相が夏の
参院選前に退陣した場合、「ダブル(選挙)を問う可能性があるというか、論理的には
そういうことになる」と述べ、衆参同日選の可能性に言及した。

民主党は、自民党政権下で衆院選を伴わずに首相交代を繰り返してきたことを批判
してきた。仙谷氏の発言は、こうした経緯を踏まえ、首相が辞任した場合は衆院を解散して
国民に信を問うべきだとの考えを示したものだ。

仙谷大臣、日本の医師免許が無い外国の医師でも診療が行えるように制度改正を検討
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1269176240/

民主党仙谷大臣、学生時代に薬局の「ケロちゃん」“窃盗”し部屋に飾っていた!ラジオで告白
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100301/plc1003011008002-n1.htm



仙谷大臣 「江田氏質問ははったり、いちゃもんだ!」…鳩山政権閣僚、また不規則答弁
http://news.nifty.com/cs/domestic/governmentdetail/kanaloco-20100213-1002130004/1.htm


仙谷「事務次官ポストの廃止」 → 鳩山「役所をまとめる役割がある」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091208-00000140-jij-pol

9月1日発足の消費者庁
民主党「衆院選を前に与党だけの手柄にするのか」
仙谷「民主党が政権を取ったら一から体制を点検しないといけない」
政府「関連法案の審議に民主党がもっと早く応じていれば、とっくに発足していたものだ」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090831-00000239-yom-pol


仙谷 由人


仙谷 由人(せんごく よしと、1946年1月15日 - ) は、日本の政治家。衆議院議員(6期)。内閣府特命担当大臣(行政刷新担当)。弁護士。血液型A型。

生年月日 1946年1月15日(63歳)
出生地 徳島県徳島市
出身校 徳島県立城南高等学校
東京大学法学部(中退)
学位・資格 -
前職 弁護士
所属委員会 衆・厚生労働委員会
衆・憲法調査特別委員会委員
世襲 無
選出選挙区 徳島県第1区
当選回数 6回
所属党派 民主党
(凌雲会=前原・枝野G)
党役職 次の内閣・厚生労働大臣
徳島県総支部連合会代表
会館部屋番号 衆・第1議員会館235号室

経歴


徳島県に仙谷昌一、真喜子の長男として生まれた。徳島県立城南高等学校卒業後、1964年東京大学に入学、在学中に22歳で司法試験に合格、司法修習23期経て弁護士登録。 1971年から弁護士活動を開始。弁護士時代は労組事件や日本教職員組合関連の案件を扱った。

1990年2月18日の第39回衆議院議員総選挙に日本社会党公認で旧徳島県全県区から立候補し当選した。当選後は、社会党を現実的に政権を担える党に脱皮すべく、ニューウェーブの会のメンバーとして活躍し、山花貞夫委員長を首班とする 社会党シャドーキャビネットで官房副長官を務めたが、1993年の宮澤改造内閣不信任可決を受けて実施された第40回衆議院議員総選挙では次点で落選し、社会党も現有議席を割り込んだ。社会党が名称変更した社民党を離党し、四国市民ネットワーク代表を経て旧民主党に参加。

1996年10月20日の第41回衆議院議員総選挙では、新設の徳島1区から出馬し、当選、政界に復帰。以後、徳島1区で4回連続当選。同年11月に党政策調査会長に就任した。1997年9月には幹事長代理に転じた。2002年1月15日に胃癌の手術のため国立がんセンターに入院し、週刊朝日で告白記事を執筆した。

2004年5月に党代表に岡田克也が選出された際に、党政調会長に就任。同時に民主党次の内閣での官房長官に就任した。同年8月4日に国会議員35人は性急な1リーグ制移行の阻止と第三者協議機関の設置を目指す「日本プロ野球の更なる飛躍・発展とスポーツ文化振興による地域活性化を推進する会」の発起人代表として就任。

2004年9月30日、右翼団体の男が衆議院通用門に車で突っ込んだ事件に関して、「政府の対応に不満を持つなら、目指すは官邸か内閣府だ」と述べ、行政府へのテロ容認とも受け止められる不用意な発言として批判を浴びた[1]。

2005年9月11日、民主党が衆議院選挙で大敗し、岡田は引責辞任したものの、同じグループでの活動が目立った前原誠司が党代表に就任したため、次の内閣の厚生労働担当に納まった。 同年11月25日に民主党が設立した公共政策プラットフォーム(プラトン)初代代表理事に就任。

2006年2月16日に発生した堀江メール問題では、当時国会対策委員長だった野田佳彦が責任をとり辞任した後に国対委員長に就任した渡部恒三から幹事長代理就任を要請され就任した。しかし、次の内閣閣僚と兼任していたため、同年4月7日に党代表に選出された小沢一郎新執行部では再び次の内閣閣僚に専任した。2006年9月28日、第165回臨時国会で衆議院決算行政監視委員会委員長に就任した。

2008年3月に任期切れを迎えた日本銀行総裁人事で当初「財金分離」の観点から「財務省次官経験者」が日銀総裁に就くことに反対を表明したものの、4月の日銀副総裁人事では一転して財務省出身の有無に拘らず資質によって選択するよう主張した。なお、この際、副総裁として起用が予定されていた伊藤隆敏東大教授の就任も不同意とされ、日銀出身の白川方明(現日銀総裁)だけの同意となった。

2008年7月、「時代が仙谷由人を求めているかどうか判断する」と述べて同年9月の民主党代表選に出馬する強い意欲を示したが、出馬には至らなかった。

鳩山由紀夫グループ、菅直人グループ、旧社会党系、旧民社党系などのグループから一定の距離を置きながら、枝野幸男、前原ら党内の中堅・若手議員の後見役的ポジションで存在感を保っている。2007年のいわゆる大連立騒動では大連立構想を党に持ち帰ってきた小沢代表に対し、党内コミュニケーションの不足を面と向かって指摘し批判した。2009年3月の小沢の西松建設をめぐるスキャンダルに対しても党内から辞任を求めるなど、昨今は党内反小沢勢力の旗頭と目されている。

2009年9月発足の鳩山由紀夫内閣では内閣府特命担当大臣(行政刷新担当)に就任。大臣としての特命事項として(公務員制度改革担当)も担当することとなった。

斎藤次郎大蔵次官の郵政社長人事が天下りと指摘されたことに対し、「国家公務員法の第106条の2」の元公務員の再就職の斡旋の主語は「職員」であって「政府」や「内閣」ではないと指摘しながら、問題はないとの見解を示した。だが、2007年11月14日に労働保険審査会委員と運輸審議会委員と公害健康被害補償不服審査会委員の計3人の元官僚を、内閣の長である福田康夫首相が選任した際の国会同意人事において、天下りを理由に不同意とした過去への整合性に関する与党の見解は未だに出されていない。

2009年11月12日、毎日新聞の政策情報誌「毎日フォーラム-日本の選択」のシンポジウム「政治は変わったか~民主政権の課題と自民再生への展望」において、行政刷新担当相として「事業仕分け」について「予算編成プロセスのかなりの部分が見えることで、政治の文化大革命が始まった」と発言[2]、また12月9日にも再度テレビ朝日系の「スーパーモーニング」番組内という公共の電波で、「事業仕分けで文化大革命が起こってますよ」と発言、文化大革命を度々礼賛するような政治・歴史認識が民主主義国の国務大臣として不適切と批判が集中している[3]。

人物・政策

静岡空港建設反対の国会議員署名活動で署名者に加わった[4]。
郵政民営化法の衆院採決の直前、郵政民営化反対派の亀井静香に対し「仮に解散になったら、反対派は公認されないので大変でしょう。民主党としても配慮しないわけにはいきませんな。」と働きかけた。岡田代表はこの発言を即座に否定した。[5]
2006年8月7日に韓国を訪問し、韓国の与野党党首と面談。小泉首相の「日韓関係悪化は、小泉という特異な人物のせい」であると釈明し、民主党のアジア重視政策を説明。北朝鮮問題などの解決に日韓の連携を訴えた。
2007年12月7日、自身の支援パーティーに新日本宗教団体連合会政治委員会委員長の力久隆積が参加しており、「(立正佼成会が支援する民主党の)風間直樹さん、大島九州男さんが参議院選挙だということで、私は宗教者として勝たねばならないと思い取り組んだ。この選挙には、立正佼成会、PL、そして善隣教、そのほかにも多くの宗教が結集した。その宗教界の背中を押してくれたのは仙谷さんだ。」と評されている[6]。
2008年1月、在日韓国人等に参政権を付与することを目的とする「在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟」に参加。
2008年3月11日、衆議院議院運営委員会理事会での武藤総裁候補に対する質問にもあらわれるように、低金利政策に対して批判的な姿勢をとる。
北京オリンピックを支援する議員の会所属。
初当選した1990年には『クイズダービー』の「野党の委員長と新人議員大会」(同年7月28日放送、第750回)に当時の社会党委員長・土井たか子とともにギャンブラーとして出演しているが、0点という結果に終わっている。
2008年10月2日に、民主党人権・消費者調査会会長として、こんにゃくゼリーの販売禁止を内閣府野田聖子大臣に申し入れた。
2009年4月14日に、消費者庁設置関連法案について、「消費者権利院」を内閣の外に設置することを求めたが、有識者による監視機関「消費者委員会」を内閣府の内部組織から外局に格上することで与党と合意した。このとき仙谷の対応を、自民党の大島理森国対委員長は「民主党の良識が戻った」と賞賛した。
自治労協力国会議員団長を務めている。
2009年4月27日、社保庁でヤミ専従や年金のぞき見、年金横領などで問題のあった職員は、日本年金機構には全員採用されないことが閣議決定され[7]、民間への再就職斡旋や分限免職の対象となる見込みであるが[8]、仙谷は自治労とともに、対象となる社保庁職員の分限免職の回避や雇用の確保を厚生労働大臣に要請した[9]。

ウェブサイト

衆議院議員 仙谷由人ホームページ
http://y-sengoku.com/

トップ > 仙谷由人
wikipediaの該当大臣の記事を改変利用しています
http://ja.wikipedia.org/
wikipediaの利用規約に基づき表示-継承-3.0 ライセンスが適用されます
出典は記事の脚注等を参照ください



■内閣府特命担当大臣(行政刷新・公務員制度改革担当) 仙谷由人(せんごく よしと)(衆議院/徳島県1区)

社会党出身
元中日新聞社
「地球市民」を中心とする世界観
大阪経済法科大学で客員教授を務める(親北)
在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟に所属
国立追悼施設を考える会に所属(発起人)
外国人参政権法案を推進
人権侵害救済法案を推進
国立国会図書館法の一部を改正する法律案に賛同(恒久平和調査局を設置、旧日本軍の"戦争犯罪"を"検証"する)
こんにゃくゼリーの販売禁止を野田聖子内閣府特命担当大臣(食品安全)に申し入れ





このページに関する情報、ぜひお寄せください


URLなどの情報源をできるだけ添えください。よろしくお願いします
匿名可
情報

すべてのコメントを見る
  • と言うことでネトウヨが纏めましたとさ

    -- (名無しさん)
  • はんまーかんまーw(*・ω・)★ http://nn7.biz/oppai/top.html -- (pipi)
  • こんな奴議員にしておくな、すぐ首、管、仙谷もやめろ、三重もこんなの選ぶな -- (名無しさん)
  • 仙谷由人=無能な人 -- (名無しさん)
  • 仙谷由人 クソ・チョンじじい 氏ね
    日本人は貴様なんかに何も期待してないよ
    貴様に期待してるのはバカチョンだけ
    -- (3333333333333)