※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「CSD-260_SDコピー」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

CSD-260_SDコピー」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 #right(){カウント:&counter()
 &update();}
 &update(j);}
 ***&bgcolor(#ffffbb){「[[日本語プログラミング【なでしこ】>http://nadesi.com/]]」}で作ったプログラムです
  「*.nako」の実行には、「なでしこ」のインストールが必要です。
 
 ----
 *&bgcolor(#ffffbb){CSD-260(ドライブレコーダ)のファイルをSDカードからコピーする。}
  運転開始(記録開始)から運転停止(記録停止)までのファイルをフォルダーにまとめてコピーします。
 
 ----
 **CSD-260_SDコピー(CSD-260_SDコピー.nako)のインストール
 1.「&ref(CSD-260_SDコピー.nako)」を、添付ファイルからダウンロードし、適当なフォルダにコピーします。
  例)
  CSD-260_SDコピー/
     CSD-260_SDコピー.nako
 
 2.初期設定
  「CSD-260_SDコピー.nako」を開いて編集する。
  下記の行を自分の環境に変更する。
   11行目:コピー元フォルダは、「R:\」       #SDカードのドライブ
   12行目:コピー先基準フォルダは、「D:\CSD-260\」 #データの保存先フォルダ
 
 **使い方
 1.「CSD-260のSDカード」をパソコンに挿入する。
 2.「CSD-260_SDコピー.nako」を実行する。
 3.「コピー元フォルダ」と「コピー先フォルダ」を確認する。(初期値は、初期設定済み)
   (一時的にフォルダを変更したい場合は、フォルダ名をダブルクリックすると変更できます。)
 4.[読込]ボタンを押す。
   コピー元フォルダのフォルダ選択ダイアログが表示されるので、確認して[OK]ボタンを押す。
   コピー元のファイルが表示される
 5.[コピー]ボタンを押す。
   コピー元フォルダからコピー先フォルダへファイルがコピーされる。
   コピー先にファイルがある場合は、コピーがスキップされる。
 6.コピー先のフォルダ構成
  2014/06/07の19:2819から記録開始して、2014/06/07の20:20:25で記録停止した場合。
  記録されるファイルは「140607_192819_I_1.mp4」から「140607_202025_I_1.mp4」となる。
  コピー先フォルダに「140607_1928-140607_2020」のフォルダーを作成してその中にファイルがコピーされる。
  イベントファイルがあれば同じフォルダにコピーされる。
  
  記録開始から停止までの一連のファイルが同じファイルにコピーされるようになっています。
 
 ***画面イメージは、下記のとおりです。
 &blankimg(CSD-260-00.png,width=720,height=450)
 
 &blankimg(CSD-260-01.png,width=720,height=450)
 
 ----
  コメントありましたらご記入ください。
 #comment(below)
 - CSD-260の記録ファイルは1分毎に作成されるために、結合するプログラムも作成していますので、後日アップロードするつもりです。  -- hihiro  (2014-06-08 18:14:29)
 - この「CSD-260_SDコピー」は、記録開始から記録停止までのファイルを同じフォルダにまとめてコピーするので、フォルダ名を見れば何時から何時までの記録ファイルなのか分かります。  -- hihiro  (2014-06-08 18:12:49)
 - フォルダのファイルが40ファイルのなると新しいフォルダを作成して保存されるのだが、再起動しても40ファイルにならないとフォルダーを作成しないため前回停止前のフォルダに保存され、日付が変わっていても同じフォルダに保存される  -- hihiro  (2014-06-08 18:10:16)
 - CSD-260の記録ファイルは、連続記録されるファイルと、衝撃等(イベント)の時記録されるファイルに別れフォルダーも別に記録されます。  -- hihiro  (2014-06-08 18:09:44)