ブルワーズ-MS

「ブルワーズ-MS」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

ブルワーズ-MS」の最新版変更点

追加された行は緑色になります。

削除された行は赤色になります。

**【詳細】 ブルワーズは地球から火星までの航路を縄張りとする宇宙海賊。 MSも複数所有し、多くの宇宙戦を襲い積み荷を奪っていた。 なお縄張りがかぶっている夜明けの地平線団との関係性は不明。規模的にもあちらのほうが遥かに上だったりする。 *【MSリスト】 -[[UGY-R41 マン・ロディ]]×10機以上 -[[ASW-G-11 ガンダム・グシオン]] ブルワーズのMSは宇宙用と割り切り、重装甲で身を固め対空射撃を突っ切ってブリッジを制圧するという思想のもと独自の改造が施されている。 マン・ロディは鉄華団によって修理可能なものは全て売却された。 …とされていたがあまりに特化しすぎた機体性能により若干数売れ残ったらしく、地上用に改修され鉄華団の地球支部が戦力として運用、 またバルバトスに撃破された後放置されていたと思われるマン・ロディを回収した傭兵が修理し愛機とした機体が外伝に登場する。 ジャスレイ・ドノミコルスのJTPトラストも多数の阿頼耶識つきマン・ロディを保有していた。 どうやら鉄華団に敗北しMS戦力と艦隊を賠償金代わりに奪われたことで解散を余儀なくされたらしく、 マン・ロディのコンセプトが割りと評価され多方面で使われるようになったらしい。 まぁブルワーズにMSを改造する技術はなく、どこかの工房に要望だけ伝えて作らせたようで、 マン・ロディのコンセプトが評価されたことで、その工房が量産し売り出した、ということもありえなくはない。 ----
**【詳細】 ブルワーズは地球から火星までの航路を縄張りとする宇宙海賊。 MSも複数所有し、多くの宇宙戦を襲い積み荷を奪っていた。 なおブルワーズの活動圏内と、第二期に登場する夜明けの地平線団の活動圏内はかぶっている。 双方の組織の関係性は不明。 規模的には夜明けの地平線団の方が遥かに上であり、規模やヒューマンデブリを加えた構成員の数、質を考慮するとブルワーズがいなくなった後釜に収まったのかもしれない。 *【MSリスト】 -[[UGY-R41 マン・ロディ]]×10機以上 -[[ASW-G-11 ガンダム・グシオン]] ブルワーズのMSは宇宙用と割り切り、重装甲で身を固め対空射撃を突っ切ってブリッジを制圧するという思想のもと独自の改造が施されている。 マン・ロディは鉄華団によって修理可能なものは全て売却された。 …とされていたがあまりに特化しすぎた機体性能により若干数売れ残ったらしく、地上用に改修され鉄華団の地球支部が戦力として運用、 またバルバトスに撃破された後放置されていたと思われるマン・ロディを回収した傭兵が修理し愛機とした機体が外伝に登場する。 ジャスレイ・ドノミコルスのJTPトラストも多数の阿頼耶識つきマン・ロディを保有していた。 どうやら鉄華団に敗北しMS戦力と艦隊を賠償金代わりに奪われたことで解散を余儀なくされたらしく、 マン・ロディのコンセプトが割りと評価され多方面で使われるようになったらしい。 まぁブルワーズにMSを改造する技術はなく、どこかの工房に要望だけ伝えて作らせたようで、 マン・ロディのコンセプトが評価されたことで、その工房が量産し売り出した、ということもありえなくはない。 ----

表示オプション

横に並べて表示:
変化行の前後のみ表示: