※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「プロダクションマッチフェスティバル」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

プロダクションマッチフェスティバル」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 *イベント第六弾「プロダクションマッチフェスティバル」
 #contents()
 *概要
-**マッチングについて
+**開催期間
+2012/3/22(木) 15:00〜2012/3/29(木) 21:59
+
+**報酬アイドル
+[[[眼鏡マジック]上条春菜]] (グループ上位、全体上位)
+
+[[[薔薇色お姫様]櫻井桃華]] (全体上位、個人上位)
+
+*マッチングについて
 -マッチング日時(対戦開始日の12:00)に、8プロダクションを1グループとしてグループ分けされる。
 -マッチング条件は非公開だが、「実力に合わせてグループ分け」とされている。
 --(3/21)獲得ファン数の近しいプロダクション同士がマッチングされている模様
 -フェスに参加するには、規定のマッチング日時までにプロダクションを立ち上げるか、入社する必要がある。
 -プロダクションに加入していても、ほとんど活動していないとマッチングされない場合がある。
 -フェス開催中は、プロダクションへの入脱退等が制限される。
 --マッチング日時~最終戦終了時の全期間にできないこと:プロダクションの解散、社員の解雇、代表の引き継ぎ、代表の引継ぎ申請
 --対戦中にのみできないこと:プロダクションへの入社、入社申請、退社
 
-**対戦について
+*対戦について
 -グループ内の8プロダクションが総当たりで対戦する。
 -基本1日2部構成で、第1戦は3/21の15:00から開始されたが、不具合のため中断・延期された。翌日改めて再開となった。
 |[第1戦]| 03/22 15:00 - 18:59|[第2戦]| 03/22 20:00 - 22:59|
 |[第3戦]| 03/23 12:00 - 17:59|[第4戦]| 03/23 19:00 - 22:59|
 |[第5戦]| 03/24 12:00 - 17:59|[第6戦]| 03/24 19:00 - 22:59|
 |[第7戦]| 03/25 12:00 - 17:59|[第8戦]| 03/25 19:00 - 22:59|
 |[第9戦]| 03/26 12:00 - 17:59|[第10戦]| 03/26 19:00 - 22:59|
 |[第11戦]| 03/27 12:00 - 17:59|[第12戦]| 03/27 19:00 - 22:59|
 |[第13戦]| 03/28 12:00 - 17:59|[第14戦]| 03/28 19:00 - 22:59|
 |[最終戦]| 03/29 17:00 - 21:59|||
 
 
-**対戦方法について
+*対戦方法について
 
 -対戦相手は、対戦中のプロダクションからランダムに選出される。
 -選出された対戦相手に対して、「LIVEバトルする」「棄権する」のいずれかを選択する。
 -「LIVEバトルする」を選択すると、通常のLIVEバトルと同様に攻守の発揮値により勝敗が決定される。
 --発揮値計算方法は通常のLIVEバトルと同様の模様。特技も発動する。
 --通常のLIVEバトルと大きく異なる点は、投入する攻コストを最大値の20%刻みで選択可能であること。したがって攻コスト全快の状態から運よく格下の相手に当たれば複数回(最大5回)連続して勝利可能。
 -「棄権する」を選択すると、スタミナを最大値の20%(端数切り上げ)消費してバトルを回避し、次の対戦相手を呼び出す。
 --相手プロダクションのメンバーが1人しかいない場合は、棄権は出来ない。
 -フェス中の対戦に限り、LIVEバトル回数制限(いわゆる3凸制限)はなく、レベル差によるブーイングも発生しない。
 -LIVEバトルに敗北しても、マニーは減少しない。一方で勝利すると通常通りファン数とマニーが入手できる。
 -プロダクション内のメンバーと合同でバトルするわけではなく、自分と相手プロダクションメンバーの1対1の対決。
 -対戦画面で表示される相手の守コストは常に最大守コストである。
 --ただし自分が殴られた後に守コストを見ればわかるが、殴られると実際には守コストは減少している。
 --従って何度も挑まれてると守備力が激減するし、逆に同じ相手に何度も挑んでいれば低コストで勝利できるようにもなる。
 
 //-勝敗は1回で決定され、削って勝つという概念はない。
 //-自分視点で見た場合、相手プロダクションの所属メンバーが対戦相手として次々と出現するだけで、フェス参加中の人間と相互に対戦するわけではない。
 //-バトルで勝っても、相手の守コストを削ることは出来ない。
 //--守コスト不足でリーダー単騎になり、攻撃側が一方的に稼ぐことを防ぐための処置と思われる。
 //--ただし、連戦により守備メンバーの構成が変わる事があるため、若干ながら守コストの変動はある模様。
 
-**ポイント獲得条件について
+*ポイント獲得条件について
 -LIVEバトルに勝利すると多くの声援ptが入る。
 -敗北でも少し得ることができる。棄権では得られない。
 -おそらく引き分けでも得られる。詳細判明次第修正
 -守備コストが削れた相手に勝利すると、それに応じて獲得声援ptも減少している模様。
 -バトルを挑まれた側は勝利・敗北に関わらずptを得る事は出来ない。
 -基本的に強い相手に勝利すると高い声援ptが手に入るが、詳細は不明。
 
-**コンボボーナスについて
+*コンボボーナスについて
 -プロダクションメンバーの1人が勝利後、10分以内にプロダクションメンバーの誰かが勝利することでコンボが発生する。
 -コンボにより、攻発揮値が10%アップ、獲得声援ptが10%アップする。
 -声援ptアップは、コンボを繰り返すことで上乗せされ、最大100%までアップする。
 -攻発揮値のボーナスは何コンボしても10%アップが上限。
 -声援ptのコンボ効果は10分以内の行動によって3パターンに分かれる。
 +10分以内に、勝利したメンバーと異なるメンバーが勝利 →声援pt2%上乗せ
 +10分以内に、勝利したメンバー自身が連続で勝利 →声援pt1%上乗せ
 +10分以内に敗北 →上乗せなしでコンボ継続
 -要するに1人だけが無双するよりも多人数が参加して勝つ方がコンボボーナスが多くなる
 -10分以内に勝利した場合のみ、コンボ継続時間が残り10分にリセットされる(勝利する度に10分づつ延長される訳ではない)
 
-**フェス勝利条件・報酬について
+*フェス勝利条件・報酬について
 -1回の対戦ごとに、獲得した応援ptが多かった側に「勝ち点」が加算される。
 --勝ち点は2点・3点・4点で、最終戦のみ4点。
 --同じプロダクションに対して2回対戦する事になり、2点の対戦と3点の対戦が一度づつある。但し開催時間の短かった初日のみ2点固定。
 -全対戦終了後に、グループ内で最も勝ち点を獲得したプロダクションがグループ優勝となり、上位プロダクションには報酬もある。
 -トータル獲得声援ptによる全プロダクションランキング、個人ランキングによる報酬もある。
 -プロダクションのランキング報酬は、個人獲得声援ptがグループ内ランキングでは5,000、全体ランキングでは10,000に満たない場合報酬を獲得できない。
 --不参加チームの報酬獲得を防ぐ措置。全チームが結託して応援ptをゼロにする作戦もダメ。
 -イベント期間中に入脱退等を行うと獲得できない報酬がある。
 -報酬は、個人認証済のアカウントでのみ獲得できる。
 
 *コメント
 #pcomment(reply,noname,enableurl,10,size=100)