「恋文綴凛」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

恋文綴凛」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 #right(){&furigana(こいぶみつづり)&furigana()【登録タグ:&tags()】}
-&nicovideo(http://www.nicovideo.jp/watch/sm32321415)
+|&nicovideo(http://www.nicovideo.jp/watch/sm32321415)|&youtube(http://www.youtube.com/watch?v=5fc7622-Ct8){342,187}|
 作詞:[[焔夏冬雪]]
 作曲:[[corico]]
 編曲:[[corico]]
 唄:鏡音リン(+鏡音レン)(調声:[[アンメルツP]])
 
 **曲紹介
 -民族調で綴られる切ない恋物語。
 -焔夏冬雪氏による私的シリーズ『民族恋絵巻』の3巻にあたる曲なのだそう。「[[置去恋心]]」の対の歌詞で、本作は少女視点になる。
 -調声に[[アンメルツP]]氏をお迎えした、いい双子の日の投稿作。
 
 **歌詞
 ―去り行く私 手紙残し―
 
 "孤独"という文字が似合う
 佇んだ私を
 見つけ出してくれた貴方
 心を打つ
 『助けて…』
 なんて言えなくて
 &ruby(め){瞳}で訴えていた
 交差する
 "早く気付いて"
 "気付かないで"
 
 抱きしめてくれる腕
 伝う&ruby(ぬくもり){体温}が
 甘くも優しく
 包み込んでゆく
 それだけでもう私
 "救われたんだ"と
 やがて少しずつ
 満たされていった――
 
 語り明かした日が
 忘れられず
 脳裏に今も
 焼き付いては
 優しい眼差しを
 覚えている
 薄れてないよ
 貴方の&ruby(こと){記憶}
 孤独だった私に
 手を差し延べ
 あの日流した涙
 拭ってくれたね
 
 嬉しかった記憶はもう
 手の届かない&ruby(ばしょ){距離}
 自然に笑えた私は
 何処へ行った…?
 嘘のように冷めた&ruby(かお){表情}で
 吐き捨てた「別れ」は
 ただ遠回しの
 『さよなら』
 それだけだよ...
 
 貴方に&ruby(すが){縋}ったまま
 傍にいる事は
 迷惑になるね…
 ――だからもう行くよ
 &ruby(てがみ){一枚}に想い託し
 残して去り行く
 "覚悟"と"強がり"
 背負い込んだまま――
 
 後悔の涙も
 流せないで
 知らぬ土地へと
 放浪する
 凛とした姿で
 足を止めた
 そんな刹那に
 ふと思うよ
 もう一度出会えたら
 離さないで...
 生まれ変われたならば
 また出逢いたいよ…
 
 貴方の存在は
 ココロの&ruby(みちしるべ){道標}で
 包み込む陽射しと
 見守る月明かり
 ずっと私の事
 照らし続けてくれた
 "孤独に囚われた 私を連れ出して"
 
 ―心ごと連れ去った 貴方に恋している―
 
 想い合っていると
 知りながらも
 『釣り合わない』と
 身を引いたの
 &ruby(いちまい){手紙}に綴った
 言葉たちは
 届きましたか?
 貴方の&ruby(もと){心}
 いつか会えるその日を
 信じている
 だから今は"サヨナラ…"
 愛し想い人.
 
 
 
 
 **コメント
 #comment()