※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ACCESS VBA」の編集履歴(バックアップ)一覧に戻る

ACCESS VBA - (2006/11/12 (日) 14:44:31) のソース

-ビューが「フォームビュー」「帳票」の時に並び替えするためのVBA
Me.Form.OrderBy = "フィールド名"
Me.Form.OrderByOn = True

-↑↓キーでデータリストを上下できる表示方法
フォームとサブフォームを使う。
サブフォームは、クエリ/テーブルと連結し、規定のビューを「データシート」 ビューの設定を「データシート」にする。
なお、フォーム自体の設計は別途可能で、ビューを「フォームビュー」に変更するとそちらのフォームが表示される。
並び替えは・・・AccessRuntimeではできない。

-FORMを、データシートビューで表示し、SQLを切り替える
フォームは、「ビューの設定(Defaultview)」を「データシートビュー(2)」にすると、カーソルキーで上下左右に動かせるシンプルなワークシート形式の表示にすることができる。
このとき表示されるフィールドは、デザインビューに入れられたフィールド。ビューをフォームに変更すると、フォームの形で同じデータが表示される。
各フィールドの設定はそのままデータシートビューに引き継がれる。(コンボボックス、イベント処理など)
このとき表示されるデータは、
RecordSource = SQL文 || クエリ名

フォームからサブフォームのデータリストを変更するときには、
Me!サブフォーム名.FORM.RecordSource = SQL文

フォームから自分のデータリストを変更するときには、
Me.FORM.RecordSource = SQL文